2008年09月16日

専門家による技術的なことば 鳥人間コンテストと高校生クイズはこう違った

 今年の鳥人間コンテストなんですけど、
めちゃめちゃ面白くてびっくりしました。

あれはもう、 競技自体がもともと持つ面白さだけでは
説明がつかない域に達していたと思います。

もちろん、今大会では東北大学 Team Windnautsによる
プロペラ機ディスタンス部門最長不倒の36kmフライトという、
願ってもない快挙が達成されたということもあります。

しかし、そのスペクタクルが損なわれることなく、
視聴者の元に届けられたことについては、
実際に琵琶湖上を飛んだ選手や、それを地上で支えたスタッフたちだけでなく、
大会運営、撮影や編集といった製作サイドによる
力が大きいという感を抱かずにはいられません。



 30年を超える歴史をもつ大会なだけあって、
きっと演出については手堅いパターンが確立されているのでしょう。

そして今回は、ところどころに入る、
この競技についての技術的なことばがスパイスのように効いていたと思います。
そのことばは、解説者の深みのある一言であったり、
ナビゲーターがトランシーバー越しに叫ぶ指示であったり、
ペダルを踏むパイロットの苦悶にゆがむ口もとからもれ出たものであったりしました。

これは先だってのオリンピックで、
普段あまりふれる機会のないスポーツを見た時にも感じたことなのですが、
解説のかたから放たれる一言二言の短いフレーズが、
にわかファンがその競技を楽しむために、決定的に重要なのです。

無論、素人が専門的なことを、ちょっとのあいだで、
ちゃんとわかって聞いているわけではありません。

それでも、その競技が好きで、
その競技に自分の持つ資源を際限なく投入している人の言葉に接すると、
目の前で行われていることは、
「なんかすごいぞ」という気に、どんどんなってくるのです。



 このことに関して、先週の高校生クイズのことが思い出されました。

今回、鳥人間コンテストにあって高校生クイズになかったのが、
この、「競技の専門家による技術的なことば」ではなかったかと思えるのです。

今大会は純粋に参加者の知識とクイズ技術を競うものでした。

このことをめぐって、
高校生クイズファンからは大きな(主として否定的な)反響がまきおこりましたが、
番組全体をどう評価するかの議論はここではおいておきます。

ただ、番組が「古きよき高校生クイズ」の路線を捨てて、
高度に専門的な技術を戦わせる競技になっていたことは確かでした。

したがって、競技クイズに普段ふれる機会のない一見の視聴者には、
おもしろさ、楽しみかたがそのままでは伝わりにくくなっているといえるでしょう。

もちろん、どこのチームが勝ったか負けたか、という見方はできて、
よく考えたらそれでも十分なのかもしれませんが、
それは「基本的なルールくらいは知っているスポーツ」を、
われわれが観て、一応楽しむことができるのと同じことですよね。



ああ、書ききれなかった(汗)。
またつづきはあらためて……。

horag0260 at 01:35|PermalinkComments(3)TrackBack(0)日々の雑感 | ┣テレビ番組視聴

2008年09月05日

高校生クイズ 玄人の視線、あるいはただの邪推

 甲子園、オリンピック、
と続いた夏のイベントのトリをかざる、
高校生クイズの季節がやってまいりました。

わたくし、ソフトボール対アメリカ戦なみに
真剣に観戦する予定でおります。

で、明日放送の決勝に先立ちまして、
大阪ではこのあいだの土曜日に、近畿予選の模様が放送されました。

そこにですね、今大会のどこに注目して
観るとより楽しめそうかがうかがえる、
おもしろい場面があったのですよ。



 まず、前提として製作側は、
「いかにもクイズ研究会風のメガネ」が、
画面を埋めつくす事態は避けたいと思っています。

「さわやかで高校生活をエンジョイしてる感じ」、
「勉強はできるけど、notガリベン」
の高校生に勝ち上がってきてほしいと思っているはずです。

男女混合チームならなおのこと優遇したい。


 
 この傾向はここ数年、より強くなってきています。
以前は、司会であるガチ体育会系のラルフ鈴木アナを、
万年書生のたたずまいのある爆笑問題で中和することによって、
文科系男子へ配慮している様子も見られました。

それがここ3年は、オリエンタルラジオを起用しています。
若く、さわやかで、勉強もできる二人からは、
明るく楽しい画面作りへの志向がひしひしと感じられはしませんか。
(最近は中田さんが暗めなところも見せてきていますが)



 そんな大会前の印象だったのですが、
これまでの傾向に変化が現れているのでは? という一幕が
近畿予選にあったのです。

今大会では、
「君たちが作る○×クイズ第一問」
という企画で、参加する高校生チームから問題をつのっていました。

問題を採用されたチームには、
無条件で第一次予選を突破できるという特典があります。

で、上記の方針が忠実につらぬかれるとするならば、
方針にふさわしい高校生のチームから問題が採用されるはずです。



 そこを、灘高校を通してきました!
おお、しびれる!
いわずと知れた、灘であります。
めちゃかしこいのであります。

ほっといても勝ち抜いてくるであろう灘を通した。
(実際、第二次予選、決勝と進むにつれて、兵庫は灘だらけに)

これに大きな意味を感じずになんとする、と思うわけです。



 ここ一年ほどは、きわだってたくさんのクイズ番組が放送されました。

ひとつ前のクイズ番組ブームとの違いは、
回答者が難しいこと問題に答え、
それに司会やゲストがおどろいて、誉めそやすところです。

ロザンの宇治原さんが一躍全国区の芸能人になった流れですね。

高校生クイズも、今年はその流れに掉さしてきたなあ、と。
そんな感慨を抱きました。

明日の全国大会の放送が楽しみです。


horag0260 at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々の雑感 | ┣テレビ番組視聴

2008年08月31日

京都で「スカイ・クロラ」

080831-1







 ご無沙汰とかそんなことをものともせず、
夏の終わりを感じながら自然な書き出しをよそおって。

 京都に遊びに行きました。
友達がいつのまにか彦根の人になっており、
大阪とのあいだをとると、
あらま不思議なことに京都なんですね。

 で、まずは映画館での席を確保して、
イノダコーヒでコーヒーを。
本店はひとりで入るには度胸が要ったので、
よい機会でした。満足満足。



080831-3







 そして、映画だ。
「スカイ・クロラ」です。
非常におもしろうございました。
映画館で見られてよかったなあ。
 
 飛行機について、色々と考えがめぐりました。
「わたしと飛行機」、というような、
これまで生きてきたなかで飛行機に抱いた
心の動きのそれぞれ、またはその合計。
そんな言葉にしにくい感覚が次々と思い出されてくる、
そんな感じです。

 わけわかんないですね。
いやまー、
「あー、頭上からぶおーんてひびく音」
「あー、夏の滑走路ー」
「あー、戦闘機ってすぐ空を横切って消えてく」
みたいな。

 夏休みにはいつもYS-11に乗って田舎に帰ったよなあ。



080831-2







 それから、オムライスの名店、先斗町のルフで一日をしめくくりました。
シンプルなケチャップオムライスもしっかりおいしい。

horag0260 at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)見たり聴いたり読んだりあそんだり | ┗映画

2008年05月08日

十三の〜、おっちゃん(おばちゃん)は〜♪

前エントリの続きです。

続きを読む

horag0260 at 23:18|PermalinkComments(4)TrackBack(0)見たり聴いたり読んだりあそんだり | ┗映画

2008年04月26日

『靖国 YASUKUNI』の前売券を買ってきました

十三の第七藝術劇場に行って、
『靖国 YASUKUNI』の前売券を買ってきました。

トラブルを警戒して、東京4館、大阪1館の劇場が
上映を取りやめたのは記憶に新しいところですね。

そこをわれらが十三の七藝は、
「うっとこはやりまっせ」と、早々に明言してきました。

すばらしい。
そこそこのリスクで、高リターンを得る一手じゃあないですか。

続きを読む

horag0260 at 01:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)見たり聴いたり読んだりあそんだり | ┗映画

2008年03月26日

これはどうしてもお伝えしないといけないことではないのですけれど

こないだ電車に乗ってたら、
今別府直之さんをお見かけしました。


horag0260 at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々の雑感 

2008年03月12日

まちかねに行ったらS先生とばったり

こないだの土曜日には、
まちかね山吹奏楽団の定期演奏会に行ってきました。

しかしなんと、てっきり晩だと思っていたのが、実は昼で、
しかも電車を乗り過ごし、
最後の曲にしか間に合わなかったという失態。

よってすぐに終演。
が、帰りの森ノ宮駅で、
高校の吹奏楽部でお世話になったS先生に偶然お会いしました。
わたしの方に連れがいたため、
ほんのちょっとご挨拶できただけだったのが残念。

わが母校は、今年のコンクール、
その日まちかねがや演った『宇宙の音楽』で出るそうです。

いやあ、億劫がらずに出歩くと、いいことがあるものですね。

horag0260 at 00:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々の雑感 

2008年02月11日

雪はふる 淀川区内

雪の東淀川駅













いまさらながら、おとといはすごい雪でしたねえ。
もっとおどろいたのは、
大阪であれだけ積もるのは、11年ぶりなんですってね。

じゃあ、ネイティヴ大阪の子供さんなんかにとっては、
もれなくはじめての積雪なんですね。

じゃ、うれしくなるのも無理はありませんね。
町中雪だるまだらけでしたもの。

雪だるま1雪だるま2雪だるま3













わたしも、年甲斐もなくうきうきしてしまいました。
でも、平日じゃなくてよかった。



horag0260 at 23:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)日々の雑感 

2007年12月31日

だらだら

休み中はあっさり昼夜逆転です。

オールザッツは途中で寝てしまいましたけど。
あの番組って、客席も茶の間も、全部楽屋あつかいですね。
共犯関係というか。
芸人と大阪のお笑い好きの関係って、濃厚だなあと。

今晩もテレビ大阪の芸人放し飼い番組を視聴予定。
そんな年越しでございます。


horag0260 at 21:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々の雑感 

2007年12月09日

難波らヴァンヴァン

来週こそはカレンダーどおりに休みたい。

やーすーみーたーいー。

でも、どーせさー!

続きを読む

horag0260 at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々の雑感