April 26, 2009

Tenderly

Tenderly (Jack Lawrence/ Walter Gross)

The evening breeze caressed the trees
Tenderly
The trembling trees embraced the breeze
Tenderly
Then you and I came wandering by
And lost in a sigh were we

The shore was kissed by sea and mist
Tenderly
I can't forget how two hearts met
Breathlessly
Your arms opened wide and closed me inside
You took my lips, you took my love
So tenderly

夕暮れの風が、木々を愛撫したんだ、優しく。
震えながら木は、風を抱いたんだ、優しく。
そこに、君と僕が巡り来んだ、
迷って溜息の二人だった。
渚はキスされて、海と霧に、優しく。
忘れられぬ二つの心の出合い方、
息もつかぬ間の事、
君は腕を大きく広げ、私を中に抱き締めたんだ、
君が奪ったんだ、私の唇を、君が奪ったの、私の愛を、
ソー・テンダーリー



師匠が女性を口説くときによく歌ったのだとかww
確かにフ〜〜〜っ吸い込まれそうになる歌詞です。
優しく 優しく 優しく。。。何回言うねん!と突っ込みたくなるくらい
なんともロマンチックな曲です。
スローでクラシカルな感じな曲、嫌いじゃないけど私らしくもない(爆)
いっちょイケメンを口説けるくらいに歌い込もうじゃないですかww

hopmatumatu at 01:35│Comments(0)TrackBack(0) BIKKYが出逢ったJAZZ ナンバー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

BIKKY

Recent Comments
JAZZ教則本ストア