Horlicksの勝手にレビュー

☆You're Welcome!Good Time,Good Music♪

Bob Dylan

ヘブンズ・ドア

(C)2009アスミック・エースエンタテインメント/フジテレビジョン/ジェイ・ストーム

オスカー受賞の勢いに乗って『おくりびと』が爆発的な人気になっている。人間の生と死がテーマのようだが、今公開されている作品でもう一つ、死に直面した人間を題材にした日本映画がある。ボブ・ディランの「Knockin’On Heaven’s Door」という曲から生まれたドイツ映画(曲と同タイトル)を原案としている作品で、天国を目指して疾走する青春ロードムービー。『ヘブンズ・ドア』オフィシャルサイト
画像は映画のワンショットから。観覧車と青空と陽の光が眩しいコントラストだね。ボクは10年以上前に、1度だけ横浜で観覧車に乗ったことがあるが、やはり空の青さが心地よくリラックスした空間をすごしたような気がする。ちなみに主役の少女福田麻由子は、現在Horlicksが最も注目するアクトレスです。

続きを読む

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド村上春樹がイスラエル最高の文学賞「エルサレム賞」を受賞した。彼の作品はイスラエルでも「ノルウェイの森」「海辺のカフカ」等が翻訳されており抜群の人気と知名度があるそうだ。村上春樹は授賞式(09年2月15日)でイスラエルのガザ地区攻撃について言及し、人間の尊厳を訴えている。受賞を拒否してイスラエルを批判するという選択肢もあったのだろうが、エルサレムまで来てメッセージを世界中に発信したということは、めったにマスコミの前に姿を現さない彼の相当の決意を感じる。そんな彼の作品だが、80年代、ボクはあまり読む気がおきなかった。女性が好む恋愛小説作家というイメージがあったからだ。

しかし、たまたま飛行機の中で読んだ「ねじまき鳥クロニクル(第1部)泥棒かささぎ編」を読んでイメージが一変。3部作の長編を短期間で読破し、勢いに乗って「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」を手に取った。そして読み終えた後、すっかり「ムラカミ・ワールド」に魅かれていき初期の作品も含め彼の作品を読みあさった。羊シリーズの青春3部作もいいね。

続きはHorlicksの自伝的レビュー
(ほんとうか)

続きを読む

少しだけ長崎ぶらぶら節〜Blowin' In The Wind

90f414e8.jpg6日間の入院生活から開放され、無償に風に吹かれたくなったので長崎の街を少し歩いてみた。
bbdb61e7.jpg



続きを読む
Visitor

Thema From Honey     She's So Fine
Horlicks Profile
Horlicks Gallery
  • 魔女の宅急便、過人(あやまちひと)、ニューカマー
  • 魔女の宅急便、過人(あやまちひと)、ニューカマー
  • All Right Forever
  • フェイスブック、明日に架ける橋、支援チーム
  • フェイスブック、明日に架ける橋、支援チーム
  • フェイスブック、明日に架ける橋、支援チーム
  • ポール・マッカートニー - 明日への誓い -
  • ポール・マッカートニー - 明日への誓い -
Recent Comments
Horlicks Archives
Blog Search Engine
Horlicks Mobile
QRコード
  • ライブドアブログ