堀野書道学校スタッフブログ

堀野書道学校の事務員が運営するブログです。記事や写真を交えて、どのような学校であるか?また、書道を身近に感じてもらえるようなブログにしていきたいと思います。

2018年12月

昨日は冬期講座の第2弾「鋒鋩の世界」を行いました。

20181219_092908

日本と中国の硯十数種類を用意して、鋒鋩(ほうぼう)と呼ばれる硯の表面を顕微鏡で観察し、それぞれの違いや鋒鋩の形状によって変わってくる墨の磨り心地、良い硯の条件などを勉強してもらいました。

20181219_092932
20181219_092945

本で読みかじった知識ではなく実際に手に触れる事で覚えられる事はたくさんあります。また詳しく説明しないと硯を使う楽しさも覚える事はできないと思います。墨はただ真っ黒になればいいというわけではないのです。


まだまだこれでも数が少ないのですが、生徒さんからは好評で終える事が出来ました。またやってほしいとのリクエストも受付けましたので、次は数をもっと増やして更に色々なものを手に取ってもらいたいと思います。


中の人、講座をしていたため授業中の写真がありませんが、生徒さん全部の硯を写真に納めていました!



毎年行われております冬期講座。




今年は種類豊富な3種の講座を東京校にて開催しております。




去る12月18日(火)に開催されました「年賀状とお正月用色紙」講座は、年賀状の表書きや裏面の書き方と、色とりどりな色紙を使って、飾ったり贈ったりできる色紙制作講座でした。
20181204_120343
こちらは見本


当日は朝から教室一杯に人が入りましたので、ずいぶんとにぎやかでしたね!
20181218_110145
20181218_110157

色鮮やかな色紙は最近生産する所も少ないらしく、唯一仕入れているお店にちょくちょく足を運んで買い出しに行っております。




また余談ですが、関東人の考える「青」や「紫」といった色は京都の方が考える色とは少し認識が違うというのもわかってまいりまして、色というのは非常に繊細なものなのだなと実感しました。




そして本日の特別講座は「鋒鋩の世界」




硯に関しての講義となっております。




ブログの放置状態が続いていましたが、更新を勧められましたので、またちょくちょくアップしていこうと思います。

さて、去る11月27日~12月2日にかけて第10回選抜展が開催されました。

IMG_0783

IMG_0772

連日天気が崩れることもなく、穏やかな陽気でした。開会式の日もとても暖かく、スムーズに式を行うことができました。

川崎駅は夏から新しい改札口ができて、会場のアートガーデンかわさきまで直結できるようになったので、雨の日でも傘をささずに来ることができますね。

IMG_0781

IMG_0775

IMG_0778
校長の解説を熱心に聞き入る方々


今年ではや10回目を迎えた選抜展、来年は更に良い作品が書けるように頑張って行きましょう!



このページのトップヘ