株式投資ブログ

株式投資をして配当金生活と株主優待生活を目指します

5月29日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は上昇しました。

今週の日本株は大幅上昇となり、年初来比でまだマイナスですが、大幅に回復しています。
こんなに戻るのであれば3月に売却やベア型ETF買いをしなければ今頃プラ転かもしれませんが、リスク許容度はリーマンショックのマイナス50%程度で考えていますので、25%以上下がったときに換金売りしたのは仕方なかったと思います。
とはいえ日経平均でこの水準は上がりすぎで、東京のコロナの感染者数は期待ほどは減少しておらず、まだまだ予断を許さない状況だと思います。

アメリカ株はハイテク関連よりもNYダウのような一般企業の上昇が大きくなっていて、コロナ問題のひと段落が期待された動きのようですが、こちらもそろそろ上限のような気がしますがどうでしょうか。


5月29日
                      年初来比   前週比
個人成績          ▲  6.1%   +  4.6%
日経平均            ▲  7.5%   +  7.3%
TOPIX                ▲  9.2%   +  5.8%
JASDAQ平均      ▲  11.0%   +  2.7%
ひふみ投信   ▲  2.0%   +  2.5%
ドル円(円安+)   ▲  1.8%   ▲  0.4%
NYダウ(円建)    ▲  13.0%   +  3.4%
NASDAQ(円建)   +  2.1%   +  0.1%


ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 2222 寿スピリッツ(株) 
 7730 マニー(株) 
 7951 ヤマハ(株)
 7818 (株)トランザクション
 4921 (株)ファンケル
 3768 リスクモンスター(株)
 3031 (株)ラクーンホールディングス
 7203 トヨタ自動車(株)


5月22日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は上昇しました。

新型コロナの緊急事態宣言が解除される見込みということで、日本は対策がうまくいった国になりそうです。
今後はテレワークや時差出勤等の企業側に求められている取り組みが減退する恐れがあり、以前も書きましたが、満員電車での通勤に逆戻りしては感染増加の恐れがあります。

混雑という点では通勤の他、旅行は連休中に集中、外食は昼食時間帯に集中、といった所も見直して、休みの日や休みの時間帯を、分散化、平準化することで、感染予防と収益改善を両立できると思いますので、工夫が求められていると思います。


5月22日
                      年初来比   前週比
個人成績          ▲  10.3%   +  2.2%
日経平均            ▲  13.8%   +  1.8%
TOPIX                ▲  14.1%   +  1.7%
JASDAQ平均      ▲  13.4%   +  2.9%
ひふみ投信   ▲  4.4%   +  2.8%
ドル円(円安+)   ▲  1.4%   +  0.6%
NYダウ(円建)    ▲  15.8%   +  3.9%
NASDAQ(円建)   +  2.0%   +  4.0%


ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 2222 寿スピリッツ(株) 
 7730 マニー(株) 
 7951 ヤマハ(株)
 7818 (株)トランザクション
 4921 (株)ファンケル
 3768 リスクモンスター(株)
 3031 (株)ラクーンホールディングス
 7203 トヨタ自動車(株)


5月15日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は上昇しました。

4月の月次売上高が出ていますが、KFCなどテイクアウト業種を除き、予想されていたとはいえ、著しい減少になっています。

今週はJALとANAの株主優待が届きましたが、なかなか複雑な心境になりました。
あとは、共同紙販ホールディングスの株主優待も届きました。アルコールタイプのスコッティ ウェットティッシュがボトルタイプ2個、ポケットタイプ2個入っていて、今はなかなか売っていないので嬉しかったです。

決算発表では保有銘柄としては、ジャパンマテリアルが上昇し、カルビーが下落しました。

株式関係のニュースとしてはREITのインヴィンシブルが大幅減配となり、有り得る話とはいえ、ちょっとあんまりでREIT全体へ投資する人が減ってしまい悪影響が大きいと思います。


5月15日
                      年初来比   前週比
個人成績          ▲  12.2%   +  2.6%
日経平均            ▲  15.3%   +  2.1%
TOPIX                ▲  15.5%   +  1.6%
JASDAQ平均      ▲  15.8%   +  2.8%
ひふみ投信   ▲  7.0%   +  3.4%
ドル円(円安+)   ▲  2.0%   +  0.1%
NYダウ(円建)    ▲  19.0%   ▲  0.1%
NASDAQ(円建)   ▲  1.9%   +  4.8%


ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 2222 寿スピリッツ(株) 
 7730 マニー(株) 
 7951 ヤマハ(株)
 7818 (株)トランザクション
 4921 (株)ファンケル
 3768 リスクモンスター(株)
 3031 (株)ラクーンホールディングス
 7203 トヨタ自動車(株)

5月1日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は上昇しました。
証券会社のメンテナンスで一部確認できていないので、もう少しプラスかもしれません。

今週はコロナの問題は感染者数がピークアウトしつつありますが、まだ十分ではないということで、緊急事態宣言は延長される見込みになっています。
専門家会議の意見は「長丁場前提に新しい生活様式」ということで、ソーシャルディスタンス(3蜜の回避)が求められ、外食、バス、旅客機等、今までの座席数を半分以下にする必要が出てくる可能性もあり、混雑している所に恐怖を感じて行かなくなる人も増えると考えられるので、今後も外食と観光の業績は今までどおりに戻るのは不可能だと思います。

それ以外の業種は、正常化する方向にできたとしても、景気低迷は避けられないので、株価はかなり戻していますが、今後は日米等世界的に下落方向ではないでしょうか。


5月1日
                      年初来比   前週比
個人成績          ▲  14.4%   +  0.8%
日経平均            ▲  17.1%   +  1.9%
TOPIX                ▲  16.9%   +  0.7%
JASDAQ平均      ▲  18.1%   +  2.1%
ひふみ投信   ▲  10.0%   +  1.3%
ドル円(円安+)   ▲  2.1%   ▲  0.6%
NYダウ(円建)    ▲  18.9%   ▲  0.8%
NASDAQ(円建)   ▲  6.5%   ▲  0.9%


ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 2222 寿スピリッツ(株) 
 7730 マニー(株) 
 7951 ヤマハ(株)
 7818 (株)トランザクション
 4921 (株)ファンケル
 3768 リスクモンスター(株)
 3031 (株)ラクーンホールディングス
 7203 トヨタ自動車(株)

4月25日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は上昇しました。

今週もコロナの問題と原油価格の下落で株価の上昇はしにくい状況でした。


4月25日
                      年初来比   前週比
個人成績          ▲  15.1%   +  0.1%
日経平均            ▲  18.6%   ▲  3.2%
TOPIX                ▲  17.4%   ▲  1.5%
JASDAQ平均      ▲  19.7%   ▲  0.5%
ひふみ投信   ▲  11.2%   ▲  0.5%
ドル円(円安+)   ▲  1.5%   +  0.2%
NYダウ(円建)    ▲  18.3%   ▲  1.1%
NASDAQ(円建)   ▲  5.6%   +  1.4%


ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 2222 寿スピリッツ(株) 
 7730 マニー(株) 
 7951 ヤマハ(株)
 7818 (株)トランザクション
 4921 (株)ファンケル
 3768 リスクモンスター(株)
 3031 (株)ラクーンホールディングス
 7203 トヨタ自動車(株)

4月17日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は上昇しました。

今週の株価は下落するかなと思いましたが、予想外に上昇して良かったですが、新型コロナウイルスの感染拡大状況では、日経平均としては上限に達していると思います。

コロナの問題では、建築関係での工事休止が相次ぎ、業種を問わず経済全体への影響が懸念されます。
今後も日本では感染拡大が続きそうで、本日は全国で緊急事態宣言が出されました。
緊急事態宣言が東京と大阪中心だったことで、感染が地方にも拡大したので、緊急事態宣言を全国にしたのは適切で、むしろ最初からそのようにした方が良かったかもしれません。

また、給付金が困窮者限定の一世帯30万円から全員一律一人10万円に変更になりました。
公明党が軽減税率に引き続き、強固な主張をしたようで、安倍政権が迷走したように見えますが、全員10万円だと10兆円以上かかるというのは、財務省が阻止したい気持ちも無理はないですし、お金に困っていない人に配る必要もないと思いますので、困窮者の30万円支給で良かったのにと思います。
それよりも一刻も速く困窮者に渡せるかが重要だと思います。

あとは野党が主張する10万円が課税所得になるのかという所で、個人的には課税所得にすべきだと思います。
課税所得にしないのであれば、お金持ち優遇で良くないと思います。
課税所得にして、復興特別税のように数年間所得税増税すれば適当にお金を配っても回収できると思います。


最近関連銘柄に投資をしている消毒用アルコールについては、厚労省が消毒用アルコールの代用として、消毒液の代わりにアルコール高濃度の酒使用認めるとのことで、企業での無償提供の動きも増えているので、ハイアルコール関連特選銘柄に関しては、若干売り気味にしました。

今後の投資方針としては、基本的にはバイアンドホールド戦略なので大きくは動かしませんが、若干の売りとする予定です。


4月17日
                      年初来比   前週比
個人成績          ▲  15.2%   +  2.7%
日経平均            ▲  15.9%   +  2.0%
TOPIX                ▲  16.2%   +  0.9%
JASDAQ平均      ▲  19.3%   +  3.4%
ひふみ投信   ▲  10.8%   +  2.3%
ドル円(円安+)   ▲  1.7%   ▲  1.0%
NYダウ(円建)    ▲  17.4%   +  0.6%
NASDAQ(円建)   ▲  6.9%   +  3.6%


ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 2222 寿スピリッツ(株) 
 7730 マニー(株) 
 7951 ヤマハ(株)
 7818 (株)トランザクション
 4921 (株)ファンケル
 3768 リスクモンスター(株)
 3031 (株)ラクーンホールディングス
 7203 トヨタ自動車(株)


4月10日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は上昇しました。

今週はアメリカ株でリスク回避の動きが高まらなかったので、緊急事態宣言の発出後も日本株は株価下落を回避しました。


今週のニュースとしては、花王が消毒用アルコールの供給を増強するということで良いニュースですが、競合企業の株価は下落傾向になりました。

オエノンホールディングスは、北海道の合同酒精(ビッグマン)で、消毒用アルコールを北海道の自治体に寄付したとのことです。
大変良いニュースではありますが、この商品を欲しいと思っても非売品で、手指消毒用を謳わず、アルコール度数も67vol%とのことで、関連の法規は詳しくありませんが、消防法、薬事法、酒税等の制約があり、せっかく製造能力のある会社でも法律の関係で制約のある活動しかできないようです。

オエノン以外でも酒造メーカーが消毒用アルコールと同じ度数の「お酒」を発売する動きが出ているようですが、酒税を払って、手指消毒の効果を謳わない製品になって、アルコール度数も低くなったりしています。
緊急事態だというのに、コロナウイルスの問題が出てから時間がたっているのに、消毒用アルコールの製造能力のある企業が、法律の都合で不自由な形でしか製造できない状況になっています。

最近では大手スーパーでも店内に入る時に消毒用アルコールが置いていなかったり、空っぽだったりしていて、消毒用アルコール不足は深刻な状況です。
もちろん手洗いなどの原則論も良いですが、買い物で毎回手洗いは大変です。

このような制約は新型コロナウイルスの問題で一時的にでも撤廃するべきなのに政府は適切な対応をしていません。
個人での販売は怪しいと思いますので、アメリカの方法が正しいとも思いませんが、日本では、酒造メーカーへ規制緩和して消毒用アルコールの生産を認める位のことはすべきだと思います。


今週は、東京都などで緊急事態宣言が発出され、営業自粛要請が出されましたが、東京都知事は今週は強いメッセージを送っていますが、3月の3連休に何もしていないですし、必ずしも上手く対応しているとは思えませんが、直近では強めに感染防止策を打ち出そうとしているのは共感できます。
安倍政権の対応は経済の両立を狙っていますが、感染拡大につながり危険だと思います。
非常事態宣言をしたのに、「都市封鎖はしない」と強調したり、東京都知事とのゴタゴタしているのも、国民に誤ったメッセージを送ってしまいます。
経済を壊滅させてはいけないと二兎を追うのは否定はしませんが、非常に危険な賭けだと思います。
そもそも人との接触を8割減の達成が必要なのに出来ていないのだから、強めにメッセージを送る必要があるのに、緩いメッセージを送ったら、感染防止はできないと思いますので、来週以降も感染拡大は防止できず、株価も感染拡大に伴って下落方向になる恐れが高いのではないでしょうか。



4月11日
                      年初来比   前週比
個人成績          ▲  17.4%   +  8.0%
日経平均            ▲  17.6%   +  9.4%
TOPIX                ▲  16.9%   +  7.9%
JASDAQ平均      ▲  22.0%   +  5.6%
ひふみ投信   ▲  12.8%   +  7.9%
ドル円(円安+)   ▲  0.7%   ▲  0.0%
NYダウ(円建)    ▲  17.8%   +  12.8%
NASDAQ(円建)   ▲  10.1%   +  8.9%


ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 2222 寿スピリッツ(株) 
 7730 マニー(株) 
 7951 ヤマハ(株)
 7818 (株)トランザクション
 4921 (株)ファンケル
 3768 リスクモンスター(株)
 3031 (株)ラクーンホールディングス
 7203 トヨタ自動車(株)

4月3日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は下落しました。

今週もコロナウイルスの問題ですが、東京大阪等の大都市圏での感染増加で、自主休業も拡大し、自動車工場も操業停止し、深刻化しています。
株価は上がりにくい状況で、私もキャッシュポジションを多めにして、優待銘柄でもポジションを半分にしたりしていますが、全部現金化とか劇的には動かしていないので、再度の株価下落に見舞われ厳しい状況です。

コロナでは志村けんさんが亡くなり大変残念です。
加藤茶さんの「コロナが憎いです」のコメントはまさにそうだと思います。
コロナは皆が苦しめられて誰も喜ぶ人はおらず、唯一、空売りをしている人だけが喜んでいます。
ヘッジファンドは「首都封鎖」「非常(緊急)事態宣言」をトリガーに日経平均1万6千円を目途に売り仕掛けをするという話もあります。

東京は検査数が少ない可能性もあり、実際はもっと感染が進んでいると思いますが、まだ緊急事態宣言は出されていません。
ホワイトワーカーで在宅勤務でもそれなりに仕事になるのに、電車通勤している場合も多いと思われ、平日の出社抑制はあまり進んでいません。
緊急事態宣言が出ればかなり抑制されると思いますので、私は出すべきだと思いますが、緊急事態宣言を出すことによる経済損失もあり、国家としては出しにくい面もあります。

国家で出さないなら東京都知事でも独自に何か宣言するのも可能なはずですが、北海道の時と異なり、
「緊急事態宣言」では名前が被ってしまい、わかりやすい名前が出しにくい状況になっていますが、海外を参考に「ソーシャルディスタンス宣言」とか、人との距離を常に1メートル以上保てるように、事業所、商業施設、交通機関等で工夫してください。などと宣言すれば、人数を減らすしかないので、かなり効果的だと思います。

安倍政権のコロナ対策としては、マスク2枚の配布は批判されていますが、手作りでも可能とはいえ、入手できずに困っている人もいて、マスクを配給制へするべきだという意見もありますので、批判することでもない気がします。
ただ、転売禁止が遅すぎたと思います。

金銭的なコロナ対策は、自己申告の現金給付、企業向けの減税措置、優先株での出資など内容は結構良いと思うのですが、現金給付が5月の連休前とのことなので遅いと思います。
現金給付は一人10万円でも一律配布し、所得税の対象にして、震災の復興特別税のように所得税増税をすれば高額所得者からは、ある程度回収できるので、一刻も早くということで一律の方が良かったのにと思います。


4月3日
                      年初来比   前週比
個人成績          ▲  23.5%   ▲  5.2%
日経平均            ▲  24.7%   ▲  8.1%
TOPIX                ▲  23.0%   ▲  9.2%
JASDAQ平均      ▲  26.1%   ▲  6.0%
ひふみ投信   ▲  19.2%   ▲  6.2%
ドル円(円安+)   ▲  0.7%   +  0.4%
NYダウ(円建)    ▲  27.1%   ▲  3.5%
NASDAQ(円建)   ▲  17.5%   ▲  3.6%


ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 7467 萩原電気(株)
 2222 寿スピリッツ(株) 
 7730 マニー(株) 
 7951 ヤマハ(株)
 7818 (株)トランザクション
 4921 (株)ファンケル
 2117 日新製糖(株)
 8086 ニプロ(株)

3月27日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は上昇しました。

新型コロナウイルスの問題があるので、今週は横ばい程度かなと思っていたのですが、日銀のETF買いも多いためか予想外に上昇しました。

コロナウイルスは、東京都で感染が拡大し、東京都知事から平日の自宅勤務、週末の外出自粛の要請が出されましたが、要請に従わない企業も多く、若者の外出も多くなっています。
先週の3連休は自粛疲れで桜の季節でもあり、行楽に出かける人が多くなっていたとのことです。
要請では、どうしても限界があると思いますので、感染拡大が心配され、問題が深刻化し、株価も再度下落方向の方が可能性が高いのではないでしょうか。


今回のコロナウイルス問題での株式投資での反省点としては、2/25で場面が変わったと認識して、換金売りするなり、ベア型ETFを買うなりすべきだったのに、買い増ししているので失敗でした。

あとは、6274 ヤマハモーターロボティクスホールディングス(株)ですが、750円でTOBがかかっているのに、3/13に714円の異常値になっている所があり、こういったチャンスも取れるようになりたいところです。

REITの急落の局面ではもう少しポジションを大きく取ればよかったです。

ただ、私は日中は見てないので、こういった短期で大きく動く場面では、日中に常時見ている人よりも不利になってしまうのは仕方ないところです。


今週のニュースとしては、6055 ジャパンマテリアル(株) が、消費喚起のため社員全員に10万円を支給とのことです。
上場するときにストックボイスTVに社長が出演していて、この社長は良さそうだと思って投資していますが、やはりこういう企業の方が長期的に業績が向上するのではないでしょうか。



3月27日
                      年初来比   前週比
個人成績          ▲  19.3%   +  13.8%
日経平均            ▲  18.0%   +  17.1%
TOPIX                ▲  15.2%   +  13.7%
JASDAQ平均      ▲  21.4%   +  8.3%
ひふみ投信   ▲  13.9%   +  11.5%
ドル円(円安+)   ▲  1.1%   ▲  2.7%
NYダウ(円建)    ▲  24.5%   +  11.0%
NASDAQ(円建)   ▲  14.4%   +  10.3%


ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 7467 萩原電気(株)
 2222 寿スピリッツ(株) 
 7730 マニー(株) 
 7951 ヤマハ(株)
 7818 (株)トランザクション
 4921 (株)ファンケル
 2117 日新製糖(株)
 8086 ニプロ(株)

3月19日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は上昇しました。

日本株は乱高下して、日銀のETF買い方針の影響もあるのか、日経平均は下落し、TOPIXは上昇しています。
アメリカではニューヨークでは出社禁止が義務化されて、自動車も生産休止が相次ぎ、アメリカ株は大幅下落しています。
来週以降も株価は上昇しづらい状況になりそうです。

今週の投資行動としては、先週書きました「ノンアルコール」から「ハイアルコール」へのパラダイムシフトということで、ハイアルコール関連特選銘柄を選定して、200~300万円程度の買いのつもりでしたが、指値に刺さらず200万円いかず、少し買いそびれ気味になっていますが、来週以降も全体のポジションを増やさず下記銘柄へ多少シフトしたいと思っています。

 4912 ライオン(株)
 8113 ユニ・チャーム(株)
 2533 オエノンホールディングス(株)

あとは、REITがコロナショック前と比べて半値水準になっています。
少しだけ買ったのですが、まさに落ちるナイフで買った直後に含み損になっています。
まだ下がるかもしれませんが、少しナンピンしたいと思います。

日本ではコロナウイルスの感染者の急増は回避できているものの、東京、大阪、兵庫等で感染源不明の感染者が増加しており、これで満員電車での通勤を続けている現状は危険な感じがします。
換言すれば、コロナウイルスの問題が収束すれば、また満員電車出社に逆戻りして、リモートワークの推進も一時的なもので、オフィスの供給過剰という問題はあるにせよ、大都市圏のオフィス需要が大幅に減少するのは考えにくいのではないでしょうか。


3月19日
                      年初来比   前週比
個人成績          ▲  28.9%   +  3.8%
日経平均            ▲  30.0%   ▲  5.0%
TOPIX                ▲  25.5%   +  1.7%
JASDAQ平均      ▲  27.4%   +  0.0%
ひふみ投信   ▲  22.7%   ▲  2.4%
ドル円(円安+)   +  1.6%   +  3.6%
NYダウ(円建)    ▲  32.0%   ▲  10.2%
NASDAQ(円建)   ▲  22.4%   ▲  5.2%


ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 7467 萩原電気(株)
 2222 寿スピリッツ(株) 
 7730 マニー(株) 
 7951 ヤマハ(株)
 7818 (株)トランザクション
 4921 (株)ファンケル
 7203 トヨタ自動車(株)
 2117 日新製糖(株)


ギャラリー
ブログリンク集
にほんブログ村
記事検索
  • ライブドアブログ