2008年08月13日

ブランドマーケティング

あなたが雇われるか、または大学に受かって、それらはlendedしました。あなたがそれを必要とする限り、あなたへのそれらのブランドから。 この形式の裏書きは、あなたがそれらのブランドに関連づけられるのにふさわしいと述べます。 彼らは、あなたの個人的なブランドを評価して、あなたがそれらのコーポレート・ブランドを表すと感じます。 このように、それは互いに有益です、そして、関係は自動的に形成されます。 それらに、それは要件をいっぱいにすることに関するものです。 大学に関しては、これは、あなたには大学進学適性試験の点数、G.P.A.、extracirrucular活動、および良い文章技術が入場のためにそれらの資格を満たすためにあることを意味します。 一度、あなたはこの需要を満たしたことがあって、次に、それらのブランドと組み合わせて自分に商標を付けるパワーがあります。

通常、あなた、有名です、それらのブランドがあなたのものよりはるかに強いので、あなたはそれからあなたの満まで「食べなければなりません」。 あなたが、仕事を目盛りを付けるか、企業家になる学校から低下するか、または変えるとただ決めると、これは起こります。
職安に登録しよう
シスコシステムズ機器
営業やるなら別行動
アフィリエイトで稼ぐ。目指せ100万円
汐留エキサイト
私的世界

horinouchimisumisu at 15:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

製造責任者

チャールズ・グランサムとJames Ware、製作責任者によると、労働人口の12%の見積りは分配された従業員の一部として彼らの組織に役立ちます。 この見積りが2012年までに40%まで成長すると予想されます。 この傾向はアメリカ経済界の変化顔の到来を告げます。 会社はもう、労働者が彼らの仕事を実行するために内外で毎日をシャッフルする施設を必要としません。 現在、私たちは知識ベースのサービス業です。 情報と通信技術における進出によると、組織は従業員のために‘フレキシブルな'オフィス環境を作成することによってワークスペースを造って、維持するのについて生産費を切り下げることです。 これはフレックス・タイム、在宅勤務、および数人の他のものを含んでいます。 ビジネスのこの新顔はVirtual Organization(VO)として知られています。
どこでも働いてください。
どんな小寝室も必要ではありません。
オースチン(テキサス)のデルコンピュータ会社は、中国、マレーシア、およびアイルランドのようにこれをさらに前進させて、国に対する海外での彼らの仕事の多くを社外調達しました。 また、デルは、コンピュータの生産で支援するために現地会社と衛星オフィスに軽く打ち込みます。 いずれにせよ、彼らはオースチン(テキサス)にない才能に軽く打ち込むことができます。 才能のこの分配されたグループは、操作のコストを削減している間、自分達が最も良い製品を作って、最も良い価格でそれを届けることができるのを確実にします。 シスコなどの他の会社は先例にならっています。 稼働中である巨額の節減は碁のVOに流行をあおっています。
それで、これは私たちの残りのために何を意味しますか?
それは、競争プールがサイズにちょうど指数関数的に生えていたことを意味します。あなたは競争に直面している準備ができていますか?
あなたは競争に直面している準備ができていますか?
世界中からの従業員はその次の仕事のために私たちと競争するでしょう、そして、彼らはそれを得るために家を出る必要さえないでしょう。 現在のVOsが彼らの成功を遂げて、共有するとき、より多くの組織が続くでしょう。 伝統的な組織では、潜在的新しい雇用は米国の外にそれらがいる状態で首位争いを展開する問題を持っていません。 これは会社が周囲で通常操作を動かさないからです。 VOでは、これはそうではありません。 VOsは、コストを削減するために操作を他の領域に動かします(例えば、税金、低い賃金率を低下させてください)。

雇用確保が全くありません。

「回復して、動きます」でVOsが貯蓄に従うとき、従業員ははるかに速いレートにおける取引高に従うでしょう。 会社は、新しい雇用と従業員の増加がそれらのキャリアで持たれていた仕事の増加を見るのがわかるでしょう。 また、新しい雇用は明確にそれらに資格がある仕事を求めなければならないでしょう。 すなわち、彼らは以前、その位置か産業で働いたことがあります。 VOsは新しい従業員をトレーニングに投資しないで、仕事のために最も良い技能を求めるでしょう。 ふさわしい人物を見つけるタスクは会社の施設の新しい位置への地方の会社に残されるでしょう。 現地企業が現地人を支持するとき、これは多くの米国の応募者で仕事を手が届かなくするでしょう。

VOsは新しいところで新しい雇用への挑戦を案内します。 従業員はそれがどこにあっても最も良い才能を雇う絶えず可動の会社に面しています。 彼らが必要とする地方の才能、社外調達された会社が雇うときには、それら自身のを雇ってください。 より短い仕事、より多くの競争、および地方の好意は1日の風味になっています。

経理 求人
未経験 求人
経理
会計
コンサルタント 求人
経営コンサルタント
財務コンサルタント


horinouchimisumisu at 15:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年09月18日

履歴書とは

履歴書と職務経歴書の要点とは何かを貴方は知っていますか?

この最大の要点は、企業ごとにわけて書くことです。

例えば、職務経歴書の自己PRや、志望動機の部分ですが、「○○としてのキャリアを積みたかったので、応募いたしました。」と書く人が多いようですが、これはNGです。これでは合格点はもらえません。

○○としてのキャリアを積めるのは、応募した企業だけではなく他にもあるからです。特に志望動機はonly oneでなければ、いけません。

なぜこの会社を選んだのか
自分が何をやりたいか

かをしっかりと書くには、必ず、応募する企業の将来の調査が必要です。
社長は誰か、理念は何か、ミッションは何か、直近の目標は何か、者風などのような感じか、このような事を1つずつ調べていく必要があるのです。

履歴書や職務経歴書は、1日、二日で書けるものではありません。ましてやしっかりと面接に臨む心構えをつけるためには、履歴書と職務経歴書の作成、書き方は何度も練習する必要があります。

日本の履歴
履歴書作成ブログ
履歴書作成

履歴書ダウンロード
職務経歴書ダウンロード

horinouchimisumisu at 01:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月14日

転職情報東京

転職情報
 芳賀さんは私立大学の情報系の学部を卒業後、大手製造業のシステム子会社に就職し、親会社向けの情報システムの開発に携わっていたそうです。入社から5年間、販売・在庫管理、物流管理システムの運用保守および開発業務を担当していましたが、同じ技術を使用する仕事が長く続き、「幅広い分野にチャレンジしたい」という希望とのギャップを感じていました。

 そんなある日、いつものように残業で遅くなった帰りの電車の中で、芳賀さんは派遣会社のITエンジニア募集の広告を見掛けたそうです。そこには「派遣なら仕事が選べる」「派遣なら幅広い技術分野の経験が積める」と、魅力的な文字が躍っていました。

 「これだ!」。そう思った芳賀さんは、即座に転職を決意。それまでの会社を退職して派遣会社に登録し、「先端技術を扱えるような仕事」という希望を出して案件の紹介を受け、希望いっぱいに派遣社員としての生活を始めたそうです。

 私が芳賀さんに会ったのは、それから2カ月が過ぎたころでした。
■本当にこんな仕事がしたかったのか

 芳賀さんは前述のようなソフトウェア研究所で、次世代通信制御ソフトウェアの開発プロジェクトのメンバーとして働いていました。通信会社のプロパー社員やパートナー社員、フリーランスのITエンジニアや芳賀さんのような派遣社員まで、さまざまなバックグラウンドのITエンジニアが総勢120人体制でかかわっていました。

 

あなたの転職活動、デバッグすべし
第2回 内定をもらえれば、それでOKか?

古井玲奈(パソナキャリア)
2007/3/14
IT エンジニアの世界でも、中途採用を積極的に行う企業が増え、以前に比べて転職が容易になっている。その一方で転職した後に、「転職に失敗した」といって人材紹介会社に駆け込むITエンジニアが急増中だ。失敗しないためにできることは何か。パソナキャリアの人材コンサルタントがそんな疑問に答えよう。
■内定獲得だけでは喜べない

 皆さんの多くは、学生時代に就職活動をしたことがあるはずです。就職活動をした方の中には、内定を数社からもらった後、じっくり悩んだ末に入社を決めた方もいらっしゃるでしょう。もしかしたら、内定が出たのは1社のみで、仕方なく入社を決めたという方もいるかもしれませんが……。

 中途採用では、多くの会社から内定をもらったからよし、というわけではありません。

 今回ご紹介するSさんは、順調に選考が進み、第1志望の企業を含む数社から内定をもらったものの、第1志望の企業に入社せず、転職活動を仕切り直しするため、弊社にお越しになりました。なぜそんなことになったのでしょうか。
■SAPの経験・資格を生かすため転職を決意

 S さんは、大学卒業後、システム関連会社に入社しました。仕事内容は、客先常駐のシステムサポートでした。当初は簡単なヘルプデスク中心の業務でしたが、勉強熱心なSさんは新しい技術も習得しながら、顧客の信頼も得て、サポート先の社内SEのようなポジションで働くようになりました。

 さらに、Sさんは企業の支援を受けてSAPの認定資格も取得しました。資格取得後は、SAP R/3に関するサポート業務や、R/3導入に際してのマニュアル作成・トレーニングまで担当するようになりました。

 顧客からは高い評価を受けていたものの、会社の方針でSAPに関する業務を縮小することとなってしまったため、SAPにかかわる業務を希望するSさんは、キャリアアップを希望して転職を決意しました。

 入社する会社が決まってから退職したいSさんは、仕事は忙しいながらもインターネットで求人を探し、応募手続きを進めました。Sさんはたくさんある求人の中から、自分のキャリアを生かせそうな求人に絞って応募しました。ある程度企業数を絞って応募したものの、企業から評価の高いSAP資格を持つSさんは、ほとんどの企業で書類選考を何なく通過したのです。
■そして第1志望の企業から内定が出たが……

 書類選考の結果、同時期に6社の面接の調整を進めることになりました。面接の慣れなどを考え、志望度合いの低い企業を先にして日程を調整しました。

 そのころ、Sさんの仕事はある程度落ち着いていたものの、6社の面接の調整はかなりの負担になりました。企業からの選考の結果を帰宅後に毎日確認し、企業の優先順位を考慮しながら仕事の予定を見比べて日程を調整し、日中に面接をせざる得ない場合は有休を取るため会社に申請をし……。企業との調整は、やりとり自体も選考の1つのように感じ、気を抜くことができません。

 コミュニケーション能力の高いSさんは、面接も順調に進みます。先に調整していた企業では、いままでの年収を100万円以上も上回る条件で内定通知が出ました。ほかの会社の条件を見てから判断しようと思いましたが、回答期限を決められてしまい、第1志望の企業の2次選考前に判断しなくてはなりません。第1志望の企業の選考を優先し、辞退することにしました。

 さらにほかの企業の内定も続々と出ましたが、第1志望の企業の感触もよく、内定の手応えもあるため、入社する気分になりません。

 ついに、第1志望の企業より内定が出ました。大変だった転職活動もこれで最後、条件を確認して入社手続きを進めようとしたところ、提示された年収は想定よりも大幅に下回っていて、毎月数万円の収入ダウンとなり、入社をあきらめることにしました。

 仕事をしながらの求人探し、面接などの調整にも疲れを感じるものの、転職を決意してからは、いまの会社で働き続ける意欲もなくなってしまいました。しかし、応募したいという企業が見つかりません。転職活動の再スタートを切るため、弊社に相談にいらっしゃったのです。「先端的な技術が身に付けられる」。期待ではちきれそうだった芳賀さんが配属されたのは、制御ソフトウェアの検証チームでした。来る日も来る日も単調な検証作業の連続。芳賀さんは体力的にも消耗し、仕事に対するモチベーションを維持するのが難しいと感じていました。「自分は本当にこんな仕事がしたかったのか……」と自問自答する毎日を送っていたそうです。

 検証チームはプロパー社員をリーダーとし、派遣社員やフリーランスエンジニアを中心としたメンバーで構成されていました。20代前半から30代後半まで、幅広い年齢層のITエンジニアが配属されていたそうです。自分よりもキャリアの長いメンバーが同じ作業を続けているのを見ていても、将来が不安になるばかり……。芳賀さんはいまの状態のつらさ、先が見えない不安、すぐに転職を決めてしまったことへの後悔の念などを私に訴えました。JACジャパンは、従来書類やマイクロソフト社の表計算ソフト「Excel」によるデータ管理で人事情報を管理していました。データの一元管理、システムの柔軟性、拡張性、財務会計システムや営業管理システムとのスムーズな連携が可能な点などを高く評価した結果「Oracle E−Business Suite」の「Human Resources Management」の採用を決定しています。JACジャパンは今後従業員の教育研修の強化も検討しており、「Human Resources Management」のEラーニングの導入や受講管理などの機能も追加していく予定です。最終的にはSさんにとって良い結果となりましたが、受けたい企業も受けきってしまった後で、辞退した企業の内定を受けていれば、と後悔しても手遅れです。転職活動を進めていくうちに在籍している企業で働く意欲を失ってしまい、どうにもならなくなってしまうケースもあるようです。

 今回のSさんの当初の失敗は、条件を把握しないまま、企業の取捨選択を行ってしまった点にあります。中途入社の場合は、前の会社の収入で生活基盤ができているため、年収などの条件をきちんと確認してからでないと、入社を決定することは難しいといえます。

 一方で、新卒採用とは異なり、内定後の回答期限が比較的短期間であるのが中途入社です。会社に在籍しながらの転職活動では、面接の日程調整も難しく、うまく調整しないと内定をもらってから条件を比較することができないこともあります。

 応募する際のポイントとしては、比較したい企業があるのであれば、同時期に内定が出るように調整することが重要です。できる限り情報収集を行い、応募の日程を綿密にプランニングするとともに、必要に応じて企業と面接日程の交渉なども行う必要があります。

 入社を短期間で決断せざるを得なくなるケースもあるので、どのような条件が出たら入社を決めるか、事前に決めておくのもお勧めです。年収を含めた条件については、月額で最低何万円は必要といった妥協ラインを把握するとともに、譲れない条件がある場合は応募時に伝えておくと、年収面での行き違いは減りますね。

 人材紹介会社を利用すると、企業との調整(ほかの企業と比べ、選考が遅れている企業がある場合、企業に選考を早めるよう働き掛けたり、年収の交渉も行います)や情報収集が楽になると思います。仕事をしながらの転職活動に戸惑いや悩みなどがあれば、人材紹介会社に相談してみることも解決策の1つだと思います。


■転職・就職専門コミュニティ『ジョブサポSNS』概要
 参加者はジョブサポーターとして転職ノウハウや求人情報をサポーター同士で共有し、転職・就職希望者に対してメール配信や個別カウンセリングなどでサポートしていただきます。

 ジョブサポーターは参加者同士のコミュニケーションを通じて、自らも『仕事』や『職』の在り方について学び、また同じくサポーター同士のコミュニティの中で『成長』できる環境を準備しております。
 なお、本サービスご利用につきましては使用料等は一切かかりません。

 また、ジョブサポーターが転職・就職希望者に求人情報を提供し、採用された場合は紹介料として10万円をお支払いする仕組みとなっております。

 『ジョブサポSNS』を通じて、新しい角度からご自身を見つめなおしていただくことで、自分らしく働ける・力を発揮していただける職場に出会っていただくとともに、その就職までのノウハウを参加されているサポーター仲間に還元いただくことで、労働経済の活性化という観点からの社会貢献活動に参加いただくことが可能となります。

horinouchimisumisu at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!