『親切なクムジャさん』

公式サイト:http://www.kumuja-san.jp/

原題:SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE
製作:2005年韓国
監督:パク・チャヌク
出演:イ・ヨンエ/チェ・ミンシク/クォン・イェヨン/オ・ダルス/キム・シフ



《公開時コピー》

最後の復讐が、一番哀しく、美しい。



クムジャ TOP





























天使のような美貌の持ち主クムジャ(イ・ヨンエ)は、ひょんなことからペク先生(チェ・ミンシク)に幼い娘を人質に取られ、彼が犯した幼児誘拐殺人の罪を背負わされて投獄される。
刑務所では誰に対しても優しい笑顔を絶やさず、“親切なクムジャさん”と慕われていた。
しかし、彼女の目的はただ一つ、ペク先生に復讐を果たすこと。
そして13年の服役の末、ようやく出所した彼女は、かつて恩を売った囚人仲間のもとを訪ね、ペク先生への復讐へ向けて周到な準備を進めていく…。



クムジャ1

























クムジャ2








パク・チャヌク監督の前作『オールド・ボーイ』を以前観た時は、かなりの衝撃を受けたが、それに比べると本作はだいぶマイルド。
目を覆いたくなるような暴力シーンはほとんどなく、全体的にスタイリッシュな仕上がりになっている。
『オールド・ボーイ』風の復讐劇を期待していた私としては、若干物足りない・・・


クムジャ3クムジャ4







清純派女優のイ・ヨンエが赤いアイ・メイクを施し、タバコをくわえ、冷酷な復讐者を熱演
その演技はなかなか良かったけれど、その主人公・クムジャには感情移入出来なかった。

13年もの間刑務所の中で復讐への炎を燃やし、準備を続けてきたほど用意周到で頭の良い女性が、殺人犯と関わりを持ったりするかしら?よしんば二十歳そこそこの子供だったからだとしても、また、子供を人質にされたとしても、真犯人の身代わりに刑務所へ入ったりなどするかしら?そんなことが頭の中をよぎってしまって、リアルさを感じることが出来なかったから・・・。
 
また、復讐相手のペクを拘束することに成功したクムジャが、自分では引き金を引くことが出来ず、廃校になった学校に子供を殺された親達を集めるシーンも、あまりに唐突過ぎた・・・。
その場に刑事がいるっていうのもなぁ…
その後の親達による私刑では具体的な暴力描写はなく、逆に笑えたりもしたんだけれど、とにかく全体的に脚本の詰めがあま過ぎて、ストーリーに浸りきれなかった。

クムジャ5
















そして雪のラストシーン。
復讐では心の救済が叶わなかったクムジャさんが、娘の赦しによって救われる――というこの感動的なシーンでさえ、残念ながら私の心には響いてこなかった・・・・。

期待し過ぎてしまったのかも・・・

人気blogランキングへプチッとお願いします!










イ・ヨンエ 関連商品