honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜

映画の話を中心に美味しいお店の話等、毎日のちょっとした出来事を、のんびりとお話ししてま〜す♪ 

映画☆アニメ

ティム・バートン☆『フランケンウィニー』試写☆3

東京独女スタイルさんのご招待で、フランケンウィニー3D吹替え版試写へ行ってきました〜

Frankenweenie


ティム・バートン監督の実写は好みに合わないことが多い私ですが、ストップモーションアニメは別。
ちょっとダークなキャラクターやストップモーション技術を駆使して描く、独特の世界観は、いつも心惹かれます

今作もそんなバートン監督作品らしく、キモ可愛いキャラクター達がすこぶるカワイイ
モノクロの3Dっていうのも、らしくて大正解

Frankenweenie2

スパーキー“むぎゅむぎゅ”ぬいぐるみストラップをいただいちゃいました

いつもは苦手な吹替え版だけど、今回は話題作りの為だけに起用されたような吹替え素人さんがほぼ使われてなかったので、それも観ていて全然気にならなかったし。

小ネタは満載だし、ヴィクター少年の成長物語としても楽しめる作品でした〜

!cid_25A90BF8-100A-4C3A-8B94-BEB253F727CF

ディズニーキャラクター達がいたる所にいるとある試写室

ニューヨークからハリウッドへ!☆映画 『ボルト / BOLT』☆4


『ボルト』

公式サイト:
http://bolt-movie.jp/

原題:BOLT
製作:2008年アメリカ
監督:バイロン・ハワード/クリス・ウィリアムズ
出演(声):ジョン・トラヴォルタ/マイリー・サイラス/スージー・エスマン/マーク・ウォルトン


《公開時コピー》

「ずっと家族だって、信じてる」

ボルトTOP


白い犬のボルト(ジョン・トラボルタ)はハリウッドのスタジオで育ったスター犬。
TVドラマの中で、飼い主の少女ペニー(マイリー・サイラス)を守るために改造されたスーパードッグとして無敵のスーパーパワーを発揮し、悪党たちを次々と退治していた。
人間たちは、ボルトからリアルな演技を引き出すため、ドラマの中の出来事を現実と思い込ませていた。
そんなある日、ひょんなことからボルトはハリウッドから遠く離れたニューヨークへと運ばれてしまう。そこで初めて遭遇した外の世界。
ボルトはここにきてようやく、全てはドラマの中のことだったと知る。
それでもペニーの愛だけは本物と信じ、ハリウッドを目指して長い長い旅に出るボルト。
その途中でさまざまな苦難に遭いながらも、旅の仲間、やせっぽちの皮肉屋ノラ猫ミトンズ(スージー・エスマン)やテレビおたくのハムスター、ライノ(マーク・ウォルトン)に助けられながら遥か故郷を目指すボルトだったが…。

ボルト3


ピクサーと合併した新生ディズニーの記念すべき第1作。
製作指揮にはもちろんのジョン・ラセター

本作は3D版もあるんだけど毎度々の試写会での鑑賞だった為、2D版で鑑賞。

ボルト2


冒頭のアクションシーン(撮影シーン)は迫力満点で、これで掴みはバッチリ
ペニーを守るスーパー・ドッグの姿はホントに勇ましくてカッコイイ

ところがスタジオを飛び出してからは一転。実はただの犬だったっていう事実を突きつけられ続け、凹み自信をすっかり失くしてしまうボルト…。
でも、ペニーの愛情だけはきっと本物とそれだけは固く信じ続け、ペニーのいるハリウッドを目指して旅をする。

ボルト4


ボルトと一緒に旅をするミトンズとライノとの友情、ペニーとの心の絆等、ディズニーではよくあるストーリーだけど、それでもやっぱり面白い映像もキレイだし

ミトンズに人から物をもらう時の仕草、表情を特訓されてるシーンはホントに顔が思わず綻んでしまうくらい可愛らしかった〜〜〜

ボルト1



何でかわからないけどガラスの容器に入ったままのライノの姿もキュート


口の悪いミトンズも、なんだかんだとボルトの世話を焼いてて、微笑ましい。

この2人(2匹)が、旅の間ボルトを支え、励まし続けてくれる

そしてこの旅を終えた時には、ボルトは本当のスーパー・ドッグに




夏休み中のファミリー映画にピッタリの、心がほっこりする1作でした






よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ








懐かしい香りがするぞ♪☆ 『モンスターVSエイリアン / MONSTERS VS. ALIENS』 ☆3


『モンスターVSエイリアン』

公式サイト:
http://www.mva-movie.jp/
 http://www.monstersvsaliens.com/(英語)

原題:MONSTERS VS. ALIENS
製作:2009年アメリカ
監督:ロブ・レターマン/コンラッド・ヴァーノン
出演(声):リース・ウィザースプーン/ヒュー・ローリー/ウィル・アーネット/セス・ローゲン


《公開時コピー》

エイリアンがやってくる? モンスターならやってくれる!


モンスターエイリアンTOP


今まさに幸せの絶頂にいたスーザン(リース・ウィザースプーン)。
恋人とついに念願の結婚式を迎えようとしていたのだ。
ところが、式の直前しばしテラスでひとり佇んでいたところ、突然落下してきた謎の隕石の直撃を受けてしまう。
そして、何が起きたのか分からないまま式に臨んだスーザンの身体はおよそ15mにまで巨大化し、周囲のみならず自らもパニックに陥るスーザン。
すると、そこへ軍隊が駆けつけ、彼女を捕獲して連れ去ってしまうのだった。
やがて、冷たく固い建物の中で目覚めたスーザンの前には、奇妙奇天烈な生物たちが。
彼らはみなモンスターとしてこの施設に監禁されていた。
スーザンもまた、事情を説明するモンガー将軍(キーファー・サザーランド)から“ジャイノミカ”と名付けられ彼らの仲間入りとなる。
一方その頃、米政府は地球侵略を目論むギャラクサーが放ったエイリアン・ロボットへの応戦に苦しんでいた。
窮地に立たされた人類は、ついにモンスター軍団の出動を決断、スーザンも当然のようにエイリアンとの戦いに駆り出されてしまうのだが…。

モンスターエイリアン7


3Dで観たかったんだけど、試写会での鑑賞だったので2D。

往年のB級映画に出てきたようなモンスター達が登場する。
結婚式当日に隕石の直撃を受け身体が巨大化してしまった悲劇の花嫁スーザンが彼等モンスターの仲間になり、地球侵略にきたエイリアン達と戦う――っていう至ってシンプルなストーリなんだけど、声優陣が本作もすごいっ

モンスターエイリアン1


モンスターエイリアン2


リース・ウィザースプーンキーファー・サザーランドだもんね〜

モンスターエイリアン4


モンスターエイリアン3


CGアニメは映像はモチロンだけど、この声優陣も毎回楽しみの一つ。
あんな人がこんな役をなーんてことは、しょっちゅうだもの。

モンスターエイリアン6


今回のリースも、スーザン役にピッタリ


元気でキュートで健気で、でも自分のことを

“私の名前はジャイノミカ”

と言い切ってしまえる潔さもある、カッコイイ女性



モンスターエイリアン5


モンスターエイリアン8



スーザンの仲間のエイリアン、ボブを見ていて、子供の頃大好きだったアメリカのアニメ『怪獣王 ターガン』を思い出した。

ターガン


あの頃のアメリカのアニメは面白かったな〜♪
『幽霊城のドボチョン一家』『チキチキマシン猛レース』『大魔王シャザーン』『スーパースリー』etc...(*^_^*)
また観たくなってきた。。。





よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ













もう、ひとりぼっちじゃないよ。。。☆ 『WALL・E/ウォーリー』 ☆5


『WALL・E/ウォーリー』


公式サイト:
http://www.disney.co.jp/movies/wall-e/
http://disney.go.com/disneypictures/wall-e/ (英語)


原題:WALL・E
製作:2008年アメリカ
監督:
アンドリュー・スタントン


《公開時コピー》

名前は、ウォーリー。
700年間、ひとりぼっち…。

ウォーリーTOP
 

29世紀──人類はゴミだらけになった地球を捨て、宇宙に逃れた。
荒れ果てた地球に残されたのは、ただひとり──“地球型ゴミ処理ロボット”のWALL・E(ウォーリー)だけだった。
700年という気の遠くなるような孤独の中で、ウォーリーはその小さな身体を使って、どんなときもコツコツとゴミを片付け続けた。
いつの日か、誰かと出会えることを信じて…。
ある日、そんなひとりぼっちのウォーリーの前に現れた、ピカピカのロボット“イヴ”。
天使のように美しいイヴに恋をしたウォーリーは、彼女の気を惹くために必死にアピールする。
しかし、ウォーリーが見せた“あるもの”を目にした瞬間、イヴは突然動かなくなってしまう。
彼女には、地球の運命を左右する“重大な秘密”が、隠されていたのだ…。
宇宙船にさらわれたイヴを救うために、ウォーリーは未知なる宇宙へと旅立つ。
それは、想像もつかないほど壮大な冒険の始まりだった──。


ウォーリー1

このピクサー&ディズニーのCGアニメをどんなに待っていたことか…!
子供の頃に観た『ショート・サーキット』以来、心を持ったロボットのいじらしさが堪らなく好きなのよね。

ウォーリー3

本作のウォーリーにも、ハートはキュンキュンッ
すっかりやられてしまいました〜

ウォーリー2

旧式ロボットだからか言葉は少ないけど、感情表現豊かな目と仕草で十分に伝わってくる。
1日の仕事を終えて家に戻って来ると、人間が地球に置いて行ったVTRを一人観るウォーリー。
淋しそうで、切なくなる…

ウォーリー4

そんなウォーリーの姿を見てるだけに、イヴに対する真っ直ぐな心がそれはそれはいじらしくって…

そしてもちろん、CG映像は言うまでもないけど、美しい。。。



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ















豪華声優陣にも注目!☆『カンフー・パンダ / KUNG FU PANDA』☆4


『カンフー・パンダ』

公式サイト:
http://www.kf-panda.jp/
 http://www.kungfupanda.com/ (英語)

原作:KUNG FU PANDA
製作:2007年アメリカ
監督:マーク・オズボーン
出演(声):ジャック・ブラック/ダスティン・ホフマン/アンジェリーナ・ジョリー/イアン・マクシェーン

《公開時コピー》

自分を信じろ。


カンフーパンダTOP

脱獄した悪のカンフー使いタイ・ラン(イアン・マクシェーン)が中国の平和の谷を襲った。
これに対抗するため、マスター・モンキー(ジャッキー・チェン)やマスター・タイガレス(アンジェリーナ・ジョリー)ら名だたるカンフーの達人たちがまず腕を競うが、最終的に実力を認められたのはカンフーおたくの小心者パンダ、ポー(ジャック・ブラック)。
彼は達人の師匠に弟子入りするものの、ぐうたらなポーは過酷な試練を乗り越えることができるだろうか……?

カンフーパンダ3

だいぶ前から映画館で予告が流れてて、ずぅーと待ってた本作。

カンフーに憧れてはいたけど実技は全くの素人だったポーが、何故か勇者に選ばれ、修行を始める。
ブヨッブヨの体でカンフーなんか出来るの?!って誰もが思ってたけど、食べ物の為なら数mの高さなんかモノともしないで飛び上がれる
それに気が付いてからの上達の早さったら…

カンフーパンダ1

勧善懲悪の単純なストーリーだけど、全編に渡って笑えるエピソードが満載なので、子供はもちろん、大人も十分楽しめます

カンフーパンダ2

ジャック・ブラックを始め、ダスティン・ホフマンアンジェリーナ・ジョリージャッキー・チェン等々、声優陣も超豪華なので、それも存分に堪能出来ますよー

夏休み公開にまさにピッタリ

よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ





ディズニーらしいファンタジー映画☆『ルイスと未来泥棒 / MEET THE ROBINSONS』☆3


『ルイスと未来泥棒』

公式サイト:
http://www.disney.co.jp/movies/lewis/
    http://www.meettherobinsons.com/ (英語)
     
      
原作:MEET THE ROBINSONS
製作:2007年アメリカ
監督:スティーヴン・J・アンダーソン
出演(声):ダニエル・ハンセン/ウェズリー・シンガーマン/ニコール・サリヴァン/ハーランド・ウィリアムズ



《公開時コピー》

本当に発明したかったのは、
《家族》かもしれない──。


ルイスTOP

























発明家を夢見るひとりぼっちの少年ルイス(ダニエル・ハンセン)は、幼い頃に母と別れ、家族の記憶を持たずに生きてきた。
彼は母親を探し出すため、忘れてしまった記憶を取り戻す画期的な装置“メモリー・スキャナー”を発明する。
しかし、その発明品を山高帽の男(スティーヴン・J・アンダーソン)に奪われてしまう。
そんな時、ルイスは未来からやって来た少年ウィルバー(ウェズリー・シンガーマン)と出会い、彼と一緒に未来の世界へと旅立つ。
彼はそこで、ウィルバーの楽しい大家族と幸せなひとときを過ごす。
しかし、その理想の未来世界が、あの山高帽の男によって変えられようとしていた。
そして、それを阻止する鍵は、ルイスの過去に隠されていたのだった…。


ルイス1












空飛ぶ車にカラフルな色使いの未来の建物、カエルのバンドやタコ執事さん、変わり者ばかりだけど気の良いウィルバーの家族達など、いつもならそれだけで心が躍るはずなのに…。
観る私がその体制になかったのか、気持ちが全然入っていかなかった

ルイス2












ストーリー展開は前半少しもたついた感があるけど、後半一気に盛り上げてくるのは、さすがディズニー。
ウィルバーとルイスの関係、山高帽の男の哀しい過去と正体。
それらの謎が解けた後は、

過去を振り返らず、前へ進み続けよう。

私たちは好奇心にあふれている。

好奇心こそ、新しい世界の道しるべだ。

このウォルト・ディズニーの言葉そのまんまの、ハッピーエンド
家族で観るのに最適な1本

私もいつかTVでオンエアされた時に、もう一度観直してみようっと。


ルイス3















よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ







映画鑑賞日記 - livedoor Blog 共通テーマ

☆『マウス・タウン ロディとリタの大冒険 / FLUSHED AWAY』☆4


『マウス・タウン ロディとリタの大冒険』


公式サイト:
http://mouse-town.jp/
 http://www.flushedaway.com/ (英語)
     
原作:FLUSHED AWAY
製作:2006年アメリカ
監督:デヴィッド・ボワーズ
出演(声):ヒュー・ジャックマン/ケイト・ウィンスレット/シェーン・リッチー/アンディ・サーキス

マウスタウンTOP























ロンドンのお金持ちの家で大切に飼われ、何不自由ない生活を送るペットのネズミ、ロディ(ヒュー・ジャックマン)。
ある日、家の中に下水暮らしのドブネズミ、シド(シェーン・リッチー)が侵入してくる。
薄汚いシドを追い出そうとトイレに誘い込むロディだったが、逆にトイレの中に突き落とされ流されてしまうのだった。
そのまま下水管の中を流されたロディが辿り着いたのは、ロンドンの地下につくられたネズミだけの不思議な街“マウス・タウン”だった。
彼はそこで男勝りで冒険好きの姐さんネズミ、リタ(ケイト・ウィンスレット)と出会う。
世間知らずなロディは、リタの助けを借りて早く地上の我が家へ戻りたいと願うのだったが、次第にマウス・タウンを揺るがす陰謀の渦に巻き込まれてゆく…。


マウスタウン1

















『ウォレスとグルミット』のアードマンドリームワークスのコラボ作。
ドリームワークス作品がDVDスルーするなんて、私が知ってる限りでは初めて

ストーリーは至ってありきたり。
都会ネズミのロディがお転婆ネズミのリタと冒険をしていくうちに、仲間や家族の大切さを知る――てね。


マウスタウン5













でも、キャラクター達がそれぞれ魅力的で、観ていて飽きない。
ヒキガエルのトード、その従兄弟のル・カエール、お約束の間抜けな手下・スパイク&ホワイティ、ナメクジ、ロディ、リタetc…。
普通ならちょっと気持ち悪い小動物が、見事に可愛らしく変身してたのが新鮮だった

マウスタウン3













『レミーのおいしいレストラン』もネズミ、本作もネズミ。
日本の来年の干支がネズミだからって訳じゃもちろんないだろうけど、今年のCGアニメ界ではネズミが大活躍だったね〜


マウスタウン4














よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ

DVD・レンタル鑑賞レビュー - livedoor Blog 共通テーマ





ドリームワークス作品



アードマン・アニメーションズ作品









予定調和&マイルドではあるけれど。。。☆『シュレック/SHREK THE THIRD』☆3


『シュレック3』

公式サイト :
http://www.shrek3.jp/site/
    http://www.shrekthethird.com/ (英語)        


原題:SHREK THE THIRD
製作:2007年アメリカ
監督:クリス・ミラー
出演(声):マイク・マイヤーズ/キャメロン・ディアス/エディ・マーフィ/アントニオ・バンデラス


《公開時コピー》

おとぎの国のバトル・ロイヤル!
次の王様は誰だ!?


シュレック3 TOP























“遠い遠い国”で幸せな生活を送っていたシュレック(マイク・マイヤーズ)とフィオナ(キャメロン・ディアス)。
だがある日、ハロルド国王(ジョン・クリーズ)が病に倒れてしまい、なんとシュレックが後継者に指名される事態に。
しかし王様なんてまっぴらごめんのシュレックは、もう一人の正統な後継者“アーサー”(ジャスティン・ティンバーレイク)の存在を知ると、いつもの仲間と共に彼を探す旅に出る。
また、フィオナのオメデタも知らされ気もそぞろなシュレック。
やがて、一行はアーサーに対面。
しかし、彼は頼りない軟弱な高校生だった。
一方、王国では、王位を狙っているチャーミング王子(ルパート・エヴェレット)が、おとぎ話の悪役たちをけしかけ、国を制圧しようとしていた。
フィオナは他の姫たちと“プリンセス5”を結成し、迎え撃つのだが…。


シュレック3 3

















先日TVでO.Aされた『シュレック2』を観て、簡単に復習しておいたのが効を奏したのか、ストーリーにはすんなり
ってか、そもそもそんな必要がなかったって話も。。。

『シュレック』といえばこれまでのアニメと違ってブラック・ユーモアで笑わせてくれるのが魅力だったんだけど、3作目ともなるとファミリー層を狙って更なる動員を――っと色気が出るのか、いたって大人しい。

シュレックの毒舌は影を潜め、すっかり分別ある大人の対応&発言。
それってなー、なんだか淋しいよぉ…

とはいえ、面白くなかったわけじゃないですよんっ
ハロルド国王崩御の場面は、可笑しかったし、クッキーマン達おとぎ話のキャラクター達は相変わらず可愛らしいし
フィオナ姫率いるプリンセス達の凛々しい奮闘ぶりも、既成観念とのギャップがあって面白かったしね

シュレック3 1














シュレック3 5

















そーいえば、プリンセス達の中にいたゲイのオネエさま、あれは誰っていうか、何???
最後までわからなかった…(~_~;)


シュレック3 2













それにしても、何でチャーミング王子が国王になっちゃダメなんだろ?
あんなになりたがってるんだから、彼でも良いんじゃない?
人間的には多少(イヤ、多々かな)問題があるけれど、イジケッ子のアーサーよりはマシなんじゃないかなぁ。
あまりな仕打ちに、可哀想にもなってきちゃうのよねぇ(~_~;)

シュレック3 6













本作でシュレック&フィオナも親になり、次作以降はどう展開を広げるつもりなんでしょ?
私はこの辺りで、終止符を打った方が良かったような気がするけれど

ただ、『シュレック3』がDVDになったら、是非吹替え版でも観てみたい。
この間TVで観た『シュレック2』の吹替えが案外良かったので、ちょっと気になる。。。

シュレック3 4


















よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ

















吹替え版もイケてる♪ ☆『シュレック2/SHREK 2』☆4


『シュレック2』

公式サイト :
http://www.shrek2.jp/index2.html
        http://www.shrek2.com/  (英語)        


原題:SHREK 2
製作:2004年アメリカ
監督:アンドリュー・アダムソン/ケリー・アズベリー/コンラッド・ヴァーノン
出演(声):濱田雅功/藤原紀香/山寺宏一/竹中直人


《公開時コピー》

おとぎ話の常識を越える、史上最強のファンタジー!


シュレック2TOP

















様々な苦難を乗り越え、めでたく結ばれたシュレック(濱田雅功)とフィオナ姫(藤原紀香)。
そんな2人がハネムーンから戻った時、“遠い遠い国”に住むフィオナ姫の両親ハロルド国王(青野武)とリリアン王妃(沢田敏子)から“結婚を祝う舞踏会”の招待状が届けられる。
だがその真意は、“どんな男と結婚したのか、顔を見せにいらっしゃい”といういわば呼び出しだった。
そして、シュレックとフィオナ姫はドンキー(山寺宏一)も連れて現地へ赴くことに。
しかし、彼らが到着すると、ハンサムな王子の登場を期待し歓迎ムード一色だった全国民はシュレックの容姿を見て愕然、国中に動揺が走る…。


シュレック2-1















『シュレック3』公開直前の昨日、テレビでO.Aされてたのをチラ見。
いつも映画館では字幕を観るので、以前『シュレック1&2』を観た時も当然そう。
なので吹替え版『シュレック』を観たのは初めて。

アハッ関西弁のシュレックっていうのも、なかなか面白いね〜〜
フィオナ姫の藤原紀香もイメージと合ってたし、ドンキー役の山寺さんは言うことなしの完璧さ。
惜しむらくは長靴をはいたネコの竹中さん。
決してダメだったわけじゃないけど、私の中ではアントニオ・バンデラスのセクシー・ヴォイスでキャラ固めされちゃってるもんで

さ〜て、これで復習も出来たことだし、あとは今週末に迫った『シュレック3』の公開を待つばかり



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ









☆ 『ハッピー・フィート / HAPPY FEET』 ☆3


『ハッピー・フィート』


公式サイト :
http://wwws.warnerbros.co.jp/happyfeet/
       http://www2.warnerbros.com/happyfeet/  (英語)   


原題:HAPPY FEET
製作:2006年オーストラリア/アメリカ
監督:ジョージ・ミラー
出演(声):イライジャ・ウッド/ブリタニー・マーフィ/ヒュー・ジャックマン/ニコール・キッドマン



《公開時コピー》

このステップが、ぼくの気持ち。

超オンチな“マンブル”は、いつもひとりぼっち…。
彼が踊りはじめたとき、奇跡が起きる!


ハッピーフィートTOP























そこは皇帝ペンギンの国、エンペラー帝国。彼らにとって何より大事なことは、自分だけの“心の歌”を見つけること。
歌でハートを伝えられなければ、大人になった時に最愛の人に巡り逢うことは出来ないのだった。
ところが、ノーマ・ジーンとメンフィスの間に生まれたマンブルは筋金入りの音痴。
しかも、ハートを伝えようとすると、歌の代わりに誰にもマネの出来ない華麗でハッピーなステップを踏んでしまうのだ。
ほどなくペンギン失格の烙印を押され、仲間はずれにされてしまったマンブル。
そんな彼は、ひょんなことからアデリー・ペンギンのノリノリ5人組“アミーゴス”と出会い、自慢のステップを褒められ自信を取り戻すのだったが…。


ハッピーフィート3

















2006年度のアカデミー賞 長編アニメ賞を受賞した本作は、だいぶ前から映画館の上映前予告で観ていて、早く観たいと思ってた。
そしてようやく、この度観て参りました〜〜

ニコール・キッドマンの甘い歌声は『ムーラン・ルージュ』で知っていたけど、ヒュー・ジャックマンの歌声を聴くのは、本作が初めて
低音の渋い声はなかなか良いんじゃない?
イライジャ・ウッドの音痴ぶりもGood
それにしてもここ数年の、CG技術は本当に素晴らしい
 
ふわふわとしたマンブルの羽毛の質感はもちろんのこと、南極大陸、海、空、いずれもリアル。
前に観た『皇帝ペンギン』での映像となんら変わりないんだから。

ハッピーフィート1












 
それとモーション・ピクチャーを駆使したダンスもお見事
天才タップダンサー、セヴィアン・グローバーを起用した甲斐もあって、群舞シーンは迫力満点
ペンギン達が氷上で踊り、歌いまくりっ
観てるこっちまで、踊りだしたくなっちゃった。。。
 
ずっこけ“アミーゴス”5人組も、ストーリーに笑いの彩りを添えてくれてて、良いスパイスになってた

ハッピーフィート2









 
 
ただ…ラストがねー。
それまでの楽しさは何処へやら…私はこれで完全にしらけちゃいました…


よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ











『カーズ / CARS』 字幕版 ☆今年60本目☆4


『カーズ』字幕版


公式サイトhttp://www.disney.co.jp/movies/cars/main.html
       http://www.pixar.com/jp/feature/cars/index.html

原題:CARS
製作:2006年アメリカ
監督:ジョン・ラセター
声の出演:オーウェン・ウィルソン/ポール・ニューマン/ボニー・ハント/ラリー・ザ・ケイブル・ガイ/チーチ・マリン



《公開時コピー》

そこは、地図から消えた町――

都会育ちの人気レーサーが迷い込んだのは、
クルマたちが平和に暮らす町、ラジエーター・スプリングス。
しかし、その町には《悲しい運命》が待ち受けていた…。


カーズ TOP






















そこは、クルマたちが人間と同じように生活している<クルマの世界>。
ピストン・カップの若き天才レーサー、ライトニング・マックイーン。
自己中心的な性格が玉にキズの彼は、レース会場への移動中にふとした事故から小さな田舎町“ラジエーター・スプリングス”に迷い込んでしまう。
いまや地図からも消えてしまったその町には、オンボロ・レッカー車のメーターをはじめ、見るからに風変わりな住民たちばかり。
思いがけずこの町に足止めをくらってしまい、早くレース会場に戻らねばと焦るマックイーン。
しかし、のんびりとした時間が流れるこの町で、奇妙なクルマたちと一緒に過ごすうち、マックイーンの心にも少しずつ変化が見え始める。


カーズ6











ファインディング・ニモ」「Mr.インクレディブル」のピクサー社がクルマの世界を舞台に描く冒険ファンタジー。
監督は「トイ・ストーリー2」以来6年ぶりとなるジョン・ラセター。

天下のピクサーといえども、車を擬人化させるなんて大丈夫かなぁ?と一抹の不安を感じてはいたものの、劇場等で観る予告編ではレース・シーンがあったりもして、これなら大丈夫かも。。。

カーズ2










その印象通り、車だってことを忘れてしまうほど魅力たっぷりのキャラクター達にすっかり楽しませてもらった

マックイーンの親友となる、レッカー車・メーカーのなんとも云えないおとぼけキャラに、『ロード・トゥ・パーディション』以来しばらく顔を見ていないポール・ニューマンが渋い声で演じてる、元レーサーのドク。
そしてマックイーンの恋のお相手となるサリー等。。。みんな見た目は車ながら、人間味溢れたキャラばかり
そんなキャラ達が、定番の友情、恋愛、生き方等を観客の私達にたっぷり魅せてくれる。

カーズ1










すっかり寂れてしまってた町ラジエーター・スプリングスがライトアップされたシーンは、美しくてロマンティックで素敵だったし、ピストン・カップでのド迫力レース・シーンも素晴らしかった

そして、マット・ペイントで描かれた広大な西部の大自然は、もう、お見事としか言いようがない。


カーズ5









《マットペイントを使って描かれたシーン》

※ マットペイント(matte paint)=SFXのひとつで、映像を合成する時に描かれた背景を用いる技術のこと。または、その描かれた背景。

ストーリー、映像、音楽全て、子供だけじゃなく大人も十分楽しめる作品。


よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ





ラナタウン カーズ TV/DVDコンボ












カーズ☆ホビー






『チキン・リトル』☆今年6本目☆3


『チキン・リトル』

公式サイト:http://www.disney.co.jp/movies/chicken/index.html
    米版:http://disney.go.com/disneypictures/chickenlittle/   

原題:CHICKEN LITTLE
製作:2005年アメリカ
監督:マーク・ディンダル 
出演(声):ザック・ブラフ/ジョーン・キューザック/スティーヴ・ザーン/ゲイリー・マーシャル



チキンリトルTOP

































平和な町オーキー・オークス。
ある日「空が落ちてきた」と大騒ぎして周囲をパニックに陥らせたチキン・リトル。
彼はそれ以来、すっかり町の笑い者となってしまう。
だがチキン・リトルは名誉挽回を期して、野球チームに入団。
そして、優勝のかかった試合でチームを勝利に導いた。
一躍、英雄となったチキン・リトルだが、頭上にまたもや“何か”が落ちてくる・・・。


チキンリトル2-1チキンリトル4







これまでピクサーとの共同でフルCGアニメ『ファインディング・ニモ』や『Mr.インクレディブル』等を世に送りだしてきた老舗ディーズニーが、初めて自社単独で製作したフル3DCGアニメ。

可愛らしいだけの子供向けアニメかと思いきや、本作は『インディ・ジョーンズ』『宇宙戦争』『キング・コング』等のパロディがてんこ盛りで、その辺りはかなり笑える
 
また、スパイス・ガールズの『Wannabe』をはじめ、クイーンの『We Are The Champions』やダイアナ・ロスの『Ain't No Mountain High Enough』等を使った音楽も秀逸まー、この辺りは子供と一緒に観に来てる親へのサービスなんでしょうね。

チキンリトル3チキンリトル5









さて、この映画のテーマは【父と息子の愛情】ってことになるのかな?
ちょっとその辺が曖昧だけど、お父さんのバック・クラックが自分の息子のことは愛してるけど、どう接して良いのかわからない――っていう姿が印象的。

お父さんはかつて、野球の名プレーヤーで地元のヒーローだった。なのに息子は何をやってもダメ。自分の息子なのに、どうしてこうなのか・・・?どんな接し方をしたら良いんだろう?っていう葛藤が上手く描かれていた。

ただ、主役のチキン・リトルは正直、あんまり可愛くない… 見た目もサエないし、浮かんでくるアイデアは無鉄砲極まりない。かと思うとウジウジしちゃってはっきりしなかったり。
でも、そんなチキン・リトルをまわりのキャラがちゃんとカバーしてて、なかなかの個性派揃い。
しっかり者のアビーに臆病者だけど憎めないラント、そして喋れないけど好奇心いっぱいで愛らしいフィッシュ

そんな仲間達と一緒に成長しつつ、チキン・リトルが『地球を救え〜〜〜』と奮闘する本作は、子供だけじゃなく、大人でも十分楽しめます


チキンリトル11














   ↑            ↑

このシーンだけは、カワイイ


チキンリトル6













人気blogランキングへプチッとお願いします!















チキン・リトル 完全ガイドブック

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』4


『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』

原題:The Nightmare Before Christmas
製作:1993年アメリカ
監督:ヘンリー・セリック
声の出演:クリス・サランドン/ダニー・エルフマン/キャサリン・オハラ/ウィリアム・ヒッキー



ナイトメアー






























恐怖と怪奇に彩られた異世界で愛や優しさと無縁に育った青年が本当の愛に目覚めるまでを、美しい音楽と映像でグロテスクかつメルヘンチックに描いたファンタジー。
ティム・バートンがディズニー・スタジオ在籍中から温めていた企画(当初はTVススペシャル用)で、全編ストップモーション・アニメーションを使用した意欲作。
またモーション・コントロール・カメラの導入やコンピュータでキャラクターの表情の変化をシミュレーションするなど、撮影当時最新のデジタル技術を駆使し、従来の人形アニメにない大胆で斬新な映像が実現した。
原案・キャラクター設定はティム・バートン、製作はバートンと「バットマン リターンズ」のデニーズ・ディ・ノヴィ。
また、バートン作品には欠かせないダニー・エルフマンが作詞・作曲、主人公ジャックの歌を手掛け、さらに端役で声の出演も果たしている。



ナイトメアー1ナイトメアー2










奇妙で愛すべき住民が暮らす街、ハロウィンタウン。
カボチャ大王ジャック・スケリントン(声=クリス・サランドン)は、最高のハロウィン演出家として市長や市民たちに絶賛されながら、毎年毎年、ハロウィンの準備に明け暮れることに嫌気がさしていた。
彼はある日、親友の幽霊犬ゼロとともに、森の中で奇妙な形の扉がついた木を見つける。
その1つ、クリスマスツリーの形のドアをくぐり抜けると、そこは真っ白な雪と明るいデコレーションに包まれた街、クリスマスタウンだった。
初めて見るクリスマスの光景に魅せられた彼はハロウィンタウンに戻ると、早速クリスマスの研究に没頭。
ジャックを愛するつぎはぎ人形サリー(声=キャサリン・オハラ)は心配するが、彼はサンタの代わりにクリスマスを行うことを決意する。
ジャックはサンタに休暇を取ってもらおうと、ロック、ショック、バレルの悪戯っ子3人組を派遣するが、3人はボスのウーギー・ブーギーに引き渡してしまう。
そしてクリスマス・イヴ。棺桶型のソリに乗ったジャックが人間界を訪れてプレゼントを配るが、ハロウィンタウンの住民たちが作った不気味なプレゼントに被害続出。
ジャックはにせサンタとして軍隊に攻撃される。ようやく自分の愚かさに気づいた彼は、捕らわれのサンタを救い、クリスマスは無事に行われた。
沈む彼の側にサリーが寄り添い、ジャックは今まで気にも留めなかった彼女の優しさ、美しさに気づいた。



ナイトメアー3ナイトメアー4

















コープス・ブライドを観て予想以上に面白かったので、今更ですが観てみましたー
10年以上前の作品だったので、さすがに映像的には『コープス・ブライド』には敵わないものの、ストーリーは同じくらい面白かった
手足が長く細身のジャックを筆頭に、キャラクター達がそれぞれ個性的でステキでした
それとダニー・エルフマンの音楽もやっぱり最高



ナイトメアー5ナイトメアー6










人気blogランキングへプチッとお願いします!




ナイトメアー7ナイトメアー8




























ナイトメアー・ビフォア・クリスマス、フイルムセル・ダブル


『ティム・バートンのコープス・ブライド』3


『ティム・バートンのコープス・ブライド』

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/corpsebride/
米国サイト:http://corpsebridemovie.warnerbros.com/

原題:TIM BURTON'S Corpse Bride
製作:2005年イギリス
監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/エミリー・ワトソン



コープスブライド

















《公開時コピー》

ホネまで愛してくれますか?



19世紀のヨーロッパ。小さな村で、ある結婚式が迫っていた。
新郎はビクター。成金夫婦の気弱な一人息子だ。新婦のビクトリアは、落ちぶれた貴族の娘。つまり、この結婚は政略結婚。でも若い2人は出会った途端、互いに好意を抱く。
が、内気なビクターはリハーサルをこなすことができず、暗い森でひとり練習することに。
そして誓いの言葉とともに、小枝(と思われたもの)に指輪をはめた。
それが、死体の花嫁=コープス ブライドの細い指だとは知らずに…!

コープスブライド4


コープスブライド8









ロシアの民話を題材に描く、ダーク・ファンタジー・ラブストーリー。
本作はパペットをひとコマひとコマ動かして撮影していく、ストップ・アニメーションの手法が取られている。
CGアニメがもてはやされている時代に、敢えて手間のかかる手法をとったバートン監督のこだわりは、私は成功だったと思う。
骨だけのスクラップスが、何故かしっかり犬に見えたりするのは、作り手の愛情がこもっているからのような気がするの。←私だけの思い込みかもしれないけど。。。(^_^;)

それと、色の使い方が面白い
私利私欲に支配された生者の世界はモノトーン。それとは逆に死者の世界は色彩豊かでカラフル。
その色調と同様、生者の世界の住人は陰気で、死者の世界の住人は生き生きとしていてとても魅力的
ガイコツ達のショーはなかなかのもの

そんな描かれ方をされてるからか、やっぱり死者の花嫁エミリーに感情移入してしまった。
最初は目はこぼれ落ちるし、そこからウジは出てくるわで気持ち悪〜いだけなのだけど、一途で心優しい面が表れてくるうち、可愛らしく見えてくるから不思議

普段はアニメは苦手だし、実をいうとティム・バートン監督の作品も、私にとっては当たりハズレがはっきりしてたりするんだけど、これは面白かった



コープスブライド7

コープスブライド10









人気blogランキングへプチッとお願いします!





コープスブライド11
コープスブライド6









コープスブライド12















ティム・バートン監督作品




ジョニー・デップ作品



キャラクター・グッズ



『Mr.インクレディブル』4


『Mr.インクレディブル』

公式サイト:http://www.pixar.com/jp/feature/incredibles/

原題:THE INCREDIBLES
製作:2004年米
監督:ブラッド・バード
声優:クレイグ・T・ネルソン/ホリー・ハンター/サラ・ヴォーウェル/スペンサー・フォックス
日本語版声優:三浦友和/黒木瞳/宮迫博之/綾瀬はるか




インクレディブル










「トイ・ストーリー」「モンスターズ・インク」「ファイディング・ニモ」など数々のメガ・ヒット作を世に送り出してきたピクサー&ディズニー共同による長編フルCGアニメの第6弾。
ピクサー初の人間キャラクターを主人公に据え、引退したスーパー・ヒーローとその愛する家族が世界の命運をかけて立ち上がる姿をユーモラスかつハートフルに描く。
監督は「アイアン・ジャイアント」のブラッド・バード。


かつては世界の危機をいくつも救ってきたスーパー・ヒーロー達だったが、15年前にその桁外れの破壊力が問題視されて以来、スーパー・ヒーローとして活動することを禁じられていた。

今では正体を隠し一般市民として暮らし、その大きな身体を持て余し気味のMr.インクレディブルもそんな元スーパー・ヒーローの一人。
そして彼の愛する妻と3人の子供もスーパー・パワーの持ち主。彼らは普通の生活を送りながらも、それぞれに不満や悩みを抱えていた。
一方その頃、巷では元ヒーロー達が次々と行方不明になる不穏な事件が続発していた。そんな中、インクレディブル一家にも陰謀の影が迫っていた…。


さすが、2005年 アカデミー賞 長編アニメ賞を取った作品だけのことはある。
期待していた以上に面白かった
普段はアニメはどうも苦手な私だけど、これは文句なく楽しめた1本
ストーリーはバッチリ、そして映像もキレイで良かった

ちょっと心配していた日本語吹替えも、以外にマッチしていたのも◎

特に強烈なキャラクター、現役カリスマ・デザイナーのエドナ・モードとクールなフロゾンがとっても気に入りました〜

今回のテーマは【家族愛】なので、是非、家族で楽しんで欲しい作品。
モチロン、大人だけでも十分楽しめます



インクレディブル4

インクレディブル1










人気blogランキングへプチッとお願いします!




インクレディブル3
























『マダガスカル』3

『マダガスカル』


製作:2005年 米
監督:エリック・ダーネル/トム・マクグラス
声の出演(オリジナル) :  ベン・スティラー/クリス・ロック/デイヴィッド・シュウィンマー 
      (日本語版):玉木宏/柳沢慎吾/高島礼子


《公開時コピー》


動物園から逃げ出してはみたものの・・・

たどりついたのはマダガスカル!?



大都会ニューヨーク。セントラルパーク動物園の人気スター、ライオンのアレックス、シマウマのマーティ、キリンのメルマン、カバのグロリアは仲良し4頭組。
密かに野生に憧れていたマーティは、脱走を企てていたテロリストのペンギンズと出会い、動物園からの脱走を計る
逃げ出したマーティを残りの3頭が追いかけたはいいけれど、ニューヨークのど真ん中で人間に捕まって、船で連れ去られた4頭が漂着……した先は……なんと、アフリカのマダガスカル島
エアコン、ごちそう、エステにサプリメントが大好きな都会生まれの4頭には生まれてはじめての大自然! どうやったらこの島から脱出できる?
そして、弱肉強食の自然界で気付いた、何よりも一番大切なものとは? 彼らは一体どうなってしまうのか??





マダガスカル










期待していた程――ではなかったけど、ファミリーで観るにはもってこいの作品。
ペンギンズが良い味出してる



マダガスカル1

マダガスカル2









人気blogランキングへプチッとお願いします!

私の1番のお気に入り

    
マダガスカル3






















  

プレミアム・エディションは、短編『ペンギン大作戦』を収録した特別ディスク付の豪華2枚組

【収録内容】


<本編ディスク>
★マダガスカル本編

DVDだけの特典映像、ゲーム、プリントアウト特典満載!
★映像特典
●“I Like To Move It”ミュージックビデオ
●魅惑のマダガスカル島
●メイキング・オブ「マダガスカル」
●お絵かき教室
●CGシミュレーション集
●NGテイク集
●マダガスカルのCG技術
●監督コメンタリー




いつもありがとうございます!




since 2005.12.1











Categories
Archives
☆ブログ・リスト☆
☆MOVIE☆




セブンアンドワイ

最新映画、話題作を観るならワーナー・マイカルで!
























ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!





USEN

セブンアンドワイ

パイオニアオンライン

モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション

ブックオフオンライン
☆旅行関連☆
☆キレイになりた〜い!!☆
QRコード
QRコード
☆blog-tunes☆
     
 
   
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
My Twitter
☆オススメ☆
クロックス オンラインショップ
















 iTunes Music Store(Japan)

 iTunes Music Store(Japan)









クリックお願いしますっ!!
  ↓   ↓

人気ブログ



にほんブログ村 映画ブログへ




【クチコミランキング】




日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場


自動更新バナー

 iTunes Store(Japan)

★特集バナー125×125






満足避難セット【防災なまず】

【満足避難セット】


☆ページランキング☆

アクセス解析
Recent TrackBacks
Recent Comments
☆美味しい物大〜好き☆
☆PC&NET環境☆
  • ライブドアブログ