2005年09月

2005年09月30日

おじにファクスのつかいかたをおしえに(BlogPet)

今日は、HolyLolyは、耳寄り情報をば タイトル画面の川島教授などをプンスカしたかったのいなかに帰ってきます じつは、ここで「かわします」 ■ 脳トレ日記(仮)第10回を記念したかった と、げんべヱが考えたの。 *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「げんべヱ」が書きました。

horag0260 at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ぬくいむら

椰子













ひきつづき鹿児島県大島郡瀬戸内町西阿室の紹介をさせていただきます。
ヤシの木もこんなに無愛想、商売っ気がない、いえ野趣にあふれているのですよ。
空、青いでしょう。


西阿室浜 西阿室左 西阿室右







「グリ山」という山にある展望台からのぞむ西阿室集落の様子。
左の写真は浜です。なにやらむくつけきコンクリの桟橋がありますが、
いなかには、いなかなりの事情があるということです。
まんなかは「金久(かねく)」という地域。右は木のかげに小学校が見えます。
かげになって見えませんが、その右のほうにも集落はつづいており、「里」とよばれています。

西阿室は加計呂麻島第二位の人口をほこる、島有数の大集落であり、
124人の住民を擁しています(平成16年6月)。
すごいでしょう。


土俵 教会 西阿室小学校







西阿室は文化村なので、土俵、教会、小学校があります。
土俵の左側には郵便局だってあります。
土俵は豊年祭のときなどに、シマの青年たちが相撲をとります。
30,40はあたりまえの青年のみなさんです。

今、「シマの」青年ということばをつかいました。
山がちの島、といいますか海岸は全部リアス式海岸の、山そのものの島なので、
集落から集落に道をとおすのが非常に困難だったわけです。
かつては交通手段はもっぱら船によったのですね。
なので各集落は、独立性の高い「シマ」だったというわけです。
今でもなお、文化のちがいが各集落ごとにあり、
お葬式のやり方とか、踊り、唄などにいろいろなバージョンがあります。

まんなかの写真がカトリックの教会。
写真撮影後、オルガンの伴奏で賛美歌をうたっているのがきこえました。

一番右が小学校。もう高校生になった卒業生のインターハイ入賞を、
盛大に祝っています。ここから後ろを向くと、児童たちそれぞれの畑があり、
サトウキビをそだてていました。

西阿室の様子がなんとなく想像していただけたでしょうか?
それでは、今宵はここまでにいたしとうございます。

horag0260 at 00:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 加計呂麻島あれこれ 

2005年09月29日

島帰りの

ハイビスカス







大阪にかえってまいりました。

せっかくなので、加計呂麻島についてご紹介したいとおもいます。

まず、加計呂麻島は「カケロマジマ」とよみます。
フィリピンではありません。
日本であることをわかっていただくために、
島の位置をお見せしましょう。Google Earthはすんごいですね。
以下、クリックで拡大画像がご覧になれます(おおきいです)。


琉球弧








■加計呂麻島は鹿児島県・奄美大島の南側に位置します
 まずは奄美群島と九州,沖縄の間の位置関係をご覧ください。


奄美大島








■こんどは奄美大島を拡大して。


加計呂麻島








■さらに奄美大島の南側にズーム・イン!
 「西阿室」というのがうちの集落です。伯父、伯母がいます。


どうです、たしかに日本でしょう?
今回はこれでおしまいです。次回をどうぞお楽しみに。
 

horag0260 at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 加計呂麻島あれこれ 

2005年09月23日

やや社会派LA NEW(BlogPet)

きょうは、単語とか反対するはずだった。 じゃ参院で改正したいなぁ。 *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「げんべヱ」が書きました。

horag0260 at 15:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月21日

おじにファクスのつかいかたをおしえに

今日から母方のいなかに帰ってきます。
加計呂麻島というところです。
日本ですよ、フィリピンとかでなく。
台風が発生しなかったら26日に帰阪します。

■脳トレ日記(仮)第10回
お忘れのかたのために、
「東北大学未来科学技術
 共同研究センター
 川島隆太教授監修
 脳を鍛える大人の
 DSトレーニング」
です。

第10回を記念して耳寄り情報をば。
タイトル画面の川島教授に向かって、
「川島教授!」とDSのマイクに呼びかけると
川島教授がよろこびます。
これはゲーム中に教授みずから教えてくれる小ネタですね。

あと、「メガネ!」だと教授のメガネがすぽーんとはずれたり、
「川島!」ってよびすてにするとプンスカおこったりします。

じつは、ここで「かわしまん!」と呼びかけても
かならずよろこんでくれるんですよ!
「かわしまん」の「ん」をはっきり発音するのがポイントです。

horag0260 at 04:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日々の雑感 

2005年09月19日

ライブはいいなあ

十字架













そろそろ話題を変えて……。

ヨコシくんのゴスペルを聴きに行ってきたんですよ。
ゴスペルはじめてです。教会だ、どきどき。
茨木キリスト復員教会、じゃない福音教会。

わたしの祖父が舞鶴に復員してきたのが昭和31年12月。
うわあ、がんばったなあおじいちゃん。

でなくて、教会には、立派なスピーカーがありました。
そういえばうちの田舎の集落にも教会があるので、
教会に行くの自体ははじめてじゃありません。
スピーカーは簡素です。

そんなことはどうでもよくて、歌です。
きもちよかった。声、でますねえ(いや、知らなくて)。
結構カロリー消費しながら聴きましたよ。こきざみにうごきながら。

観客参加の曲もありました。
ごめんなさい。歌うのとハンドクラップと
からだうごかすの一緒にできない。
いっぱい表打ちしました。でもたのしかった。
カラオケ行きたくなりました。

ヨコシくんの自作自演の曲もありました。
シンガーソングライターですね、かつてジャイアンもあこがれたという。
沁みました。

聴いていて、まったく関係ないことを思いつきました。
本当に関係がありません。
(オヤが死んだら、わたしが戒名をつけてやろう)です。
(ただ、坊さんを邪険にしてもいかんから、何万かつつんで、
 一緒にかんがえてもらおう)と思いました。
「坊さんを邪険にしたらあかん」てのが、わたしにとってニューアイデアです。

かえりみち。
あまりくわしくない道を夜自転車でこいではいけない。
こころぼそくなります。

horag0260 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々の雑感 

2005年09月18日

やや社会派LA NEW

あとからいうのもなんなので、いまのうちに書いとこう。

郵政民営化法案は、成立がおくれた分、
民営化の時期をちょっとおくらせて再提出するんだそうです。
以前、反対票を投じた参院議員のひとらも、
「民意にしたがう」とのことで、次々に宗旨がえを表明されたはります。

じゃ、通常国会での反対票は、「民意」にそむくものだったのですね。
結果的に。ほんとうの「民意」に気がつかなかったんですね。
ちょっとにぶかっただけだもん、彼らをせめられませんよね。
ちょっとまえはそんな「民意」でなかったかもしれません。わすれちゃいました。

それに一月後、半年後、一年後も「民意」なのかもまだわかりません。
だって未来はまだ神秘のヴェールの中だから。
憲法改正も「民意」なのか、12月以降の自衛隊イラク派遣延長も「民意」なのか。
わかりませんものね。

■脳トレ日記(仮)第9回
 単語記憶(1分間で28個の単語をどれだけおぼえられるか)と、
 A→ア→B→イ→C...と順に文字をタッチペンでたどっていくやつで、
 ともにタイ記録をだす。それぞれ25個と50秒53。
 25個はともかく、50秒53の1/100秒まで同じなのがおどろき。

horag0260 at 03:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々の雑感 

2005年09月16日

鳥山雄二の世界へ(ちょっとちがうぞ)(BlogPet)

熊野古道を開店しなかったろかいと中にしか見えないようです あと「24」 も書きなおす屈辱と思って、124 も苦手 わたしに予行演習しときました たくさんはげんべヱたちが、よったろかいと中にはいったら、「順路→」 っていうボードをたずさえたおじさんがいっぱいいて、今日のうちに予行演習しときました だよ♪ *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「げんべヱ」が書きました。

horag0260 at 12:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年09月14日

やや社会派な

選挙ちょっとおどろきました。
おもってたよりもりあがってたみたいですね。
まあ、700億円あまりかかったお祭りですし、
たかい買いものにならなきゃいいんですけど。

■脳トレ日記(仮)第8回
 旅行をきっかけに見事にサボりはじめる。
 よくないのでひさしぶりにまじめにやったら、
 2種目で記録更新。
 1から120まで声にだしてかぞえるのが54秒。
 名作音読が11.1文字/秒。これは今までより格段にはやかった。
 夏目漱石の「長谷川君と余」でした。
 読みやすい文章は読みやすいなあ(そりゃそうだ)。

horag0260 at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々の雑感 

2005年09月10日

やや社会派か

あしたは投票日。

どうなんでしょうね、世間はどの程度もりあがってるんでしょう?

不勉強でよく知らないんですけど、
また今になって郵政民営化に賛成か、反対か、
郵政民営化が一番の争点だ、なんていわれてますけど、
郵政民営化法案って廃案になったんじゃありませんでしたっけ?

もし自民党が選挙に勝ったとして、
小泉さんどうするつもりなんでしょ?
ちょこちょこっと法案を修正して、
もっかい提出するつもりなのかしら?
だとして、それってありなの?

そのうえ、参議院は郵政民営化法案が否決されたときのままですよね?
とおらないんじゃないでしょうか。
といいますか、とおったらなんなんだそりゃあ。

horag0260 at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々の雑感 

2005年09月09日

蘇生の森をぬけて

牛馬童子













熊野古道をあるいてきました。
たくさんあるいてきました。
へろへろです。

余裕をもって組んであるはずの予定が、
結果的に実はつなわたりになりました。
ある意味黄金ですね。

写真は「牛馬童子」といいます。
かみさまです。佛さまでもいいらしいです。
「童子」だから佛さまよりなのかな?
いくつかあるルートのうち、「中辺路(なかへち)」という、
そのほとんどが世界遺産に指定されている道をとおったのですが、
そこにはこんな「童子」や「王子」が休憩所みたいにいっぱいあります。

そのそれぞれにいわれがあって、なんといいますか、
何世代にもわたって、トレンディなスポットというとアレですが、
やんごとなきかたがたも、「いつかは行かないとなあ」って
思わはる場所だったんでしょうねえ。

宿は「川湯温泉」というところでした。
河原をほると温泉がわいてきます。
ぬくかった。
川はつめたく、体力が刻一刻とうばわれていくのを感じました。
しかし、延々とおよいでいる元気なやつもいるんですねこれが。

帰りは一行から離脱して、
無事におはかまいりもつつがなくすまし、
帰りに電車の中でたべようとおもって駅前のドムドムで
「メープルナッツ(ワッフル)」を買ったのですが、
車中であけたら、「ベーコンエッグバーガー」でした。
なんでやねん。

おれがワッフル食ったら悪いのかようええねえちゃんよう。

horag0260 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々の雑感 

鳥山雄二の世界へ(ちょっとちがうぞ)(BlogPet)

たくさん歩くだろうと思ってついでにお墓まいりしてついでにお墓まいりしてもらうのですが、どうもわたしのうちに予行演習しときました ひとり御堂筋パレード 心斎橋で大きいあととかをトレしなかったの♪ げんべヱは、ひきかえせなくなって、ひきかえせなくなって、ひきかえせなくなって、文字などを旅行したはずだったの♪ と、げんべヱは思ったの♪ *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「げんべヱ」が書きました。

horag0260 at 13:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月08日

鳥山雄二の世界へ(ちょっとちがうぞ)

明日からゼミ旅行。
熊野古道をあるいてきます。世界遺産です。

父方の田舎があのへんなので、
帰りは離脱してついでにお墓まいりしてこようと思います。

たくさん歩くだろうと思って、
今日のうちに予行演習しときました。
ひとり御堂筋パレード。
心斎橋まで行ったら、そごうが新装開店していて、
よったろかいと中にはいったら、
「順路→」っていうボードをたずさえたおじさんがいっぱいいて、
ひきかえせなくなって、ええい皿までと思って、
12階までのぼりました。階段で。中10階あたりで息があがる。

■脳トレ日記(仮)第7回
 タッチペンで字を書いて、ソフトに認識してもらうのですが、
 どうもわたしの「3」はお気にめさないようです。あと「24」も苦手。
 わたしには「3」にしか見えない文字を何度も書きなおす屈辱といったら。

horag0260 at 00:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々の雑感 

2005年09月07日

「エンディングまで泣くんじゃない」ってなあ

MOTHER箱







MOTHER、おわらせました(GBA版です)。
ファミコン版は、大好きなゲームでした。
なにせわたしのHNとこのブログのなまえをもらっちゃったぐらいです。

ちいさいころにはわからなかった良さをみつける一方、
ちいさいころ同様にあじわう感動もありますね。

実は、おどろいています。
ファミコンソフト・マザーをわたしが買ってもらったのは'90年・平成二年。
中古でたしか\3,780、税込みできっと\3,893です。導入間もない消費税は3%でした。
そんなずっとまえにやったゲームなのに、からだがわすれていないのです。

自宅のドアを開け、冒険の世界がひろがったときのどきどき。
いやな敵にであったときの、いやああな感触(対処法も同時におもいだす)。
未知の土地に乗り出すときの、不安と期待、高揚した気持ち。
みんなあのときとおんなじです。

音楽もほぼ完全におぼえていました。
最近やったゲームの音楽はおもいだせないことが多いのに。
「GBAはファミコンとは音がちがうなあ。残念」
なんて思ったりします。
ときどき、おもいだして口ずさんだり、脳内でながしていたんですね。

あのころに、こんなゲームが存在していたなんて、
ものすごいことのような気がしてきました。
当時このゲームを選んだわたしは目が高い、えらい、
というか不思議。わたしはそんなにえらくなかったはず。

しかし、MOTHER2をはじめる気力がなんか足んないぞう。

■脳トレ日記(仮)第6回
 三角演算も人数数えも、難しいほうの問題は難しいよう。
 簡単なほうの問題で、ちょろいとかおもっててごめんなさい。しおしお。
 100問計算もえらいもんで、1分6秒がどうしても限界だなあ。

horag0260 at 00:46|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 見たり聴いたり読んだりあそんだり | ┣ゲーム

2005年09月04日

18番がぼやけてみえる

桑田が今季初勝利をのがしました。
普通だったら、登板のたびに盛大に火柱をあげる投手に、
こんなにもくりかえしチャンスはあたえられるものではありません。
長年にわたってチームに貢献してきた功労者であったとしてもです。
(迷惑もたあくさんかけていますが。)
ここからも、今年の読売が尋常でないことがうかがえます。
おいといて、今日の桑田はどうにかこうにか勝ち投手の権利はとりましたが、
やっぱり限界のようです。少なくとも、ほかの投手ならそう判断され、
すでにグラウンドを去っていることでしょう。
桑田は37歳。プロ19年目です。
ただの19年目ではありません、高校1年のときから甲子園で連日投げていました。
もう、その右腕にはおつりものこっていないのでしょうか。
さみしいなあ。

  ■脳トレ日記(仮)第5回
 今日、脳の若がえり(?)を実感。
 三角演算のトレーニング中、脳がいままでとはちがうはたらきをしていることに気がつく。
 なんというか、ニューロンとニューロンのあいだにあたらしいルートが開通した感じ。
 29秒で頭打ちになっていたスコアが、25秒と一気に4秒も短縮。
 ニューロンの新ルートをたしかなものとすべく、もう一度トライするも、
 今度は散々な結果。どうも集中力がもちませんな。  

horag0260 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年09月03日

根づくか、「POWER!」

HOLLYWOOD









ああっ、高津、決勝じゃ何もさせてもらえないっ!

第25回全国高等学校クイズ選手権大会でございます。
わたくし、この番組が大好物でございます。

浦和はつよかった!
歴代の優勝チームも、もうすこし隙を見せたり、
リーチをかけてから足ぶみしたりするんですが、
浦和はつよかった!
やすまずに勝ちにいきましたね。
ちょっとつけいる隙は見あたりませんでした。
かっこうよい。ほれぼれします。

高津も健闘しました。
全国のみなさ〜ん!! こーづこーこーでーす!!
たかつこーこーではございませーん!!

私も高3時に参加しました。
まあ、現在の当ブログの読者のみなさんが、
だいたい想像できるであろう三人で参加しました。
YES・NOクイズ7問中、6問まで当てたのですが、
高校野球関連の問題をおとしてしまいました。
ぬけたらぬけたで、吹奏楽部のコンクールは
どうしようかっていう日程だったんですけど。

司会も、今年は爆笑問題がぬけて、
ラルフ鈴木アナが単独でつとめていました。
司会ぶりにもだいぶ安心感というか、
余裕が感じられるようになってきたように思います。
「福沢アナだって最初はぺーぺーだった」と、
今までながい目で見てきましたが、
そろそろ彼にもひとりだちしてもらわなければなりません。

ラルフ鈴木アナは一貫して「陽」のひとだと思います。
初代、福留アナがもっていた「闇」とか「凄み」の部分、
二代目福沢アナの、文科系らしい「屈折」した部分がありません。
そこがいままでわたしには、鈴木アナにもの足りなさを感じさせる
ところだったのですが、ここにきて考えが変わりつつあります。

「陽」は「陽」で、徹底してつきすすめばつきぬけられるかもしれない。
ラルフ鈴木アナのさわやかな笑顔に、何も考えてないんじゃないか、
ちょっとこわいな、みたいな印象をいだきがちだった私なのですが、
1周半ぐらいして、やっぱりこわい、しかももっとずっとこわいな、
みたいなふうに感じはじめています。
なんといったらいいでしょうか、忠犬ハチ公のようなこわさです。

来年の大会がいまからたのしみになってきました。

■冒頭の写真のCD
 全国高等学校クイズ選手権のテーマ曲、「HOLLYWOOD」が収録されている、
 メイナード・ファーガソンのアルバム「HOLLYWOOD」です。
 某大学吹奏楽団のひとは、いつぞやのアンコールで「ゴスペル・ジョン」をやりましたよね。
 あのひとです。
 ゴキゲンなポップ・チューンとなっております。
 ながらくCD版はなかったのですが、昨年発売となりました。
 よいよのなかになったものだと、しみじみおもいます。

horag0260 at 00:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日々の雑感 

2005年09月02日

まどろみ(BlogPet)

げんべヱがバンドをセットしなかったよ。 Holy?Lolyとセットする? *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「げんべヱ」が書きました。

horag0260 at 13:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)