honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜

映画の話を中心に美味しいお店の話等、毎日のちょっとした出来事を、のんびりとお話ししてま〜す♪ 

洋画 は

ティム・バートン☆『フランケンウィニー』試写☆3

東京独女スタイルさんのご招待で、フランケンウィニー3D吹替え版試写へ行ってきました〜

Frankenweenie


ティム・バートン監督の実写は好みに合わないことが多い私ですが、ストップモーションアニメは別。
ちょっとダークなキャラクターやストップモーション技術を駆使して描く、独特の世界観は、いつも心惹かれます

今作もそんなバートン監督作品らしく、キモ可愛いキャラクター達がすこぶるカワイイ
モノクロの3Dっていうのも、らしくて大正解

Frankenweenie2

スパーキー“むぎゅむぎゅ”ぬいぐるみストラップをいただいちゃいました

いつもは苦手な吹替え版だけど、今回は話題作りの為だけに起用されたような吹替え素人さんがほぼ使われてなかったので、それも観ていて全然気にならなかったし。

小ネタは満載だし、ヴィクター少年の成長物語としても楽しめる作品でした〜

!cid_25A90BF8-100A-4C3A-8B94-BEB253F727CF

ディズニーキャラクター達がいたる所にいるとある試写室

☆『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い / THE HANGOVER』☆4






『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』

公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/thehangover/site/index.html
 http://hangovermovie.warnerbros.com/ (英語)


製作:2009年アメリカ
原題:THE HANGOVER
監督:トッド・フィリップス
出演:ブラッドリー・クーパー/エド・ヘルムズ/ザック・ガリフィナーキス/ヘザー・グレアム /ジャスティン・バーサ


《公開時コピー》

昨日の記憶が、全くない!?


ハングオーバーTOP


結婚式を2日後に控えたダグ(ジャスティン・バーサ)は、独身最後の夜を楽しもうと悪友のフィル(ブラッドリー・クーパー)とステュ(エド・ヘルムズ)、そして義理の弟となるアラン(ザック・ガリフィナーキス)と共にラスベガスへと向かう。
高級ホテルのスイートを確保して酒を浴びるように飲み、バカ騒ぎする4人。ところが翌朝目覚めると、メチャクチャになった部屋の中には何故か赤ん坊と一頭の虎が。
しかも、肝心のダグが行方知れずという緊急事態に。ひどい二日酔いで昨夜の記憶が全くないために、自分たちの陥った状況が皆目理解できないフィルたち。
それでも、ダグは明日には結婚式を挙げなければならない身。なんとしてでも見つけなければと、わずかな手掛かりから捜索を開始したものの、ダグの行方は杳として知れず、代わりに昨晩の取り返しのつかない失態の数々が明らかになるばかりだったが…。


ハングオーバー2


いや〜、期待通り面白かったー

若干下ネタが多過ぎるきらいはあったけど、それもご愛嬌
おバカな男達がラスベガスでしでかす騒ぎの数々には、大爆笑


結婚するからって、ここまで羽目をはずすかぁ


ハングオーバー1



コメディとはいえ、しっかりサスペンスの要素もある。



なぜ部屋が滅茶苦茶になっている上に、トラや赤ちゃんがいるのか?
ステュの歯は何で抜けているのか?
ダグはどこに行ってしまったのか?
マットレスがビル屋上の鉄塔に刺さっているのはなんでか?
そもそも何でみんなの記憶がないのか?



それらの謎はストーリーを追うにつれ、ちゃーんと解明されていく。

ハングオーバー4


ラストにバカ騒ぎをしている時の映像が収まっているデジカメを見るんだけど、それがメッチャ笑える
まー、それはそれは楽しそうにハジケまくってるんだな〜、これが

ハングオーバー3


男の友情って良いなーと、チト羨ましくもなり。。。


私個人の意見としては、マイク・タイソン氏のカメオ出演は要らなかったxxx





よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


にほんブログ村 映画ブログへ



☆『ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー / HANNAH MONTANA: THE MOVIE』☆3






『ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー』

公式サイト:
http://hannahmontana.jp/

製作:2009年アメリカ
原題:HANNAH MONTANA: THE MOVIE
監督:ピーター・チェルソム
出演:マイリー・サイラス/ビリー・レイ・サイラス/エミリー・オスメント/ジェイソン・アールズ


《公開時コピー》
スーパー・アイドル、ハンナ・モンタナは、
普通の女の子マイリーに戻ります…!?


ハンナモンタナTOP

マイリー・スチュワート(マイリー・サイラス)はごく普通の女子高生。
ところが、彼女にはスーパー・アイドル、ハンナ・モンタナというもう一つの顔があった。それを知っているのは家族とごく親しい友人だけ。
アイドルとして多忙なスケジュールをこなす一方、これまでと変わらぬ高校生活をエンジョイしてきたマイリー。
ところが、ハンナ・モンタナが人気者になってしまったことで、マイリーは周囲の人をないがしろにする事態に。そんなマイリーを心配した父のロビー・レイ(ビリー・レイ・サイラス)は、彼女を故郷のテネシーに連れて行き、忘れかけた素直な気持ちを取り戻させようとするのだが…。


ハンナモンタナ1


『ハンナ・モンタナ』はアメリカで大人気のドラマっていうのも納得の、夢いっぱい、元気いっぱいのド・アイドル映画

ハンナモンタナ4


スーパーアイドルになった女の子が自分を見失ってしまい、それを心配した父親が故郷に娘を無理やり連れて行って自分自身を見つめ直させる。そしてそこにはカッコ良く成長した幼馴染がいて。。。なぁ〜んて王道中の王道ストーリーなんだけど、それが観ていて微笑ましいのよねぇ



ドタバタのコメディーは、さすがにクサ過ぎたけど(笑)

ハンナモンタナ3


マイリーの恋のお相手トラヴィス役のルーカス・ティル君も初々しくってGoo〜


ハンナモンタナ2


劇中のパパはマイリーの実父きっと映画と同じように、娘のことを心配してるんでしょうね。




よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


にほんブログ村 映画ブログへ







ロドリゲス製作☆ 2010年『プレデターズ / PREDATORS』 ☆2






『プレデターズ』

公式サイト:
http://predators.jp/
 http://www.predators-movie.com/(英語)

製作:2010年アメリカ
原題:PREDATORS
監督:ニムロッド・アーントル
出演:エイドリアン・ブロディ/ダニー・トレホ/トファー・グレイス/ローレンス・フィッシュバーン



《公開時コピー》
「殺す」という本能。
「生きる」という本能。


プレデターズTOP


落下中に意識を取り戻し、墜落死を免れた傭兵のロイス(エイドリアン・ブロディ)。そこは鬱蒼としたジャングルの中。そして同じように状況も分からぬまま見知らぬ土地に放り出された数人の男女。彼らはCIAの凄腕スナイパーやロシア特殊部隊の隊員、あるいはヤクザや死刑囚といったいずれ劣らぬ戦闘と殺しのエキスパートたち。やがて一同は、自分たちが謎の地球外生命体によって彼らの惑星に拉致されたことを悟る。そしてその目的が、その地球外生命体が狩猟を楽しむためだと。ロイスは渋々ながらもリーダーとなり、人類最強の殺し屋集団を率いて、恐るべき未知の敵へと立ち向かっていくが…。


プレデターズ3


相方さんがプレデター好き。私はそれほどでも〜なんだけど、これもお付き合い、お付き合い。。。

シリーズ化して段々と方向性がおかしなことになっていたのを軌道修正する為に作られた――っていうのをどこかで聞いていたので、どんなものかと思っていたら…ん〜、どうなんでしょう?

未知の惑星へ突然連れて来られたっていう掴みは良かったんだけど、スーパー・プレデターっていうわりには弱くなかったですかぁ?

プレデターズ2


それとフィッシュバーンも、何年か生き延びてきたと豪語してた割にはアッサリだったし…

プレデターズ1


そもそもエイドリアン・ブロディが傭兵でリーダーっていうのがねぇ…。
意外性を狙ったのかもしれないけど、線の弱いイメージが強過ぎちゃって(私だけ?)、なかなかその違和感が拭えなくて往生しちゃったから…。

ハンゾーさんに至っては、もう笑うしかありましぇん


それとこれはエンドロールでわかったんだけど、この撮影のロケ地は私の心の故郷ハワイでした〜



いろいろボロクソに言ってしまったけど、また新作が出来たらきっと観てしまうんだろうなー。





よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


にほんブログ村 映画ブログへ







ジョニーを堪能するだけの1本 ☆ 『パブリック・エネミーズ / PUBLIC ENEMIES』 ☆3






『パブリック・エネミーズ』

公式サイト:
http://www.public-enemy1.com/

原題:PUBLIC ENEMIES
製作:2009年アメリカ
監督:マイケル・マン
出演:ジョニー・デップ/クリスチャン・ベイル/マリオン・コティヤール/ビリー・クラダップ


《公開時コピー》

奪うのは、汚れた金
愛したのは、たった一人の女。

エネミーズTOP


大恐慌時代。貧困に苦しむ民衆は、汚い金が眠る銀行だけを標的に大胆不敵な手口で金を奪う世紀の銀行強盗、ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)に喝采を送っていた。
そんな中、神秘的な美女ビリー・フレシェット(マリオン・コティヤール)と出会い、一瞬で恋に落ちるデリンジャー。
一方、フーバー長官(ビリー・クラダップ)はデリンジャーを“社会の敵(パブリック・エネミー)No.1”と呼び、その逮捕に全力を挙げていく。
そしてメルヴィン・パーヴィス(クリスチャン・ベイル)を抜擢し捜査の陣頭指揮に当たらせるが…。

エネミーズ2


ジョニー・デップが久々素顔で演じる作品とあって、ジョニー好きの私としては観ないわけにはいかない

エネミーズ1


やっぱりジョニーはう、う、美しい


2時間強、じっくりたっぷりジョニーを味わえる作品。


でも、それだけ…。

作品自体は残念な出来としか言えない。

エネミーズ5


ラブ・ストーリーという触れ込みだったけど、ただただジョン・デリンジャーという人の人生をなぞっただけで、
テンポも脚本も良くなかった…


エネミーズ3

ビリー役のマリオン・コティヤールは上品な雰囲気で、とても素敵な女優さんで良かったのが、せめてもの救い。




よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ





☆ 『ブラッディ・バレンタイン 3D / MY BLOODY VALENTINE 3-D』 ☆3


『ブラッディ・バレンタイン 3D』


公式サイト:
http://burabare.com/
  http://www.mybloodyvalentinein3d.com/(英語)


原題:MY BLOODY VALENTINE 3-D
製作:2009年アメリカ
監督:パトリック・ルシエ
出演:ジェンセン・アクレス/ジェイミー・キング/カー・スミス/ケヴィン・タイ

《公開時コピー》

体感せよ!
世界初!! デジタル3D
ラブホラーアトラクション!!!

ブラッディバレンタインTOP



アメリカの小さな田舎町ハーモニー。
10年前、ここで新米作業員トム(ジェンセン・アクレス)が原因の炭鉱事故が起こり、5人が亡くなった。
唯一の生存者だったハリー・ウォーデンは1年間昏睡状態が続いた後、バレンタインデーに突然目を覚ますと、つるはしを手に住民22人を殺害する凶行に及んだ。
そして現在。平穏を取り戻したハーモニーに罪の意識に苦しみ続けるトムが戻ってくる。
そんなある夜、炭鉱夫のマスク姿につるはしを持った殺人鬼が出現、ハーモニーの町に再びあの悪夢が甦る。


ブラッディバレンタイン1


81年に製作された『血のバレンタイン』を、『スーパーナチュラル』のディーン兄ちゃんこと、ジェンセン・アクレス主演でリメイク。

オリジナルは、記憶にある限り観てない。

ブラッディバレンタイン4


冒頭の病院での殺戮シーンから始まって、廃坑でのパーティの惨劇、炭鉱内、街中問わずと、とにかく血が飛ぶ、飛ぶっ

ブラッディバレンタイン3


ガスマスクを身に付け、ツルハシを振るう殺人鬼――という、B級スラッシャー・ホラーによくある設定で、目新しさはないけど、作品としては思ったより出来は悪くない

ブラッディバレンタイン2


小さな町の住人達の人間関係を垣間見せ、こいつが殺人鬼?それともこっち??なーんて推理させてくれるストーリー展開も良かったし、キャストも良かった

今回はDVDの鑑賞だったけど、凶器がツルハシだし3Dで観たら、もっともっと楽しめただろうなー。
惜しいことしちゃった

そういえば『スーパーナチュラル』も、途中で中断して、そのまま忘れてた・・・
またそのうち観始めようっと





よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ





ニューヨークからハリウッドへ!☆映画 『ボルト / BOLT』☆4


『ボルト』

公式サイト:
http://bolt-movie.jp/

原題:BOLT
製作:2008年アメリカ
監督:バイロン・ハワード/クリス・ウィリアムズ
出演(声):ジョン・トラヴォルタ/マイリー・サイラス/スージー・エスマン/マーク・ウォルトン


《公開時コピー》

「ずっと家族だって、信じてる」

ボルトTOP


白い犬のボルト(ジョン・トラボルタ)はハリウッドのスタジオで育ったスター犬。
TVドラマの中で、飼い主の少女ペニー(マイリー・サイラス)を守るために改造されたスーパードッグとして無敵のスーパーパワーを発揮し、悪党たちを次々と退治していた。
人間たちは、ボルトからリアルな演技を引き出すため、ドラマの中の出来事を現実と思い込ませていた。
そんなある日、ひょんなことからボルトはハリウッドから遠く離れたニューヨークへと運ばれてしまう。そこで初めて遭遇した外の世界。
ボルトはここにきてようやく、全てはドラマの中のことだったと知る。
それでもペニーの愛だけは本物と信じ、ハリウッドを目指して長い長い旅に出るボルト。
その途中でさまざまな苦難に遭いながらも、旅の仲間、やせっぽちの皮肉屋ノラ猫ミトンズ(スージー・エスマン)やテレビおたくのハムスター、ライノ(マーク・ウォルトン)に助けられながら遥か故郷を目指すボルトだったが…。

ボルト3


ピクサーと合併した新生ディズニーの記念すべき第1作。
製作指揮にはもちろんのジョン・ラセター

本作は3D版もあるんだけど毎度々の試写会での鑑賞だった為、2D版で鑑賞。

ボルト2


冒頭のアクションシーン(撮影シーン)は迫力満点で、これで掴みはバッチリ
ペニーを守るスーパー・ドッグの姿はホントに勇ましくてカッコイイ

ところがスタジオを飛び出してからは一転。実はただの犬だったっていう事実を突きつけられ続け、凹み自信をすっかり失くしてしまうボルト…。
でも、ペニーの愛情だけはきっと本物とそれだけは固く信じ続け、ペニーのいるハリウッドを目指して旅をする。

ボルト4


ボルトと一緒に旅をするミトンズとライノとの友情、ペニーとの心の絆等、ディズニーではよくあるストーリーだけど、それでもやっぱり面白い映像もキレイだし

ミトンズに人から物をもらう時の仕草、表情を特訓されてるシーンはホントに顔が思わず綻んでしまうくらい可愛らしかった〜〜〜

ボルト1



何でかわからないけどガラスの容器に入ったままのライノの姿もキュート


口の悪いミトンズも、なんだかんだとボルトの世話を焼いてて、微笑ましい。

この2人(2匹)が、旅の間ボルトを支え、励まし続けてくれる

そしてこの旅を終えた時には、ボルトは本当のスーパー・ドッグに




夏休み中のファミリー映画にピッタリの、心がほっこりする1作でした






よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ








ファイナル・デスティネーションシリーズがとうとう3Dで登場!!『ファイナル・デッドサーキット3D』5

デッドサーキットTOP



『ファイナル・デスティネーション』シリーズの最新作『ファイナル・デッドサーキット 3D / Final Destination 4: Death Trip 3D』が、2009年10月17日より新宿ピカデリーほかにて全国公開


デッドサーキット1



それでなくてもコワいこのシリーズがいよいよ3D化



これは更に恐怖を煽るに違いない



コワい…



でも、



観たいぃ…



デッドサーキット2



監督はシリーズ第2作『デッドコースター』を手掛けたデビッド・リチャード・エリス


ストーリー
ガールフレンドのロリ(シャンテル・ヴァンサンテン)ら友人たちと訪れていたサーキット場で、レースカーがクラッシュして炎上し、会場が惨劇の舞台になるという予知夢を見たニック(ボビー・カンポ)。
周りにいた数名とともにサーキットを離れ、難を逃れたニックたちだったが、死の運命を免れることはできず……。






よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ

☆『ビバリーヒルズ・チワワ / BEVERLY HILLS CHIHUAHUA』☆4


『ビバリーヒルズ・チワワ』

公式サイト:
http://www.disney.co.jp/movies/bhch/
   http://disney.com/Chihuahua/ (英語)

原題:BEVERLY HILLS CHIHUAHUA
製作:2008年アメリカ
監督:ラージャ・ゴスネル
出演:パイパー・ペラーボ/マノロ・カルドナ/ジェイミー・リー・カーティス/ホセ・マリア・ヤスピク
出演(声):黒田福美/大島美幸/村上知子/黒沢かずこ

《公開時コピー》

迷い犬、探してます!

ビバリーチワワTOP


ビバリーヒルズの豪邸に暮らすチワワのクロエは超セレブなお嬢様犬。
必死にアプローチする雑種犬パピのことなど相手にもせず、高級な宝石を身につけセレブ犬仲間とゴシップに花を咲かせる優雅な日々。
そんなある日、しばらく留守にする飼い主に代わって姪のレイチェル(パイパー・ペラーボ)がクロエの世話をすることに。
ところが、テキトー娘のレイチェルは友だちとメキシコ旅行に行きたいからとクロエも連れて行ってしまう。
案の定、メキシコでほったらかしにされたクロエは見ず知らずの街で迷子になってしまったばかりか、あろうことか悪者に拉致されて闘犬場に運ばれ絶体絶命のピンチを迎えてしまい…。

ビバリーチワワ5



動物を擬人化させたお話が元々好きな上に、『ビバリーヒルズ〜』なんてゴージャス&オッシャレ〜な香りがプンプンするタイトルが付いてるんだもの、これは見逃すわけにはいかない

ビバリーチワワ3


超セレブな飼い主ヴィヴに溺愛され、人間顔負けの高級ドレスと宝石を身に付け、同じようなセレブ犬達と優雅な毎日を送ってるクロエ。
そんなお嬢犬が誘拐され、冒険をするハメに――

ビバリーチワワ2


まー、よくある話なんだけど、主犬公(笑)、クロエが、小さな身体を震わせつつ、大きな真ん丸目をウルウルさせてるのを見ちゃうと、もうそれだけで“可哀想ぉー助けてあげなきゃ”って気になっちゃう。
元警察犬のデルガドもそう思ったのか、知らない、関わらないと言いつつ、結局そんなクロエのナイト役になる。
寡黙で不器用で。。。でもいざって時には頼りになる。
クゥ〜〜〜ッカッコイイ〜

クロエの自宅の庭師パピも行方不明になったクロエを、メキシコまで来て懸命に探してくれるし、美人は人間でも犬でも得だわねぇ。うっ、羨ましい。。。

主役の犬達の演技も良かったけど、共演してる俳優さん達も頑張ってた

預かってたクロエが誘拐されたレイチェルが、飼い主ヴィヴにバレたら大変と電話口でクロエの鳴きまねを披露するんだけど、これが上手いっあんな熱演されたんじゃ、クロエ命のヴィブだってコロッと騙されちゃうわよ〜

ビバリーチワワ6


クロエのダイヤを盗もうと企むネズミとイグアナ、このコンビの掛け合いもなかなか面白かった


唯一の心残りは私が観たのが日本語吹替え版だったこと。
ドリュー・バリモアアンディ・ガルシア等豪華なオリジナル吹替えが聞きたかった…



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ





イケメンがいっぱい!☆ 『ブルー・ブルー・ブルー / NEWCASTLE』 ☆2


『ブルー・ブルー・ブルー』

公式サイト:
http://www.blueblueblue.jp/
  http://www.newcastlemovie.com/ (英語)


原題:NEWCASTLE
製作:2008年オーストラリア
監督:ダン・キャッスル
出演:ラクラン・ブキャナン/ハヴィエル・サミュエル/レシャード・ストリック/カーク・ジェンキンス


《公開時コピー》

記憶的な、夏が来る。

blueblueTOP


未熟だが才能あふれる17歳のサーファー、ジェシー(ラクラン・ブキャナン)。
サーフィンの大会で優勝して有名になり、町を出たいと願う彼だったが、気負いと焦りが災いし、大事な大会出場を決める試合で仲間のアンディ(カーク・ジェンキンス)に負けてしまう。
そんなジェシーを慰めるため、仲間が週末旅行を計画するが……。


blueblue3


サーフィン映画が大好物な私だけど、これはちょっと…。

何を描きたかったの
サーフィン?兄弟愛?それとも友情?
どれもこれも中途半端で、ただただ映像を垂れ流しただけのような作品。

せめてビッグウェーブでのライディングが見れたら良かったのにぃ…

blueblue2


まぁでも、イイ具合の筋肉を持つイケメンくん達をたっぷり堪能できたから、良しとしときましょうかねぇ(オバさん発言


私が1番好きなサーフィン映画




ブルー・クラッシュ




よろしかったら   ポチポチッと押してやってください





人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ





ラストには切なさが…☆ 『パッセンジャーズ / PASSENGERS』 ☆4


『パッセンジャーズ』


公式サイト:
http://www.passengers.jp/
  http://thepassengersmovie.com/(英語)

原題:PASSENGERS
製作:2008年アメリカ
監督:ロドリゴ・ガルシア
出演:アン・ハサウェイ/パトリック・ウィルソン/デヴィッド・モース/アンドレ・ブラウアー


《公開時コピー》

その真相を
追ってはいけない──



パッセンジャーズ TOP


若きセラピストのクレア(アン・ハサウェイ)は、飛行機事故で奇跡的に生き残った5人の乗客のセラピーを担当することに。
しかし他の生存者とまるで様子の違うエリック(パトリック・ウィルソン)はグループ・カウセリングを拒否して個別カウンセリングを要求した上、薄気味悪い言動でクレアを困惑させる。
そんな中、事故の状況を巡って生存者たちの証言と航空会社の公式説明との食い違いが表面化し、さらに生存者たちが次々と謎の失踪を遂げる事態に。
航空会社への不審を強めたクレアは、懸命に事故の核心に迫ろうとするのだが…。


パッセンジャーズ5


さも墜落事故の原因を隠蔽しようとしてるかのような人物にデヴィッド・モースを配していたので、これはサスペンス映画なのねーと思って観ていると、そうでもなく…。
それどころか全てがわかるラストにはホロッとさせられてしまった

パッセンジャーズ4


前半は何でエリックがあんなにクレアに対して親しげなのかとか、クレアと同じマンションに住んでるらしき中年女性がなんか不自然な登場の仕方をしたりとかで、引っかかる部分がいくつもあったけど、わかってみればなるほどぉ〜〜

パッセンジャーズ2


全体的にはほとんど盛り上がりもなく地味な作品だけど、私は割りと好き

どんなところが良かったのか書いてしまうと完全ネタバレになっちゃうから、興味がある方は、是非観てみて

パッセンジャーズ1


かつては可愛らしいだけのプリンセスだったアン・ハサウェイも、ここ数年はいろんな役にチャレンジして、すっかり素敵な女優さんになりました

パッセンジャーズ3


エリック役のパトリック・ウィルソンが、やたらカッコイイ〜〜
『ウォッチメン』にも出てるらしいので、これはチェックしなくては



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ





アン・ハサウェイ



デヴィッド・モース



パトリック・ウィルソン








なぜにリメイクしちゃったのぉ?☆ 映画 『プロムナイト / PROM NIGHT』 ☆1


『プロムナイト』

公式サイト:
http://www.sonypictures.com/movies/promnight/(英語)


原題:PROM NIGHT
製作:2008年アメリカ/カナダ
監督:ネルソン・マコーミック
出演:ブリタニー・スノウ/スコット・ポーター/ダナ・デイヴィス/ジェシカ・ストループ

プロムナイトTOP

高校生のドナ(ブリタニー・スノウ)は彼女の教師でドナに執着心を燃やすリチャード・フェントン(ジョナサン・シェック)に父、母、弟と殺された。
それ以来、トラウマに悩まされるが、叔母と叔父の家で暮らしながら3年後彼女の高校卒業の日が迫ろうとしていた。
プロムの晩ドナ、ボビー(スコット・ポーター)、リサ(ダナ・デイヴィス)、ロニー(コリンズ・ペニー)、マイケル(ケリー・ブラッツ)、クレア(ジェシカ・ストループ)は共にプロムが開かれる豪華なホテルに到着する。
豪華絢爛なプロムの雰囲気を楽しむ彼らだが、警察にとんでもない知らせが入る。
なんと、ドナの家族を惨殺した犯人が看守を殺害し脱獄したというのだ。
そしてそのドナを執拗に付回すリチャード・フェントンはドナ達のいるプロム会場にすでに潜り込んでいた…。


プロムナイト1

公開時、全米チャートトップ10に入ってたのを記憶してたので、観てみることにしたんだけど、まぁ〜、イライラすること

プロムナイト4

殺人鬼に狙われてるのはヒロインのドナだってわかってるのに、パーティ・フロアでは目を離しちゃうベテラン刑事。
プロムナイト3

ようやく保護して自宅に帰しても、経験の浅そうな刑事と制服警官が2人くらい、家の外で監視してるだけ…。
そのせいで最後にはドナの恋人ボビーまで殺されちゃうし、友人を始め周りはもう、死体の山
それなのに、最後にはドナが助かって良かった、良かった…だなんて、能天気過ぎるでしょー
これじゃDVDスルーするのも、納得。
『ヘアスプレー』のブリタニー・スノウをキャスティングしても、こんな脚本じゃお話にならないよぉ

プロムナイト2

1980年に公開されたカナダのホラー映画のリメイク。
オリジナルは何作かシリーズ化していたらしいので、もしかしたら1作くらいは観てるかもしれないけど記憶に当たらず…。



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ





映画☆『P.S.アイ・ラヴ・ユー / P.S. I LOVE YOU』☆3


『P.S.アイ・ラヴ・ユー』


公式サイト:
http://www.psiloveyou.jp/
http://psiloveyoumovie.warnerbros.com/ (英語)

原題:P.S. I LOVE YOU
製作:2007年アメリカ
監督:リチャード・ラグラヴェネーズ
出演:ヒラリー・スワンク/ジェラルド・バトラー/リサ・クドロー/ハリー・コニック・Jr/ジーナ・ガーション


《公開時コピー》

まだ“さよなら”は
言えないんだ。

PSLOVE TOP


ニューヨーク。ホリー(ヒラリー・スワンク)は陽気で情熱的なアイルランド人の夫ジェリー(ジェラルド・バトラー)とつましくも幸せに暮らしていた。
だがある日突然、ジェリーは脳腫瘍でこの世を去ってしまう。
それから3週間、ホリーは悲しみのあまり電話にも出ず、引きこもり状態に。
そんな彼女が30歳を迎えた日、家族や親友たちが誕生日のお祝いに駆けつける中、バースデイケーキとテープレコーダーが入った贈り物が届く。
何とその差出人は、今は亡きジェリーだった。
そしてテープには、明日から様々な形で届く手紙それぞれの内容に従って行動してほしい、とのメッセージが。
思わぬプレゼントに喜びと驚きが交錯するものの、翌日から届いた手紙の指示に従って行動し始めるホリー。
やがて、彼女は手紙の指示通り、親友たちと共にジェリーの故郷アイルランドを訪れるのだが…。

PSLOVE2

ヒラリー・スワンクジェラルド・バトラー共演だけど、タイトルでおわかりの通り、アクションではなくれっきとしたラブ・ストーリー
若くして最愛の夫を突然失い、ショックからたちなおれないホリーに亡夫・ジェリーから手紙が届く―――。

良いお話になりそうな設定なんだけど、やっぱりヒラリーじゃ、か弱い女性に見えないや…

PSLOVE5

可愛らしくみせようとスカートを主体にした衣装を着たり、カチューシャをしたヘアスタイルをしたりしてるんだけど、これがまた全然似合わない
だから、どうしても感情移入出来なくて…。


ジェラルド・バトラーは終始笑顔、笑顔。
悪くはないんだけど、物足りない感は拭えない。

PSLOVE3

やっぱり映画はどんな作品でも、その描かれてる世界にどっぷり浸れないとダメだねー。

PSLOVE1

ジェリーの幼馴染み・ウィリアム役のジェフリー・ディーン・モーガン、色気のある俳優さんでメッチャ私好み

PSLOVE4

ハリー・コニック・Jrも、“良い人”で終わってしまう、ちょっと気の毒な役で出てます(^_^;)



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ










まさにラブコメの王道!☆ 『ベガスの恋に勝つルール / WHAT HAPPENS IN VEGAS』 ☆4


『ベガスの恋に勝つルール』


公式サイト:
http://movies.foxjapan.com/vegas/
http://www.whathappensinvegasmovie.com/(英語)


原題:WHAT HAPPENS IN VEGAS
製作:2008年アメリカ
監督:トム・ヴォーン
出演:キャメロン・ディアス/アシュトン・カッチャー/ロブ・コードリー/トリート・ウィリアムズ

《公開時コピー》

恋も、お金も、人生も。幸運は、前向きな人の味方。


ベガ恋TOP

ウォール街で働くジョイ(キャメロン・ディアス)はその完璧主義な性格が災いし、フィアンセにフラれるハメに。
一方、同じニューヨークで父親が経営する工場を解雇されたお気楽な男ジャック(アシュトン・カッチャー)。
そんな彼らはそれぞれ親友を連れて気晴らしにラスベガスへ繰り出し、ホテルの部屋のダブルブッキングがきっかけで出会った。
ところが、すぐに意気投合した2人はその夜、酒を飲んでバカ騒ぎした末、勢いで結婚してしまう。
翌日、事の次第に気付いた2人は一転して険悪モード。
だが婚姻の無効手続きをしようとした矢先、ジャックがジョイの25セントを投入したスロットマシンで300万ドルもの大金を当てるのだった。
しかし、賞金の所有権を互いに主張して譲らない2人は、その決着を法廷に委ねるが…。

ベガ恋4

ハリウッドでもトップクラスの大女優なのに、ここまでやるかってくらいの潔さ。さすがキャミー
主演の二人が、本作のプロモーションで来日した時に『スマスマ』に出てた時もすごかったし…。
ホントこのサービス精神と気取らない人柄には、驚くのみ。

ベガ恋2

なかでも爆笑ものだったのが、バスルームの便座シーン。
カウンセラーのアポに遅れないように、ジャックとジョイがお互いを牽制しながらダッシュするシーンも可笑しかった〜〜

イイ女とイイ男が揃ってハジける姿は現実にはそうあることじゃないだけに、こんな豪華なキャスティングのラブコメはホント、嬉しい限り


ベガ恋3

ジャックにいろいろ悪知恵を与える親友のヘイター、この間抜けっぷりもナイスですっ

ベガ恋1

ドタバタ騒ぎがほとんどのシーンを占めてるけれど、終盤ちょっとほんわかしっとりしたシーンもあったりして、そんな演出はクサイけど、ニクイなぁ〜、この、このぉ〜〜〜
完全に私のツボにハマりまくりでしたぁ



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ



キャメロン・ディアス




アシュトン・カッチャー


ウィルのキュートなヒーロー登場!!☆『ハンコック / HANCOCK』☆4


『ハンコック』


公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/thedarkknight/
     http://thedarkknight.warnerbros.com/(英語)


原題:HANCOCK
製作:2008年アメリカ
監督:ピーター・バーグ
出演:ウィル・スミス/シャーリーズ・セロン/ジェイソン・ベイトマン/エディ・マーサン


《公開時コピー》

スーパーヒーロー、始めるぜ。


ハンコックTOP

ロサンゼルスに暮らす酒浸りの自堕落な男ハンコック(ウィル・スミス)は、実は不死身で空も飛べ、しかも驚異的なスーパー・パワーの持ち主。
その類い希な能力を使い、事件が起きればすぐさま現場に駆けつけて解決してくれるが、事件の度に周囲へ大損害を与える乱暴なやり方と何一つ反省しないぶっきらぼうな態度が災いし、人々から非難されてばかり。
そんなある日、踏切内で身動きがとれなくなり列車に轢かれそうになった1台の車をいつもの強引さで救う。
その車を運転していたPR会社勤務のレイ(ジェイソン・ベイトマン)にとって命の恩人となったハンコックはやがて、彼から正義のヒーローとしてのイメージ・アップ計画を持ちかけられるのだが…。


ハンコック3

予告ではどーかなぁ?って半信半疑だった本作。
でもそこはウィル、駄作にはしない。

今年はアメコミ映画が豊作でヒーローが大活躍だけど、本作に登場するヒーローはアメコミじゃなくってオリジナル、しかもガサツでアル中の嫌われ者。
いつものように迷惑な人助けをして知り合ったレイのアドバイスで、徐々に一人前のヒーローに成長していく。

ハンコック1

そんなヒーロー、ハンコックを演じてるウィル・スミス。
 
『くず』って子供に言われムキになったり、淋しがり屋の一面を見せたりと、観ていてついつい顔がほころんじゃう

ハンコック4

そんなハンコックと絡めて曰くあり気に登場してくるのが、レイの妻 メアリー。
初めて会った時からハンコックのことを快く思ってないようだったけど、あー、そういうことなのね。な〜るほどっていう辺りは、みなさん観てのお楽しみ。
ただ笑わせるだけでは終わらせない展開が待ってるとだけ、ここではお伝えしときましょ

そのメアリー役を何だか久しぶりのシャーリーズ・セロンが演じてるんだけど、ウィルに負けず劣らず笑わせてくれるんだなぁ。。。。
颯爽としてるんだけど、色っぽくて、そして可愛らしくて。。。素敵な女優さん

ハンコック2

よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ







シャマランさんとはやっぱりダメだぁ・・・☆『ハプニング / THE HAPPENING』☆2


『ハプニング』

公式サイト:
http://movies.foxjapan.com/happening/
     http://www.thehappeningmovie.com/(英語)



原作:THE HAPPENING
製作:2008年アメリカ
監督:M・ナイト・シャマラン
出演:マーク・ウォールバーグ/ズーイー・デシャネル/ジョン・レグイザモ/アシュリー・サンチェス


《公開時コピー》

人類は滅びたいのか。

ハプニングTOP


ある日、ニューヨークのセントラルパークで人々が突然時が止まったかのように立ちつくし、中には唐突に自らの命を絶つという事態が発生。
また、とある工事現場では作業員たちが次々とビルの屋上から身投げする不可解な惨事が起きていた。
この異常現象はアメリカ全土へ拡がりをみせ、多数の犠牲者を生んでいく。
判明しているのは、彼らはみな、死ぬ直前に言語と方向感覚を喪失していることだけだった。
これら大事件の報せを受けたフィラデルフィアの高校教師エリオット(マーク・ウォールバーグ)らは、どこか安全な場所へ避難することにするのだが…。


ハプニング4

M・ナイト・シャマラン監督とは私、相性が悪いとわかってはいたけど、観ちゃった。性懲りもなく。。。

ハプニング2

すんごくツマンナイってわけじゃなかったけど、やっぱりな〜。
自然界からの警告?
んー、それをこう表現するか…。
私にはシックリこなかったなぁ


ハプニング1

エリオットとアルマが壁越しに話してたからすぐ近くにいたのかと思ったら、アレレすごく離れてるんじゃない
どういう事

ハプニング3

それにラスト・シーン。
みんなほぼ全滅したはずなのに、なんで何もなかったかのように、人がたくさんいるの?
場所が全然違う所なの?
そんなことばっかりが気になっちゃって・・・。
やっぱりマーク・ウォールバーグは、スカッとしたアクションの方がお似合い。。。
 


よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ



M・ナイト・シャマラン監督作品



マーク・ウォールバーグ出演作品



笑いどころたっぷり〜〜♪☆『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 』☆5


『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』

公式サイト:
http://www.hamunaptra3.com/
 http://www.themummy.com/(英語)


原作:THE MUMMY: TOMB OF THE DRAGON EMPEROR
製作:2008年アメリカ
監督:ロブ・コーエン
出演:ブレンダン・フレイザー/ジェット・リー/マリア・ベロ/ジョン・ハナー

《公開時コピー》

神秘の宝をめぐり、死者の軍団との壮大な戦いが幕を開ける!


ハムナプトラTOP

古代中国。
自然界を操る魔力を持った皇帝(ジェット・リー)は、呪術師の娘ツイ・ユアン(ミシェル・ヨー)に不死の魔術を発見させるが、皇帝に愛する人を殺された彼女は皇帝と臣下全員を呪いにかけ、陶器にしてしまうのだった。
それから約2000年後の1946年、ロンドンで幸せに暮らすリック(ブレンダン・フレイザー)とエヴリン(マリア・ベロ)のオコーネル夫妻は、持ち主を不死の泉へ導くとされるブルー・ダイヤ“シャングリラの眼”を上海の博物館へ戻しに行く、という任務を外務省から託される。
すると現地には、ハーバード大学に留学しているはずの息子アレックス(ルーク・フォード)がいた。
実は彼は、2000年前の皇帝陵を発掘する大偉業を成し遂げていたのだった。
しかし、一家がその皇帝のミイラを見に博物館へ訪れると、中国を世界最強の国にしようと手を組んだ館長とヤン将軍が“シャングリラの眼”を奪い取り、皇帝を生き返らせてしまう…。


ハムナプトラ5

ここ数年はあっちもこっちも喫煙お断りってとこばっかりで、喫煙者はホントに肩身が狭い…。
そんな私達に、夢のような試写会が企画されたので、喜び勇んで行って来ました〜

会場はミッドタウンにあるライブハウス、ビルボードライブ東京
スパークリング・ワインとタバコを愉しみながら、最新作『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』を鑑賞する――って試写会。

ミッドタウンに来るのは初めてだったんだけど、六本木ヒルズよりもわかりやすい造りになってたし、緑があって気持ち良いトコ
今回は時間がなくて見て回れなかったけど、美術鑑賞、食事方々、またゆっくり行ってみたいと思わせる所だったなー。

ビルボードライブ東京は想像してたより狭かったけど、ライブを聴きにくるんならステージに近くて、却って嬉しいかも
こんなことなら去年のbaby faceのライブ、高〜〜いなんて言ってないで、来るんだった…・・・と思いつつライブ・スケジュールを眺めていたら、な、な、なんとっ11月にまたライブの予定がある〜〜〜
これはチケットを取らなければ。



なーんてことはさて置いて、映画、映画

スピンオフの『スコーピオン・キング』はよぉ〜く覚えてるんだけど、本家本元のこちらは前作2作とも、実はほとんど覚えてない…
でも、結論から先に言ってしまうと、面白かったよー

ハムナプトラ1

ジェット・リーのアクションは相変わらずキレが良かったし、要所々の笑いどころもバッチリ
突然イエティ(雪男)達が出てきたり、(こんな助っ人がいるなら、もっと早く呼べば良かったじゃんっとツッコミを入れたくなった)ジェット・リーが三つ頭のドラゴン等に変身したり。。。

ハムナプトラ6

ジョナサンと牛との絡み、ブレンダン・フレイザーマリア・ベロの掛け合い等、爆笑するほどじゃないけど、ついついニヤけてしまうこと請け合いのシーンが満載


ハムナプトラ2

上海の町中で繰り広げられるカー・チェイスならぬ馬車チェイスも、迫力満点だし。
 
頭を空っぽにして気楽に楽しみたい方には最適のアクション・アドベンチャー映画。

ハムナプトラ4

 
それにしても今年は北京オリンピックがあるからか、中国関連の映画がホント、多いね〜。
『カンフー・パンダ』、『ドラゴン・キングダム』、 『燃えよ!ピンポン』etc...

よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ





戦慄のリアル・サスペンス☆ 映画『P2』 ☆5


『P2』

公式サイト:
http://www.p2-movie.jp/
 http://www.p2themovie.com/(英語)
       
      
原題:P2
製作:2007年アメリカ
監督:フランク・カルフン
出演:レイチェル・ニコルズ/ウェス・ベントリー/サイモン・レイノルズ


《公開時コピー》

警告 この恐怖、もはやフィクションとはいえない。

一人だけの残業
深夜の地下駐車場、
大都会の死角──。


P2-TOP


クリスマス・イブのニューヨーク。
仕事が遅くなり、高層ビルのオフィスにひとり取り残されたアンジェラ(レイチェル・ニコルズ)。
ようやく仕事が片付き、車で家族が待つディナーに向うおうと地下2階の駐車場“P2”へと降り立つが、なぜか車のエンジンがかからない。
そうこうするうち、ビルはアンジェラの存在に気づかぬまま完全に閉鎖してしまう。
携帯電話も繋がらない地下駐車場に閉じ込められてしまい途方に暮れるアンジェラ。
そんな彼女の背後に、何者かの影が忍び寄り麻酔薬を嗅がせた。
意識を取り戻した彼女は、手錠、足枷をはめられ、警備員室の中で監禁されていることを知った…。


P2-4


皆が家族や恋人と楽しく過ごすクリスマス・イブに、たった一人でサイコな男と闘わなくちゃならなくなった女性の話。
完全にイッちゃってるストーカー、トーマスが、とにかくコワイ
私だったらアンジェラのように立ち向かおうなんて気には到底なれない。
常識の通じない相手ほど、怖いものはないもの…。
これが、パリの地下駐車場である女性が体験した実話をベースに作られたお話だなんて、ホント恐ろしい
孤島にいるわけじゃない、大都会のど真ん中にいるのに・・・。

P2-2


都会の生活に馴染めずどんどん孤独感に苛まれ、いつしか心の闇に堕ちてしまうトーマスのような人、今のような社会には実際、たくさんいるんだろうな。

P2-1


内容的に過激だったからR-18指定になってしまったけど、無駄のない脚本とほぼ出ずっぱりのレイチェル・ニコルズウェス・ベントリーの熱演振りが見事な秀作

P2-3


それにしても、アメリカでは警察への通報番号が混んでて繋がらないなんてことが、実際にあるのかな?
日本だったら大問題になるっていうか、絶対に許されない事柄だろうに


P2-5


よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ



ウェス・ベントリー出演作品

ネット公開殺人の恐怖☆『ブラックサイト / UNTRACEABLE』☆4


『ブラックサイト』


公式サイト:
http://www.sonypictures.jp/movies/untraceable/
 http://www.sonypictures.com/movies/untraceable/(英語)
       
      
原題:UNTRACEABLE
製作:2008年アメリカ
監督:グレゴリー・ホブリット
出演:ダイアン・レイン/ビリー・バーク/コリン・ハンクス/ジョセフ・クロス


《公開時コピー》

FBIサイバー捜査官を追い詰める、66億人の好奇心。


ブラックサイトTOP


警官だった夫亡き後、母親と幼い愛娘と共に暮らすFBI特別捜査官ジェニファー(ダイアン・レイン)。
サイバー犯罪が専門の彼女は、インターネット上にはびこるあらゆる犯罪を取り締まっていた。
そんなある日、“killwithme.com”という不審なサイトの情報が入る。
それは身動きのとれない動物が衰弱していくさまをライブ中継したもので、しかも主謀者を突き止められないよう巧みに操作されていた。
やがて今度は、縛り付けられ薬物を投与されている男が映し出される。
しかも、アクセス数が増えるごとに薬物の投与量も増やされる仕掛けが施されていた。
そしてジェニファーらの捜査も虚しく、男はアクセス増加によって命を落としてしまう。
なおも犯行が続く一方で捜査が行き詰まる中、ジェニファーは驚愕の映像を目の当たりにする…。


ブラックサイト2


私の中ではダイアンといえば『リトル・ロマンス』。あのときの彼女は、本当に可愛らしかった〜〜
そのロマンティックなサンセット・キスから約30年。お互い歳をとりました…(-_-;)



本作でのダイアンは役柄のせいか、特に疲れた感が滲み出ちゃってましたねぇ。
でも、犯人へ反撃をしていたシーンは頭脳系のFBI捜査官とは思えないような、アクションが次から次へと――
それまで犯人に押されっぱなしでウツウツとしていただけに、ク〜ッやったねと、爽快感 (~o~)/

ブラックサイト4


カメラに向かってバッチを突きつけたのも、
『この犯人の真似しようなんて考えたって、絶対に捕まえてやるからね
って感じで、カッコ良かった〜〜〜

ブラックサイト3


コリン君はパパと違って主役は張れず、本作でも主要キャスト止まり。
でも、彼が犯人に拉致されて殺されるシーンは、壮絶
死を目前にした彼が、カメラに向かって犯人に繋がるヒントを伝える方法がモールス信号っていうのも却ってリアルだった。

ブラックサイト1


今の時代、こんな犯罪が実際にあったとしても全然不思議じゃないって所が、恐怖感を倍増させる。
この犯人程度にPCの知識がある人は、この世にたくさん存在してるだろうし、更にその中にもしかしたら同じようなことを企む人がいるかもしれない・・・。

ネットが世界中に繋がって便利になったのと同時に、こういうリスクを背負ってしまったってことを、痛感しました。
どんなに素晴らしい道具でも、所詮使っているのは不完全な人間だものね





よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ



最高の人生?!それってどうよ??☆『最高の人生の見つけ方 / THE BUCKET LIST』☆4


『最高の人生の見つけ方』


公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/bucketlist/
       
      
原題:THE BUCKET LIST
製作:2007年アメリカ
監督:ロブ・ライナー
出演:ジャック・ニコルソン/モーガン・フリーマン/ショーン・ヘイズ/ビヴァリー・トッド


《公開時コピー》

余命6ヶ月、
  一生分笑う。


バケットリストTOP


























家族想いで勤勉実直な自動車整備工カーター(モーガン・フリーマン)と、独身で大金持ちの傲慢な実業家エドワード(ジャック・ニコルソン)。
性格も人生も全く正反対の二人は偶然同じ病室になり、お互い余命6ヶ月と宣告される。
そんな2人を結びつけたのは1枚の紙切れ…人生でやり残したことを書き出した夢のリスト“バケット・リスト”だった。
二人は世界を駆け巡る生涯最後の冒険旅行に旅立つ。人生でやり残したことを叶えるために。
そして、最高の人生だったと心の底から微笑むために…。


バケットリスト3













モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソンW主演の本作。
トレーラー等で彼等2人がスカイダイビングをやったりしてるのを観て以来、楽しみにしてた。
この二人の共演って、これまでにあったかなぁ?

癌で余命宣告を受けた2人が、やってみたいことをリスト・アップ、そしてそれを実行する為に、エジプト、ヒマラヤ、フランス、香港等をエドワードの自家用ジェットで次々と廻っていく――って話なんだけど、その土地土地の素晴らしい景色だけでもまずは、一見の価値あり

実際に2人が飛んだとは思えないスカイダイビングのシーン(もし本当に飛んでいたら、尊敬しちゃう)や、カーターが長年憧れ続けた車でのレース等、2人の掛け合いを含めて、とっても楽しかった

バケットリスト1












エドワードの財力があったからこそ、こんな贅沢な余命を過ごすことが出来たんだけど、2人にとってはとても有意義で素晴らしい時間だったんだろうことは、十分わかる。
でも、でも、残された家族からしたら、それってあんまりじゃない?
2人の想いよりも、やっぱり私は家族側の立場寄りに想いがいって、憤りを感じた。


バケットリスト4















カーターは、45年間家族の為に夢を諦め、油まみれで働いてきたと話していたけれど、でもそれはずっと連れ添ってきた奥さんも同じこと。
それなのにそんなことには一切頓着しないで、知り合ったばかりのエドワードと残り少ない最期の時間を過ごすなんて…

バケットリスト5














私が相方さんにそんなことをされたら、これまでの2人が過ごしてきた永い時間は一体なんだったの?ってやるせない想いに駆られると思うな…。
なんか淋しいよね…(;_;)

そんな行動をとったカーターが、何故かエドワードには娘さんと和解するようにとしたためた手紙を遺す。
それっておかしくない?
自分の妻はわかってくれる、許してくれると思ってたのかな?
それって身勝手だし、甘え過ぎ
手厳し過ぎるかしら?

バケットリスト6














2人にずっと付いていたエドワードの秘書のようなあの人は、いったいなんなんだろう?
息子とかの身内ではないみたいだったけど、ただの後継者?
ラストでは、わざわざヒマラヤまで行っていたし…。


バケットリスト2



























よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ





ジャック・ニコルソン



モーガン・フリーマン



映画鑑賞日記 - livedoor Blog 共通テーマ

ニカの涙が彼の心を溶かす…☆『ヒットマン / HITMAN』☆4


『ヒットマン』


公式サイト:
http://movies.foxjapan.com/hitman/
      http://www.hitmanmovie.com/ (英語)
       
      
原題:HITMAN
製作:2007年アメリカ
監督:ザヴィエ・ジャン
出演:ティモシー・オリファント/ダグレイ・スコット/オルガ・キュリレンコ/ロバート・ネッパー


《公開時コピー》

彼女の涙が 彼の閉ざされた心を開く


ヒットマンTOP
































エージェント47(ティモシー・オリファント)という名でのみ知られている冷徹なエリート暗殺者は、次の仕事のためにロシアに潜伏し、ターゲットであるロシアの政治家ミカイル・ベリコフを見事射殺する。
しかし、密告によりインターポールとFSB(ロシア連邦保安庁)の双方から追われる身となる。
いったい誰が密告したのか?なぜ自分が抹殺されなければならないのかを探るうち、その鍵を握る美しく傷ついた謎の娼婦ニカ(オルガ・キュリレンコ)と出会う。
自分を罠にはめた犯人を捜すためニカと行動を共にするうちに、彼自身の中に人間らしさが芽生えはじめる。
しかしこれまで経験したことのないその感情こそが、彼自身にとって最大の脅威となっていく・・・。


ヒットマン2














『ダイ・ハード4.0』で悪役を演じてたティモシー・オリファントが暗殺者役で初主演している本作。
アヴェ・マリアをバック・ミュージックに、生まれた時から暗殺者となるべき育てられてきた冒頭のシーンは、まんま『ダーク・エンジェル』
政府の秘密施設内に同じ境遇の子供達が収容され、訓練を受け、頭にはバーコードのタトゥー。
脱走を試みた子供には死があるのみ。

そんな境遇で育った47は政府の思惑通り、完璧に任務を遂行するだけの殺人マシーンだった。ニコと出逢うまでは――。
ニコと出逢ってからの彼は、厚い氷が温かい太陽に徐々に溶かされていくように、変化していく。
その変化の仕方は『レオン』を彷彿とさせるけど、あの時のような哀しい結末は待っていない。
それが意外でもあり、嬉しくもあり

ヒットマン3

















47がただの冷酷非道な暗殺者ではなく、思わず見惚れてしまうほど、無駄がなく優雅な身のこなしで仕事をこなしていく様が、また、私の好みに合ってて良かった〜
『ダイ・ハード4.0』では全然気が付かなかったけど、その役柄にティモシー・オリファントはまさにピッタリ
スキンヘッドって、よっぽど容姿が整ってないとキレイに見えないのに、彼は美しかったものね〜

この映画の製作が決まった当初は、ヴィン・ディーゼルがこの役にキャスティングされてたけど、彼からバトン・タッチして大正解
ヴィンちゃんのままだったら、だいぶ雰囲気の違う作品になってただろうからねー(^_^;)

ヒットマン1















それと47を追うロシアの警察官役で『プリズンブレイク』ロバート・ネッパーが出てきたのにはビックリ!
『プリズン・ブレイク』で、小児性愛者の凶悪犯ティーバッグを怪演しているけれど、本作でもかなりアクの強い役で、存在感たっぷり

ヒットマン4















あんまり期待してなかっただけに、なんだか得した気分になれた1本でした




よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ







映画鑑賞日記 - livedoor Blog 共通テーマ

まだまだの感あり、あり…☆『ベオウルフ 呪われし勇者 / BEOWULF』☆1


『ベオウルフ 呪われし勇者』


公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/beowulf/
http://www.beowulfmovie.com/ (英語)
      
原作:BEOWULF
製作:2007年アメリカ
監督:ロバート・ゼメキス
出演:レイ・ウィンストン/アンソニー・ホプキンス/ジョン・マルコヴィッチ/アンジェリーナ・ジョリー



《公開時コピー》

この誘惑が、世界をもてあそぶ。

ベオウルフTOP






















古代デンマーク。
戦士ベオウルフ(レイ・ウィンストン)は、時の王フロースガール(アンソニー・ホプキンス)の命によって、人々を襲い続ける呪われし巨人グレンデル(クリスピン・グローヴァー)の討伐に立ち上がる。
そして激戦の末、グレンデルを見事に打ち負かすのだった。
しかし、平安が訪れたのも束の間、ベオウルフの部下たちが皆殺しにされる。
それは、魔性なグレンデルの母(アンジェリーナ・ジョリー)による仕業だった。
さらにはベオウルフも冷酷で妖艶な彼女の魅惑に引き込まれ、彼女を愛せば永遠の力を持つ王になれる、という悪魔の誘いを受け入れてしまう。
はたして、突然命を落としたフロースガールの後継者として王の座に就くベオウルフ。
だが、やがてある時、ドラゴンが現われ、民衆を襲撃し始める…。


ベオウルフ2










アンジー姐さんがCGとはいえ出演してたので、観てはみたけれど…。
んー、CGと実写の融合は残念ながら失敗
リアルに描けてる所とそうでない所との差が極端過ぎる…。
もろCGのシーンで、完全にしらけちゃう

ベオウルフ1




















ベオウルフとグレンデルのバトル・シーンでは、なんで全裸になって闘う必要があったのか不明だし

アンジー姐さん、お願いだから出る作品をちゃんと選んで〜
『キャスト・アウェイ』以降、ロバート・ゼメキス監督の作品は、どうも好きになれないわ…


ベオウルフ3











よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ

映画鑑賞日記 - livedoor Blog 共通テーマ









ストレスの溜まる映画だぁ…☆『フリーダムランド / FREEDOMLAND』☆1


『フリーダムランド』

公式サイト:
http://www.sonypictures.jp/movies/freedomland/
  http://www.sonypictures.com/movies/freedomland/ (英語)
     
原作:FREEDOMLAND
製作:2006年アメリカ
監督:ジョー・ロス
出演:サミュエル・L・ジャクソン/ジュリアン・ムーア/イーディ・ファルコ/ロン・エルダード


《公開時コピー》

消えた少年、
目撃ゼロ、
痕跡ナシ、
唯一の手がかりは母親の証言だけ

…何かが、違う。

真実が呑み込まれていく、迷宮のヒューマンミステリー。



ある夜、手を血まみれにした白人女性が病院に助けを求めてやって来る。
報告を受けたロレンゾ・カウンシル刑事(サミュエル・L・ジャクソン)が駆けつけると、その女性、ブレンダ・マーティン(ジュリアン・ムーア)は車で帰宅途中に黒人男性に襲われて車を奪われたと語る。
しかも、後部座席には4歳になる息子が乗っていたという。
事件が起きた現場は、黒人が大半を占める低所得者向けのアームストロング団地。
さっそく捜査が開始されるが、手がかりを得られぬまま、一方的に犯人扱いされた団地住民との緊張ばかりが高まっていく。
捜査に行き詰まったロレンゾは、行方不明の子どもの捜索を行うボランティア団体のリーダー、カレン・コルッチ(イーディ・ファルコ)に協力を求め、事態の打開を図るが…。


フリーダムランドTOP
























盗まれた車に息子が乗っていたので、探して欲しいと訴えるブレンダ。
でもいざ手掛かりを掴もうと詳細を尋ねれば、取り乱したり応えなかったり…。
観ているだけで、イライラしてくる(-_-;)

フリーダムランド1

















観終わってみれば、彼女は自分のことばっかりの勝手な人だったってだけの話。
わざわざ映画にする必要があった

サミュエル・L・ジャクソンジュリアン・ムーアも、この作品のどこに魅力を感じて、出演を決めたんだろう?


フリーダムランド2

















よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ





ジュリアン・ムーア



サミュエル・L・ジャクソン



DVD・レンタル鑑賞レビュー - livedoor Blog 共通テーマ




クリント・イーストウッド☆『ブラッド・ワーク/BLOOD WORK』☆4


『ブラッド・ワーク』

公式サイト:
http://bloodworkmovie.warnerbros.com/ (英語)
     
原作:BLOOD WORK
製作:2002年アメリカ
監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド/ジェフ・ダニエルズ/ワンダ・デ・ジーザス/ティナ・リフォード


《公開時コピー》

犯罪が移植される


ブラッド・ワークTOP


























元FBI心理分析官テリー・マッケイレブ(クリント・イーストウッド)は2年前、連続殺人犯“コード・キラー”を追跡中、突然心臓発作で倒れてしまい、犯人を捕り逃す。
心臓を移植して何とか一命を取り留めたテリーは早期退職し、現在はクルーザーでの隠居生活を送っている。
そんな彼の前にある日、グラシエラ(ワンダ・デ・ジーザス)と名乗る見知らぬ女性が現れた。
そして、自分の姉を殺害した犯人を探してほしいと依頼する。
心臓移植したことを理由に断るテリーにグラシエラは、その心臓が殺された姉のものであることを伝える。
その事実がテリーを再び捜査の現場へと引き戻すことになったのだったが…。


ブラッド・ワーク2















西部劇以外のクリント・イーストウッド出演作はほとんど観てると思ってたけど、あった、あった未見作。

それも、イーストウッド監督&製作&主演
『父親たちの星条旗』や『ミリオンダラー・ベイビー』のような大作ではないけど、十分楽しめる

ブラッド・ワーク1















殺された女性の臓器提供で助かった、元FBI心理分析官役のクリント・イーストウッド。
移植手術が終わったばかりっという設定が、彼の年齢をカバーしてたように感じたのは気のせいかしら…(^^;

人生を永く生きてきた男の余裕と貫禄があるテリー役は、まさにクリント・イーストウッドにうってつけ
ダーティ・ハリーをパロッたりする遊び心も◎

そして、意表を突いた犯人とその犯行動機も、私好み

――というわけで、満足の1作でした〜


ただ、ベッド・シーンは余計だったなぁ…

ブラッド・ワーク3
























よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ





DVD・レンタル鑑賞レビュー - livedoor Blog 共通テーマ

真の教育とは…☆『フリーダム・ライターズ/FREEDOM WRITERS』☆5


『フリーダム・ライターズ』


公式サイト :
http://www.fw-movie.jp/
    http://www.freedomwriters.com/ (英語)


原題:FREEDOM WRITERS
製作:2007年アメリカ
監督:リチャード・ラグラヴェネーズ
出演:ヒラリー・スワンク/スコット・グレン/イメルダ・スタウントン/マリオ


《公開時コピー》

昨日までの涙が、インクになる。
それは、一人の新米教師と、一冊のノートが起こした奇跡の実話。


フリーダムライターズTOP
























1994年、ロサンジェルス校外のウィルソン公立高校。
ここに理想と情熱を持って赴任してきた若い国語教師エリン・グルーウェル(ヒラリー・スワンク)。
しかし、2年前のロス暴動以来、激しさを増した人種間の対立は、彼女が受け持つ教室にも影を落とし、生徒たちはラティーノ、アフリカン・アメリカン、アジア系など、人種ごとに徒党を組み一触即発の状態。
銃やドラッグがはびこり、その日を生きるのに精一杯で誰も将来のことなど考えようともしなかった。
そんな生徒たちを相手に授業の進め方に苦心するエリン。
ある日彼女は、生徒全員に日記帳を配り、何でもいいから毎日書くようにと提案する。
やがて、徐々に本音を綴るようになった生徒たちは、次第にエリンに心を開き、そして自らの内面とも向き合い始めるのだった。


フリーダムライターズ1
















実話に基づいて作られた、ヒラリー・スワンク主演の作品。
私にとって彼女の作品は、感銘を受ける物ばかり。
『ボーイズ・ドント・クライ』 『ミリオンダラー・ベイビー』
本作も例外じゃなかった

フリーダムライターズ5


















過酷な環境の中で生きている子供達の担任になった新米教師エリン。
最初こそイメージしていた生徒像と違って戸惑ったものの、情熱と強い信念で生徒達からの信頼を得る。

フリーダムライターズ3
















荒んでいた生徒達の心をどうやって掴んだのかっていう部分は、描写が甘くて納得しきれなかったけど、何だろう私の心に生徒達の声が、エリンの声がスゴく響いてきて…。

フリーダムライターズ4



















家族や友達が殺されるのを目の当たりにして傷付いてる子。
自分がいつ殺されるかという恐怖に苛まれている子。

そんな、毎日をただ生き抜くだけで精一杯だった子供達が、本を読み、学ぶことで自分の世界がどんどん広がっていくことの楽しみを知る。
それにつれ彼等の目にキラキラとした輝きが…

フリーダムライターズ7













そうやって日々成長していく生徒達と共にエリンもまた、成長していく。
生徒達と喜びを分かち合い、悩みながら…。
自分が頑張れは頑張っただけ生徒達の笑顔という形になって返ってくる。
それは教師冥利に尽きるに違いない。

フリーダムライターズ6














こんな教師に出会えた生徒も、こんな生徒に出会えた教師も幸せ

エリンのような素晴らしい教師に教えられた生徒は、どんな大人になっていることだろう?
原作も是非、読みたい

フリーダムライターズ2
















よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ







映画鑑賞日記 - livedoor Blog 共通テーマ













ボーンからの最後通牒☆『ボーン・アルティメイタム/THE BOURNE ULTIMATUM』☆5


『ボーン・アルティメイタム』

公式サイト :
http://bourne-ultimatum.jp/
http://www.thebourneultimatum.com/  (英語)

原題:THE BOURNE ULTIMATUM
製作:2007年アメリカ
監督:ポール・グリーングラス
出演:マット・デイモン/ジュリア・スタイルズ/デヴィッド・ストラザーン/スコット・グレン


アルティメイタムTOP

















CIAの極秘計画“トレッドストーン”によって過去の記憶を消され、究極の暗殺者にされたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)。
彼はその過去の断片を辿りながら、全てを明らかにしようと奔走していた。
そんなある日、イギリスの大手新聞ガーディアンにボーンの記事が載る。
その担当記者ロス(パディ・コンシダイン)が、CIAの内部告発に基づいて、トレッドストーンをアップデートした“ブラックブライアー”という計画に関する取材を進めていたのだった。
ロンドン支局からその情報を聞いたニューヨークのCIA対テロ極秘調査局長ヴォーゼン(デヴィッド・ストラザーン)は、ただちに現地要員へロスの監視と尾行を指示。
また同じ頃、この新聞を目にしたボーンもロンドンへ飛び、監視を巧みにかわしながらロスと接触するのだが…。


アルティメイタム2
























マット・デイモンが唯一カッコ良く見える作品。←失礼

アルティメイタム5










『ボーン』シリーズの中でも、本作が一番私は面白かった

マットのアクションもさることながら、とにかく脚本、演出、映像が素晴らしい
特にウォータールー駅のシーンではゾクゾク、ワクワク、スクリーンに釘づけ
このシークエンスは全て、ポール・グリーングラス監督のアイデアだそう。
『ユナイテッド93』での見せ方も見事だったし、彼の力あってこそのこの仕上がりなんだね


アルティメイタム1
















ボーンとロスを抹殺する為にCIAに雇われた暗殺者バズ(エドガー・ラミレス)の、ただ命令を遂行する為だけに行動する姿も、何とも不気味で印象的。
多分セリフの一つもなかったんじゃなかったかな。

アルティメイタム3
















原作が3部作だったから3作で終わり――なんて言わないで、また続編を作って欲しいなー。
でもその前に、このポール・グリーングラス監督とマット・デイモンが組んで違う作品を作るらしいので、まずはそれを楽しみにしましょ


アルティメイタム4

















よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ



マット・デイモン出演作品



ポール・グリーングラス監督作品




映画鑑賞日記 - livedoor Blog 共通テーマ






こんなラストで良いの?!☆『バイオハザード/RESIDENT EVIL: EXTINCTION』 ☆3


『バイオハザード掘


公式サイト :
http://www.sonypictures.jp/movies/residentevilextinction/
 http://www.sonypictures.com/movies/residentevilextinction/    (英語)

原題:RESIDENT EVIL: EXTINCTION
製作:2007年アメリカ
監督:ラッセル・マルケイ
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ/オデッド・フェール/アリ・ラーター/イアン・グレン





《公開時コピー》

アリス、
砂漠に死す


バイオハザードーTOP
















ラクーンシティでの惨劇から数年後、T-ウィルスの感染は世界中へ広がり、人類はアンデッドへ、地上世界は砂漠へと化していた。
さらに、アンブレラ社では“アリス計画”が始動し、アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)のクローン実験が繰り返されていく。
そんな中、独り世界を彷徨うアリスは、アラスカが感染の及んでいない安息の地だと記されたノートを手に入れる。
やがて、離ればなれになっていたカルロス(オデッド・フェール)たちと再会、そしてクレア(アリ・ラーター)と彼女が率いる武装集団も新たな仲間に加わり、一行はアラスカを目指すことに。
そこでアリスたちは、燃料や食料を確保するため荒涼のラスベガスへ向かうのだが…。


バイオハザード-4















バイオハザード-3















ミラ・ジョヴォヴィッチの人気シリーズ第3弾。
性懲りもなく、前作、前々作を復習しないで観たので、しばらくは過去の記憶を辿りながらの鑑賞に…(苦笑)

でもまあ、大した内容じゃないので前作を忘れていても、さほどの問題なし
ミラのすらっと伸びた長―い足と、キレイなアクション・フォームを堪能出来れば◎でしょ。

バイオハザード-1





















それと本作ではHeroesでニキ役を演じてるアリ・ラーターも主要キャストで登場
ミラと共に作品に華を添えてくれてます

バイオハザード-2






















ただ、肝心要のストーリー展開については、三部作のラストだというのにストーリー内容があまりにも在り来たり
ミラの魅力に頼り過ぎじゃあないですかぁ〜


バイオハザード-5























よろしかったら   ポチポチッと押してやってください









人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ

映画鑑賞日記 - livedoor Blog 共通テーマ

☆『パーフェクト・ストレンジャー/PERFECT STRANGER』 ☆3


『パーフェクト・ストレンジャー』

公式サイト :
http://www.movies.co.jp/perfectstranger/
 
http://www.sonypictures.com/movies/perfectstranger/  (英語)

原題:PERFECT STRANGER
製作:2007年アメリカ
監督:ジェームズ・フォーリー
出演:ハル・ベリー/ブルース・ウィリス/ジョヴァンニ・リビシ/ゲイリー・ドゥーダン


《公開時コピー》

ラスト7分11秒まで、真犯人は絶対わからない──。



パーフェクトスト TOP



























政財界の大物のスキャンダルを果敢に狙う女性記者のロウィーナ(ハル・ベリー)は、ある時、幼なじみのグレースが殺された事件の調査に乗り出す。
グレースが、出会い系サイトで知り合った大物経済人のハリソン・ヒル(ブルース・ウィリス)と不倫関係にあったことから、ヒルに疑いの目を向けるロウィーナ。
知り合いのハッカー、マイルズ(ジョヴァンニ・リビシ)の協力でヒルに近づき、やがて身分を隠して彼の会社に派遣として潜り込むことに成功する。
ところが調べが進むうち、ヒルばかりか、彼女の周囲の人物に次々と秘密や疑惑が浮上、混乱は深まるばかりとなってしまい…。


パーフェクトスト3

















本作でなんといっても良かったのは、マイルズ役のジョヴァンニ・リビシ


パーフェクトスト1
















いつもそうなんだけど、何かに取り憑かれたような表情が堪らなく妖しげでイイ。
彼が出ているだけで、きっと何かやってくれるに違いな〜〜いって期待させてくれる


パーフェクトスト4
















ハル・ベリーも、思った以上に良い演技をしてた。
パーフェクトなスタイルも、溜息が出るほどビューティフル
 

パーフェクトスト2
















ただ、致命的なのが宣伝コピー。
これじゃ、ラストに何かあるって最初からわかっちゃって、面白みは半減
サスペンスを楽しませてくれるなら、これは止めて欲しいわ…



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ

ジョヴァンニ・リビシ



ハル・ベリー



映画鑑賞日記 - livedoor Blog 共通テーマ








☆『ファンタスティック・フォー:銀河の危機 / FANTASTIC FOUR2』☆4


「ファンタスティック・フォー:銀河の危機」


公式サイト :
http://movies.foxjapan.com/f4_2/  
 
http://www.fantasticfourmovie.com/  (英語)          


原題:FANTASTIC FOUR: RISE OF THE SILVER SURFER
製作:2007年アメリカ
監督:ティム・ストーリー
出演:ヨアン・グリフィズ/ジェシカ・アルバ/クリス・エヴァンス/マイケル・チクリス



《公開時コピー》

宇宙からの使者シルバーサーファー現る!!
地球滅亡までのカウントダウンは始まった…

ファンタ4TOP
























宇宙を自在に飛び回る謎の使者・シルバーサーファー(ダグ・ジョーンズ)が地球に現れ、地球は破滅の危機に晒される。
シルバーサーファーが世界中を大混乱に陥れる中、リード(ヨアン・グリフィズ)、スー(ジェシカ・アルバ)、ジョニー(クリス・エヴァンス)、ベン(マイケル・チクリス)の4人は、全ての希望が失われる前にシルバーサーファーの謎を解き明かし、そして再び現れた宿敵Dr.ドゥーム(ジュリアン・マクマホン)に立ち向わなくてはならない。


ファンタ4-3
















マーベル・コミックの人気シリーズ、超能力者4人組の活躍を描くSFヒーロー・アクションの第2弾。


前作『ファンタスティック・フォー 超能力ユニット』から2年、やっと待望の続編〜〜(^^♪
本作は難しいことはなーんも考えないで、楽しむのが正解

FFメンバーは相変わらずケンカしたり、じゃれ合ったりと軽〜い。

ファンタ4-7
















とはいえ、シルバーサーファーに接触したジョニーの身体に変調が起こり、ジョニーに触れた他のメンバーの超能力と入れ替わってしまう――っていうのも、最初はただの笑いどころかと思ったんだけど、それだけには留まらなくって、チームワークの大切さもちゃんと描いてた。

ファンタ4-8
















そして当初は単なる悪役だと思ってたシルバーサーファー
彼がねー、すっごくカッコイイの
孤高の人って感じでね。

私は知らなかったんだけど、スピン作品も出来てるほど本場アメリカでは人気のあるキャラクターなんだって。
んー、私もスピン作品、観てみたいなぁ。

ファンタ4-4















本作はとにかく作品全体が軽〜いから、好き嫌いがはっきりしてるみたい。
銀河の危機なんて題がついてるけど、ちっとも危機感ないし、アクションシーンもちょっと物足りない…

ファンタ4-6
















まぁ、『ダーク・エンジェル』以来のジェシカファンとしては、彼女がスクリーンに出ているだけで、十分満足なんだけどネ

ファンタ4-5















そうそう、ジェシカ・アルバとヨアン・グリフィズが本作のジャパン・プレミアに出席予定だったんだけど、ジェシカの新作映画の撮影が急遽早まったとかで中止に…

作中で日本のシーンが数箇所あったから(またまたヘンな日本だったけど)、来日してくれればもっと盛り上がっただろうに…うぅ〜ん、残念


ファンタ4-1


















よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ

映画鑑賞日記 - livedoor Blog 共通テーマ






ファンタジーのはずが…☆『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』☆3


「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」


公式サイト :
http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/ http://www.harrypotterorderofthephoenix.com/ (英語)         


原題:HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX
製作:2007年イギリス/アメリカ
監督:デヴィッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン/ゲイリー・オールドマン


《公開時コピー》

これからお前は[すべて]を失う


不死鳥























ホグワーツ魔法学校の5年生に進級したハリー(ダニエル・ラドクリフ)はある日、人間界で魔法を使ってしまい、魔法界を追放されかねない立場に追い込まれる。
ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の復活が起因と証言したダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)のおかげで処罰を免れたハリー。
しかし、魔法省は、ダンブルドアは魔法大臣の地位を横取りするために嘘の証言をしたと勘ぐり、防衛術を教える女教師(イメルダ・スタウントン)を学校全体の監視役として送り込んでくるのだった。
一方、ヴォルデモートは仲間を集め、ハリーたちを陥れようと暗躍し始める。
その兆しを誰よりも早く察知していたハリーは、ロン(ルパート・グリント)やハーマイオニー(エマ・ワトソン)たちと秘かに“ダンブルドア軍団”を結成するが…。


不死鳥6











『ハリー・ポッター』シリーズも、5作目。
原作を1作も読まず、映画だけでここまで物語を進んできちゃった

ハリー、ロン、ハーマイオニーはみんなも知ってる通り、見た目はもうすっかり大人。
ストーリーの雰囲気も1作目のファンタジー、ファンタジーした感じから徐々にダークさを増し…。

不死鳥4
















んー、それにしても、本作は暗すぎない?
ハリーはイライラ、ぐちゃぐちゃしているし、魔法省から来たアンブリッジは陰湿で、観ていて気分悪いし
それに、こまこましたエピソードの積み重ねばかりで飽きてきちゃうし・・・

原作を読んでいればもっと楽しめたのかもしれないけど、特に中盤まではあんまりストーリーに集中出来なかったなぁ。

不死鳥3













だいたい、魔法省が何であんなにヴォルデモートが復活したことを認めたがらないのかも、全然わかんない
原作にはその辺の事情も、しっかり書かれているのかな?

でもラスト、あの人があんなことになっちゃったのには、もしかしたら…と予想はしていたけれど、実際に映像で観ると衝撃的で悲しかった

不死鳥2














私はやっぱり1作目の時のような子供もワクワク楽しめるファンタジーの方が好きだなぁ。

と、いろいろ文句を付けてしまったけれど原作を読んでないので、きっと残りのあと2作も観てしまうんだろうなー。
ここまで観てきてしまったので、結末はしっかり確認したいしね(苦笑)

不死鳥5










そうそう本作初登場の不思議ちゃん、ルーナ・ラブグッド役のイヴァナ・リンチ、この役を熱望していただけあって、これがデビュー作とは思えないほど良かった

不死鳥1


















ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 - livedoor Blog 共通テーマ



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ










いつもありがとうございます!




since 2005.12.1











Categories
Archives
☆ブログ・リスト☆
☆MOVIE☆




セブンアンドワイ

最新映画、話題作を観るならワーナー・マイカルで!
























ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!





USEN

セブンアンドワイ

パイオニアオンライン

モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション

ブックオフオンライン
☆旅行関連☆
☆キレイになりた〜い!!☆
QRコード
QRコード
☆blog-tunes☆
     
 
   
RSS
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
My Twitter
☆オススメ☆
クロックス オンラインショップ
















 iTunes Music Store(Japan)

 iTunes Music Store(Japan)









クリックお願いしますっ!!
  ↓   ↓

人気ブログ



にほんブログ村 映画ブログへ




【クチコミランキング】




日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場


自動更新バナー

 iTunes Store(Japan)

★特集バナー125×125






満足避難セット【防災なまず】

【満足避難セット】


☆ページランキング☆

アクセス解析
Recent TrackBacks
Recent Comments
☆美味しい物大〜好き☆
☆PC&NET環境☆
  • ライブドアブログ