2017/04/25

 2310時より日下1コマ。終えて丸亀まで走り、先般、ナイスタウン讃岐うどん総選手権2017一位を獲得されたうどんの「よしや」さんへ走る。ここの店主のお姉ちゃんが我らが国際薬膳師であり、丸亀 class所属の姐さんなのだ、先日のお稽古時、指のことなど話していたら、なにやら「お茶を調合したから住所教えろ」とメッセージ来たので、ならば、「伊予三島へ行く途中昼飯を食べに寄る」と返しておいたのだ。で、ちょうど昼時でもあって列ができており、駐車場も満杯で止む無くこそっとお向かいのコンビニに停めてその列に並ぶ。まぁ、うどん屋さんの列は回転が早いため大した事ではない。店主さんやらカルチャー事務局のUちゃんの息子さんなど挨拶をして、うどんを食べて、お茶を頂き辞す。で、坂出 ICまで戻って高速に乗り「三島・川之江」まで一気に走って50分ほどであったか、、近いもんだ。14時集合であったので車の中で本を読んだりして過ごし、14時から30日に松山である「愛媛ハワイアンフェスティバル」出演のリハーサル。僕がボーカル担当曲は前夜テキスト書いたところで、まだほとんど唄えず、無様であった。あとの曲もフラと合わしたりして、その後、ウクレレ class17時半頃までやって、今度は土居町まで移動し、ここでも、21時過ぎまで、30日演奏曲2曲のウクレレ奏法やら、コーラスアレンジやらをしながらお稽古。なかなか素敵なコーラスになりそうで楽しみな事なり。2115分に土居インターより高速に乗り、 22時過ぎ無事帰着。

 昨日24日は、休日であったので、ダラダラと本を読んだり TVを見たりして過ごす。夜、網君が迎えに来てくれて娘夫婦の家へ。彼らが今の住まいに引っ越したのが昨年の4/17 であったので、少し遅れたが1周年記念と、その他諸々の件で宴会。先般カウラナのヘマツアーで誘って置いた落語家でフラダンサーのまっ茶ちゃん事Sっちゃんも招待して置いたので、総勢6人で賑やかな宴会となった。我が家はお気に入りの赤と高知の栗焼酎に、料理。娘家は以前プレゼントしておいた白に、網君のお土産の日本酒やら、、たくさんのお料理。網君母上もこれまた新鮮な刺身と釜いっぱいの筍ご飯等々。呑みすぎて食べすぎて日は暮れてゆき、家人と娘に配送されて 23時頃であったか帰着。

 で、今日は早朝から、ハワイに行っている小豆島のKちゃんからメッセージ入り、ウクレレの写真が届いたと思ったら、次の瞬間電話が鳴る。なるほど向こうは 12時前ではあるがこちらはまだ7時前で布団の中^^; 曰く、「どのウクレレが良いか選んで!」彼女は以前からテナーのウクレレを1本欲しがっていて、今回の渡ハで1本持って帰る気満々。あれこれ話して、挙句そのウクレレならヤフオクの方がもっと安いよと話して、ミッション1〜2であったか、話しておく。選んでいる時が楽しいのだ。で、目が覚めてしまったので、起きようとすると、体の節々やあちこちの筋肉が痛くて起きられず。それでも頑張って起きて見たがフラフラし、体全体がギシギシと泣いている。これはおかしいと念のため熱を測って見たら案の定 max37.8度まで上昇。急いで布団に潜り込んで寝る。夜日下お2人のclassがあったが、キャンセルさせてもらって、静養。咳や鼻水などの風邪らしい症状一切なし。また知恵熱か、、、

 布団の中で宇多津のフラガールやTッキー一味たちがメリーモナークで見ている写真を眺めて羨ましがったり、本を読んだり、土居町の先生と 5月のclass日打ち合わせたり、、夕方になって少し熱も落ち着いて来たか楽になった。今週は週末にかけて遠方へ出かけたりするのでおとなしくしておかねば、、、

2017/04/22

 昨日は、11時より日下3コマ。終えて一旦家に帰り、昨日フリーアナウンサーK.M.が我が家の玄関に置いて行ってくれた筍のお礼に我が家とっておきの白ワインをローソン敷地内で渡し、丸亀classへ行く。新人男性も含めてワイワイと賑やかにコード理論など。終えて帰着したのが 21時半頃。家人は今日はお友達と2人で大阪の繁昌亭で落語を楽しんできたらしい。 

 20時過ぎ高松駅について20時半過ぎには帰着とか、、それで、昨日いただいた筍ご飯とお吸い物で晩餐会。勿論お酒は悦の司。季節季節の美味しいものを少しずつ頂ける事は幸せなことなり。感謝感謝! 夜、U.B.よりウクレレ教室の件でメールあり、、

 それにしても、ここのところどうにも怒髪天で、憤懣やる方ないのが、ソーリの17日夜の銀座での「忖度要求」発言なのだ。彼は恐らく軽いジョークのつもりだったのだろう。そこが大問題なのではないか、、「センスofヒューモア」が有るとか無いとかと言う問題ではなく、この世を舐めきっている。そこが問題なのだ。

 そもそも「忖度」と言うのは、「相手の気持ちを推し量る」と言うことで、本来美しい言葉だったはず。それを一瞬にして彼は品の無い言葉にしてしまった。彼こそ「相手の気持ちを推し量る」ということが全く出来ない人物なのだということをあの「ジョーク」が証明した。彼こそ、国民の気持ちを忖度した事があるのか、、、、一国のソーリたる者こそ国民の声に耳を傾け、聞こえない声に想像力を巡らし「忖度」すべきなのではないか。それこそが「総理」としての任務なのでは無いか。

 あの、「自己責任」発言の、今村復興相にしたって、彼が東電の大株主の1人であるという事実から考えても、復興相がいったいどちらの立ち位置から物を考え発言するのか、明らかではないか。更に言えば、第2次安倍内閣になってからの歴代復興相が似た様な発言を繰り返して来たと言う事は、政府の基本的考え方・思想がそうなのだ、と言うことを証明している。政府の復興政策とは、福一がなんの解決の見通しも立たないまま、早く帰らして、一刻も早く、補助金をカットして、東電の財政負担を軽減したいとしか、考えていないことの証だろう。なんと立派な株主様ではないか、、怒髪天

 そんななか、今日は早朝少し寝坊しつつもいつものボランティアがんばって、11時過ぎ徳島へ出発。モアナと豊崎それぞれのclassをいつものように真面目にやって、18時前頃散会す。豊崎にまたまた新人さん1名。旧知の仲良しさんが「ハワイアンソング教えろっ」て言うから拒む理由は一つも見当たらない。と、そんな呑気な事を書いていたら、明日は30日の愛媛ハワイフェスで唄う曲のお稽古日と気づく。こんな事をしている場合ではない。取り敢えず明朝早起きして、テキストを完成させて、往路勉強しながら走る事とする、、、どこまで泥縄?

2017/04/20

 昼過ぎまでまったり過ごし、15時よりclass。中1時間インターバル置いて4コマ。途中で弾きながら唄いながら、居眠りして椅子から転げ落ちそうになったりするも、なんとか耐えて、かろうじて終了。昨夜ペグを取り替えたSONNY Dをチェックしたら何ら問題なく使えそうで良し。可能であればあと2セット欲しい。取り敢えずは、マーチンテナー、、またまた「文化財に!」とか言ってお叱りのメールが来るかもと思うが、もう情勢はそういうところにはあらず。僕が仕事で使うウクレレなんて、消耗品なのだ。「趣味」のウクレレは23本、別に取ってあって、それはここから門外に出ることも無し。残念ながら1本は娘のところに嫁いで行ったが、後は多分僕の相続財産の一つとなる。勿論、相続財産といっても金銭的価値はほとんど無いに等しく、僕個人の思い入れのあるお宝に過ぎない。

 帰宅したら娘来ており賑やかなことで、早々に2Fに逃げ込みこれを書いている。「羊と鋼の森」を読むのだ、、、最近とにかく眠い、、、

2017/04/19

 一昨日から某第○健康ランドより何度もメールで、Hawai’ian vocal duo KAI宛に、秋頃、演奏オファーを頂いている。なかなか日程の調整がつかないで難儀している、、どうやら一昨年だったか、ビアガーデンで唄って、担当者さんに随分と気に入って頂けた様な事であった。今回のお話は、ビアガーデンではなく、入浴客の休憩所の様なところの様ではあるから、特に夏場という事ではないので、タイミングを見てお願いしようと考えている。それとは別に、フラの方に3回ほどビアガーデンオファーが来ているというので、タイミングが合えば1回ぐらいは一緒にやろうかなとも思っている。正直、ビアガーデンはPA持ち込みだから結構消耗するのだ、、

 で、本日休日にて、午前中4/30の愛媛ハワイフェスで予定されている新曲の譜面を起こしに手をつける。いつものことながら泥縄か、、その他、銀行へ行って振込入金のチェックをし、ウェルドンの到達状況などチェック。具体的には高松が58人、徳島が62人というところ。

 夜、サンメッセで「カウラナヘマツアー」あり、札場のバス停までギリギリ15分で歩きSッキーと合流しバスで240円、10分ほどでサンメッセ着。

 1部はカウラナの演奏にカウラナのフラショー。2部はゲストのLeo Aloha(トニーさん、ユミちゃん、塚ちゃん)の演奏。さすがに大人のサウンドでよし。3部はカウラナとレオアロハで、リクエストとってのメレフラ。終了は大方22時前であったか、、こうやって聴くとレオアロハの熱い演奏はなかなか素晴らしい。ついつい食事しながらビールやらワインやら呑んでご満悦でU子ちゃんの車で配送され帰宅。夕方少し手をつけた、SONNY Dの長竿のペグをGOTOH UPTに交換する。これはUPTの方がペグの軸が少し太いので、テーパーリーマーでヘッドの穴をゴリゴリと広げてやる必要があるが、作業はなんら難しいものでもなく、30分ちょいで完成。さて、これをステージで弾く機会が作れるのかどうか、、この夏が楽しみなり。

2017/04/18

 今読み始めているのは「羊と鋼の森」、、僕は、色んなものを読むが、読み物に困った時のために小説の月刊誌を定期購読している。年末ぐらいまでは毎月楽しみにしていた続きものがあったが、それらが次々と最終回を迎え、今の所これといった楽しみになるものがない。で、話を「羊と、、」に戻すと、これはある鮮烈な体験からスタートした、少年の調律師への道のりのお話なのだ。これがなかなか面白い。文体そのものに格別の力があるとは思えないが、作者(宮下奈都さん)の紡ぎ出す文章は非常に柔らかい感性がページの隅から隅まで漂っている。まだ3分の 1ほどではあるが、これからどう展開するのか楽しみな事である。ピアノ調律師というものは、やはりただ音階を正しくチューニングするだけではなく、ピアノの音、はたまたその響きに「哲学」を持っていないといかんのではないかと常々考えていたが、この本を読みだして確信を持った。それは例えば、音楽にしてもそうだし、PAと言われる、奏者の音を聞き手に伝える装置を自在に操り、演奏の感動を的確に、時には増幅して聞き手に伝え、感動を生み出す仕事なのだと思っている。そういう点では、今までPAオペレーターさんには比較的恵まれてきたと思っている。これはとても幸せな事なのだなと考え至る。ピアノの調律も、個人の家にあるピアノと、コンサートホールにあるピアノでは調律の仕方が全然違うらしい事は、僕ら門外漢にも容易に想像できる「羊と、、、」の今後の展開が楽しみなことなり。

 15時より田中class、その後、一旦帰宅し事務仕事などして再び出かけ18時より日下で2コマ。明日は休日で夜「KAULANA」のライブに行く予定のみ。毎年、沢山のハーラウの先生方も来られているので6/16の「ウェルドンメレフラパーティー」の押さえをしようかなどと密かに企んでいる。で、本の続きを読むべく、今日は早寝する。風邪気味かなと思ったが、身体は絶好調^^

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ