2008年07月05日

ピストリウス選手のオリンピック出場は難しそう

以前に取り上げた両下腿義足の陸上アスリート、オスカー・ピストリウス選手(南アフリカ)の話題が、またニュースになっています。

「五輪=義足ランナーのピストリウス、北京に向け厳しい現実」(ロイター)

義足を使用して健常者と同じレースに出ることに関してはOKという裁定が出たものの、オリンピック出場のための標準記録を突破できずにいるようです。

個人的には出てほしいですが、今回は難しいかもしれませんね。まだ21歳と若いので、チャンスはこの先もあります。ただ、将来的にタイムが伸びたときに、義足使用の問題がまた浮上してくることも考えられるので、今のうちに科学的根拠のあるルール作りを進めておいたほうがいいような気がします。

この記事へのトラックバックURL