2006年10月20日

痛みを感じるのはぼくが生きているから

ゆうべは夜中にトイレに起きました。

寝床に戻るときに足をすべらせ、
思いきりこけて、
尾骶骨を敷居にしたたかにぶつける。

悶絶する。



あまりの痛みに体を引きつらせていたら、
ついでに体の左半身のあっちこっちがつりました。
泣きっつらに蜂。

すべってから骨に強烈な衝撃を受けるまでは、
本当に刹那のことでございました。



酒のせいではないはず。
酔いは残っていなかったし。

が、痛さのせいで
酔いがさめたような気もする。

なんにせよ、
まだ大丈夫であると思いたい。

horag0260 at 21:55│Comments(0)TrackBack(0) 日々の雑感 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔