October 11, 2009

THE CHRISMAS SONG

THE CHRISMAS SONG

1946年
作詞・作曲/ ロバート・ウェルズ Robert Wells
         メル・トーメ Mel Torme
【英語歌詞】

Chestnuts roasting on an open fire
Jack Frost nipping at your nose
Yuletide carols being sung by a choir
And folks dressed up like Eskimoes

Everybody knows a turkey and some mistletoe
Helps to make the season bright
Tiny tots with their eyes all aglow
Will find it hard to sleep tonight

They know that Santa’s on his way
He’s loaded lots of toys and goodies on his sleigh
And every mother’s child is gonna spy
To see if reindeer really know how to fly

And so I’m offering this simple phrase
To kids from one to ninety-two
Although it’s been said many times, many ways
Merry Christmas to you


Love and joy come to you and to you your Christmas too
And God bless you and send you a happy new year
And God send you a happy new year)


【日本語訳】

暖炉で焼いたクリがはじけて

冬将軍があなたの鼻をつまむこの季節になると

聖歌隊はクリスマス・キャロルを歌い

人々はみなエスキモーみたいに着ぶくれしてる


そしてみんなが知っているんだ

七面鳥や宿り木がこの季節をきれいに彩ってくれることを

子供たちはみんなワクワクして 目を輝かせているよ

あの感じでは 今夜はとても眠れそうもないね


だってサンタはもうこっちへ向かっているんだもの

ソリにたくさんのおもちゃや贈り物を積んでネ!

そしてすべての子供たちは 今夜こそ確かめようと思ってる

トナカイが本当に空をとべるのかどうかを!


みんながそれぞれのクリスマスを迎えようとしているけれど

この簡単な言葉を 1才から92才までの

『すべてのいたずらっ子たち』に捧げたい

昔からずっと使われてきたありきたりな言葉だけれど

「素敵なクリスマスを!」


hopmatumatu at 01:34│Comments(0)TrackBack(0) BIKKYが出逢ったJAZZ ナンバー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

BIKKY

Recent Comments
JAZZ教則本ストア