2006年02月02日

今度は伊丹で

というわけで、昨日もう一度見てきました。
「THE 有頂天ホテル」です。



いやあ、ゆかいゆかい。
たあのしいいなああ。

ああいう、緻密に登場人物を交錯させてとか、
周到に伏線をはってとか、大好きなんですよね。
「街」や、 「99人の最終電車」が好きといったら、
伝わる人には一発で伝わると思います。

そんな群像劇大好き人間にとっては、
もう勝ったも同然の設定ですね。



もう、客席はところどころわっさわっさ沸いてました。
で、笑い待ちなしで次のシーンに行ったりするので、
急いで笑い止まないといけません。
汗かいちゃいました。

とった笑いの総量では、伊東四朗さんが断トツでトップでした。
もう、画面に出てくるだけで持っていくこと持っていくこと。

個人的には石井正則さん(アリtoキリギリス)に目をひきつけられました。

こう、その場で爆笑をさらう、っていうシーンは
あまりないんですけど(いや、ちゃんとあるんですけどね)、
「ぷふっ」とふきだしてしまって、
(あれ、笑ってるのわたしだけ?)
みたいなことが何回かありました。



2回見てすこしわかりましたけど、
三谷幸喜さんは相当こまかく笑わせにかかってきてますよ。

DVD出たら、これは買いますね。
ホテルの見取り図とか、登場人物のタイムスケジュールとか、
特典でついてこないかなあ。
映像をところどころ一時停止しながら、手元の資料とつきあわせつつ堪能したいですねえ。

あと、撮影のスケジュールがどんなふうだったのかも、見てみたいなあ。
この日には、この役者さんとこの役者さんがスタジオに来て、このシーンを撮って。
ああ、この日は大物がたくさん集結してて、豪華だなあ、とか。



もういっぺんくらい見に行ってみようかとすら思います。
父親と行って、ひとりでも行ってなので、
今度母親と行ったらコンプです。

horag0260 at 22:59│Comments(2)TrackBack(1) 見たり聴いたり読んだりあそんだり | ┗映画

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. THE有頂天オリンピア その2  [ 行き当たってばったり ]   2006年02月18日 01:26
「THE有頂天ホテル」 オリンピア行った後に見に行きました。 なかなか良かったなぁ。 細部まで綿密に作られていて飽きない映画だったと思います。 音楽も素敵。。。 最後らへんの楽団に実は村田陽一が出演していて、映画を見ていた大勢の中でもおそらく俺ひとり...

この記事へのコメント

1. Posted by ヨコシ   2006年02月11日 17:43
先輩!
99人の〜
おもしろいっすね!

まだ全員よんでないんですが、
あの機械人間の故障の原因が
他の人だったりするんですか?
(ネタバレ)
2. Posted by Holy Loly   2006年02月14日 00:28
あはは、好きだけど、あんまり網羅してません。
これからちびちびと読んでいきたいと思います。

ところで、あのラストはわりと評価がわかれるんとちがうかな?
わたしは最初ちょっと違和感を感じたけど、
あとからあれはあれでアリだなと思うようになりました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔