2006年06月22日

やばい

明日はテストなのに勉強してない。
しかも今日病院行ってたから合気道の練習もできなかった。

臨床研究のデータも揃えないといけないし、今日は徹夜かなー。

今日の患者さんはオイルマッサージ。ふくらはぎを中心にむくみをとった。
周径が治療前後で約2cm違う。
この手技気持ちいいしね。
しっかり覚えたら将来武器になるだろうな。

2006年06月20日

いよいよ来週は研修旅行だ

というわけで両替しました。
4万円が32万ウォンに。なんか得した気分*‥*

韓国の紙幣って日本のよりやや大きいんだね。結構カッコいい。
いよいよ来週かぁ。
うちの学校は例年沖縄か北海道の二択だったけど、今回新たな選択の幅を広げることができてよかったな。
みんな新しいことにチャレンジしていけばいいと思うんだけど、うちの連中は保守過ぎてよろしくない。みんなもっと頑張ろーよ。

今日の合気道
試験の予備の予備。

……
………
惨敗;;

まぁ、さすがに前回よりはマシになったろうけど結構緊張する。
練習でこれなら本番どうなるんだ?

とりあえず膝行のしすぎで膝が腫上がってるのでこれからジョギング。
逆に痛めつけてやる。


2006年06月19日

韓国旅行

来週から研修旅行で韓国へ。
竹島問題とかで何かありそうな気がするけど大丈夫かなー。

今現在旅のしおりを製作中。
韓国の情報誌を買ってきてどこに行くかリサーチして情報を書いて校正。


面倒、地味、眠い、勉強したい(;;)

テストまで時間無いんだけどね。
まぁ勉強しなくても赤点取るってことは無いだろうけど。

今日も服を買ってしまった。
これで今月入って3万も使ってる。
少し控えないと韓国へは貧乏旅行になっちまうなorz

2006年06月18日

治療学 2 頭痛 東洋医学

原因を二つに分ける。
即ち外感と内傷。

外感とは外邪(風、寒、湿、熱、燥)が身体に侵入するもの
内傷は内蔵が損傷されるもので内傷のほうが重い。

外感
”寒による頭痛
 頭部に気血の運行障害が生じると起こる
風熱による頭痛
 熱は炎上する性質があり、このため気血が頭部に逆乱すると起こる
I湿による頭痛
 湿のため清陽が滞ると起こる
鑑別:急性で痛く、持続性。多くは実証


内傷
脳は肝腎にある精血と脾胃の運化による水穀の気により栄養される。つまり
内傷頭痛は脾肝腎と関わりが深い
ヾ陵柞郷覆砲茲詁痛
≡眤(体内の余分な水分)によるもの
 痰濁が頭部に影響し、清陽が頭部に到達しない
1血によるもの
 外傷または久病(慢性病)により脈絡が阻滞されると起こる
た婬によるもの
サし賣承によるもの
 気虚のため清陽が頭部に行かず、血虚のため頭部に栄養がいかない
* 銑は実証、きイ狼証
鑑別:慢性で痛みは激しくなく、疲れると増悪。多くは虚証


最近蒸し暑い。青森出身の俺としては、結構こたえる。
こういう日は早く寝るに限りますな。 

2006年06月17日

治療学 1 頭痛

来週治療学の試験があるからまとめ。

頭痛について

鍼灸の
不適応-症候性頭痛(脳血管性や神経性)
適応 -機能性頭痛

機能性について

ゞ攫縮性頭痛
頭頚部の筋の持続的収縮による
非拍動性で持続性の慢性頭痛
筋緊張部を圧迫すると気持ちいい
●治療 筋緊張を緩め局所の循環を改善する
●処方 天柱 風池 肩井 懸顱

∧卞痛(片頭痛型血管性頭痛)
頭蓋外血管の拡張が原因
拍動性、反復性の慢性頭痛
悪心、嘔吐などの随伴症状、閃輝暗点などの前駆症状あり
頭痛発作時は顔面の紅潮が見られ血管上の圧痛があり、圧迫すると一時的に痛みが治まる
●治療 自律神経を整え、血管運動を安定させる
●処方 天柱 完骨 和髎 陽白

次回は東洋医学的な考え方について
今日の合気道は昇級試験の予備の予備だったんだけどボロボロ。
プレッシャーをはねのける心が欲しぃのう。

2006年06月16日

解剖 1 骨の総論

この前の模試の結果は50%。最低6割だからこのままじゃ落ちるな。そんな難しい学問じゃあないから(少なくても鍼灸レベルでは。Drは求められるものが違う)しっかり復習しないと。
というわけで、今日は骨について。

まず骨は全体で約200個ほど。
具体的に言うと
‖隆
 頭蓋骨 23
 脊柱  26
 胸壁  25
体肢
 上肢  32*2
 下肢  31*2
となる。

(骨の役割)
〇抻:内蔵の支え及び筋を付着させる
運動:筋を収縮させる
J欷遏内臓の保護
づ轍鮗舛涼蔵:Caなどの電解質を骨内にためる。必要なときは骨から引き出され血流により送られる。
ヂし譟Ч内の髄腔ないで赤血球などが作られる

構造について
シャーピー繊維は直角、
ハバース菅は同心円、
ハバース菅を直角に貫くのがフォルクマン菅

脊柱について
頚椎 7、胸椎 12、 腰椎 5、仙骨 1、尾骨 1、
基本は椎体と椎弓よりなる。椎孔は縦に連なり脊髄を通す脊柱管となる。
棘突起 1、横突起 2、上間接突起 2、下間接突起 2、4種7個の突起がある。

頚椎の特徴
横突孔の存在。これにつきる。頚椎にしかない。椎骨動脈が通る。

胸椎
肋骨窩。肋骨と間接を作る部。

腰椎
横突起のように見えるものは肋骨突起で肋骨の癒合したもの。横突起は退化し、副突起として小さく残る。

とりあえずこんなもんか。今日は合気道の練習もあったし疲れたなぁ。卒業研究もあるし時間が欲しいよう

月別アーカイブ