堀野書道学校スタッフブログ

堀野書道学校の事務員が運営するブログです。記事や写真を交えて、どのような学校であるか?また、書道を身近に感じてもらえるようなブログにしていきたいと思います。

タグ: 書道

数年前にロシアからの留学生、マーシャさんとヤーナさんが当校に通ってくれていましたが、その内ヤーナさんはロシアで日本語の教師となり、授業の中で書道も教えていると連絡をくれました。

ヤーナ1

ヤーナ2

通った期間は長くなかったのですが、帰国後もずっと練習を続けていたらしく、驚いたことに自分で本まで出版したとのことです。

ヤーナ4

ヤーナ5

ロシアで日本のものを買うと国内の物の10倍の値段がするということで、教材やら文具やら大量に買い込み帰国となりましたが、どう考えても二人で持ち帰れる量ではなかったので、成田空港まで送って行ってあげたことが懐かしく感じられます。

後日二人からはお礼の品として色々と贈ってもらいましたが、そのお返しをいつしようか?ずっと保留にしていました。

ヤーナさんが連絡をくれた時、自分の教え子が今東京に留学していると教えてもらい、それならばその子にお礼の品と書道用品を持って帰ってもらおうとなりました。
本人からは筆ペンが便利なので欲しいとお願いされていましたので、数種類の筆ペン、筆、印泥、そしてロシア語でヤーナさんの名前を印材に刻して(篆刻)贈ってあげました。


この篆刻には驚いたようで、すぐに両親や友達に見せたと言っていました。



これで堀野書道学校から巣立ってロシアで書道を教えている方は2名になりました。先日も横浜校の生徒がアメリカに引っ越されるとのことで、向こうで開塾を希望しており色々と手続きを終えて渡米していきました。



創立者は数十年前に日本から海外に書道の先生を移住させて現地の人に教える計画を立てていて、あと一歩のところで頓挫してしまい、ついに実現させることができませんでした。「若くて情熱のある方を望む」と募集をかけていましたが、適任が見つからなかったのです。

ずいぶんと時が経ってしまいましたが「外国の方が日本で書道を学び、帰国して書道を教える」という一つの形が出来上がってきたような気がします。

創立者初代堀野哲仙の構想や志はとてつもなく高いものでした。後継者の我々はその志を継いで活動していく所存であります。

ヤーナ3

いつか書法交流もできたらよいですね!

ロシアで活躍中のアンナさんより、写真が届きました。

ロシア6

帰国当初はプライベートでまだ3名しか教えてないと言っていましたが、ずいぶん生徒も増えてきたようです!

ロシア1

ロシア2

ロシア5

まず書道を教えるときは漢字の成り立ちから話さないと理解してくれません。それにしても、すっかり先生としての風格が出たというか・・・様になってますね^_^
これだけ本格的に指導できるなんて驚きではないでしょうか??

ロシア8

ロシア7

ロシア3


とっても楽しそうに授業を受けてくれているとのことで、本人もやりがいがあるみたいです。外国人が現地で日本の文化を教える先生となる・・・これこそ日本にとってのグローバル化だと思っています。

ロシア4

子供はどこの国もかわいいものですね!さらに生徒が増えることを願ってます。
そしてささやかながら、同じクラスだった方達から、メッセージカードとちょっとしたプレゼントを贈ることにして先日発送しました。

CIMG2814

かなり荒っぽい運送らしいので、つぶれないようにしっかり梱包しましたが、無傷のまま現地についてくれると信じてます!

初代堀野哲仙の長女である堀野栖仙先生はアメリカジョージア州アトランタで書道塾を開いており、堀野書道学校アメリカ支部となっています。先日教室内風景の写真と、展覧会の様子が送られてきましたので、ここにご紹介します。

class1


水墨画も教えています。

class2

class3

class4

class5



・展覧会の様子

Show1

show2

show3

show4

4,5年ほど前、ここの生徒さんが、日本に研修?として学校訪問。拓本鑑賞、製墨場や筆作りの見学等、書に関することを勉強して帰国していきました。

漢字や毛筆書きはアメリカ人にとって、とても憧れのもの。これからも堀野栖仙先生のご活躍をお祈りいたします。

去る7月16日(火)東京校の本科に通学していましたロシア人の留学生ベリャエワ・アンナさんが本科全過程を修了したので教室内で修了証の授与をおこないました。

P1000230

P1000231

アンナさんは10月本科生のため、本来は9月に修了なのですが、ビザが切れる関係で授業を前倒しでおこない、特別に7月修了という形となりました。1ヶ月遅れで入学してきたため、12ヶ月分の授業内容を8ヶ月で終わらせたことになります。

性格はとにかく「頑張り屋さん」日本語の専門学校に通いつつ書道学校にも通い、夜はアルバイトをしていたため、疲れた顔をして授業を受けることもしばしば。

しかし、ロシアに帰って日本の文化を教えるための教室を開きたいという「夢」があったため、くじけずに頑張って来れました。
日本にいる時間は限られている。お金もかかる。だからこそ時間を無駄にせず、ありとあらゆることを吸収して帰ろうという気持ちをいつも見せてくれました。

そんな頑張っているアンナさんに、先生方が色々な物をプレゼントしてくれたので申し訳ないということを言っていましたが、頑張っている人に対して応援したり援助したりするのは日本では当たり前のことですよ。と説明をしておいてあげました。

目標を持って学ぶことがどれほど大切でどれだけ頑張れるか、彼女から逆にたくさんのことを教わった思いです。

連絡先も交換し、ロシアで教室を開いた際には現地に行きぜひ「支援」をさせていただきたいと思っています。
ロシア人初の堀野書道学校本科修了者。

頑張れ!アンナさん!

学校からのお知らせです。

最近、「うちは堀野書道学校の分校です。」だとか「堀野書道学校の名称が変わり今の学校になりました。」などと嘘をつき生徒を入学させようとする学校が存在することがわかりました。

当校は東京・横浜・青葉台の校舎の他に分校は一切存在しませんし、創立以来名称を変えて経営をしたこともございません。

もし、書道を習おうと検討中の方は上記の様な事を言う学校にはくれぐれもご注意ください。

また、当校のオリジナル教材である「五十母字結構法」や「楷書天地文」といった教材をどこからか手に入れ、無断で使用している私塾の存在も確認しています。
当校が認定している塾には「堀野書道学校附属教室」という看板や「日本書法師範会指導者連盟 書道教授」「日本書法芸術院師範会員 書道教授」 といった看板を必ず所持しています。

どうにか形だけ似せて書いても絵に描いたボタモチです。方法を誤れば下手になります。指先が多少器用に動くようになるだけです。教材を使用したところで堀野書法を学んでいない無関係の人間に教わっても本当の意味で上達することはありえません。こちらにも気を付けていただくようブログ上ですが注意をさせていただきます。

このページのトップヘ