April 26, 2009

blues in the night

My mama done tol' me, when I was in knee-pants
My mama done tol' me, "Son, a woman'll sweet talk"
And give ya the big eye, but when the sweet talkin's done
A woman's a two-face, a worrisome thing who'll leave ya to sing the blues in the night

Now the rain's a-fallin', hear the train a-callin, "Whooee!"
(My mama done tol' me) Hear that lonesome whistle blowin' 'cross the trestle, "Whooee!"
(My mama done tol' me) A-whooee-dah-whooee o' clickety-clack's a-echoin' back the blues in the night
The evenin' breeze will start the trees to cryin' and the moon will hide its light when you get the blues in the night
And take my word, that mockingbird’ll sing the saddest kind of song, he knows things are wrong, and he's so right

From Natchez to Mobile, from Memphis to St. Joe, wherever the four winds blow
I’ve been in some big towns and I heard me some big talk, but there is one thing I know
A woman's a two-face, a worrisome thing who'll leave ya to sing the blues in the night

My mama was right, there's blues in the night.
まだ俺が半ズボンを履いてた頃

お袋が俺によく言ってたもんだ

「女は甘い言葉で近づいてきて

お前に色目を使ってくるけれど

女とは二つの顔を持つ生き物。

いつかお前は夜に打ち捨てられ

ブルースを歌うハメになるのさ」 



そして今、雨が降り始めてきた

ほら、汽車の音が聞こえてくる

ウーイー、淋しげな警笛の音だ

土手を横切って吹き抜けていく

「ウーイー、デュ、ウーイー」

カタコトと古びた線路が軋むと

それが夜の奏でるブルースの唄



もしも夜風が木々を泣かせ始め

お月さまがその光を消したなら

誰にでもブルースが聞こえる筈

嘘じゃない、俺を信じておくれ

マネシツグミが悲しい唄を歌う

「正しいことなど何一つない」

そうさ、全くお前の言う通りだ



ナチェズからモウビールに流れ

メンフィスからセントジョーへ

大都会を渡り歩き暮らしてきた

美味い話を腹いっぱい聞かされ

学んだのはたった一つの事だけ

「人は二つの顔を持つ生き物」

独り残され俺はブルースを歌う



人間には二面性がある。騙されるほうが悪い・・・
恋愛では常に思うことですね。
きつねとたぬきの化かし合い。おお怖っ(爆)

hopmatumatu at 01:24│Comments(0)TrackBack(0) BIKKYが出逢ったJAZZ ナンバー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

BIKKY

Recent Comments
JAZZ教則本ストア