honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜

映画の話を中心に美味しいお店の話等、毎日のちょっとした出来事を、のんびりとお話ししてま〜す♪ 

映画☆ドキュメンタリー

黒と白のもこもこした可愛い子達♪ ☆ 『パンダフルライフ』 ☆4


『パンダフルライフ』


公式サイト:
http://www.pandaful.jp/


製作:2008年日本
監督:毛利匡
ナレーション:菅野美穂

《公開時コピー》

毎日に疲れたら、有休をとってパンダしよう


パンダTOP

60頭のパンダが暮らす中国四川省・成都パンダ繁育研究基地。ヨンヨンをはじめとする「おとぼけカルテット」は、でんと4頭並んで座り、手を器用に使って大量の竹をむしゃむしゃ食べる。
8頭の子パンダ達はじゃれあって遊んでいる。
一方、和歌山県にあるアドベンチャーワールドには世界で初めて双子を自力で育てたメイメイがいた。
双子の兄弟リュウヒンとシュウヒンは、間もなく中国に里帰り。別れの日が迫っていた・・・。


パンダ2

最近は何だか滅入ったりイライラしてしまうことが多かったので、癒されたい気分だった
そんな時にうってつけの『パンダフルライフ』を、観てきました〜。

パンダってなんでああ愛らしいんでしょ
子パンダ達がじゃれ合ったり、身体を丸めてコロコロ野っぱらを転がったり…。
パンダ4

はたまた、木登りは好きだけど降りるのが苦手で、落っこちちゃったり。
う〜ん、可愛い過ぎるぅぅ

パンダ1

そんなパンダだけど、ある一定の時期になると群れから離れ、1頭で暮らすんだって。
孤独が好きだなんて、意外だわ

生まれた時からずっと一緒で仲良しだった双子パンダも、ある日突然お兄ちゃんのリュウヒンが弟シュウヒンを邪険にしだし、それぞれ別々に暮らすようになっちゃった
端から見てる私からすればそれって悲しいよぉ…って思うけど、そんな強さが氷河期を乗り越えて、800万年という長〜い間生き延びてこれた秘訣なのかもしれない。
想像妊娠しちゃうのも原因はわからないらしいけど、本能的に種族を残そうとしているからかも…。

パンダ3

癒されただけじゃなく、パンダの意外な一面を知ることが出来た作品でした。

よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ





『皇帝ペンギン LA MARCHE DE L'EMPEREUR』4


皇帝ペンギン』
公式サイト:
http://www.gaga.ne.jp/emperor-penguin/index2.html


原題:LA MARCHE DE L'EMPEREUR
製作:2005年 フランス
監督:リュック・ジャケ
声の出演:ロマーヌ・ボーランジェ/シャルル・ベルリング


ペンギン TOP














《公開時コピー》

生命を継ぐ物語

また必ず会える
氷に囲まれた南極の、あたたかな愛の物語



ペンギン7ペンギン8









フランス・ミュージック・アワード
「第19回Victoires de la musipue」ベスト・エレクトロ・テクノミュージックアルバム賞受賞




ペンギン1ペンギン2









極寒の南極に生きる皇帝ペンギンの生態をドラマチックに捉えたドキュメンタリー。
父親、母親、そして生まれてきた子供たちそれぞれの心の声をナレーションで挿入するなど、動物ドキュメンタリーとしては踏み込んだ演出を織り交ぜつつ、過酷な大自然の中で生存していくための驚くべき行動の数々、そしてふと見せるユーモラスな仕草やヒナたちの愛らしい姿などが感動的に綴られていく。

冬が訪れようとしている3月の南極大陸。
海で平穏に暮らしていた皇帝ペンギンたちは、彼らの生誕の地で営巣地でもあるオアモック(氷丘のオアシス)へ向け、100キロもの距離を行進のごとく歩み始めた。
そしてカメラは、目的地に辿り着き無事産卵したペンギンの夫婦たちそれぞれのやりとりを、つぶさに映し出していく。
やがて、産卵を終えた母ペンギンは卵を父ペンギンに託し、エサを求めて再び海へと旅立つ。
一方、父ペンギンは仲間同士で寄り添って温め合い、マイナス40度の寒さと激しいブリザードに晒されながら120日間も絶食状態で卵を守り、旅立って行ったパートナーが帰ってくるのを待ち続ける…。



ペンギン3ペンギン4









何故あんな極限の地で出産をするのかはわからないけど、厳しいブリザードの中、空腹と戦いながら互いに身を寄せ合って、もうすぐ孵化しようとしている卵を守りながら耐えるパパ・ペンギンの姿に、子孫を残そうとする力強さを感じた。
そしてその辛く長い冬が終わりを告げ、地平線から太陽が姿を見せるシーンは美しく、感動的
赤ちゃんペンギンがおぼつかない足取りでヨチヨチ歩く姿は、めちゃめちゃ可愛かった

ただ、ペンギン達にセリフをつけるのはどうかな〜?
人間がペンギン達の気持ちをわかるわけないでしょ。その尊大さが鼻につく。
普通のドキュメンタリーのように、淡々とナレーションだけで終わらせた方が、もっと感動出来たような気がする…

それにしても、こんな極限の場所で撮影に挑んだスタッフ達は、本当に大変だったでしょうねー。

お疲れさまです


ペンギン5ペンギン6








人気blogランキングへプチッとお願いします!












いつもありがとうございます!




since 2005.12.1











Categories
Archives
☆ブログ・リスト☆
☆MOVIE☆




セブンアンドワイ

最新映画、話題作を観るならワーナー・マイカルで!
























ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!





USEN

セブンアンドワイ

パイオニアオンライン

モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション

ブックオフオンライン
☆旅行関連☆
☆キレイになりた〜い!!☆
QRコード
QRコード
☆blog-tunes☆
     
 
   
RSS
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
My Twitter
☆オススメ☆
クロックス オンラインショップ
















 iTunes Music Store(Japan)

 iTunes Music Store(Japan)









クリックお願いしますっ!!
  ↓   ↓

人気ブログ



にほんブログ村 映画ブログへ




【クチコミランキング】




日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場


自動更新バナー

 iTunes Store(Japan)

★特集バナー125×125






満足避難セット【防災なまず】

【満足避難セット】


☆ページランキング☆

アクセス解析
Recent TrackBacks
Recent Comments
☆美味しい物大〜好き☆
☆PC&NET環境☆
  • ライブドアブログ