堀野書道学校スタッフブログ

堀野書道学校の事務員が運営するブログです。記事や写真を交えて、どのような学校であるか?また、書道を身近に感じてもらえるようなブログにしていきたいと思います。

カテゴリ : 習い事

毎年行われております冬期講座。




今年は種類豊富な3種の講座を東京校にて開催しております。




去る12月18日(火)に開催されました「年賀状とお正月用色紙」講座は、年賀状の表書きや裏面の書き方と、色とりどりな色紙を使って、飾ったり贈ったりできる色紙制作講座でした。
20181204_120343
こちらは見本


当日は朝から教室一杯に人が入りましたので、ずいぶんとにぎやかでしたね!
20181218_110145
20181218_110157

色鮮やかな色紙は最近生産する所も少ないらしく、唯一仕入れているお店にちょくちょく足を運んで買い出しに行っております。




また余談ですが、関東人の考える「青」や「紫」といった色は京都の方が考える色とは少し認識が違うというのもわかってまいりまして、色というのは非常に繊細なものなのだなと実感しました。




そして本日の特別講座は「鋒鋩の世界」




硯に関しての講義となっております。




当校では体験入学をいつでも受付しております。

日・祝日、および学校行事の日以外であればどの時間帯でも体験を受けることができます。

学校行事でお休みの日はホームページの新着情報に表示するようにしますので、チェックの上お申し込みください。

CIMG2823


・うめが香にのっと日のでる山路かな

・わが春も上々吉ぞ梅の花

・わかさぎにほのめく梅の匂かな

ロシアで活躍中のアンナさんより、写真が届きました。

ロシア6

帰国当初はプライベートでまだ3名しか教えてないと言っていましたが、ずいぶん生徒も増えてきたようです!

ロシア1

ロシア2

ロシア5

まず書道を教えるときは漢字の成り立ちから話さないと理解してくれません。それにしても、すっかり先生としての風格が出たというか・・・様になってますね^_^
これだけ本格的に指導できるなんて驚きではないでしょうか??

ロシア8

ロシア7

ロシア3


とっても楽しそうに授業を受けてくれているとのことで、本人もやりがいがあるみたいです。外国人が現地で日本の文化を教える先生となる・・・これこそ日本にとってのグローバル化だと思っています。

ロシア4

子供はどこの国もかわいいものですね!さらに生徒が増えることを願ってます。
そしてささやかながら、同じクラスだった方達から、メッセージカードとちょっとしたプレゼントを贈ることにして先日発送しました。

CIMG2814

かなり荒っぽい運送らしいので、つぶれないようにしっかり梱包しましたが、無傷のまま現地についてくれると信じてます!

本日東京校の随意科に入学された姉妹のお二人。

ご年配の方ですが、八十の手習いということで、しっかりと文字を学びたいとのこと。とても明るいお二人で、教室内が一気に明るくなったようです。

いくつになっても積極的に新しいことを始めようというその姿勢に頭が下がるばかりです。

お腹に力を入れて動かす。といった、古来日本人が大事にしてきたコツをわかってらっしゃるので、人生経験から得たものを書に活かすことができるのだと思います。

若者に比べて当然体力は無いと思いますが、今まで経験されてきた様々な事柄との共通点を見つけ出して、ぜひとも頑張っていただきたいです!

去る7月16日(火)東京校の本科に通学していましたロシア人の留学生ベリャエワ・アンナさんが本科全過程を修了したので教室内で修了証の授与をおこないました。

P1000230

P1000231

アンナさんは10月本科生のため、本来は9月に修了なのですが、ビザが切れる関係で授業を前倒しでおこない、特別に7月修了という形となりました。1ヶ月遅れで入学してきたため、12ヶ月分の授業内容を8ヶ月で終わらせたことになります。

性格はとにかく「頑張り屋さん」日本語の専門学校に通いつつ書道学校にも通い、夜はアルバイトをしていたため、疲れた顔をして授業を受けることもしばしば。

しかし、ロシアに帰って日本の文化を教えるための教室を開きたいという「夢」があったため、くじけずに頑張って来れました。
日本にいる時間は限られている。お金もかかる。だからこそ時間を無駄にせず、ありとあらゆることを吸収して帰ろうという気持ちをいつも見せてくれました。

そんな頑張っているアンナさんに、先生方が色々な物をプレゼントしてくれたので申し訳ないということを言っていましたが、頑張っている人に対して応援したり援助したりするのは日本では当たり前のことですよ。と説明をしておいてあげました。

目標を持って学ぶことがどれほど大切でどれだけ頑張れるか、彼女から逆にたくさんのことを教わった思いです。

連絡先も交換し、ロシアで教室を開いた際には現地に行きぜひ「支援」をさせていただきたいと思っています。
ロシア人初の堀野書道学校本科修了者。

頑張れ!アンナさん!

このページのトップヘ