『天使の恋』

公式サイト:
http://tenkoi.gyao.jp/

製作:2009年日本
監督:寒竹ゆり
出演:佐々木希/谷原章介/山本ひかる/大石参月/七菜香/加賀美早紀


《公開時コピー》

本気で恋したら、運命にぶつかった。


天使の恋TOP


飛び抜けて美しく、常に仲間の中心にいる女子高生の理央(佐々木希)は、過去のトラウマから他人を信じられず、お金にしか興味を持てずにいた。友達も、彼氏も、近寄ってくる人はみんな、自分の為に存在するもの。ただ利用するだけ…。そんなある日、理央は無愛想でどこか寂しげな35歳の大学講師・光輝(谷原章介)と出会い、運命的に恋におちる。初めて人を愛することを知り、自分の感情の変化にとまどいながらも、ストレートに想いを表現し、生まれ変わったように輝きだす理央。光輝はそんな理央に次第に惹かれていく。しかし、光輝には彼女を受け入れられない理由があった…。


天使の恋2


1300万アクセスを記録したsinさんのケータイ小説が原作。


 

ストーリーはベッタベタの純愛

 

過去のトラウマが原因で刹那的な生活をしていた理央が、大学講師の光輝に出会ったことで生きる意味を見出し、成長していく。

 

天使の恋3


ヒロイン理央を演じたのはカリスマ・モデルの佐々木希ちゃん。

 

冒頭の佐々木希ちゃんのセミヌード・シーンが、それはそれは美しくって、女性の私でも見惚れた。。。

 

演技は上手ではなかったけれど、一生懸命さが伝わってきて初々しかった。

劇中、洋服を取っ替え引っ替え試着していくシーンがあったんだけど、これはさすがモデル。ポーズもバッチリ決まって可愛かった〜〜

天使の恋4


一方、理央の恋のお相手、光輝を演じたのは“王様のブランチ”のMCとしても活躍してる、谷原章介さん。

 

不治の病にあった光輝は静かに死を待つつもりだったのに、ストレートに気持ちをぶつけてくる理央に惹かれ、一人苦悩する姿が印象的。

 

ずっと理性的に理央に接してきた光輝が『死にたくない』と自分の気持ちを吐露するシーン、胸に迫りました

武士の兜を被ってはしゃぐ姿も可愛らしかったけど

 

天使の恋1

ラストは予想に反してハッピー・エンドだったのも、良かった


よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ