堀井螺旋 -ゲームプランナー堀井亮佑のブログ-

セガで龍が如くシリーズを作っているゲームプランナー・堀井亮佑のブログです。「龍が如く5 夢、叶えし者」メインプランナー。作詞もしてます。

TONIGHT-restart from this night- 歌詞公開

龍が如く極、カラオケ新曲の歌詞です。フル尺は後々公開しますので、少々お待ちを。
ぜひ覚えて、遊んで、歌ってくださいね!


「TONIGHT-restart from this night-」

作詞:堀井亮佑 作曲:Hyd Lunch


夢中で貫いた 偽りのJUSTICE
握っていたはずの手はいつしか逸れていた

巡る季節 刻む時計 道を違えた二人

そうTonight 今夜も
またTonight ため息つく
一人きりじゃ上書けない思い出

なぁTonight 誓いの
そうTonight 場所で待つよ
こんな夜はお前に会える気がして

二人 また歩いて行けるなら
胸の古傷も 頬伝う涙も
笑い話に変えてみせるさ

龍が如く 極、発売しました!

昨日1月21日、新作「龍が如く 極」が発売になりました!
名作である「1」を、今の技術とシステムで再構築した作品です。

「1」をやったいたのはセガへの内定が決まっていた大学4年生の12月の冬。
ゲームはもっと踏み込めないのか、というCMに惹かれて発売日に買って。冒頭ムービーのかっこよさに衝撃を受けたのを覚えています。
尖った、かっこいいゲームだな、と。

映画よりも濃厚なドラマが描ける、ゲームという媒体の可能性に興奮したし、純粋にこんなゲームが作りたいなぁと思いました。

まさかそれを数か月後から本当に作ることになり、しかも10年間も作り続けることになるとも思いませんでしたが…(笑)


今回は堀井はカラオケ関連で関わらせていただいてます。新曲「TONIGHT-restart from this night-」をはじめ、全曲がっつりアレンジから何から気合入れて作らせていただきましたので、ぜひ楽しんでくださいね。

そして来週には、堀井ががっつりかかわっている「龍が如く6」の体験版が遊んでいただけるようになります。
まだまだ完成形ではないですが、大きな進化を遂げ始めているその片鱗を感じていただくことができると思います。
ぜひぜひ体験版もお楽しみに。

めちゃくちゃ寒いらしいですから、週末は家でぬくぬく極を楽しんでくださいね。

CZQMfqQUEAARhAj

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。超久々に更新してみました!

2015年は子供が生まれたことにはじまり、龍0発売、そして極と6の制作と、慌ただしくも充実した一年になりました。とにかく子供がかわゆいっ!!ぐへへへへ。

2016年は、21日に極がリリース。そしていよいよ龍6の開発が一層本格的に進んでいきます。
Twitterでも書きましたが、今年は龍が如くにとっても自分にとっても転機の年になると思っています。
転機の年は、すなわち勝負の年。気合を入れて、良い転機にできるようにしたい。

これは毎度のことですが「次の龍が如くが自分にとって最後の龍が如くになる」という気持ちで作っています。
今年はその覚悟が今までで一番強い。悔いを残さぬように頑張りますので、ご期待ください。
そして今年こそもうちょいブログをこまめに更新するぞー・・・

とりあえずもうすぐ極が出ますので、お楽しみに!
新曲「TONIGHT-restart from this night-」よろしくです!

24時間シンデレラ、JUDGEMENT-審判-等の歌詞が掲載されました

まだこちらで告知していなかったので、いまさらの告知になりますが、
「龍が如く0 誓いの場所」で私が作詞を手がけた楽曲のフル尺歌詞が、公式HP内に掲載されました。
歌詞が気になっていた方は、下記から確認してみてください!

http://ryu-ga-gotoku.com/zero/lyric/

JUDGEMENT-審判-(Full Spec Edition)
24時間シンデレラ(Full Spec Edition)
×3シャイン(Full Spec Edition)
刹那の人魚姫-Heart break mermaid-(Full Spec Edition)
恋のディスコクイーン

の5曲の歌詞になります。
音源はiTunesなどで絶賛配信中ですので、もしよかったらダウンロードしていただけると嬉しいです。
どれもこだわりにこだわって作詞しましたので、歌詞をみながらじっくり聴いてもらえると、作詞者冥利につきます。

それでは!

ファミ通さんにインタビューが掲載されました

本日6月4日発売のファミ通さんに、インタビューが掲載されました。
「あのゲームのあれがすごい!」という、発売後のゲームで好評だった要素をピックアップして、その開発者に話を聞くという特集記事。
そこで私が「龍が如く0 誓いの場所」で手がけた「蒼天堀 水商売アイランド」というキャバクラ経営ゲームについて、取り上げていただけました。

ファミ通さんはもとより、雑誌に単独でインタビューが載るのは今回がはじめて。
ゲームクリエイターにとってファミ通さんに載るということは、スポーツ選手がNumberに載ったり、経営者がPRESIDENTに載ったりするのと同じようなものなので(たぶん)、純粋にとてもうれしいです。
ファミ通さんに単独で載ることは、入社当初からの一つの目標でもあったので。

ゲームクリエイター生活10年目(多分…もう歳だから正直わからん)になりますが、今までで一番おもしろいものが作れたな、と感じていたのがこの「水商売アイランド」だったので、そういう意味でも評価していただけてよかったなぁと思います。

「俺の考えてるものが面白くないわけがない!」が9割、「とはいえ、ちょっともしかしたらクソゲーかもあらやだどうしましょ…」が1割というような、自信と過信と不安の狭間で毎日作っていますが、これからは少し自信の割合をでかくできるかもしれません。

とにかく、こういう特集企画に取り上げてもらえるような、良いものを作ることができてよかったです。
改めて、一緒に作ったプログラマの関根さんをはじめとした関係者の方々と、盛り上げていただいているファンの方々に感謝です。ありがとうございました!

記事では色々と開発秘話や裏話まで語っておりますので、もしよろしければ読んでみてください。
そして少しでも興味をもたれたら、触って遊んでいただけると嬉しいです。

私のゲーム制作モットーは「ぶっ飛んでるのに万人受け」というものなのですが、これからもそれに基づき、金太郎的になりつつあるゲーム業界に楔と刺激をうちこめる、尖った面白いものを作れるように頑張ります。

そしてまた載るでー!今度は綺麗にろくろをまわすぞ!(取材お待ちしております…!)

CGomgivUkAAttcJ
profile
Twitter
最新コメント
  • ライブドアブログ