堀野書道学校スタッフブログ

堀野書道学校の事務員が運営するブログです。記事や写真を交えて、どのような学校であるか?また、書道を身近に感じてもらえるようなブログにしていきたいと思います。

カテゴリ : 書道教室


書道ランキング

先日久しぶりに本科修了生でロシアで日本語教室を開いているAnnaさんに連絡をとってみました。



すると。



新学期から(ロシアでは9月から)モスクワでも小さな日本語学校を開く予定で、今その準備に大忙し。とのこと。




今までは自宅の近くで教えていたのですが、都心部にも教室を構えるようです




以前、国が主催している日本語教室に偵察として見に行ったことがあるそうですが、やっている内容はメチャクチャで、これなら自分の教え方の方がずっと良いと逆に自信を持ったそうです。




日本語の指導だけではなく、日本文化教室として経営しているそうですので、ロシアから日本文化を発信する大事な拠点となっていってほしいですね





人気ブログランキング  

1月28日~29日にかけて第30回学生書法展が開催されました。



今年は昨年より少し点数が減ってしまいましたが、それでも207点の力作が会場に所狭しと並べられました。



今年の大賞受賞者は2名、日本書法芸術院賞の受賞者は10名です。
IMG_0160
IMG_0159

この上位2賞に関しては出入口入ってすぐのガラスケースの中に展示されます。


会場入ってすぐにたくさんの作品が展示されています。

IMG_0162
IMG_0175
IMG_0172
IMG_0167


地域にもよると思いますが、最近の学校教育では半切サイズの紙(35㎝×135㎝)を使って書初めをさせる所は
あまりありません。書いた人間にしかわかりませんが、半紙サイズの紙より集中力とバランスをとる能力が必要とされます。

また、筆と墨の正しい使い方を知っていなければこのように立派な作品を書くことはできません。各塾長先生の確かな指導の賜物と言えます。

IMG_0182
IMG_0214

上位6賞に入った子達には最終日表彰式が行われます。

一人ずつ名前を呼び上げ、会長から賞品と賞状が手渡されます。


近年、一つの団体単独での学童書法展というものはほぼ開催されていません。少子化の影響もあるでしょうが「挑戦したい!」「こんな字を書いてみたい!」と思える手本を先生が書けるよう努力すれば、きっと出品数は継続して安定していくと思うのです。


先生が生徒に教わることがたくさん。


塾長になる喜びの一つですね。




人気ブログランキング

現在は印刷の教科書となっていますが、初代が教室を開いた頃はすべて折手本での指導をしていました。継ぎはぎしてやり直しはできませんから、失敗の無いようすべてその日のうちに書き上げています。

お客さんが来るたび来るたび、お土産として手本を与えていたので、連番でそろっている人はラッキーかもしれませんね。

千字文1

千字文2

千字文3

こちらは楷・行・草・隷で書かれた千字文です。皆この書風を受け継ぎ、自分のものにしようと頑張っています!






当校では体験入学をいつでも受付しております。

日・祝日、および学校行事の日以外であればどの時間帯でも体験を受けることができます。

学校行事でお休みの日はホームページの新着情報に表示するようにしますので、チェックの上お申し込みください。

CIMG2823


・うめが香にのっと日のでる山路かな

・わが春も上々吉ぞ梅の花

・わかさぎにほのめく梅の匂かな

3月22日に平成26年度合同修了式が開催されました。

今年の修了者22名中18名が出席です。

CIMG4557

CIMG4558

順調に1年、2年と勉学し修了する方もいますが、35年越しでの修了の方もいたりと、実に様々。

CIMG4577

ひとりひとり修了証は手渡しされますが、皆さん胸中はどのようなものだったでしょうか?

CIMG4583

CIMG4584

今年のお話は「馬の手綱」でしたね。今までは馬に乗るお客さんでしたが、今度は手綱を引く側になってほしいと。

最初は尻込みするのが人間心理ですが、当校の長いカリキュラムを終えた皆さんには、一人でも多く先生をするやりがいと楽しさを実感してほしいと思います。

「書法概論」には、書を習った者はどうすべきなのか?ということが書かれている部分がありますね。あえてここでは書きませんが、一度読み直してみるとモチベーションの向上につながるかと。

創立者の意志を大切に、今後も新しい気持ちで頑張っていきましょう!


このページのトップヘ