2008年05月08日

十三の〜、おっちゃん(おばちゃん)は〜♪

前エントリの続きです。



そもそも、起こりうるトラブルに比して、
収益があまり割に合わないと予想されたから、
先だっていくつかの劇場が公開を取りやめたわけです。

アート系の劇場なんて、4、5人かそこらのスタッフで、
細々と切り盛りしているものなんじゃないかしら。
そんなところに、怖そうな人たちが大挙して
押し寄せてくるところを想像したら、
公開見合わせという選択も無理からぬところかとは思います。

それを、
「表現の自由が危ない」
「文化の担い手としての矜持がないのか」
ということで、どれだけ責められるものなのかは、
微妙なところでしょう。

でも、東京の劇場がもうすこしだけチキンだったら、
わがほうの得るところがもっと多くなったろうに、残念無念。



ところで、十三第七藝術劇場って、
今まで幾度も経営の危機を乗りこえてきた映画館なのですね。
直近では、経営悪化から一度閉館したところを、
映画ファンと地元商店街からの出資で
再び開館にこぎつけたとのこと。

ええはなしやないですか。
せやせや、十三フレンドリー商店街十三元今里商店街
(栄町通りも?)、情に厚い人らばっかなんや〜。



あれはもう10年以上も前の話です。
ボクがいてた高校の吹奏楽部が、
初めての定期演奏会を開くことになりました。

で、演奏会のプログラムには、
ところどころ広告が入っているものなんですね。
その広告を出してくれるよう、
商店街をはじめ、十三のお店屋さんや会社に、
プログラムへの広告を出してくれるようお願いに行ったんです。

妙に興奮した顔の学ラン野郎たちは、
アポもクソもなく押しかけてきました。
しかも、演奏会が行われるのは十三でなく、庄内だといいます。
ああこれは、広告というか、実質はカンパなんやな。

それでも、十三のおっちゃんおばちゃんたちは、
まあエエかとお金を出してくださいました。

今になって振り返ると、実にありがたいことだったのですね。
自分も働いてお金を稼ぐ身になって、あらためて気づかされました。



あ、そういえば、商店街の中にあったポルノ映画館も閉まっちゃったな。
それは、まあ、時代ですかねえ。

horag0260 at 23:18│Comments(4)TrackBack(0) 見たり聴いたり読んだりあそんだり | ┗映画

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 花湯   2008年05月11日 18:44
行ってきました。
が、トラブルに巻き込まれました。
上映時刻の15分前に整理券番号順に並んでおいてくれと言われたので、
余裕をもって20分前から指定の場所で並んでたんです。
なのに、上映5分前になっても誰も並ばないので、事情を尋ねたら

「いえ、もうお客様にはすぐにご入場いただいておりますが?」

と言われ、ア然。
別の誘導係のミスだったことが判明したのでした。
お陰様で早朝から並んだにもかかわらず、最前列で見上げる感じで鑑賞しました。

こんなトラブルでよかったけどさ。プレーンな感情で映画を見始めたかったのによー。
2. Posted by Holy Loly   2008年05月11日 18:51
ははは(笑)。

そう、そのくらいのものなのよね、
ああいう映画館って。
いや、運営が稚拙とかそういうのでなくて、
こう、手作り感というか(笑)。
3. Posted by 花湯   2008年05月11日 21:07
上映1時間前でシート96席分は完売で、立ち見だったんですけどね、
同じ建物内の中華料理屋さん(吹奏楽団でも利用したことあるよねー)を
臨時の映画館にしてパイプ椅子並べて座って観れるようにしてくれてましたよ。
まさしく商店街の協力あってこその柔軟な運営でした。それはそれで感激したんですけどねー。
誘導係の兄ちゃん姉ちゃんの腕章に「ボランティア」なんて書かれてたから、、、まぁ許そう。
ほんと手作り感たっぷりでした。
他にも観てみたい作品がたくさんありました。
死刑執行する刑務官のやつとかね。
4. Posted by ヨコシ   2008年08月02日 00:47
ブログお引越ししたので、ご挨拶です。
気が向いたときに、リンク先を更新してやってくださると喜びます。
http://yokosi.blog94.fc2.com/
これからもよろしくお願いします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔