2010年10月25日

週始まり

朝から10月最終週 月曜日に会議を開催。

コミットメントで遅れている業務を中心に確認しあいました。




あっという間に10月も終わりそう…


3S(整理・整頓・清掃)と3Z(交通事故ゼロ・作業事故ゼロ・クレームゼロ)が基本です。

頑張って業務しましょう!!!
m_miyake1962 at 10:54|この記事のURLComments(0)

2007年04月20日

命数の計算方法

数の読み方(生年月日) 生年月日から自分の[数]命数を知る!

命数は1から9、11、22  11の数に分類される。

(例) 1963.12.5  命数 9

1+9+6+3+1+2+5=27 ⇒ 2+7=9   

1960.3.3   命数 22    

1+9+6+0+3+3=22   

※2+2=4 ではない! 11と22はそのまま。  

(例) 1971.5.21  命数 8    

1+9+7+1+5+2+1=26 ⇒ 2+6=8 命数 

 ΝぁΝА,凌佑蓮攷諭/佑亡悗觧纏(人が好き)】

………………………………………………………

命数 [ 独 立 ] 最高・統一・中心・調和・大胆な行動力・指導力をもつ        

人生の出発は26歳から 

相性○…◆ΝΑ 

相性×… Ν

……………………………………………………

命数ぁ[勤勉 堅美] 安全を第一に考え慎重(真面目)忍耐と努力の人  

人生の出発は32歳から 

相性○…・ぁΝ  

相性×…・

……………………………………………………

 命数А[完全主義者] 知識や美の追求に夢中になる思慮深く分析的で孤独とプライバシーを大切にする  

人生の出発は29歳から 

相性○…・ぁΝ  

相性×…◆Ν

…………………………………………………

 命数 ◆ΝァΝ─,凌佑蓮效蓮ー然に関る仕事(母性本能)】

…………………………………………………

命数◆[ 知 性 ] バランス・注意深さ独創性が強い 人の調和  

人生の出発は16歳から 

相性○…◆ΝぁΝΑ 

相性×…АΝ

…………………………………………………

命数ァ[自己 顕示] 進捗・冒険・行動力(知性・才能・エネルギー・個性)         行動的で自己顕示欲が強い(スター性)を持っている。  

人生の出発は31歳から 

相性○…  

相性×… ΝぁΝ

…………………………………………………

命数─[支配(力)性] 組織力・能力・成功         

個性が強く・戦闘的・情熱的  

人生の出発は28歳から 

相性○…◆ΝぁΝАΝ  

相性×…

…………………………………………………

 命数 ・ΑΝ の人は【天 アドバイザー・弁護士・裁判官(頭脳)】

…………………………………………………

 命数 …[ 社交性 ] 発展・創造  成功をおさめやすい 自己表現(外向性)  

人生の出発は33歳から 

相性○… ΝァΝ─ 

相性×…特になし

…………………………………………………

 命数Α[ 調 和 ] 美とバランス 肉体と精神・物心の調和・完成

 おだやかな優しさで人に尽くす  

人生の出発は30歳から 

相性○…◆Ν・ァΝ  

相性×…

……………………………………………………

 命数…[デリケート] 心身ともにバランスがとれている 

  哲学・神秘主義・理想主義  健康的だがデリケートな

秘密主義者 人間愛     人生の出発は27歳から 

相性○…◆ΝぁΝАΝ  

相性×… Ν

……………………………………………………

 命数  の人は【 特  殊 】

 …[ 革 新 ] 創造的・進歩的で夢を求めることが多い

  平凡を好まず好奇心が強い  

人生の出発は25歳から 

相性○…◆ΝぁΝΑΝ  

相性×… Α22)

…………………………………………………

 命数 (22) の人は【 特  殊 】

(22)…[支配力・指導力] 最高の吉運 不思議な幸運  安全感覚を持つ  

人生の出発は14歳から 

相性○…◆ΝΑ 

相性×…(22)

…………………………………………………



hooshikai at 23:43|この記事のURLTrackBack(2)ノート 

2007年02月21日

急がば廻れ!

はじめに、神と出て行きますが実相を述べて参りますので、宗教とか神そのものに対する偏見を持たれる事なく、学習していってください。続きを読む
hooshikai at 16:09|この記事のURLノート 

2007年01月18日

人生において大事なこと(間違った常識)

●よい方位・悪い方位
よい方位、悪い方位は、一つの法則としてあるわけではなく、各人の感じ方(感覚)で決まります。例えば、北は寒い、南は暖かい、といことはありますが、全体から見れば、その違いに大きな影響はないし、よい悪いの根拠は何もありません。
続きを読む
hooshikai at 10:38|この記事のURLノート 

2006年11月21日

自分と他人を測る目安

人物をみる尺度

反対の立場(視点)で考えると、それが、他人が自分を測る尺度ともなります。たとえば、

続きを読む
hooshikai at 20:42|この記事のURLノート 

2006年10月25日

感性とは‥

※感性とは。

その基本に自分に全てが与えられている。という実感と自分の行為・行動の事実(真実)を全て見られていることの実感の確認が得られることを意味するものである。

この事が根底になければならないのである!!


hooshikai at 10:43|この記事のURLノート 

2006年10月17日

人間性を問われる‥

※何事も為すにも、それ以前にその人間性を問われるのが人生であり、実相真理である。

続きを読む
hooshikai at 19:27|この記事のURLノート 

2006年09月26日

ふと、寝る前に振り返る‥

 

“人生の明暗を分けるものは何か?”

この勉強をさせていただき、集まった経営者が皆真剣な姿勢でした。

続きを読む
hooshikai at 09:48|この記事のURLノート 

2006年09月22日

正しい姓名判断とは‥

この世に誕生した証として、人には必ず名前と生年月日があります。
市中にまかり通っている「易」や「占い判断」は、あくまで建前、形の世界しか解明できていません。

続きを読む
hooshikai at 15:09|この記事のURLノート 

2006年08月25日

昨日(過去)より今日(現在)

                (勉強会ノートの一部)

※昨日(過去)より今日(現在)
 今日(現在)より明日(将来)

より良い人生を目指して人生は生きるべし

続きを読む
hooshikai at 21:23|この記事のURLノート 

2006年08月03日

見通しが暗いなぁーと社長自身が感じることがあったら‥

 

自己実現とは何ぞや!?

人間は自然界の王道を生きていかねばならない。一人ひとりがより高尚な生き方を目指さば よい結果が生まれる。
‥ 

※自己満足とは、分からない事が分かった時、大きな喜びを感じる!

※本当の成功者→人間として何の不安も抱えていない人(謙虚で気遣いのできる人)

続きを読む
hooshikai at 08:54|この記事のURLノート 

2006年07月13日

清濁伴せ呑む

※苦労に負けるな!!

※他人を頼りとするか、自分のせいにするか、うまくいかないと とかく人のせいにする。原因を自分でなく、他者にあると思いたがる。

続きを読む
hooshikai at 21:51|この記事のURLノート 

2006年06月23日

数値の勉強

57e73250.JPG

芳志会では「数値の勉強」もしております。名前や会社名など事例を上げて研究・勉強。

この成功者・失敗者の名前は? あんな結末になった人の名前は? 500年続いた会社の屋号は?


hooshikai at 08:54|この記事のURLノート 

2006年05月19日

自負の善人とは‥

※自負の善人とは‥成功しがたい。

●善い事は、より善く相手を生かす働きをする。

 

続きを読む
hooshikai at 09:03|この記事のURLノート 

2006年05月17日

経営者が陥りやすい盲点 その2

今の時代は、人間としての生き方が問われる必要に迫られています。物事をよく分かって行動しないと、失敗に追い込まれてしまいます。

続きを読む
hooshikai at 09:54|この記事のURL

2006年04月25日

頼り人生では駄目だ (心の在り方)

※人間誰しも困難に出会えば、誰かに頼りたくなるものであり、頼った方が楽であるが、然し頼ってみても、所詮は借金の肩代わりと同じようなことで依然して、自分の借金としては解決しているわけではない!!

続きを読む
hooshikai at 22:41|この記事のURLノート 

2006年04月18日

経営者が陥りやすい盲点

「21世紀は感性の時代」

「人は思い上がってはいけません!」自分のいのち、生命や家族の生命の一つさえ、思うようにはならない! 己の身。

続きを読む
hooshikai at 21:07|この記事のURLノート 

2006年04月14日

みんな自分で対応できると思っている

※みんな自分で対応できると思っている。

社長の頭の中に、地球全体が視野に入っていない。自分の周囲の環境しか頭にない。小さな枠の中の成長を目指しているのではなくて、全世界を視野に入れた成長をして行こうという時代にこれからなって行くから、それに対応できる自分に成っておかなければいけない。

そのための基礎づくりを今しているのだということ。

自分という中味を小物で甘んじていれば小物にしかなれない。大物になれるための仕組みをしていかねばならない。その仕組みの第一段階が勉強である。

※物があれば、お金があれば何とかなるという発想がある。

物が物と成るには、物ではないものを組み合わせて物に成っていく仕組みが在る。

物ではない仕組みが→感性の世界ということ

◎見えない物を組み立てないと物には成っていかない。物が物として成っていくということは→無から有に成っていくのが仕組み→形成されていないけれども形成される前の仕組みを覚えていかないと形成には成っていかない。

犒狙される仕組みを実行していないから形成されていかない それが真理

※科学の究極は無に至る

形成されるものの極点は無である

  ↓

その奥が何たるかが分からない

物で追求していってなくなる訳だから

  ↓

極微の世界→気の世界になる→物質ではなくなる

心の世界を同じ表現ということ  

  ↓

この世界で感じ取るしかない。

※みんな本音で生きているから、みんな物頼りでいきているから

物が見えないと信じられない。

3/7頁でした。


hooshikai at 15:26|この記事のURLノート 

2006年03月15日

社長道を極める

会社のトップの感性(人間性)で、よくも悪くも結果がでる」ということを、強くおもっている今日この頃です。
昔の言葉に「初心忘れるべからず」「志を高く」などと言われていますが、創業j時の純粋な志(理念)がいつの間にかどこかへ飛んでしまい、お金儲けが最優先になってしまうから会社がおかしくなるのです。

続きを読む

2006年03月09日

「書くこと」が大切な勉強会

この勉強会では毎回10頁近く勉強したことをノートに書きます。何年もこの勉強会に参加していると自分の字で書かれた本『人生の辞典』が出来上がります。その本(人生の問題解決 虎の巻)は終わることなく造り続けられます。

※運勢を変えるには‥

続きを読む
hooshikai at 17:01|この記事のURLノート 

2006年02月09日

運の背景

目先だけの事に捉われて、肝心なことを忘れていると一人よがりの我欲だけに走ったら畏敬や謙遜さに欠け、感謝の念や素直な心を姿勢を失うものになりかねません。

※何をしても「思うようにならない」どうしてだ!何故なんだ!自分はこれまで何の悪いこともして来ていない。努力もしている。それなのに?こうした不可解な現実をみるのもよくあることです。

身の不運を感じる人ほど、深い思索を必要としているものの様です。「自分の生き方」全般に(公私共)充分な「気配り」が出来ているでしょうか。人は一人であって、一人ではなく、一人だけの力では生きることも生活もままならなりません。

先ずは自然というものをじっくり見つめて見て下さい。巨大な鉄筋造りのビルがり林立する大都会も過疎化の進むって村むらも海も山も空もみんな自然中の部分であって力の及ばない自然の産物であり、自分達の生まれる以前からそこに在ったものばかりなのです。

全ての資源を人は「自分達のもの」として無償で利用し、利用した分に対する代償は誰もが製造元である「自然」に対して支払っていないのです。

※一物たりとも、人間だけの力で自然界には無いと新しい素材(物)を創造し利用活用するまでに至った歴史はないはずです。

自然界をよく見つめてみたとき、そこに畏敬の念や感謝の気持ちの湧き出るのもごく自然な心情では‥。

自然の営みや恩恵という無視することはできない、巨大な真実が自分達の「生存の前提」にあります。人間の生活や営みがどんな素晴らしく便利になってきたとしても、自然の真理を抜きにして個人の命運を計ることも語ることもできない。

2月8日 勉強会 2/9頁

 


hooshikai at 08:49|この記事のURLノート 

2005年12月09日

あきらめなっかった者が大成して生き残る

※人は千差万別だ。…みんな発展途上にある。(と言う意味で)

人生の目的がある人も→見つかった→ハッキリした

人生の目的がない人も→見つからなかった→ハッキリとしない

みんな発展途上にある ◎だから悲観する必要はないのだ

続きを読む
hooshikai at 11:22|この記事のURLノート 

2005年11月28日

総合能力を発揮する人材はソウソウいない!

※物事の総合性を支配するタイプ(会社のトップ)と部分を先行する(会社では専門役員)タイプと二通りある。

※人間というのは多くのことが出来るのではなくて全体を取り仕切れるか、部分をやれるかの2つに一つしかない。

◎能力を大別すれば(全体)(部分)どちらが自分なのか?総合能力を発揮する人材はソウソウいる訳ではない。

※捉えた方の違いが学習に繋がるか学習に繋がるか。

続きを読む
hooshikai at 11:41|この記事のURLノート 

2005年11月26日

よくなるについては条件がある…

※よくなりたいと思うだろう!

よくなるについては条件がある。この簡単な理屈で、人生の良し悪しが決まってくる。

条件を満たして行かないと、良くなってはいかない。

◎自分に実力が付いてなければ、どんなチャンスを与えられてもやれない。(取り組めない)

◎自分に日頃から実力をつけておけば(おかなければ)チャンスが来た時の乗れる(乗れない)

◎常日頃、実力を養っておかなければチャンスに乗りたくてものれない。尻込みしてします。

続きを読む
hooshikai at 13:49|この記事のURLノート 

2005年11月20日

我流‥

※人間の思い、何もかも自分が努力すればよくなると思っている

◎自分を信じれるか?!

※崩れない幸せが一番!

     ↓

 事訳が解かれば人間の運勢はよくなる

※悩みが消えるのでなければ勉強ではない。→生きた現象の勉強

※知識豊富なだけ我流に成っている

続きを読む
hooshikai at 09:43|この記事のURLノート 

2005年11月15日

本物を学ぶ‥

※これから残るもの、本当の本物しか残らない→自分が求めていって突き詰めなければ自分のものにはならない。

※人間は個人だけの生活と思っているが実は一人だけでは生きてない!

◎真理とは来るをこばまず去るを追わず!

◎内観とは自分の本性を見つめなおすこと!

◎本人を変えるものは本人の感性次第!

※人間の造った科学を超えた偉大な超大宇宙科学が在ることを学ぶべき。人間は何一つ、素手で自分が造り出したものは何一つないことをしらなねばならない。

※自分をよくして幸せに繋げようということは自分の欠点を知ることにある。

※人間は生き方を素朴に見つめてみる!こと

※成功した人たちの発想が金儲けだけに繋がっているから悩み苦労が発生してくる


hooshikai at 20:57|この記事のURLノート 

2005年11月13日

21世紀に生きる社長として‥

「人間として生きていく上に最小限分かっていなければいけないこと」

※下記のこと、どれだけ自分が分かっているのか!?

(人間とは、人生とは、如何なるものか)

1・自分とは(人間とは)

2・両親とは

3・学習とは

4・人生とは

5・宿命とは金とは

6・仕事とは

7・成功とは

8・死とは

9・あの世とは

10・未来とは

11・部分と全体とは

 

続きを読む
hooshikai at 12:49|この記事のURLTrackBack(0)ノート 

2005年11月09日

明暗を分けて行く…

※人の思いと実相(真実)に違いが明暗を分けて行く!

誤魔化しが効かない

 ↓

(それは何故か?→行為の全てを見られているから)(人の目は誤魔化せても)

 ↓

(人間がそのことを信じようが信じまいが関係なく刑が執行されている)

 ↓

(宗教などに関係なく違反行為の償いが来る 起こる)

 ↓

(原因不明なことだとしても、それは別段不思議とするには当たらない)

 ↓

(起こるべくして起こる、それがものの道理である)


hooshikai at 09:06|この記事のURLTrackBack(0)ノート 

2005年11月03日

今更学習なんて‥

※大概の事は分かっている俺だ、今更学習なんて、俺には無用だ。なぁーんて言ってのける。(完全でない人間・過信こそ過ちを呼ぶ惧れあるに。)

→間違いの元はその思考にある!

※知らないことが有れば有るだけ、幸せとは遠い〜人生となる。→無駄な人生を過ごす!(必ず後悔する)

◎これでいいのか。この私!!→この意味(人生の事が、全て解かっている自分ではない!!)だから学習して本当のことを知り。→(自分を励まし、反省してみる。)→幸せに成る為に!!


hooshikai at 14:28|この記事のURLTrackBack(0)ノート 

2005年10月23日

時間の意義

※時間の意義

※この人生の時間は限られてる。自分に役立つ(向上の為)時間をどれだけ取って今日まで来たか。

遊ぶための時間やどうでもよい事に時間を使い過ぎて、成功(繁栄・向上・達成・幸せ)のための時間を無駄に使い過ぎて生きたのでは成るものも半端になって功ならず。失意も必然のこととなる。

「時間」が人間にとってどれだけ貴重なものであるかを忘れているのではないか。時間とは自分で足し引きできるものではない。貯めこんで必要な時に使うことも宇宙時間銀行かた借りて使うなどということはできないものである。日々、同じ時間だが(誰にとっても)精進した時間と遊びや無駄ごとに使った時間のそれぞれの集積が人生の差違をみることになるのである。時間とは前借も後払いもきかないものだ。

◎その時々をどの様に使って来たかが問題、時間の中に人生の有様がある→自分次第で→

(時を)→向上の為に

(時を)→どの様に使っている→普通ではいずれは減点されていくから

(時を)→くだらん事に→何れは→向下する

 


hooshikai at 17:12|この記事のURLTrackBack(0)

2005年09月27日

逃れられない絶対の宿命がある

※逃れられない絶対の宿命がある

※この人生、どんな人でも自分の思うようにはならない。何故か?

この世は自分ひとりだけの世界ではない自分のためだけに在るこの世ではない。

どんなに力んでみても長い人生の末だ「発展途上」にある現在という真理があるからである。

善と悪を共有する人間・生涯学習の命のある人間→この絶対の矛盾を「宿命」という。この宿命から人々は逃れることは出来ない。

※貴重な日々、無駄に過ごすな!!

今日に在っては明日あるものとは限らない。全て無常なのである。(気づかぬうちに変化していく)

※得るも笑うも本人の器量次第である。どのような器の持ち主だったのかそれによる。

補足) 発展途上とは…未熟ということ。

 


hooshikai at 10:19|この記事のURLTrackBack(0)ノート 

2005年09月16日

自負の善人

※私は善人である。

何の悪い事もして来ていない!大方の人はそう云う。ならば、どうして今の貴方が悩みや困難とめぐり合うことになったのでしょうか?(この世の法律で裁くことの出来ない)マナーの悪さというたったこれだけの事が何故、人間止められないのか。理解に苦しむだけである。

考え方の間違い(氣づき)を正していく⇒本物の歩みができるようになる(行き詰まらなくて済むようになる。

※自負の善人

善人でない部分が見えていない。成功してから自分で解決できない。悩みが生まれてくる。上には上があるという発想が大切。

※生かされているという自覚と感謝⇒頭で分かっていること、まず行動に移すことが大切、結果へ向けての表現がなされている。

自分が体験(体感)するから、そこに感じて喜びが湧いてくる→自分自身が変わってくる。その人なりの受け止め方をしていく。(こちら側 形ある自分ですが、心と形が一体になったものを打ち出して行くこと)


hooshikai at 09:39|この記事のURLTrackBack(0)ノート 

2005年07月20日

当たり前

※当たり前=道理

当たり前とは何が当たり前なのか? それを知る事が本当の勉強になる。

道理に外れて物事成立することがない。

物事の決まり(定義)からはみ出すから出来難い状況作りが起こってくる。

本当にうまくいかないということは自分の考え方に何処か定義に外れた考えがあるということ。


2005年06月27日

達人

d266ea51.JPG※社長は今現在だけを見ていたんでは夢も希望も大して持てない。
 先(将来)はもう知れている。

めげても めげても めげないで 立ち直る。だから成功する

一日一日積み重ねをやって地道なパッとしない事の連続、辛い苦しいを本人の志と忍耐と努力による!!
単なる幸運ラッキーではない。
遊んでラクして成功する訳がない。(道理だ)

※困った子供につける薬はない。

※世の中 どんなに進んでも人間を直す薬も機械も発明もできない。

こころの分野はこころで直すしかない!

hooshikai at 15:51|この記事のURLTrackBack(8)ノート 

2005年06月10日

努力・才能・運

※努力・才能・運

※運というものは、人知・人力では如何ともし難い。
  人生、成功する人、しない人…
  どうして差があるのか…
  どうして差がつくのか…
  人生の目的・夢どうなっている…

たった一回の人生では、そうはうまく行かない。
成功しない。成功できない。
そのための修業がこの人生にあり、人生こそが修行である。

千里の道も一歩から
   (生まれつきの天才(成功者)はいない。)

◎才能・能力

たった一回の人生で、才能を"開花"させるのは無理なことである。
人生色々なことをマスターしなければならない。
一度に全部マスターできない。

hooshikai at 09:18|この記事のURLTrackBack(11)ノート 

2005年06月03日

特別な力…

※社長というものは特別な力、特別な事が出来るものではない。

特別な事をしようとする。又、出来ると思っているが、その辺を間違ってはいけない。⇒捉え方の大切さ。

     そういう特別な力、等 社長にも人間にもない!!

※威張ったり、思い上がったり、社長はするが特別な力が元々ないのだから結局、自分が苦しむことになる。

礼節を重んじないような人物は使えない ←評価
       ↓
(精神構造が出来ていないから)

※人には見えないが人には格がある。


hooshikai at 17:21|この記事のURLTrackBack(8)ノート 

2005年05月27日

己の力量を過信すると…  

※社長には無視できないことがある。

(イ)物事を知らないと、解らないでいるとこの人生“規制”がかかる。

(ロ)何事にもその条件がある。
   幸運・発展・成功・達成・幸せ

◎社長は人間の真実が解らないままに、よい人生(成功や幸せ)を送ろう思っても無理なことだ。

人間の真実さえも、ろくに解っていない者が何かをしたとしても、ろくな成果は得られない。

全体として部分としての何が正常で何が本当のことなのか、それさえも会得できていない者が経過はどうであれ有終の美を飾ることはできない。
安定も安心も幸せも遠いだけの人生をなるだけである。

己の力量を過信して、己一人でやったんだ(成功)、自分だけで勝取った誰の世話にもなっていない。
鼻高々と思い上がっていると… 考えざる得ない事態と遭遇することになる。
⇒何故だ?どうして? の事態に!
hooshikai at 16:08|この記事のURLTrackBack(5)ノート 

2005年05月25日

どう勝ち抜くか…

※前進には「禍」が生じて当たり前。

その「禍」転じて「福」となす。…が経営力だ。指導力だ。

※社内での改善や改革を進めようとすると必ず抵抗勢力が現れる。

なぜなら、いままでや敵たこと知っていること慣れていることをやっていたほうが楽だから。
しかし、社長は工夫、改善することを恐れてはいけない。
抵抗勢力が現れても、工夫して禍を福に転換させるエネルギーが経営力であり、指導力です。

※指揮官とは「修」「破」「離」をもって基道をなす。

社長は先ず経営技術を勉強しなければなりません。その上で身に付けた経営技術を破り離れて、新しい自分流の経営をしていく。

例えば…

剣術の千葉周作は江戸に出て苦しい修業の末に一刀流の免許皆伝になりました。
これが「修」です。そして、これにこだわらず自分の技能を磨き上げて新しい北辰一刀流というブランドを作りました。

※先ず、基本を身に付け、その基本を踏まえて新しい自分流の経営を組立る。これが経営者の基道です。

※マネジメント・マーケティングは経営ではない。

大事だが経営ではない。経営技術である。
経営とは人間本能をコントロールして活かす道を経営という。

hooshikai at 15:44|この記事のURLTrackBack(6)ノート 

2005年05月23日

バカほどプライドが高い…

※人を安く見てはいけない。

◎金持ちには弱く、ビンボウには強い。
 強い者には弱く、弱いものには強い。

 バカほどプライドが高い。

 そんな者達は人からやられてみないとわからない。
 人のいたみがわからない!!ということだ。

※自分は正しい絶対に間違っていない。

 悪いのは○○さんでしょう。
 常に自分は正しく、悪いのは相手 という人とは付き合いずらい。
 というより付き合えない。
 「こころ」というものは偏ってはいけないんだな。

社長、注意して氣をつけること。

※社長の宿命

 自分は正しい悪いことは、何もした覚えがない。と思うこと自体が
 中庸でない。偏っている。

 人は生まれつき善と悪の二面性がある。
 万人誰でもそうだ。例外はない。

◎だから自分だけはそうでないと思わないこと。

 自分は絶対正しいとか絶対間違っていないとか意地にならないこと。
 絶対正しく絶対間違っていないとか意地にならないこと。
 絶対正しく間違っていない
 この世の中にそういう人はいない。
hooshikai at 10:43|この記事のURLTrackBack(5)ノート 

2005年05月18日

※努力 

努力の貴さ 努力の価値
 
素質や才能の有る無しに関わらず努力をすることは大切なことである。

素質がない・才能がない、だから努力しても無駄ということになれば努力には何の価値もなくなる。


◎才能は獲得するものだ

だからどんな夢でもどんな希望でも持てる余地がある。

夢と希望 無いよりあったほうがよい。

人間、才能の有る無しに関わらず夢・希望は持つべきだ。無かったら、欲しがるべきだ。

※出来る・出来ないは問題ではない。

問題は夢や希望が有るかどうかである。



社長(人間)は知らないよりは知ったほうがよい。(得だ)

人生は、たった一度の人生なのかどうか!

人生は生まれて1回こっきりなのかどうか!?

(続く)

hooshikai at 09:44|この記事のURLTrackBack(6)ノート 

2005年05月17日

謙虚に、控え目にということ

※モノがよく解って行くと分からないで言うことの違いは大きい。
 振り返ってみれば、よく解ってなかったそのことが今は解る。

◎よく解ってくれば不安でなくなる。それは色んなことが今は解るだろう。

今は安心感が大きい。しかし、油断は禁物だ。謙虚にということ。控え目にということ。

モノを教えてもらう、習う、人の話はよく聞く。これが大切だ。どんなにエラクなっても。たとえ、人間どんなによくなってもだ。そういう態度が大切だということ。


◎どんなに勉強しても知らないことはある。

全てを知った訳ではない。全てをよく解ったのではない。
これをよく肝に銘じておくこと。自惚れてはならん。
自分ほどよくモノを知っているものはいない等と思ってはならん。
でないと尊大になる。

人の言うことは聞こうとしない。それじゃダメだ。
hooshikai at 09:40|この記事のURLTrackBack(2)ノート 

2005年05月16日

捉え方の大切さ

※威張ったり、思い上がったり人間はするが特別な力が元々ないのだから結局自分が苦しむことになる。

※一日一日を真面目に生きる事。
(真面目に生きてさえいれば…・…安心して生きる事)

        
事実を(分って=理解)→実践)

※人生とは何ぞや!という基本が分っていない限り、何をしても自分の思いだけ。常に不安が付いて廻る。

〔社長が勉強することによって〕
ー分自身がどういう人間かが分ってくる。
⊆分は何をやりたいかが掴めるようになる。
心が穏やかになる。従って何が起きても冷静に判断出来るようになる。
だ犬ている事に喜びと希望が湧いてくる。
ゼ分自身の人生観が確立出来るようになる。
Σ燭良坩造發覆安心して人生を送れるようになる

hooshikai at 14:18|この記事のURLTrackBack(2)ノート 

2005年05月14日

生年月日による自分の-[数]-

数の読み方(生年月日)

生年月日から自分の[数]命数を知る!

命数は1から9、11、22  11の数に分類される

(例)
 1963.12.5  命数 9 
 
   1+9+6+3+1+2+5=27 ⇒ 2+7=9 

 1960.3.3   命数 22

   1+9+6+0+3+3=22

  ※2+2=4 ではない! 11と22はそのまま

 1971.5.21  命数 8

   1+9+7+1+5+2+1=26 ⇒ 2+6=8

(続く)
続きを読む
hooshikai at 13:16|この記事のURLTrackBack(4)ノート