株式投資ブログ

株式投資をして配当金生活と株主優待生活を目指します

9月30日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は下落しました。

今週の株価は、OPEC減産合意で上昇、ドイツ銀行懸念で下落し、週間では下落しました。

個人成績は下落したものの、2782 (株)セリアの上昇に助けられ、ほぼ横ばいでした。

今後の投資戦略としては、日銀緩和の影響度が高いTOPIX銘柄は値上がりしてしまっているので、もう遅いかなと思っています。
次善の策として、1部昇格期待銘柄にしよう、ということで、4248 竹本容器(株)を買ってみました。
本日は、7605 (株)フジ・コーポレーションが1部昇格で株価が上昇していますが、保有していません。

東京都の豊洲移転問題は、たまり水は飲める程度という話だったので移転するのかと思ったのですが、地下水は基準値超えとのことで、安全性に問題があるほどではないのでしょうが、一旦延期した以上は移転再開は難しそうです。


9月30日
                      年初来比   前週比
個人成績           ▲  11.2%   ▲  0.1%
日経平均           ▲  13.6%   ▲  1.8%
TOPIX               ▲  14.5%   ▲  2.0%
JPX400             ▲  15.1%   ▲  2.1%
JASDAQ平均     ▲  5.1%   +  0.4%
JASDAQ指数     ▲  1.8%   +  0.9%
ドル円(円安+)   ▲  16.0%   +  0.2%
NYダウ(円建)     ▲  13.4%   ▲  0.4%
NASDAQ(円建)   ▲  13.3%   ▲  1.1%


 ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 7467 萩原電気(株)
 6724 セイコーエプソン(株) 
 3031 (株)ラクーン
 8086 ニプロ(株)
 8920 (株)東祥 
 2222 寿スピリッツ(株) 
 7730 マニー(株) 
 7203 トヨタ自動車(株) 

 

9月23日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は上昇しました。

今回の日銀の追加緩和は、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」ということで、これで株価が上がったのが不思議ですが、よほどマイナス金利への拒否反応が強くて、マイナス金利の深堀りがなくてよかったね。ということになったのでしょうか。
マイナス金利は原理的には正しいと思いますが、設備投資の借入金がマイナス金利になるわけではないので、効果は限定的です。
最近は、以前のインフレ期待がなくなり、急いで設備投資をしようという機運もなくなってきていると思います。
この状況で設備投資を増やすには、補助金や税制優遇で実質的に借り入れ時にマイナス金利になるようにするしかないと思います。

ETFの買い入れを日経225からTOPIXへシフトするのは良いと思いました。

今日は円高で輸出関連株が下落し、指数はわずかに下落していますが、全体的には値上がりしている銘柄が多くなっていて、意味は分かりませんが、ひとまず日銀イベントをうまく通過して良かったと思います。



9月23日
                      年初来比   前週比
個人成績           ▲  11.2%   +  2.2%
日経平均           ▲  12.0%   +  1.4%
TOPIX               ▲  12.8%   +  2.9%
JPX400             ▲  13.2%   +  2.9%
JASDAQ平均     ▲  5.5%   +  1.3%
JASDAQ指数     ▲  2.7%   +  1.5%
ドル円(円安+)   ▲  16.1%   ▲  1.2%
NYダウ(円建)     ▲  13.1%   +  0.1%
NASDAQ(円建)   ▲  12.3%   +  0.5%


 ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 7467 萩原電気(株)
 6724 セイコーエプソン(株) 
 3031 (株)ラクーン
 8086 ニプロ(株)
 8920 (株)東祥 
 2222 寿スピリッツ(株) 
 7730 マニー(株) 
 7203 トヨタ自動車(株) 

9月16日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は下落しました。

今週は、アメリカの利上げ懸念が言われて株安でした。

今週の株式関係のニュースとしては、日銀のマイナス金利の深堀りの話で、銀行関連銘柄がまたも下落しています。
銀行は将来的に本業業務が赤字になる見通しというニュースも出ていました。
少子高齢化、人口減少問題は、全ての日本企業にのしかかる暗雲ですが、銀行は、利益が取れるそうな事業(総量規制の対象外の消費者金融、保険の割り増し手数料での販売、割高な投資信託の販売)は締め付けが厳しくなりそうですし、ネットバンキング、フィンテック等との競合で、手数料も引き上げにくいといった面があり、今後も大変そうです。
日銀や国からの銀行への支援策といっても、なかなか良い案がなさそうで、設備投資への貸付をする際に、国からの支援をする位しか思いつきません。


今週の一般ニュースとしては、豊洲移転問題ですが、予想以上にとんでもないことになってるようです。

確か小池氏は「失敗の本質」について言及していたことがあったので、今後のためにも経緯や責任をはっきりさせてくれると思いますので、小池氏の手腕に期待したいです。

日経プラス10の山川さんのコメントは、なぜガス工場の土地に食品市場を作ったのか。対策コストもかかるし、民間会社なら風評等も考えて別なところにするのでは。という話でした。
都心で良い土地はなかなか無いとは思いますが、ガス工場に食品市場を作るの?という疑問は、一番に考えることですので、東京ガスも怪しいという憶測が出ていますので、しっかり調査して欲しいです。


9月16日
                      年初来比   前週比
個人成績           ▲  13.0%   ▲  1.3%
日経平均           ▲  13.2%   ▲  2.6%
TOPIX               ▲  15.2%   ▲  2.4%
JPX400             ▲  15.6%   ▲  2.4%
JASDAQ平均     ▲  6.7%   ▲  0.8%
JASDAQ指数     ▲  4.1%   ▲  1.3%
ドル円(円安+)   ▲  15.2%   ▲  0.6%
NYダウ(円建)     ▲  13.1%   ▲  1.5%
NASDAQ(円建)   ▲  12.8%   ▲  0.8%
 

 ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 7467 萩原電気(株)
 6724 セイコーエプソン(株) 
 3031 (株)ラクーン
 8086 ニプロ(株)
 8920 (株)東祥 
 2222 寿スピリッツ(株) 
 4201 日本合成化学工業(株)
 7203 トヨタ自動車(株) 

9月9日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は上昇しました。

今週は先週とは逆に個人成績の方が指数を上回ったので良かったです。

今週は日銀のETF買いの余波もひと段落したのか、指数としては、JASDAQ平均とJASDAQ指数が日経平均を上回りました。
日経平均だけ上がることの批判が強くなっているので、今度は、今後の日銀追加緩和で日経平均以外を買い増すとの期待が高まって、中小型株が上昇して、日銀政策決定会合で期待はずれだとまた下がるみたいなことになるのでしょうか。

今週は、iPhone7の発売で、任天堂関連銘柄が上昇していますが、6794フォスター電機(株)も上昇して、こんなに分かりやすい値動きになるのは、逆に株式市場は難しいなあと思いました。
保有銘柄では、優待目的で500株持っている2340 (株)極楽湯が大幅上昇しています。

今週はNHKのワンセグ問題について、高市総務大臣発言や、総務省の見解が出るなど、余波が続いています。
携帯電話の付属機能でテレビが見れるからといって、NHKの契約義務があるといわれたら、法解釈よりも、常識としておかしいと思うのが当然で、放送法の内容は知りませんが、放送法が常識とかけ離れているという面がありそうです。
NHKの強引な徴収方法は問題だと思いますし、料金に関しても、安倍政権では携帯電話料金が問題になったくらいなので、NHK料金も問題にして欲しいです。

日経プラス10で、PCデポ解約問題のニュースの際に、山川さんか別の人か忘れましたが、舛添知事が辞職することになったのは、合法か違法かよりも、常識として国民が納得できないからだ。合法か違法かよりも、常識として納得できるかできないかが問われる、というような話がありました。
政治資金規正法は、あれで違法でないなら、政治資金規正法がおかしいので改正すべきだと思いますが、当事者の政治家の問題なので難しそうです。

警察の取り締まりも、納得の出来ないものが多いと思います。
悪質かどうかを判断して取り締まりをせずに、形式的に法律違反かどうかで、警察の都合の良い方法で取り締まりをしてしているので、国民が納得出来ないという問題が発生していると思います。
この点は、古屋圭司国家公安委員長(当時)の取り組みで「取締りのための取締りになってはならない。国民の理解を得て事故防止に資することが原点。」とのことで、最近は改善されてきているかも知れません。
速度違反や駐車違反は悪質性が伴うので、取締りが必要だと思いますが、右折信号の無いところでの右折車両の信号無視の取り締まりとか、一時停止の車輪が完全に止まったかの取り締まりとか、切符を切られて反省するよりも不愉快になるだけの取り締まりは見かけなくなった気がします。


9月9日
                      年初来比   前週比
個人成績           ▲  11.9%   +  1.2%
日経平均           ▲  10.9%   +  0.2%
TOPIX               ▲  13.1%   +  0.2%
JPX400             ▲  13.6%   ▲  0.0%
JASDAQ平均     ▲  5.9%   +  0.8%
JASDAQ指数     ▲  2.9%   +  1.3%
ドル円(円安+)   ▲  14.6%   ▲  0.6%
NYダウ(円建)     ▲  11.9%   ▲  1.3%
NASDAQ(円建)   ▲  12.1%   +  0.0%


 ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 7467 萩原電気(株)
 6724 セイコーエプソン(株) 
 3031 (株)ラクーン
 8086 ニプロ(株)
 8920 (株)東祥 
 2222 寿スピリッツ(株) 
 4201 日本合成化学工業(株)
 7203 トヨタ自動車(株)

9月2日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は上昇しました。

今週も引き続き様子見ムードといった感じでしたが、為替が円安になったので、株価は指数は相応に上昇しました。
しかし個人成績は指数とは異なり横ばい程度でした。

 ■今週のニュース
相続税の上場株式の評価が、10%割引になるということで、以前は30%割引の話もありましたが、30%割引ですと相続税の節税対策として普及して、株価に追い風になりそうだと思いましたが、10%ですと大きな影響は無さそうです。
割引がありますと、相続の際に、ブル型ETFとインバース型ETF(ベア型ETF)とを、両建てでを保有していたら、相続税が安くなると思います。
しかし、そういう方法は、税金を安くするだけが目的とみなされると思います。
相続税の評価が30%割引だと問題視されそうですが、10%割引だと問題視される程ではないかもしれませんが、あからさまに買いと売りのETFの両建てだと、10%割引でも問題かもしれませんので、日経225銘柄の現物株複数と日経225インバース型ETFを持つ方法なら節税方法として有効かもしれません。

証券会社勤めの人に限らず証券関係は詐欺師みたいな人物が多いと思いますので、証券関係に手を出す場合は自衛策が必要です。
対面証券を使わず、有料情報を使わず、投資関係の書籍も著者が存命の本は買わない。というのが対策としては良いと思っています。

ようやく配偶者控除の廃止の検討が本格化するようです。
国民年金第3号の見直し等はどうなるのかなど、まだ詳細が分かりませんが、夫婦控除の新設の案については、所得の多い子供の居ない夫婦世帯(DINKs)の税金が安くなるということであれば問題だと思いますので、配偶者が無収入の場合に限る配偶者扶養控除とか専業主婦控除とかにすべきだと思います。
あとは、少子高齢化対策として、配偶者控除での増収分を全て子育ての扶養控除に回すべきだと思います。

9月2日
                      年初来比   前週比
個人成績           ▲  12.9%   +  0.7%
日経平均           ▲  11.1%   +  3.5%
TOPIX               ▲  13.3%   +  4.1%
JPX400             ▲  13.6%   +  4.2%
JASDAQ平均     ▲  6.7%   +  0.6%
JASDAQ指数     ▲  4.1%   +  0.4%
ドル円(円安+)   ▲  14.1%   +  3.2%
NYダウ(円建)     ▲  10.7%   +  3.0%
NASDAQ(円建)   ▲  12.1%   +  3.4%


 ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 7467 萩原電気(株)
 6724 セイコーエプソン(株) 
 3031 (株)ラクーン
 2501 サッポロホールディングス(株)
 8086 ニプロ(株)
 8920 (株)東祥 
 2222 寿スピリッツ(株) 
 4201日本合成化学工業(株)

 

8月26日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は上昇しました。

今週の株価は材料不足で横ばいでした。為替も相変わらず横ばいでした。
モーサテなどでボラティリティの低下が言われていました。
今日のモーサテでは半導体製造装置が好況とのことで、手持ち銘柄としては、6055 ジャパンマテリアル(株)、6871 (株)日本マイクロニクスの株価が上昇しています。

今週はNHKやテレビ局関連のニュースが多かったと思います。

「NHKから国民を守る党」大橋 昌信 埼玉県朝霞市議が起こした裁判で、ワンセグ携帯でNHK受信料の支払いは不要との判決が出て、妥当な判決だと思いました。
ワンセグ携帯は、持ち運び用のもので設置用ではありませんし、携帯用テレビならまだしも、主目的が携帯電話でワンセグがたまたま付いてきただけのもので、これで徴収してきたことが非常識だと思います。
大橋 昌信 氏は本人訴訟で勝訴して、最高裁まで進んだら更に注目が集まりそうです。

東京都知事選の立花 孝志 氏の立候補で「NHKをぶっ壊す党」のYouTubeを見たりしていましたが、警察を呼ぶなど共感できない点も多いものの、NHKの集金活動は強引で、NHKを解約したい場合にはテレビを撤去したことをNHKが確認に来たりするのは異常だと思いました。
個人的には、前も書きましたが、NHKは国有化して税と一元化した方が良いと思います。そのほうが公平ですし、こんなことに労力を使っても人手の無駄だと思います。

今週はその他にも、「貧困女子高生報道」や、「大渕愛子氏側からクレームが来たので批判番組をカット」といったテレビ局は非常識だなと思わざるをえないニュースがありました。



8月26日
                      年初来比   前週比
個人成績           ▲  13.6%   +  0.3%
日経平均           ▲  14.0%   ▲  1.1%
TOPIX               ▲  16.8%   ▲  0.6%
JPX400             ▲  17.0%   ▲  0.7%
JASDAQ平均     ▲  7.2%   +  0.7%
JASDAQ指数     ▲  4.5%   ▲  0.9%
ドル円(円安+)   ▲  16.7%   +  0.1%
NYダウ(円建)     ▲  13.3%   ▲  0.6%
NASDAQ(円建)   ▲  15.0%   ▲  0.5%


 ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 7467 萩原電気(株)
 6724 セイコーエプソン(株) 
 3031 (株)ラクーン
 2501 サッポロホールディングス(株)
 8086 ニプロ(株)
 8920 (株)東祥 
 2222 寿スピリッツ(株) 
 4201日本合成化学工業(株)

8月19日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は下落しました。
今週は円高で株価も軟調でした。

今週のニュースとしては、日経ナウキャスト日次物価指数が1年4カ月ぶりに下落とのことで、物価下落が懸念されます。

物価下落は為替の円高も影響していますが、ドル円は昨日100円を若干割れましたが、私は8/5に「夏休み後は円安に転じそうだと思います。」と書いていますが、今も同じ考えでいますが、どうでしょうか。
私は為替取引はしてないですが、ドル建て資産として1557 SPDR S&P500 ETFを若干積み増ししました。


今週のニュースでは7月の派遣賃金が過去最高とのことです。
しかし、人手不足の割には賃金上昇の勢いは弱いと思います。

最低賃金の大幅引き上げ、必ずしも低所得層にメリットはない」との記事によると、最低賃金労働者の多くは、主婦のパート労働で世帯年収は500万円以上の中間層だということです。
上記の場合は、103万円と130万円の壁の関係で、賃金水準を然程気にしない可能性もあり、賃金上昇にブレーキをかけていそうです。その面でも配偶者控除と健康保険第3号の撤廃が必要だと思います。

考えてみると、低所得層の賃金は最低賃金丁度よりも、最低賃金に近いものの若干上の場合が多そうです。
そうすると、最低賃金の引き上げの効果は弱まってしまいますので、この際、最低賃金だけでなく国民全員の賃金数パーセント引き上げを強制する、「賃金上昇特別措置法」みたいな法律はできないでしょうか。
製造業はグローバル競争の関係で厳しいので支援策は必要だと思いますが、小売サービス業は一斉に賃上げを強制してそのまま価格転嫁すれば何の問題もないと思います。
物価よりも賃金を強引にでも引き上げることができれば経済の好循環が生まれるのではないでしょうか。
そもそもは、税制や社会保険料が低所得層に厳しく歪みがあるので、その見直しが必要だと思いますが、103万円の壁もなかなか進まないので、全員の賃上げを強制というのもありかなと思いました。
 

オリンピックは日本のメダルは予想よりも多いようで、景気にも良い影響があるといいなと思います。


8月19日
                      年初来比   前週比
個人成績           ▲  13.8%   ▲  2.7%
日経平均           ▲  13.1%   ▲  2.2%
TOPIX               ▲  16.3%   ▲  2.1%
JPX400             ▲  16.5%   ▲  2.2%
JASDAQ平均     ▲  7.9%   ▲  1.1%
JASDAQ指数     ▲  3.6%   0
ドル円(円安+)   ▲  16.8%   ▲  0.8%
NYダウ(円建)     ▲  12.8%   ▲  0.9%
NASDAQ(円建)   ▲  14.6%   ▲  0.5%


 ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 7467 萩原電気(株)
 6724 セイコーエプソン(株) 
 3031 (株)ラクーン
 2501 サッポロホールディングス(株)
 8086 ニプロ(株)
 8920 (株)東祥 
 2222 寿スピリッツ(株) 
 4201日本合成化学工業(株)

8月12日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は上昇しました。

今週も為替の割には株価は特に日経平均株価が堅調で、日銀の追加緩和の影響が言われています。

個人成績は、決算発表後のイベントで急騰急落銘柄がありましたが、概ね平均的なところだと思います。

今週はJPX日経400の銘柄入れ替えがありましたが、去年は東芝、今年は三菱自動車が除外になっていますが、今更外してどうするのと思います。
インデックス投資で、こんなに銘柄入れ替えがあると、パフォーマンスが悪化しそうです。


8月12日
                      年初来比   前週比
個人成績           ▲  11.4%   +  3.2%
日経平均           ▲  11.1%   +  4.1%
TOPIX               ▲  14.5%   +  3.4%
JPX400             ▲  14.6%   +  3.5%
JASDAQ平均     ▲  6.9%   +  0.7%
JASDAQ指数     ▲  3.6%   +  2.1%
ドル円(円安+)   ▲  16.1%   ▲  0.7%
NYダウ(円建)     ▲  12.0%   ▲  0.2%
NASDAQ(円建)   ▲  14.1%   +  0.4%


 ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 7467 萩原電気(株)
 6724 セイコーエプソン(株) 
 3031 (株)ラクーン
 2501 サッポロホールディングス(株)
 8086 ニプロ(株)
 8920 (株)東祥 
 2222 寿スピリッツ(株) 
 4201日本合成化学工業(株)

8月5日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は下落しました。

円高の割には株価は輸出株は底堅い感じでしたが、ポートフォリオ上位の、2782 (株)セリア 、2222 寿スピリッツ(株) が急落するなどして、個人成績は指数に大幅劣後しました。

為替は、先週の日銀の追加緩和後も円高が止まりませんでした。
来週は夏休みで仕掛け的な動きがあるかも知れませんが、100円は割れないで欲しいです。
そろそろ購買力平価で見ても円高の感じがしますし、今後は円高材料も多くなさそうですし、夏休み後は円安に転じそうだと思います。

今週のニュースとしては、第3次安倍再改造内閣が発足し、財政規律が緩めの顔ぶれ、二階氏が総裁任期延長に肯定的な発言をしたことなどが言われています。

英国が金融緩和再開とのことで、行き過ぎた緊縮財政の反省が言われています。

北朝鮮のノドンと見られるミサイルがEEZが着弾したとのことで、やはり陸上に到達しても迎撃出来る確率が低そうで、対応が難しそうです。

先週の都知事選では、都議会は非常に問題だという共通認識が出来たと思いますが、東京ならマスコミも多いですので、マスコミが厳しい目で、政務活動費のチェックだけでなく、各議員の仕事内容をチェックしてほしいです。

テレビで都知事選の泡沫候補が取り上げられていたのは、都知事選候補者有志がBPOに申し立てをして、その関係で急に民法各社で候補者全員を取り上げるようになったようです。
マスコミは候補者を公平に扱うべきで、主要3候補だけしか取り上げないのは問題だと思いますが、逆に公平に取り上げると、供託金の数百万円で格安で宣伝が出来るという話になってしまいますので難しいところだと思います。

上記のようにBPOは有効に機能していていますが、それと比べて証券取引等監視委員会は全然機能していないので、改善して欲しいです。
特に株式関係の有料メルマガ等の情報商材では詐欺師みたいなのが多そうなので、消費者庁も証券取引等監視委員会も撲滅に取り組んで欲しいです。


8月5日
                      年初来比   前週比
個人成績           ▲  14.2%   ▲  4.8%
日経平均           ▲  14.6%   ▲  1.9%
TOPIX               ▲  17.3%   ▲  3.2%
JPX400             ▲  17.5%   ▲  3.1%
JASDAQ平均     ▲  7.5%   ▲  0.9%
JASDAQ指数     ▲  5.5%   ▲  2.8%
ドル円(円安+)   ▲  15.5%   ▲  1.1%
NYダウ(円建)     ▲  11.8%   ▲  0.6%
NASDAQ(円建)   ▲  14.5%   ▲  0.9%


 ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 7467 萩原電気(株)
 6724 セイコーエプソン(株) 
 3031 (株)ラクーン
 2501 サッポロホールディングス(株)
 2428 ウェルネット(株) 
 8086 ニプロ(株)
 8920 (株)東祥 
 2222 寿スピリッツ(株) 

7月29日 株式投資パフォーマンス

今週の個人成績は上昇しました。

本日の日銀追加緩和は、ETFの買い増しということで、円高になったものの、株価は指数としては横ばいでした。
マイナス金利の追加はなしでしたので、銀行株は大幅に値上がりして私が今年買った銀行株は含み益に転じました。
国債買い入れの増額がなかったので、期待はずれということで、円高になりましたが、日銀がETFを無限ナンピンして買い集めたETFは当面売られることなくそのままですので、ETF買いは国債買いと同様の効果があると思いますので、来週は円安に転じることを期待したいです。

今週末は東京都知事選の投票日ですが、テレビ朝日のニュースで泡沫候補の紹介がされていて、「NHKをぶっ壊す党」立花 孝志 氏という人が出ているのを知り、ネットで検索して政見放送を見ました。

私はNHKは国営化して受信料は税と一元化が良いと思うのですが、立花氏によると、NHKの職員の給料が高すぎ、不祥事が多いとのことで、見ない人は料金を払わなくても良いようにスクランブル化に賛成の人が多いとのことです。

NHKは確かに料金が高すぎますし、その割りに番組の内容はいまいちです。
経済関係の番組ということで、土曜日は、BS12「マーケットアナライズ」、BS TBS「週間報道ビズストリート」、NHK BS1「経済フロントライン」を録画して見ていますが、NHKは、やる気がないのか知識がないのか分かりませんが、内容がいまいちで、夏休みなど番組の休みが多く週間ニュースの役目を果たしていません。

東京都知事選については、小池氏が、党の支持とは関係なく票を獲得できそうで、一番人気になっているようです。

自民党が候補を一本化できなかったので、票が分散して、鳥越氏が当選する可能性もあるようですが、政策や年齢を考えると民進党支持でも鳥越氏に投票しない人が多いと思います。

自民党推薦の増田氏は地方都市が人口激減で消滅するとの試算で名前を聞くようになった人で、知事を経験した実務家といえども、地方都市の岩手県の元知事が東京都の知事になるのは微妙な気がします。

自民党都連は小池氏が立候補を強行した所で、野党候補が当選する可能性を排除するために、あきらめて推薦なしにした方がよかったと思うのですが、増田氏を推薦ということで、小池氏が当選しても鳥越氏が当選しても、石原氏は責任を取るべきだと思います。

石原氏は経済再生担当大臣ということで、政府と日銀は一体となった運営をするべきとの発言をしていて、市場では今後も追加緩和の期待は継続しそうに思いますので、今後も日銀政策決定会合の前後は株価の動きが荒い状態が続きそうです。
政府による日銀への圧力とか、一体的な運営とまでいかなくても、安倍総理と黒田日銀総裁と頻繁に会合するだけでも、市場には良いメッセージになるのではと思います。

その他の株式関係のニュースとしては、内容は見ていませんが、伊藤忠が空売りをする投資ファンドに不適切会計の疑惑を指摘されて株価が大幅下落しています。
減損処理するべき案件をそのままにしていて、他社の商社は赤字なのに伊藤忠はおかしいという話のようで、確かに怪しいかもしれませんが、空売りしているということなので、事実でない場合は風説の流布として厳しく取り締まりして欲しいです。


7月29日
                      年初来比   前週比
個人成績           ▲  9.8%   +  0.8%
日経平均           ▲  12.9%   ▲  0.3%
TOPIX               ▲  14.5%   ▲  0.4%
JPX400             ▲  14.9%   ▲  0.3%
JASDAQ平均     ▲  6.7%   ▲  0.1%
JASDAQ指数     ▲  2.8%   ▲  0.8%
ドル円(円安+)   ▲  14.6%   ▲  2.8%
NYダウ(円建)     ▲  11.3%   ▲  3.4%
NASDAQ(円建)   ▲  13.8%   ▲  1.3%


 ポートフォリオ上位10銘柄
 2782 (株)セリア 
 3064 (株)MonotaRO
 7467 萩原電気(株)
 6724 セイコーエプソン(株) 
 3031 (株)ラクーン
 2501 サッポロホールディングス(株)
 2428 ウェルネット(株) 
 8086 ニプロ(株)
 8920 (株)東祥 
 2222 寿スピリッツ(株) 

ギャラリー
ブログリンク集
にほんブログ村
記事検索
  • ライブドアブログ