hopooの「明日は、どっちだ」

過去・現在・未来のニッポンを、様々な視点から観て、語る。明日のために。

自分を理解して欲しいという想いが強くありながらも、
自分の心に深く踏み込まれるのを怖れる矛盾を抱える。
かつて「明日は今より幸せになる」という希望があり、
今は苦しくとも明日になればと頑張りましたね。
右上がり、急成長、競争原理、豊かさに憧れて、一生懸命、
めくらめっぽう走ってたどり着いた先。
私たちは「今」しあわせですか・・・夢がありますか・・・
愛するものと共に・・・豊かに活きていますか

人のため

老人を対象にしたサギ。
が、大盛況ですが。


悪知恵が~すごいですね。

もしかすると善意よりも
悪意の方が、働くのでしょうか。

自分が得をしたい。
自分だけ豊かになるだけでいい。
って、他人が不幸になることを
思考から外せば、発想は自由なのか。

まっ。
そんなことだから、善意でしたことも
「偽善だ」と評価する人も多い。

「人のために」という言葉に
偽りの善意。隠されている自己愛。
を嗅ぎ出そうとする・・・ような。

すべて世界は、自分を映す鏡。
嗅ぎ出そうとする人は、
本当の純然たる「人のため」なんて
この世にありえないと疑っているのかもね。

切っ掛けになる新年

最近は、お正月といっても
昔ほど晴れがましい気持ちになることもなく、
毎日続く、一日のひとつ。
淡々と迎え、淡々と通り過ぎる。

子供のころは、区切りになって。
学年がひとつ上がるとか
進学や就職など環境の変化は
問答無用にやってきました。

もう最近は、変化もなく
「さて、今年は・・・」みたいに
何かの切っ掛けにしていたけれど~

言ってみるだけで、
数日たてば、変化のない、ただの区切り。
実際は、ぬるま湯の中に浸って
むしろ変化は、面倒くさい。

変わらないことが、安心。怠惰な生活。
なわけで~
ほんとに。
「どうにかしなくちゃ」は後回し。
ギリギリまで動きたくない~

今年は。正真正銘の「新しい年」になる。
改元もあるし。ここで一発。
重い腰を上げて・・・

誰が正しいのか?

Aさんの発言を聞くと
「ふむ。なるほど」と思う。

かたや、Bさんにも「あれはどうなの」
と聞いてみると、Aさんとは真逆。


ということが、多発しますね。

聞いているほうは、事実を知りたい
本当は何が起きたのか、理解したい。
というわけなのですが。

視点を変えたり、その人の立場から
全体を見直すと、だいたい・・・
「こうなのかな」と見えてくる。

対立は、立場の違いからくる
誤解がほとんどなのですね。

今年はスポーツ界が、様々な問題で
揺れ動いてきました。

問題と思っても、自己保身で
いうべきことを言えない人たちも
いるのかな~と思える。

ここは、面倒だから長いものに巻かれて
みたいなことも、自分を顧みても・・ある。

納得できない決着もあったけれど。

この先は、どうなるか。
熱しやすく冷めやすい、ヤジウマ根性
ではなく、
どうなるのか、見続けていきたい。
ギャラリー
  • 戌年なので
  • 味方を作る方法
  • チャリティバザーのお知らせ
  • チャリティバザーのお知らせ