気になる記事を見つけましたのでご紹介します。

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20140218/Postseven_241847.html


文字は読む・書く・記憶する・意味を覚える。と一つで4種類もの学習をしなければなりませんが、文字を書くことと記憶すること、意味を覚えることはそれぞれ使っている脳機能が違います。小・中学校で行われている教育はこれらをすべて一括して教えるため効率が悪いのです。

ただ文字を綺麗に形どるのであれば、美しく見える法則にしたがって手に記憶させてしまえばよいのですが、文字にはひとりひとり違った雰囲気を持った個性が現れます。

この個性にも長所と短所があり、書く人の性格や生活環境によって変わってくるため、書かれた字を見て長所を伸ばし短所を矯正していくことが書道教育の課せられた使命だと私たちは考えます。

創立者は「習字」ではなく「修自」(字を見つめなおし己を高めること。すなわち自分を修めること)という名称にしたほうがよいのではないか?と考えていたようです。

社会にもルールやマナーがあるように、文字にも美しく書くルールと法則が存在します。その範囲の中で表現するからこそ個性が存在するのであって、ルールを無視して自由に書きなぐるのであれば、「無法者」と同じことになってしまいます。

古来、文字を落ち着いて書くことは精神修養につながる。と日本人は考えてきましたが、今ではインドがそこに重点を置き教育をおこなっているようです。我々が持っていた良いものをもう一度見つめなおして教育を行うべき時が来ているのではないでしょうか。