内田樹さんの新刊が出ました。

街場の天皇論 [ 内田 樹 ]
街場の天皇論 [ 内田 樹 ]

今回は天皇論とのこと。
これまでの著作と同様、雑誌やブログに掲載した文章を再録した記事が中心ですので、「天皇」を正面から論じているわけではない文章も含まれていますが、それだけに、今まで聞いたことのないことや、新たな着想などにも触れることができます。

内田さんの著作は自分では思いつかない考えが非常にわかりやすい表現で書かれているので、読んでいて気分が高揚してきます。

そういえばこの本は近所の個人書店で注文して取り寄せたんですが、そのとき注文数よりも多くの冊数が送られてきて、普段東洋経済新報社の本はほとんど動かない店だから、店長さん心配してたんだけど、意外と動きが良くて残り一冊まできたとか。
よかったよかった。