honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜

映画の話を中心に美味しいお店の話等、毎日のちょっとした出来事を、のんびりとお話ししてま〜す♪ 

洋画 ま

応募情報!★『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』ジャパンプレミアのアリーナイベント★5

10月28日(水)より2週間限定で全世界同時公開される映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

これは、急逝したマイケル・ジャクソンが生前にロンドンで行なう予定だったコンサート<THIS IS IT>を100時間以上にも及ぶリハーサルと舞台裏の映像で再現したもの。

 

マイケル・ジャクソン全盛期を知ってる世代も知らない世代も、これは絶対見逃せない


 

その公開初日に六本木ヒルズアリーナで行われる、ジャパンプレミアのアリーナイベントの招待チケットが当たるかも

 

もちろん、マイケル世代の私は、すぐに申し込みました

どーか当りますように



応募締切日の記載がなかったので、みんなも急いで〜〜〜

マイケルTHIS IS IT2


【LEncore会員&ローチケ会員限定】

 

特別参加権のプレゼントが決定
今回はなんと総勢200名様
さらにその中から抽選でメモリアルペアチケットをプレゼント

≪アリーナイベントとは?≫
日本の著名人がレッドカーペットを歩き、ステージにてご挨拶を行います

さらにイベントへ参加頂いた方の中から抽選で50組100名様に「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」メモリアルペアチケットをプレゼント
チケットは後日送付いたします。

ご招待日時:10/28[水]
15:00受付開始(受付前に整理券配布)/15:30開場
17:00イベントスタート/18:00イベント終了(予定)
会場:六本木ヒルズアリーナ(東京・港区)

レッドカーペットに登場するゲストにつきましては、セキュリティの関係上、事前のお知らせはできません。
アリーナイベントの当選券では、プレミア上映へのご参加はできませんのでご注意ください。

  ▼LEncore会員様のお申込みはコチラ!
  
http://click.lawsonticket.jp/c/tl?i=mf0hgHI382RxLUhu
  ▼ローチケ会員様のお申込みはコチラ!
  
http://click.lawsonticket.jp/c/tl?i=SfkrNUp3L6KtLHkD


よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ





完璧に凹んだ…(-_-;)☆フランス・ホラー映画『マーターズ / MARTYRS』☆2


『マーターズ』

公式サイト:
http://www.kingrecords.co.jp/martyrs/

原題:MARTYRS
製作:2007年フランス/カナダ
監督:パスカル・ロジェ
出演:モルジャーナ・アラウィ/ミレーヌ・ジャンパノイ/カトリーヌ・ベジャン/イザベル・シャス


《公開時コピー》

残酷ホラー映画が遂に到達した究極の新境地“最終解脱”!
これは本当に公開して良いものなのか!?

マーターズTOP

(C) 2008 Eskwad - Wild Bunch- TCB film



1970年初頭のフランス。行方不明となっていた少女リュシー(ミレーヌ・ジャンパノイ)は監禁場所から命からがら脱出し、保護される。
性的な虐待はなかったもののその身体には無数の生傷。
結局犯人は見つからず、養護施設に収容されたリュシーは激しいショックから心を閉ざすも、同じ年頃の少女アンナ(モルジャーナ・アラウィ)の献身的な支えによって少しずつトラウマを癒やしていく。
しかし15年後、猟銃を手にとある屋敷へと向かったリュシーは、和やかに食卓を囲んでいた一家を惨殺する。
他ならぬ15年前の復讐を成し遂げた彼女は、電話でアンナを呼び出す。
あまりの惨状を目の当たりにしたアンナは、リュシーの正気を疑い始めるが…。


マーターズ4

(C) 2008 Eskwad - Wild Bunch- TCB film


今回の試写会場はアップリンク・ファクトリー。
仕事帰りに行くには都合の良い渋谷にあるということで、映画の内容も確認しないで応募→当選

それから初めてどんな作品なのかと検索してみると、フランスのホラー。それもかなりコワくて痛い作品ということが判明。
 
普段、ホラーもスプラッターもわりと平気な方なんだけど、情報が入れば入るほどさすがの私も
 
『ダメかもぉ…』
 
『行くの止めようかなぁ〜』
 
と当日まで迷いまくり…
 
でも、小さな会場で何人も入らなそうなので、ドタキャンするのもねぇ…と、思い切って参加。
 

マーターズ3

(C) 2008 Eskwad - Wild Bunch- TCB film


 
Martyrs=“犠牲者”または“殉教者”。古くは“証人”の意
 

フランスでは公開される際、当初は通常ポルノ映画でしか設定されないR-18に指定され、監督自らが大臣に直訴し、R-16に変更になったという曰く通り、ザワザワと鳥肌が立ち、気分が悪くなるほどコワくて、痛い作品だった

 

マーターズ1

(C) 2008 Eskwad - Wild Bunch- TCB film


『ソウ』シリーズも痛い作品だったけど、それとはまた雰囲気が異なる。

暴力と精神的な追い込みが次から次へと展開される様があまりにリアルに迫ってきて、観続けるのがかなり苦痛だった。
広い会場での鑑賞だったら、多分私は耐え切れずに退散していたと思う…。
 

マーターズ5

(C) 2008 Eskwad - Wild Bunch- TCB film


どうして監禁されたのか?
リュシーが自分を監禁し拷問したのはこの夫婦だと惨殺したけど、それは本当なのか?
リュシーを襲ってくる裸身の女性は、本当に存在する人なのか、それともリュシーの妄想なのか?


その他諸々謎だらけで観たくはないんだけど、やっぱり目はスクリーンにいってしまう――

そういう意味では、強力な牽引力のある作品なんだろうな。
 

でも、でも、とにかく正視に耐えないシーンが多過ぎた…
 

マーターズ2

(C) 2008 Eskwad - Wild Bunch- TCB film


中盤から登場する、キワモノのニューハーフ姐さんのような容姿の“マドモアゼル”と呼ばれるオバサマが、またすごい迫力
 
彼女がラストに得たのは、いったい何だったんだろう?



マーターズ

(C) 2008 Eskwad - Wild Bunch- TCB film



アンナ役を演じた新人女優モルジャーナ・アラウィ
よく頑張ったねってホント心から褒めてあげたい



 
まだ公開前なので、これ以上の詳しい感想は控えるけれど、ストーリーが進むにつれ謎が1つづつ解明されラストを迎えても、おぞましく、禍々しい気分が残るだけ。

 

そんなわけで、決して人に勧めたいとは思えないけれど、
 

恐いもの観たさのある貴方

暑い毎日に嫌気が差し、涼しくなりたい貴方
 

そんな貴方には、うってつけの作品かもしれません。


martyrs


martyrs2

プレスシートをいただいたけど、中をじっくり見る気になれない…





よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ






懐かしい香りがするぞ♪☆ 『モンスターVSエイリアン / MONSTERS VS. ALIENS』 ☆3


『モンスターVSエイリアン』

公式サイト:
http://www.mva-movie.jp/
 http://www.monstersvsaliens.com/(英語)

原題:MONSTERS VS. ALIENS
製作:2009年アメリカ
監督:ロブ・レターマン/コンラッド・ヴァーノン
出演(声):リース・ウィザースプーン/ヒュー・ローリー/ウィル・アーネット/セス・ローゲン


《公開時コピー》

エイリアンがやってくる? モンスターならやってくれる!


モンスターエイリアンTOP


今まさに幸せの絶頂にいたスーザン(リース・ウィザースプーン)。
恋人とついに念願の結婚式を迎えようとしていたのだ。
ところが、式の直前しばしテラスでひとり佇んでいたところ、突然落下してきた謎の隕石の直撃を受けてしまう。
そして、何が起きたのか分からないまま式に臨んだスーザンの身体はおよそ15mにまで巨大化し、周囲のみならず自らもパニックに陥るスーザン。
すると、そこへ軍隊が駆けつけ、彼女を捕獲して連れ去ってしまうのだった。
やがて、冷たく固い建物の中で目覚めたスーザンの前には、奇妙奇天烈な生物たちが。
彼らはみなモンスターとしてこの施設に監禁されていた。
スーザンもまた、事情を説明するモンガー将軍(キーファー・サザーランド)から“ジャイノミカ”と名付けられ彼らの仲間入りとなる。
一方その頃、米政府は地球侵略を目論むギャラクサーが放ったエイリアン・ロボットへの応戦に苦しんでいた。
窮地に立たされた人類は、ついにモンスター軍団の出動を決断、スーザンも当然のようにエイリアンとの戦いに駆り出されてしまうのだが…。

モンスターエイリアン7


3Dで観たかったんだけど、試写会での鑑賞だったので2D。

往年のB級映画に出てきたようなモンスター達が登場する。
結婚式当日に隕石の直撃を受け身体が巨大化してしまった悲劇の花嫁スーザンが彼等モンスターの仲間になり、地球侵略にきたエイリアン達と戦う――っていう至ってシンプルなストーリなんだけど、声優陣が本作もすごいっ

モンスターエイリアン1


モンスターエイリアン2


リース・ウィザースプーンキーファー・サザーランドだもんね〜

モンスターエイリアン4


モンスターエイリアン3


CGアニメは映像はモチロンだけど、この声優陣も毎回楽しみの一つ。
あんな人がこんな役をなーんてことは、しょっちゅうだもの。

モンスターエイリアン6


今回のリースも、スーザン役にピッタリ


元気でキュートで健気で、でも自分のことを

“私の名前はジャイノミカ”

と言い切ってしまえる潔さもある、カッコイイ女性



モンスターエイリアン5


モンスターエイリアン8



スーザンの仲間のエイリアン、ボブを見ていて、子供の頃大好きだったアメリカのアニメ『怪獣王 ターガン』を思い出した。

ターガン


あの頃のアメリカのアニメは面白かったな〜♪
『幽霊城のドボチョン一家』『チキチキマシン猛レース』『大魔王シャザーン』『スーパースリー』etc...(*^_^*)
また観たくなってきた。。。





よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ













その鏡を見てはいけない・・・☆ 映画 『ミラーズ / MIRRORS』 ☆4


『ミラーズ』

公式サイト:
http://movies.foxjapan.com/mirrors/
      http://www.mirrorsmovie.com/(英語)

原題:MIRRORS
製作:2008年アメリカ
監督:アレクサンドル・アジャ
出演:キーファー・サザーランド/ポーラ・パットン/エイミー・スマート/メアリー・ベス・ペイル


《公開時コピー》

感じる。その奥に秘められた存在を──

ミラーズTOP


元ニューヨーク市警刑事のベン・カーソン(キーファー・サザーランド)。
彼は1年前に同僚を誤って射殺したことから停職処分となり、アルコールに溺れながら妹アンジェラ(エイミー・スマート)のアパートに居候する身となっていた。
それでも別居中の妻エイミー(ポーラ・パットン)や子供たちのため、社会復帰して信頼と幸せな家庭生活を取り戻そうともがいていたのだった。
そんなベンはある日、5年前の大火災で閉鎖されるも保険関係で現状維持されているメイフラワー・デパートの焼け跡を巡回する夜警の仕事へ就くことに。
そして、その不気味な現場へ足を踏み入れたベンは、そこに美しい光沢のまま残された巨大な鏡に引き込まれていく。
すると突然激痛に襲われ、鏡の中に焼けただれた女性の姿を見るなど怒濤の恐怖に見舞われてしまう。
またそれ以来、ベンの周囲では、奇怪で凄惨な出来事が起こり始め…。

ミラーズ4

キーファー・サザーランド主演だったんで、ホラーっていうよりもサスペンス・アクション系だと勝手に思ってた。
そしたらそれは大きな勘違いで、メチャクチャ怖かった〜〜(>_<)

ミラーズ1

鏡って女性にとっては必需品だけど、なんとなく怖さを感じるよね。
目では見えないものが映ってたら…とか、鏡の中の自分が手を伸ばして鏡の中に引きずり込まれちゃうんじゃないか…とか、あらぬ想像をしちゃう
この作品ではまさに、この想像が現実に起こる

ミラーズ2

特にコワかったのは、アンジェラが殺されるシーン。
あんな風に殺されるなんて、夢にも思わなかったのでウソォーそんなことしちゃうのってまさに口があんぐり


ミラーズ3

ベンの妻エイミー役のポーラ・パットンはジェニロペ似の凛々しい美女で、素敵だった

ミラーズ5


全てが終わって、あぁ〜ヤレヤレと一息ついたところでのあのラスト。
うーん、私好みです



この作品って、2003年に韓国で製作された『Mirror 鏡の中』を、リメイクしたものだったのね。


よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ






今年のNo.1最有力作♪♪☆ 映画版『マンマ・ミーア! / MAMMA MIA!』 ☆5


『マンマ・ミーア!』


公式サイト:
http://www.mamma-mia-movie.jp/ 
  
http://www.mammamiamovie.com/(英語)


原題:MAMMA MIA!
製作:2008年アメリカ
監督:フィリダ・ロイド
出演:メリル・ストリープ/ジュリー・ウォルターズ/ステラン・スカルスガルド/コリン・ファース/ドミニク・クーパー


マンマ・ミーアTOP

ギリシャのエーゲ海に浮かぶ小さな島。
女手ひとつで育てられてきたソフィは結婚式を控え、父親とバージンロードを歩くことを夢見ている。
父親が誰か知らされないまま育ったソフィ(アマンダ・セイフライド)は、母親ドナ(メリル・ストリープ)の日記を盗み読み、かつての恋人たちを結婚式に招待してしまう。
「本当のお父さんなら一目でわかるはず…!」そして迎えた結婚式前日、ドナの若かりし頃のバンド仲間に続いて現れた3人の男。
ソフィが招待状を出したかつての恋人が一度に全員やってきたものだからドナは仰天!
ソフィは本当の父親が誰なのかを探り出そうとするものの、なんと全員が「自分が父親だ」と名乗りを上げてしまい…。


マンマ・ミーア2

こんなに心が躍る映画を観たのは久し振り
今も頭の中ではABBAの曲がリフレインし続けてる

You can dance, you can jive, having the time of your life
See that girl, watch that scene, dig in the dancing queen〜


今すぐにでも、また観たい
多分、うぅ〜〜ん、きっと私の今年No.1作品になる〜〜

マンマ・ミーア3

『マンマ・ミーア』の舞台を観た際、私も同じ舞台に立ちたいとキャストに手紙を送ったというだけあって、メリル・ストリーブは本当に気合いが入ってた。

ミュージカルは初めてだったらしいけど、歌唱力はかなりなものだし、表現力もずば抜けてた
さすが、オスカー女優
屋根の上によじ登り、歌を唄い、踊る姿は可愛らしいやら、可笑しいやら。。。

マンマ・ミーア10

全編に渡って素敵なシーンばかりだったけど、その中でも、メリル・ストリープ、ジュリー・ウォルターズ、クリスティーン・バランスキーの熟女3人組“ドナ&ザ・ダイナモス”が派手な衣装に身を包み、歌って踊る『スーパー・トゥルーパー』は、もう最高
試写会場からは、手拍子も聞こえてきてたくらい
私も手拍子をしたかったけど、人目を気にする性格故それは出来ずxxx

マンマ・ミーア5


マンマ・ミーア9

このシーン以外でもこの熟女3人組のハジけっぷりは、群を抜いてた
ターニャがビーチでカリビアン風の男の子をいなすシーンは大人の色気を放っててかっこ良かったし、ロージーがビルに迫るシーンは抱きしめたくなるほど、キュートだった


マンマ・ミーア4

教会に向かう途中、ドナがサムに向かって歌い上げる『ザ・ウィナー』は、ドナの辛く切ない想いが伝わってきて、涙がこぼれちゃった。
あと、泣くようなシーンじゃなかったはずなのに、気が付くとじゅわぁ〜ッと泣いてるトコもあった。
あれは何だったんだろうなぁ?感動してたのかな。それとも、ABBAの曲を聴いてるうちに、昔へタイム・トリップしたりしてたからかな?自分でもわからないや。。。


マンマ・ミーア6

ドナの娘ソフィを演じたアマンダ・セイフライドは、パッチリ目を持った可愛らしい女優さん。
熾烈なオーディションを勝ち抜いてソフィ役をゲットしただけあって、歌もソフィ役にふさわしい素直な歌い方で良かったし、父親を見つけようと必死になったり、母親を思い遣る姿はいじらしかった

マンマ・ミーア1

そんな女優陣に相対する男優陣。
ドナの元恋人でソフィの父親候補ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド
コリン・ファースの歌はなかなか。ステラン・スカルスガルドはダンスが上手
唯一、ピアース・ブロスナンが…
見た目は一番の二枚目なのに、観ているのがイタかった〜〜っ
そしてソフィのフィアンセ役ドミニク・クーパーは、アマンダ同様、初々しくて良かった

マンマ・ミーア8

豪華なキャストにABBAの名曲の数々…そして青い海と白亜の建物が美しいギリシャの風景。
それらが見事にマッチしている最高の作品。
ミュージカル嫌いの人にも、是非観てもらいたい
とは云っても、日本公開はまだチョイ先の、2009年1月30日。


よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ













あのケヴィンが殺人鬼!?☆『Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼 / Mr. Brooks』☆4


『Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼』

公式サイト:
http://mrbrooks.jp/
 http://www.theressomethingaboutmrbrooks.com/ (英語)


原作:Mr. Brooks
製作:2007年アメリカ
監督:ブルース・A・エヴァンス
出演:ケヴィン・コスナー/デミ・ムーア/デイン・クック/ウィリアム・ハート


《公開時コピー》

富も名声も手にいれた男
彼が殺人鬼であることは、誰も知らない

Mr.ブルックスTOP

オレゴン州ポートランド。
ある日、若いカップルの全裸死体が発見される。
現場に残されていた血のりの指紋から、女性刑事アトウッド(デミ・ムーア)は“指紋の殺人鬼”と呼ばれる連続殺人犯が2年の沈黙を破り再び動き出したことを知る。
実は、その殺人鬼の正体は、地元でも指折りの名士として知られる実業家、アール・ブルックス(ケヴィン・コスナー)だった。
家族思いの好人物と評判の彼は、その裏で殺人の衝動を抑えられず残忍な人殺しを繰り返していた。
しかし、そんな彼の二重生活についに綻びが生じてしまう。
カップル殺害の際、その一部始終を一人の青年によって隠し撮りされていたのだった。


Mr.ブルックス5

ケヴィン・コスナーが連続殺人鬼役なんて珍しいと、めっちゃくちゃ興味をそそられて鑑賞。

Mr.ブルックス2

連続殺人鬼役とはいってもそこはケヴィン、ただの悪役では、ありましぇん。
道徳心は持っていて、こんなことは止めなければ…と断酒会に通う。
自己の欲望と闘い、苦しみながらも、やっぱり殺人依存症からは抜け出せない

Mr.ブルックス1

娘が人を殺して警察に嫌疑を掛けられてると知れば、彼女の為には捕まった方が良いと思いつつ、連続殺人と思われるよう、同じ手口で人を殺し、娘を助けてしまう。

殺しとなったら冷静沈着な彼の、そんな人間臭さがなんだか魅力的で。

Mr.ブルックス3

ブルックスが心の葛藤で創造した相棒のような幻影マーシャルとのトークも絶妙

Mr.ブルックス4

デミ・ムーアは残念ながら、可もなく不可もなくといったところ。

『24』のデスラーがデミ・ムーアの夫側の弁護士役で出演。
しばらく観てなかったから、何気に嬉しかったなー



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ



おとぎの国がN.Yに。。。!!☆『魔法にかけられて / ENCHANTED』☆4


『魔法にかけられて』


公式サイト:
http://www.disney.co.jp/movies/mahokake/
 http://disney.go.com/disneypictures/enchanted/
(英語)
       
      
原題:ENCHANTED
製作:2007年アメリカ
監督:ケヴィン・リマ
出演:エイミー・アダムス/パトリック・デンプシー/スーザン・サランドン/ジェームズ・マースデン



《公開時コピー》

それは、ディズニー史上最も“アリエナイ”魔法


魔法にかけられてTOP


魔法の王国“アンダレーシア”に暮らす心優しいプリンセス、ジゼル(エイミー・アダムス)。
彼女はある日、エドワード王子(ジェームズ・マースデン)と運命的な出会いを果たし、晴れて結婚することに。
だがその一方、彼らの結婚によって王位を手放すことになるナリッサ女王(スーザン・サランドン)は一計を案じる。
実は彼女の正体は魔女だったのだ。
そして結婚式当日、老婆に化けたナリッサはジゼルに接近し、彼女を井戸に突き落としてしまう。
やがて、ジゼルが辿り着いた場所は、現実の世界、現代のニューヨークだった。
しかし、周囲に助けを求めるものの誰も手を差し伸べてはくれず、途方に暮れるジゼル。
そんな中、彼女はバツイチの離婚弁護士ロバート(パトリック・デンプシー)とその娘モーガン(レイチェル・カヴィ)に救われるのだが…。


魔法にかけられて2



ジゼルを演じるエイミー・アダムスの可愛らしいことったらっ
おとぎの国に暮らしていたジゼルは現実の世界に来ても、やっぱり周りの人はみんな良い人と疑わない。
歌で動物や鳥を呼び寄せ、周りの人々を幸せな気持ちにさせる


リアリズムとは、かな〜りかけ離れちゃってるけど、それが“ディズニー”なんだよね
相方さんはくっだらないって言うけど、私はこんな夢いっぱいのお話、大好きっ
 

魔法にかけられて1

これでスーザン・サランドンが、もっと活躍してくれてればいうことなし、だったんだけどな。
変身したドラゴンも、ちょっと情けなかったよねぇ…(^_^;)

魔法にかけられて3

よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ






カンフー&卓球ムービー ぴぃんぽぉ〜ん♪☆『燃えよ!ピンポン / BALLS OF FURY』☆4


『燃えよ!ピンポン』


公式サイト:
http://www.moe-pin.com/
       
      
原題:BALLS OF FURY
製作:2007年アメリカ
監督:ロバート・ベン・ガラント
出演:ダン・フォグラー/クリストファー・ウォーケン/ジョージ・ロペス/マギー・Q


ピンポンTOP


























かつて、弱冠12歳でオリンピックに出場しながら、ぶざまな負けで恥をかいた天才卓球少年ランディ(ダン・フォグラー)。
月日は流れ、いまやぶよぶよに肥った中年オヤジに成り果てた彼を、ある日FBIがリクルートする。
彼に与えられたミッションは、FBIが最もマークする極悪人フェン(クリストファー・ウォーケン)が闇で開催する卓球デスマッチの世界大会に潜入し、フェンの尻尾を掴むこと。
フェンが亡き父の仇と知ったランディは、復讐と失われた自らの名誉のためこれを受ける。
しかし、彼の腕はすっかり錆び付いていた。
そこでFBIは、彼を盲目の卓球名人ワンとそのセクシーな姪マギー(マギー・Q)の下に弟子入りさせるが…。


ピンポン3















メタボなお腹がジャック・ブラックによく似てる、ダン・フォグラー
キャラも完全にカブッてる。
今やジャックじゃギャラが高くて出てもらえないから、とりあえず彼で…って感じがしないでもないけれど、まぁ、それはそれ

製作費に2500万ドルも掛けたとは思えない程のバッカバカしい映画だけど、とにかくみんな楽しそう
ピンポン1












特に面白かったのが、元オリンピック中国代表だったという(その設定もかなりヘン)フェン役のクリストファー・ウォーケン
『もしも昨日が選べたら』でも、ちょっと怪しげだったけど、本作では更に更に、磨きが掛かってた
その後の『ヘアスプレー』もそうだったし、最近彼はコメディー路線の役が多いよねー

ピンポン2

























マギー・Qのセクシー&カンフー・アクションも、どこかコミカルで良かった

ピンポン4

















それにしても、こんな超B級の臭いがプンプンする作品が日本で全国一斉公開されるなんて、かなり意外
他に上映する作品がなかったのかなぁ(笑)


ピンポン5
















よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ



クリストファー・ウォーケン出演作品



映画鑑賞日記 - livedoor Blog 共通テーマ









☆『マウス・タウン ロディとリタの大冒険 / FLUSHED AWAY』☆4


『マウス・タウン ロディとリタの大冒険』


公式サイト:
http://mouse-town.jp/
 http://www.flushedaway.com/ (英語)
     
原作:FLUSHED AWAY
製作:2006年アメリカ
監督:デヴィッド・ボワーズ
出演(声):ヒュー・ジャックマン/ケイト・ウィンスレット/シェーン・リッチー/アンディ・サーキス

マウスタウンTOP























ロンドンのお金持ちの家で大切に飼われ、何不自由ない生活を送るペットのネズミ、ロディ(ヒュー・ジャックマン)。
ある日、家の中に下水暮らしのドブネズミ、シド(シェーン・リッチー)が侵入してくる。
薄汚いシドを追い出そうとトイレに誘い込むロディだったが、逆にトイレの中に突き落とされ流されてしまうのだった。
そのまま下水管の中を流されたロディが辿り着いたのは、ロンドンの地下につくられたネズミだけの不思議な街“マウス・タウン”だった。
彼はそこで男勝りで冒険好きの姐さんネズミ、リタ(ケイト・ウィンスレット)と出会う。
世間知らずなロディは、リタの助けを借りて早く地上の我が家へ戻りたいと願うのだったが、次第にマウス・タウンを揺るがす陰謀の渦に巻き込まれてゆく…。


マウスタウン1

















『ウォレスとグルミット』のアードマンドリームワークスのコラボ作。
ドリームワークス作品がDVDスルーするなんて、私が知ってる限りでは初めて

ストーリーは至ってありきたり。
都会ネズミのロディがお転婆ネズミのリタと冒険をしていくうちに、仲間や家族の大切さを知る――てね。


マウスタウン5













でも、キャラクター達がそれぞれ魅力的で、観ていて飽きない。
ヒキガエルのトード、その従兄弟のル・カエール、お約束の間抜けな手下・スパイク&ホワイティ、ナメクジ、ロディ、リタetc…。
普通ならちょっと気持ち悪い小動物が、見事に可愛らしく変身してたのが新鮮だった

マウスタウン3













『レミーのおいしいレストラン』もネズミ、本作もネズミ。
日本の来年の干支がネズミだからって訳じゃもちろんないだろうけど、今年のCGアニメ界ではネズミが大活躍だったね〜


マウスタウン4














よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ

DVD・レンタル鑑賞レビュー - livedoor Blog 共通テーマ





ドリームワークス作品



アードマン・アニメーションズ作品









ケイトが逃げ惑う…!!☆『モーテル/VACANCY』☆3


『モーテル』

公式サイト :
http://www.sonypictures.jp/movies/vacancy/
   http://www.sonypictures.com/movies/vacancy/ (英語)


原題:VACANCY
製作:2007年アメリカ
監督:ニムロッド・アーントル
出演:ケイト・ベッキンセイル/ルーク・ウィルソン/フランク・ホエーリー/イーサン・エンブリー




《公開時コピー》

宿泊料、イノチ。



モーテルTOP
























車で帰宅途中のデビッド(ルーク・ウィルソン)とエイミー(ケイト・ベッキンセイル)のフォックス夫妻。
夫婦仲は冷え、離婚が決定的な2人は、車の中でも険悪な雰囲気。
そんな矢先、車が故障してしまい、真夜中の田舎道で立ち往生してしまう。
歩いてどうにか近くのモーテルに辿り着いた2人は、やむなくそこに1泊することに。
薄汚れた部屋に通され、ますます不機嫌になっていくデビッドとエイミー。
そんな中、ふとデビッドが再生したビデオには、趣味の悪いホラー映画らしき映像が映っていた。
ところが、よく観てみると残忍な殺人シーンが行われている現場は、紛れもなく今彼らが泊まっているその部屋だった…。


モーテル2
















ケイト・ベッキンセール主演のホラー。
いつものように、強くて逞しい女性を予想していたんだけど、意外なことにいたって普通の女性。
襲いかかってくるサイコ・キラー達に悲鳴を上げ、離婚間近の夫に守られる。
まー、普通の女優が演じるんならそれで良いんだけど、ケイトにはそんな情けない女は似合わないよぉー(>д<)

モーテル3
















モーテルの支配人(フランク・ホエーリー)。
登場からして、そもそも怪し気なんだよねー(苦笑)

モーテル1
















B級のにおいがプンプンしてるしグロイシーンも多々あるので、そういったものが苦手な方は止めた方が賢明かも…



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ



映画鑑賞日記 - livedoor Blog 共通テーマ






☆ 『マリー・アントワネット / MARIE ANTOINETTE 』 ☆3


『マリー・アントワネット』

公式サイト :
http://www.ma-movie.jp/
http://www.sonypictures.com/movies/marieantoinette/ (英語)

原題:MARIE ANTOINETTE
製作:2006年アメリカ
監督:ソフィア・コッポラ
出演:キルスティン・ダンスト/ジェイソン・シュワルツマン/リップ・トーン/ジュディ・デイヴィス/アーシア・アルジェント



《公開時コピー》

恋をした、朝まで遊んだ、
全世界に見つめられながら。

14歳で結婚、18歳で即位、
豪華なヴェルサイユ宮殿に暮らす
孤独な王妃の物語


アントワネットTOP





















14歳のオーストリア皇女アントワーヌ(キルスティン・ダンスト)は、母マリア・テレジア(マリアンヌ・フェイスフル)の意向によりフランス王太子のもとへと嫁ぐことに。
フランスへ渡り、王太子妃マリー・アントワネットとして、ヴェルサイユ宮殿での結婚生活に胸をふくらませるマリーだったが、その実態は朝から晩まで大勢のとりまきに監視され、悪意に満ちた陰口に傷つく日々だった。
さらに、15歳の夫ルイ(ジェイソン・シュワルツマン)はまるで彼女に興味を示さず、世継ぎを求める声がプレッシャーとなってマリーにのしかかる。
そんな孤独や不安を紛らわそうと、おしゃれや遊びに夢中になり贅沢三昧を繰り返すマリーだったが…。


アントワネット5
















ストーリーが重視された史劇を期待して観ると、完全に肩透かしをくってしまう作品だけど、華やかな衣装、カラフルな色のケーキの数々、本物のベルサイユ宮殿で撮影された宮殿内の内装、装飾品、美術品は素晴らしい
それプラスPOPな雰囲気も、乙女心をくすぐり(私にそんなのがあるのか)なかなか。
なので、それらを観てるだけでも、視覚的には楽しい
先日のアカデミー賞でも、【衣裳デザイン賞】受賞しましたね〜

アントワネット1















アントワネット2















キルスティン・ダンストもこれまで私が見た中では、一番キレイだった
かの有名なフランス王妃・マリー・アントワネットとしてではなく、どこにでもいる若い女の子マリーとして描いてたのが、彼女にとっては正解だった

アントワネット4
















でも、映像の楽しさとは反対に、ストーリーは退屈で、途中でかなり飽きちゃいました
『ベルサイユのばら』世代の私としては、どうしてもドラマチックな展開を期待しちゃうんですよねー。
映像が素晴らしかっただけに、んー、もったいないっ


アントワネット3

















よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ









キルスティン・ダンスト





ソフィア・コッポラ








☆ 2005年版 『名犬ラッシー / LASSIE 』 ☆4


『名犬ラッシー』

公式サイト :
http://www.lassie-movie.jp/
    http://www.lassiethefilm.com/  (英語)

原題:LASSIE
製作:2005年フランス/イギリス/アメリカ/アイルランド
監督:チャールズ・スターリッジ
出演:ジョナサン・メイソン/ピーター・オトゥール/サマンサ・モートン/ジョン・リンチ/スティーヴ・ペンバートン


《公開時コピー》

あなたの笑顔が恋しくて800キロ
大好きだから、必ず帰る。


ラッシーTOP






















イギリス、ヨークシャーの小さな炭鉱街。
両親と暮らす9歳の少年ジョー(ジョナサン・メイソン)には、誰よりも強い絆で結ばれた“親友”がいた。
それは美しい毛並みのコリー犬“ラッシー”だった。
学校が終わる時間になると、かならず校門でジョーを待つラッシー。
しかしある日、父親の働く炭鉱が閉鎖し、生活に困った両親が裕福なラドリング公爵(ピーター・オトゥール)に大切なラッシーを売ってしまうのだった。
その後、何度も脱走しては戻ってきてしまうラッシーを、ジョーは身を引き裂かれる思いで公爵のもとへ返すのだった。
やがてラッシーは遠く離れたスコットランドの城へと連れて行かれてしまうのだったが…。


ラッシー1






















私の中では『CODE46』でのマリア役がとても印象深い、サマンサ・モートン
本作では貧困の中でも深い愛情で、夫と息子を慈しんでいる女性を演じている。
あまりにその役に馴染んでいたので、しばらくは彼女だとわからなかった(^_^;)

ラッシー2













ストーリー的には、もう、もう、予想通り。
健気なラッシーとジョーの心の絆の深さには、心を痛め、感動し、意地悪な調教師・ハインズにはムカムカし――と、わかっちゃいるけどぉ〜〜の製作者側からしたら、してやったりの単純な反応をしてしまった単細胞な観客=私。

ラッシー3













『フランダースの犬』を思い出させる旅のラストの教会では、もしや……と手に汗握ってしまったけど…、そんな悲しいラストにはならなくって、ホント、良かった(*^_^*)


ラッシー4















よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ








アダム・サンドラー ☆ 『もしも昨日が選べたら / CLICK』 ☆ 今年75本目 ☆5


『もしも昨日が選べたら』

公式サイト:
http://www.sonypictures.jp/movies/click/site/index.html
              http://www.sonypictures.com/movies/click/  (英語)


原題:CLICK
製作:2006年アメリカ
監督:フランク・コラチ
出演:アダム・サンドラー/ケイト・ベッキンセール/クリストファー・ウォーケン/デヴィッド・ハッセルホフ



《公開時コピー》

失くしたハッピーを、

探しに行こう。


人生なんて、自由に操れる。と、信じていた。


クリック






















建築士のマイケル・ニューマン(アダム・サンドラー)は、美しい妻ドナ(ケイト・ベッキンセール)と2人のかわいい子どもたちのためにと懸命に働く日々。
いつしかそれは、仕事優先で大切な家族を顧みない生活となっていった。
そんな時間に追われてばかりのマイケルは、煩わしいリモコン操作に嫌気がさし、どんな電化製品も一台で操れる“万能リモコン”を求めて街に出る。
そして、怪しげな従業員モーティ(クリストファー・ウォーケン)から、【返品不可】の条件付きで、人生さえも早送りや巻き戻しできる不思議なリモコンを手に入れる。


クリック3

















『ショービズ』で観た時もコメディっぽいシーンしか出てなかったし、主演がアダム・サンドラーだったので、てっきりコメディ一色なのかと思って油断していたら…ハララ、号泣しちゃいました


“家族の為に”仕事をしてるつもりが、いつの間にか家族を顧みないばかりか、仕事を妨げるうっとおしい存在に思えてきてしまった男、マイケル。
そんな彼がある日、電化製品だけでなく、時間まで自分の思う通りに操作出来るリモコンを手に入れる。

クリック1
















最初は犬の鳴き声を消し、妻とのケンカを早送り。
それが上手くいって有頂天になったマイケルは、面倒なこと、無駄だと思う時間をどんどん早送りしていく。
そのリモコンに学習機能がついていることにも気付かずに…。

クリック5






















初めのうちは、早送りしたくなるマイケルの気持ちもわからないではなかった。
今これをやらなきゃいけないのに、そんなこっちの都合にはお構いなしで邪魔されることって、よくあるもの。
これがすごいストレスになるのよねー。ホント

でも、それが度を越してくると、マイケルの立場から妻・ドナへと気持ちが移って、『なんて身勝手な男なのぉ〜〜と腹が立って

クリック6





















だけど、そんなふうに人生のオイシイとこ取りばかりしていると、やっぱりしっぺ返しはくるもの。

前半のサンドラーらしいコメディタッチから一転、後半はシリアス一辺倒に変化する。

クリック7













早送りしている間に家族との関係には、修復し難い亀裂が入っており…。
どんなに悔やんでも、過ぎ去った時間を戻ってやり直すことは出来ない。

その時になってやっと気付く、本当に大切なもの。

パパとお別れするシーン、そして雨のシーン等々、後半は涙なくしては観れません…

クリック4

















アメリカでは人気のあるサンドラーなのに、日本ではこれまで今ひとつパッとしなかった。
いよいよこの作品で、ブレイクするかも…

しっかしこの万能リモコンをくれた、モーティとは何者
悪魔??エイリアン?…それとも神様だったのだろうか。



マイケルの上司エイマー役を演じてるデヴィッド・ハッセルホフ、聞き覚えのある名前だなーと思ったら、私が子供の頃大好きだった、あの『ナイトライダー』のマイケルじゃない
名前を見なかったら、絶対にわからなかった。
あー、時の流れを感じるわぁ。。。(^_^;)

クリック2

















唯一不満なのが邦題。
原題『クリック』の方が簡潔だし、インパクトがあって良かったのになぁ…


よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ



アダム・サンドラー 出演作品





ケイト・ベッキンセール 出演作品




マイケル・マン監督作『マイアミ・バイス / MIAMI VICE』 ☆ 今年71本目 ☆3


『マイアミ・バイス』

公式サイト:
http://www.miami-vice.jp/ (日本語)
              
http://www.miamivice.com/ (英語)

原題:MIAMI VICE
製作:2006年アメリカ
監督:マイケル・マン
出演:コリン・ファレル/ジェイミー・フォックス/コン・リー/ナオミ・ハリス



《公開時コピー》

深く静かに潜入せよ。

マイアミ TOP




























マイアミ警察の特捜課(バイス)で働く刑事コンビ、ソニー・クロケット(コリン・ファレル)とリカルド・タブス(ジェイミー・フォックス)。
彼らは潜入捜査官として犯罪組織の中に深く潜り込む危険な任務に挑み続けていた。
そんなある日、FBIなど合衆国司法機関が行なっていた合同捜査の極秘情報が、ドラッグ密輸コネクションに漏洩してしまう。
合同捜査に従事していた関係者全員の命が危険に晒される中、合同捜査と関係のないクロケットとタブスのコンビに情報の漏洩ルートを突き止める重要な任務が託される。
そこで2人は南米の危険地帯に乗り込み、北米のドラッグ・ディーラーになりすますと、さっそく犯罪組織への接触を開始するのだったが…。


マイアミ2













80年代にTVで放映され人気を博したあの伝説のドラマを、コリン・ファレルジェイミー・フォックス主演でリメイク。

マイアミ10















豪華なキャストと、車には疎いので定かじゃないけどフェラーリらしいオープンカーに、高価そうなボート等、見るからにふんだんに製作費を使ってるんだろーなーって作品なだけに、スタイリッシュな映像には目を奪われる

マイアミ5
















だけど、派手なアクションと、マイケル・マン監督作品の中で、私が特に気に入ってる『ヒート』のような骨太の作品を期待していた私としては、かなりガッカリ
ソニーとイザベラ(コン・リー)のラブ・ストーリーの方が重視されたストーリー展開に、かなり物足りなさを感じてしまった…

マイアミ1
















もちろんコン・リー姐さんは、本作でも相変わらず艶やかでステキだったけど、濡れ場はもうちょっと、大胆でも良かったような…気がしないでもない(笑)

マイアミ7
























それと気になったのが、コリン・ファレルの歩き方。
後ろからのカットを見ると、その汚い歩き方は一目瞭然。下品、下品xxx
誰か、彼にアドバイスしてあげてぇ〜〜〜

マイアミ3


















マイアミ6















あと10年、いや5年早くリメイクしてれば、ブラッド・ピット&ウィル・スミス主演で、もっと良い仕上がりになったんじゃないかなぁ?と今更想像しても無駄だとわかりつつ…。

マイアミ4
























『In the Air Tonight』から始まる、本作のクールな音楽は◎
マイケル・マン監督は選曲のセンスもピカイチ
久し振りにサントラを買いたくなった






よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ









マイケル・マン監督 作品





コリン・ファレル 出演作品





ジェイミー・フォックス 出演作品









『ミッション・インポッシブル3 / M:i:III (Mission:Impossible III/M:I:3)』☆今年55本目☆5


『M:i:III』

公式サイト:
http://www.mi-3.jp/top_us.html

原題:MISSION: IMPOSSIBLE III / M:I:III
製作:2006年アメリカ
監督:J・J・エイブラムス
出演:トム・クルーズ/フィリップ・シーモア・ホフマン/ヴィング・レイムス/マギー・Q/ジョナサン・リス=マイヤーズ/ミシェル・モナハン

mi3-top



























《公開時コピー》

タイムリミット48時間――
この夏、世界各国で
最も不可能なミッションが始まる!






超一流のスパイとして活躍したIMFのエージェント、イーサン・ハント(トム・クルーズ)。
現在は引退し、教官として優秀なスパイの育成に務めていた。
私生活でもフィアンセの看護士ジュリア(ミシェル・モナハン)との結婚を控え、充実の日々を送っていた。
そんなある日、イーサンのもとにIMFから新たなミッションが届く。
教え子である女性エージェント、リンジー(ケリー・ラッセル)が悪の組織に拘束されてしまったのだ。
さっそく同僚と共に救出へ向かうイーサン。やがてそんな彼の前に、国際的な闇ブローカー、オーウェン・デイヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)が立ちはだかる…。



mi3-2















『ミッション・インポッシブル』待望の新作をやっと観てきました

“タッ、タッ、タタ、タッ、タッ、タタ、チャララ〜ン、チャララ〜〜
このテーマ曲を聞いただけで、アドレナリンが一気に上がるっ

mi3-4





















さすがは『スパイ大作戦』がベースの『M:i:III』。
どれだけ先が読めようが、トム・クルーズの醜聞を聞かされようが、やっぱり面白い

mi3-11











お金をかけただけあって、アクション・シーンはもう最高
敵のアジトからの救出、ヘリコプターでのチェイス、橋の上での襲撃シーン、そして上海の高層ビルでのあの派手なスタントetc....息をつく暇もないほどの怒涛のアクション・シーンには、圧倒されまくりの大興奮でしたーヽ(^。^)ノ

mi3-7


















mi3-10


















そのアクションを肋骨が折れようがなにしようがスタントを自身でこなし、これだけの作品を作り上げちゃうトム・クルーズは、やっぱり生粋のハリウッド・スター

つい先日行われた日本でのプロモーション時にも、派手な演出とあの華やかでキュートな笑顔で、ファンを魅了してた。
このエンターテイナーぶりは、トム・クルーズならでは、だよね

mi3-8
















また、本作は今『LOST』でノリにノッてるJ・J・エイブラムスの映画初監督作。
エンターテイメントの王道をいく本シリーズを、見事に映像化してくれた。

mi3-9















それと忘れちゃいけないのが、トム・クルーズ対する敵役・オーウェンを演じたフィリップ・シーモア・ホフマン。
憎らしいほどイヤ〜な悪役を、見事に演じてくれてた。
おかげで作品にぐっと厚みが出てる。

mi3-5















ということで、大迫力のアクション・シーンは絶対に大スクリーンで観てくださぁ〜い

mi3-12


















おまけ

『M:i:III 』のPRのために来日した主演俳優のトム・クルーズが20日、北側一雄国土交通相を表敬訪問し、「次回は東京で撮影したい。一晩東京を貸してほしい」とアピールした。
 
北側国交相は「全面的に協力する」と応じ、映画「ラスト・サムライ」などを通じて日本の魅力を海外に発信したとして、政府が展開するビジットジャパンキャンペーンの感謝状と富士山の絵柄の入った法被をクルーズに贈った。


『M:i:III 』の撮影では規制が厳しい東京での撮影を諦めたトム・クルーズだったけど、これで次作は日本が舞台になる・・・かも


よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ











トム・クルーズ 出演作品





フィリップ・シーモア・ホフマン 出演作品





J・J・エイブラムス 監督作品







『Limited Eddition M:I:3 G-SHOCK』限定モデル











『ミッション:インポッシブル3 M:i:掘 拑膿訓覗♪5



mi3 top


























この夏話題の『M:i:掘戮寮茵更埔絮任6月24日&25日、先行上映が7月1日&2日に決定
また、6月20日前後には主演のトム・クルーズも来日、派手なプロモーションが企画されてるよう。

近頃映画以外で話題の多かったトム・クルーズだけど、やっぱりこういう話題でファンを喜ばせて欲しいよね〜






『M:i:掘抔式サイト:http://www.mi-3.jp/top.html




人気blogランキングへプチッとお願いします!

にほんブログ村 映画ブログへ

mi3-1



















トム・クルーズ 出演作品





J・J・エイブラムス監督作品

『ママが泣いた日 / THE UPSIDE OF ANGER』 ☆今年48本目☆2


『ママが泣いた日』

公式サイト:
http://www.annieplanet.co.jp/mama/

原題:THE UPSIDE OF ANGER
製作:2005年アメリカ
監督:マイク・バインダー
出演:ジョアン・アレン/ケヴィン・コスナー/エリカ・クリステンセン/ケリー・ラッセル/アリシア・ウィット/エヴァン・レイチェル・ウッド



《公開時コピー》

好きなときも、嫌いなときも、愛してる。

美しい四姉妹が奏でる
家族の四季の詩(うた)。


ママが泣いたTOP






















デトロイト郊外の閑静な住宅地に住むウルフマイヤー一家は優しかった母テリー(ジョアン・アレン)が急に怒りっぽくなり、4人の娘たちは戸惑い気味。
テリーは夫が秘書と駆け落ちしたとしか考えられず、裏切られた思いが猛烈な怒りに転じてしまったらしい。
四姉妹はときには反発するが、険悪ムードの中でもユーモアを忘れることなく、恋、就職、結婚など、それぞれの人生の問題に前向きに対処していく。
そしてテリー自身も、ほかならぬ夫の失踪がきっかけで親しくなった、ちょっぴり変わり者の隣人デニー(ケヴィン・コスナー)の辛抱強い愛に支えられ、3度目の秋を迎える頃には明るさを取り戻すが…。


ママが泣いた1


















ふぅ〜ん・・・なんであんなにも《怒り》を持続出来るんだろう?
私は瞬間的に怒ることはあっても、いつまでも怒っていられない・・・っていうか、忘れてしまうタチなので(笑)、こんな風に八つ当たりとしか言いようのない怒りを爆発させ続ける人を見続けるのは、正直すんごく疲れる・・・

コメディタッチのシーンもたくさんあったんだけど、印象に強く残ってしまったのはやっぱりテリーが怒ってる顔だもの・・・。

ママが泣いた2















四姉妹を演じた女優さん達はそれぞれ個性的で素敵だったし、怒れるママ、テリーを演じたジョアン・アレンだって、普通にしていれば綺麗なのに。

ママが泣いた5
















ママが泣いた6
















とはいえ、そんなテリーの心を少しずつ解きほぐし、最後にはステキな笑顔を取り戻させたデニー役のケヴィン・コスナーは、おかげでオイシイ役所を演じられたわけだけど
あんなに懐の深い男性に愛されたら、傷ついた心も癒されずにはいられない――でしょう

ママが泣いた3
















そしてラストに夫の失踪の謎が解き明かされるんだけど、その展開は予想外でお見事

『えっ!?そうきますか・・・、それはそれは、恐れ入りました〜m(__)m』

って感じです(笑)


ママが泣いた4
















人気blogランキングへプチッとお願いします!

にほんブログ村 映画ブログへ



ジョアン・アレン 出演作品





ケヴィン・コスナー 出演作品



『ミッションX / CATCH THAT KID』 ☆今年24本目☆3


『ミッションX / CATCH THAT KID』

原題:Catch That Kid
製作:2004年アメリカ
監督:バート・フレインドリッチ
出演:クリステン・スチュワート/コービン・ブルー/マックス・シエリオット/ジェニファー・ビールス/サム・ロバーズ


ミッション TOP





























ゴーカート場を経営する元登山家の父を持つ12歳の少女マディ(クリステン・スチュワート)。
父のような登山家を夢見る彼女だったが、一方の母は娘が危険なスポーツに打ち込むことを認めようとしない。
ある日、突然父が倒れ、手術に25万ドルもの費用がかかることがわかる。
銀行のセキュリティを担当する母(ジェニファー・ビールス)が会社に融資を求めるが断られ、マディは怒りも手伝って母を裏切った銀行の襲撃を決意する。
ゴーカートが得意なオースティン(コービン・ブルー)とメカに強いガス(マックス・シエリオット)、2人の友達の力を借り、念入りに襲撃計画を練るマディ。そしてついに決行の日がやってくるが…。


ミッション1
















キッズ版『ミッション:インポッシブル』または女の子バージョンの『スパイキッズ』って感じのキッズ・ムービーで、ヨーロッパ圏でヒットした『キッズ・ミッション』のリメイク。日本では劇場未公開。
主役を演じたのは、『パニック・ルーム』でジョディ・フォスターの娘役を演じたクリステン・スチュワート。最近では『ザ・スーラ』にも出てたね。
本作ではフリー・クライミングが得意な女の子役を、とってもキュートに演じてます

このクリステン演じるマディが、大好きなパパを助ける為に銀行を襲撃しようとするんだけど、可哀想なのは彼女のことが大好きな男の子2人。
小悪魔のような(笑)魅力を発揮するマディにいいように振り回され、挙句、銀行襲撃の片棒を担ぐハメになる。。。
まだ子供のクセに既に女のワザを駆使するとは、末恐ろしいことぉ・・・
それでもラスト近くに2人がマディに騙されてたことがわかって、一旦は彼女のことを放り出す・・・だけどやっぱり放っとけない。。。イイ奴らだよね〜〜
それなのに、マディったら最後までそんな2人を適当にあしらうだけ・・・いけずぅーー(笑)


ミッション オースティン


















ミッション ガス























最初から最後まであくまでも軽〜いノリなので、なぁんか最近疲れてるから気晴らしがしたいなー、笑いたいなーなんて人&ファミリーにオススメの、B級お気楽映画です


人気blogランキングへプチッとお願いします!












『ミュンヘン / MUNICH』 ☆今年20本目☆4


『ミュンヘン』

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/syriana/

原題:MUNICH
製作:2005年アメリカ
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/キアラン・ハインズ/マチュー・カソヴィッツ/ハンス・ジシュラー/ジェフリー・ラッシュ




《公開時コピー》

わたしは正しいのか?

1972年のオリンピックで11人のアスリートが殺された
深い哀しみの中、政府がくだした決断は<報復>――



ミュンヘン






























1972年9月5日未明、ミュンヘン・オリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団“黒い九月”がイスラエルの選手村を襲撃、最終的に人質となったイスラエル選手団の11名全員が犠牲となる悲劇が起きた。
これを受けてイスラエル政府は犠牲者数と同じ11名のパレスチナ幹部の暗殺を決定、諜報機関“モサド”の精鋭5人による暗殺チームを秘密裏に組織する。
チームのリーダーに抜擢されたアヴナー(エリック・バナ)は祖国と愛する家族のため、車輌のスペシャリスト、スティーヴ(ダニエル・クレイグ)、後処理専門のカール(キアラン・ハインズ)、爆弾製造のロバート(マチュー・カソヴィッツ)、文書偽造を務めるハンス(ハンス・ジシュラー)の4人の仲間と共に、ヨーロッパ中に点在するターゲットを確実に仕留めるべく冷酷な任務の遂行にあたるのだが…。


ミュンヘン1ミュンヘン2








復讐が復讐を呼び、憎しみの連鎖が続いていく――。

復讐することをやめる強さ、勇気を持つことは出来ないのでしょうか。
一体どうしたら、この悲しい連鎖が切れるのでしょうか…

国家間の問題、宗教の違い、価値観の違い、人種問題等難しいことはたくさんありますが、力だけで解決するなんて事はきっと出来ない。
ラストシーンで9.11を暗示させる世界貿易センターの映像がありましたが、あれが全てを物語っていると思います。

先日観た『シリアナ』で敬虔なイスラム教徒の青年が自爆テロに参加するまでの過程を見ましたが、結局、大きな力に巻き込まれて、直接的な被害者、加害者になるのは民衆達です。
どちら側になってしまったとしても、その大きな力の犠牲者であることには違いありません。


ミュンヘン3







上映時間 2時間44分という長さですが、さすがスピルバーグ監督、一気に魅せてくれます
ミュンヘン・オリンピックの人質事件から始まって、イスラエルの暗殺チームが次々と暗殺を実行していく様を描いているんですが、その的を絞った撮り方が功を奏していて、ぐいぐいとストーリーへ引き込まれます。

そして、エリック・バナも、暗殺チームのリーダー役を見事に演じ切っています
殺しても殺しても、すぐにその殺した人の後を継ぐ者が出てくるのでキリがなく、そのうちには仲間達まで次々と殺されていく――その苦悩し、憔悴していく様子は見ているこちらの胸が苦しくなってくるほど。

ただこの役、『ER』でDr.ルカ・コヴァッチ演じる、ゴラン・ヴィシュニッチに演じさせてもハマっただろうな〜とチラッと観ながら思ってしまった(^_^;)



人気blogランキングへプチッとお願いします!








スティーヴン・スピルバーグ監督作品




エリック・バナ 出演作品



『マインドハンター / MINDHUNTERS』 ☆今年18本目☆4


『マインドハンター』


公式サイト:http://www.mindhunter.jp/

原題:MINDHUNTERS
製作:2004年アメリカ
監督:レニー・ハーリン
出演:LL・クール・J/ジョニー・リー・ミラー/キャスリン・モリス/ヴァル・キルマー/クリスチャン・スレイター





《公開時コピー》

読み解く(プロファイル)のが先か――、
ハメられるのが先か――



ハンター TOP





































FBIプロファイラーとなるべく厳しい最終試験に挑む7人の訓練生たち。
これに合格すれば晴れて“マインドハンター(心を探る者)”となれる。
そんな彼らに教官(ヴァル・キルマー)が与えた課題は、ノースカロライナ沖の無人島にある特殊訓練施設で、限られた時間の中、連続殺人犯をプロファイリングし、その正体を暴くというもの。
そして、訓練生7人と試験のオブザーバーとして送り込まれたフィラデルフィア市警殺人課のゲイブ(LLクールJ)がその不気味な島にやって来た。
ところが翌朝、仲間の一人が何者かによって無惨に殺されてしまう。
しかも犯人はさらなる殺人を予告していた。
動揺する訓練生たちは、生き延びるため、協力して犯人の割り出しにあたるのだったが…。

 

ハンター1ハンター2









私、好きなんですよねー、もっぱらB級にしか登場しない、クリスチャン・スレーターや私の大好きな作品『ヒート』、『セイント』のヴァル・キルマー、それにLL・クール・J

そんな、豪華かどうか非常にビミョーなキャストが集まった本作。
内容を事前に調べないで “心理サスペンスかな〜”くらいに思いながら観に行ったら、なんと予想に反してミステリー・サイコ・スリラー

人気(ひとけ)もなくマネキンが到る所に置かれてる景色っていうのは、なんとも云えず不気味…
そして始まる連続殺人──

まさか、まさか、クリスチャン・スレーターがあんなしょっぱなに殺されちゃうとは思わなかった
いやいや、驚いた〜〜\(◎o◎)/!
その後次々と訓練生達が殺されていくんだけど、その方法がプロファイルを駆使してる上にかなりグロ。

一時も目が離せず、スクリーンに釘付け。
この辺りの描写は『エルム街の悪夢』『エクソシスト ビギニング』のレニー・ハーリン監督らしく、かなり猟奇的で容赦無い。
 
仲間に犯人がいるかもしれないという疑心暗鬼に陥りながら、何とか犯人を突きとめようとする訓練生達に同化して、こいつか、あいつかと疑っては、殺され、疑っては殺され・・・。しまいにはあんなに早くクリスチャン・スレーターの出番が終わってしまうのはおかしい・・・実は生きているのでは?なーんて、下半身をメタメタにされた死人まで疑う始末(苦笑)
そして結局ラストまで、私には犯人を見破ることが出来なかった。

そんなわけで、スプラッタ系が苦手な人にはオススメ出来ないけど、なかなかの力作


ハンター3










ハンター4















人気blogランキングへプチッとお願いします!



ヴァル・キルマー 出演作品







レニー・ハーリン 監督作品







クリスチャン・スレーター 出演作品







LL・クール・J 出演作品




 『Mr.&Mrs.スミス Mr.&Mrs.smith』5


『Mr.&Mrs.スミス』

公式サイト:http://mr.smith-john.net/
米国サイト:http://www.mrandmrssmithmovie.com/
   
原題:Mr.&Mrs.smith
製作:2005年米
監督:ダグ・リーマン
出演:ブラッド・ピット/アンジェリーナ・ジョリー/アダム・ブロンディ/ケリー・ワシントン/ヴィンス・ヴォーン


Mr.&Mrs.big


















《公開時コピー》

一瞬で恋に落ちた、ふたり
   おたがい、その正体は秘密。


Mr.&Mrs.1
Mr.&Mrs.2


















ハリウッドを代表するスーパースター、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが初共演を果たしたアクション・コメディ。
監督は「ボーン・アイデンティティー」のダグ・リーマン。


Mr.&Mrs.3Mr.&Mrs.4









南米のエキゾチックなホテルで運命的な出会いの末、電撃的に結婚したスミス夫妻。しかし、この2人には互いに相手に知られたくない秘密があった。
実は、ジョン(ブラッド・ピット)は直感を頼りに修羅場をくぐり抜けてきた一流の殺し屋。
一方のジェーン(アンジェリーナ・ジョリー)も最新鋭のテクノロジーを駆使してミッションを遂行する暗殺エージェントのエースだったのだ。しかも2人は対立する組織に属していた。
互いに正体を隠し結婚生活を送っていた2人だったが、ある時ついに、ミッション遂行中の現場でバッタリ出くわしてしまう。正体を知られてしまった以上、たとえ愛する人でも抹殺するのがこの世界の掟。さっそく2人は相手を始末すべく、壮絶な戦闘を開始するのだが…。



Mr.&Mrs.5Mr.&Mrs.6








電撃結婚をしてから6年。ジョンは今ではすっかりジェーンの尻に敷かれてる。
ジェーンの顔色を見るブラピの姿に笑いが込み上げてくる

倦怠期を迎えたスミス夫妻のカウンセリングのシーンでも―――

ジョン        『結婚は5年目』
ジェーン    『6年目…

ク、クッ、ククッ。。。。可笑しい

ところが、ある依頼をきっかけにお互いが殺し屋だとわかるやいなや、2人の殺しのプロとしてのプライドと騙されてたという怒りで、怒濤の銃撃戦や殴り合い、カー・チェイスが始まる。その迫力はかなりのもの。
このアクション・シーンはスタントなしだったらしいけど、2人ともキマリ過ぎカッコ良すぎ〜〜
アンジーの鍛えられたしなやかなボディと艶やかなセクシーさは、ますます磨きがかかっていたし、ブラピも相変わらずのかっこ良さ

『そんなのありぃ〜』っていう感じで、リアリティのかけらもないシチュエーションとストーリー展開だけど、かなり笑えます魅せてくれます
細かい事には拘らないで、割り切って楽しみましょう

それと、アンジーの女王様風のコスプレは、必見ですっ



Mr.&Mrs.7







 

 

◆「Mr.&Mrs.スミス」ヴィジュアル展

◎11/16(水)〜12/25(日)
有楽町阪急 3.7F晴海通り側連絡通路

ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー主演、この冬一番のハリウッドアクション超大作『Mr.&Mrs.スミス』の注目シーンやインタビュー記事などが紹介されています



人気blogランキングへプチッとお願いします!







ブラッド・ピット 関連商品







アンジェリーナ・ジョリー 関連商品







ヴィンス・ヴォーン 出演商品



噂の2人 ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー来日決定♪♪5


12月3日より公開される「Mr.&Mrs.スミス」(ダグ・リーマン監督)のプロモーションの為、熱愛が噂されるハリウッドスター、ブラッド・ピット(41)とアンジェリーナ・ジョリー(30)が、今月末に2人そろって来日することが13日わかった。


2ショットでの来日は初めて世界中の注目を集めるビッグカップルに、熱い視線が注がれそう

『Mr.&Mrs.スミス』は、2人の熱愛のきっかけとなり、ブラピの離婚の原因となったといわれる作品。

2人とも現時点では熱愛を否定しているけど、世界各地での2ショットや、アンジーの2人の養子を交えた3&4ショットが何度も目撃されていて、まずこれは間違いないでしょう

最近では8月に、カナダの恐竜展をアンジーの養子のマドックス君(4つ)と3人で訪問した他、アフリカや米ロサンゼルスの浜辺で3人もしくは養女、ザハラちゃん(9カ月)を交えた4人で、親子のように仲睦まじく遊んでいる写真が海外メディアに激写されている。

先月には、同映画の中で本編に使われなかったアンジーのウェディングドレス姿の写真がひょんなことから流出、「ついに結婚か」と海外のマスコミを騒がせたばかり。

そんな2人が、揃って公の場に登場するのは6月の全米公開時にロサンゼルスなどで行った映画のプロモーション以来。

2人はプライベートジェット機で来日するといい、アンジーが普段から子供2人を手放さない性格からして、4人で来日する可能性が高そう。

2人は28日に都内ホテルで記者会見を行い、同日夜に都内某所のプレミア試写会で舞台挨拶をする予定。


アンジーも、ブラピも大好きなので、二人の来日はとっても嬉しい

都内某所のプレミア試写会って、何で参加者を募集してるのかな?マスコミ関係者だけのお楽しみ

誰か知っていたら教えて〜〜〜



『Mr.&Mrs.スミス』公式サイト


Mr.&Mrs.top

















人気blogランキングへプチッとお願いします!

『マイアミ・ガイズ 俺たちはギャングだ』4


『マイアミ・ガイズ 俺たちはギャングだ』

公式サイト:http://www.sonypictures.jp/archive/movie/thecrew/

原題:THE CREW
製作:2000年米
監督:マイケル・ディナー
出演:リチャード・ドレイファス/バート・レイノルズ/ダン・ヘダヤ/シーモア・カッセル/キャリー=アン・モス



マイアミガイズ

















リチャード・ドレイファス、バート・レイノルズをはじめ、ダン・ヘダヤ、シーモア・カッセルら4人のベテラン個性派俳優を主役に迎え、元ギャングの男達が自らのまいた種の為に、マフィアをも巻き込む珍騒動に見舞われる姿を描いた犯罪クライム・コメディ。
事件の捜査官役には「マトリックス」のキャリー=アン・モス。




2000年、フロリダ州マイアミ・ビーチ。“ラージ・マハル・レジデンスホテル”では、4人の元ギャング達がお気楽な隠居生活を送っていた。
そこへ突然の立ち退き要求。家主がもっと高い家賃を当て込んで新規の入居者を獲得しようとしているのだ。
しかし、男達にもそれぞれ事情はあり、簡単に追い出されるわけにはいかない。
そこで一計を案じた4人は身元不明の死体を拝借、みごとなメーキャップを施し、“ラージ”のロビーに派手な殺人現場を仕立て上げるのだった。
みごと“ラージ”の不動産価値は暴落、4人は今まで通りそこに住み続けることができたのだった。
計画は大成功裡に終わったかに思われたが、拝借した死体がなんとマフィアの元ボスだったことから事件は思わぬ展開を見せ……。


 

マイアミガイズ1マイアミガイズ3
 










『スペース・カウボーイ』を彷彿とさせる本作。
『若いもんにはまだまだ負けねぇ〜よ』と云わんばかりのパワーは恐るべし。

家主からの立ち退き要求を迷案で何とか回避した元クール・ギャング4人組は、身なりもビシッと決め【クール・ギャング】復活を気取る。
いい年をしたオヤジ達が、オープン・カーや女、ロレックスに目を輝かせる姿は、可愛らしいやら可笑しいやら。。。
カッコつけようとするんだけど、どこがズレてて・・・でもやっぱりイカしてるっ
 
瀕死状態になると名案が浮かんだり、笑顔の死化粧を施したり、はたまた渋くダンスを踊る――そんな個性的なキャラ4人組を観てるうちに、こっちまで元気をもらえたこんな歳のとり方ができたら良いな〜
 
子供の頃大好きだった『キャノン・ボール』のバート・レイノルズ、まだまだイイ男〜


人気blogランキングへプチッとお願いします!






『Mr.インクレディブル』4


『Mr.インクレディブル』

公式サイト:http://www.pixar.com/jp/feature/incredibles/

原題:THE INCREDIBLES
製作:2004年米
監督:ブラッド・バード
声優:クレイグ・T・ネルソン/ホリー・ハンター/サラ・ヴォーウェル/スペンサー・フォックス
日本語版声優:三浦友和/黒木瞳/宮迫博之/綾瀬はるか




インクレディブル










「トイ・ストーリー」「モンスターズ・インク」「ファイディング・ニモ」など数々のメガ・ヒット作を世に送り出してきたピクサー&ディズニー共同による長編フルCGアニメの第6弾。
ピクサー初の人間キャラクターを主人公に据え、引退したスーパー・ヒーローとその愛する家族が世界の命運をかけて立ち上がる姿をユーモラスかつハートフルに描く。
監督は「アイアン・ジャイアント」のブラッド・バード。


かつては世界の危機をいくつも救ってきたスーパー・ヒーロー達だったが、15年前にその桁外れの破壊力が問題視されて以来、スーパー・ヒーローとして活動することを禁じられていた。

今では正体を隠し一般市民として暮らし、その大きな身体を持て余し気味のMr.インクレディブルもそんな元スーパー・ヒーローの一人。
そして彼の愛する妻と3人の子供もスーパー・パワーの持ち主。彼らは普通の生活を送りながらも、それぞれに不満や悩みを抱えていた。
一方その頃、巷では元ヒーロー達が次々と行方不明になる不穏な事件が続発していた。そんな中、インクレディブル一家にも陰謀の影が迫っていた…。


さすが、2005年 アカデミー賞 長編アニメ賞を取った作品だけのことはある。
期待していた以上に面白かった
普段はアニメはどうも苦手な私だけど、これは文句なく楽しめた1本
ストーリーはバッチリ、そして映像もキレイで良かった

ちょっと心配していた日本語吹替えも、以外にマッチしていたのも◎

特に強烈なキャラクター、現役カリスマ・デザイナーのエドナ・モードとクールなフロゾンがとっても気に入りました〜

今回のテーマは【家族愛】なので、是非、家族で楽しんで欲しい作品。
モチロン、大人だけでも十分楽しめます



インクレディブル4

インクレディブル1










人気blogランキングへプチッとお願いします!




インクレディブル3
























『マダガスカル』3

『マダガスカル』


製作:2005年 米
監督:エリック・ダーネル/トム・マクグラス
声の出演(オリジナル) :  ベン・スティラー/クリス・ロック/デイヴィッド・シュウィンマー 
      (日本語版):玉木宏/柳沢慎吾/高島礼子


《公開時コピー》


動物園から逃げ出してはみたものの・・・

たどりついたのはマダガスカル!?



大都会ニューヨーク。セントラルパーク動物園の人気スター、ライオンのアレックス、シマウマのマーティ、キリンのメルマン、カバのグロリアは仲良し4頭組。
密かに野生に憧れていたマーティは、脱走を企てていたテロリストのペンギンズと出会い、動物園からの脱走を計る
逃げ出したマーティを残りの3頭が追いかけたはいいけれど、ニューヨークのど真ん中で人間に捕まって、船で連れ去られた4頭が漂着……した先は……なんと、アフリカのマダガスカル島
エアコン、ごちそう、エステにサプリメントが大好きな都会生まれの4頭には生まれてはじめての大自然! どうやったらこの島から脱出できる?
そして、弱肉強食の自然界で気付いた、何よりも一番大切なものとは? 彼らは一体どうなってしまうのか??





マダガスカル










期待していた程――ではなかったけど、ファミリーで観るにはもってこいの作品。
ペンギンズが良い味出してる



マダガスカル1

マダガスカル2









人気blogランキングへプチッとお願いします!

私の1番のお気に入り

    
マダガスカル3






















  

プレミアム・エディションは、短編『ペンギン大作戦』を収録した特別ディスク付の豪華2枚組

【収録内容】


<本編ディスク>
★マダガスカル本編

DVDだけの特典映像、ゲーム、プリントアウト特典満載!
★映像特典
●“I Like To Move It”ミュージックビデオ
●魅惑のマダガスカル島
●メイキング・オブ「マダガスカル」
●お絵かき教室
●CGシミュレーション集
●NGテイク集
●マダガスカルのCG技術
●監督コメンタリー




いつもありがとうございます!




since 2005.12.1











Categories
Archives
☆ブログ・リスト☆
☆MOVIE☆




セブンアンドワイ

最新映画、話題作を観るならワーナー・マイカルで!
























ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!





USEN

セブンアンドワイ

パイオニアオンライン

モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション

ブックオフオンライン
☆旅行関連☆
☆キレイになりた〜い!!☆
QRコード
QRコード
☆blog-tunes☆
     
 
   
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
My Twitter
☆オススメ☆
クロックス オンラインショップ
















 iTunes Music Store(Japan)

 iTunes Music Store(Japan)









クリックお願いしますっ!!
  ↓   ↓

人気ブログ



にほんブログ村 映画ブログへ




【クチコミランキング】




日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場


自動更新バナー

 iTunes Store(Japan)

★特集バナー125×125






満足避難セット【防災なまず】

【満足避難セット】


☆ページランキング☆

アクセス解析
Recent TrackBacks
Recent Comments
☆美味しい物大〜好き☆
☆PC&NET環境☆
  • ライブドアブログ