51-JnW-C3aL[1]

6月26日のお昼休みに外出する際、職場のスタッフからマイケル・ジャクソンの訃報を聞いた。「嘘ぉっ〜!」と思わず絶叫。玄関フロアにいる全員から注目されるほどの大声をあげてしまった。アーティストの訃報を耳にして、これほどの衝撃を受けたのは1980年のジョン・レノン以来だろう。(07年12月8日:Horlicksの勝手にレビュー)ジョンの時と違って、大ファンというわけではない。それでもこんな反応をしてしまうのは、「キング・オブ・ポップ」としての彼をリアルタイムで見てきたからか。この数年は、音楽より奇行やスキャンダルが話題になっていたマイケルだが、今年はツアーを再開すると聞いていただけに、ほんとうに残念。訃報は、朝ニュースで報道されていたようなので、ちゃんとニュースを見ていれば職場で奇声を上げることはなかったのにね・・・(Forever Michael)

続きを読む