2007年06月

2007年06月17日

石田長生さんライブ

明日は石田長生さんの下北沢CLUB Queでのレコ発ライブに参加するので今日はその為のリハーサルでした。

石田さんは、 長年いろいろなシーンで活躍されてきた大御所ミュージシャン。
近年に於いては小笠原諸島をこよなく愛し、今年春には小笠原諸島をテーマとしたアルバム「Boninの島」を発売をされ、その録音に弦カルで参加した為、明日レコ発ライブにご一緒させていただくこととなりました。

とは言っても、たった1曲だけ。

石田さんは、ゆるやかであたたかくて聴いているうちにどんどん心がフリーになってゆくような、そんな気持ちの良い音楽をギターで奏で、歌を歌います。

明日は1曲弾いた後、そんな石田ワールドにどっぷり浸かりつつお酒を飲むのが楽しみです。


stosixyoku






写真は今日のリハ後、弦カルチームのピロコさまとふかやんと橋本歩とイタリアンレストランのテラスでの食事。たまたま入ったのだけれど雰囲気バッチリで風が心地よくてとっても美味しくて当たり!また行きたいな。

hornmio at 23:56|PermalinkComments(2)

2007年06月15日

マスタリングにて

いやいやびっくりしました。

この日air plantsのマスタリングがあったんですが、
録りとMIXをしてくれた赤川さんとマスタリングエンジニアの小泉さんが作業の途中で、使用しているコンバーターをACアダプターを接続して動かすかバッテリーで動かすか話していて、両方とも試すことに。
そんなことで音変わるのかなぁと思って聴いてみたら!

全然音が違う!

私でも判るくらい明らかに違う。

その他にも何だかよくわからないけど機材に付いていた多分滑り止めのゴムを剥がしてみたり、上に載せていた機材を下に降ろしてみたり、といろいろ試し、そしてそんな些細かと思われる事によってまた音が変わってくるのです。

機械がそんなに繊細なものとは。。

奥が深いなぁ。


hornmio at 12:57|PermalinkComments(2)

2007年06月09日

え〜

こないだ、と言ってももう3週間くらい経つなぁ。更新するとこのブログの右サイドにあるカレンダーの日付けの色が変わるのがなんだか嬉しいという他愛ない勝手な動機で頑張ってみましたが、三日坊主ならぬ一週間坊主。
気付けばまたまたご無沙汰してしまいました。

その間何をしていたかというと、「lecca」さんというかっこいい女性レゲエアーティストや「MA」さんという美しいボーカルにこれまた美しいピアノという編成の二人ユニットのレコーディング他、劇伴のレコーディングにて演奏したり、某レストランで演奏したり、実家に帰ったり、それから先日、ものすごく久しぶりにnature bluntのメンバーと朝まで飲み明かし、最近各々国境を越えてワールドワイドに活躍中の二人からいろいろ話しを聞いて刺激を受けたり、、。

でも基本わりと暇だったんです。

暇ならブログ更新しろよ。って自分で自分にツっこみつつ、
ん〜、一回更新途切れるとまた書くキっかけがなかなか難かしくてね。なんて自分に自分で言い訳。

がんばります。。


今日は、とある公園にてair plants撮影第二弾でした。
kouen







朝早くからの撮影でちょっと眠かったんですが雨にも降られず良い天候に恵まれ、清々しい風が心地よかった。

梅雨入りするかしないかの途中での貴重な晴れ間に撮影が出来て、そしてその後、公園の中で歩ちゃんが密かに用意してくれたフランスパンやチーズやハムやトマトやフルーツやらでランチ兼ちょっとした打ち合わせ。

もうピクニック気分満載!
歩ちゃんったらみんなに内緒で心憎い気配り、さすが宴会番長!

森の緑に囲まれての食事は空気も良く格別に美味しく感じるなぁ。

ランチも終わる頃になってポツポツ雨が降り出し、慌てて駐車場に向かう途中、「べみーず」というバンドでがっちゃんと共にご一緒させていただいている寺岡佐和子さんと佐和子さんの愛犬達に遭遇。

実は公園に着いた時、犬の散歩をしている人達を見て「ひょっとして佐和子さんが犬の散歩してたりして〜」とがっちゃんと話してたのですが、まさかほんとに会うとは思わなかったのでびっくり。

佐和子さんちの犬のトト、モモ、ルビー、相変わらず元気いっぱい、可愛かった。
 toto







ちなみにこの3匹の犬達は家族。
右が娘のルビーちゃん、真ん中がお父さんのトトくん、左がお母さんのモモちゃん。


※おまけ…三日坊主という言葉の由来が気になった為ネットで調べてみました(Yahoo!知恵袋より)

「江戸時代、夫からの離縁状(三行半)を得るために、女性は一定期間「駆け込み寺」で修行をしなければならなかった。
男性にとっても、俗世間にいられなくなったり、食い詰めた時などに逃げ込むのに、寺は格好の場所でした。
しかし、もともと仏門に入りたいという動機からではなかったため、寺での厳しい生活についていけずに逃げ出す者が多く、
そうした人達を、「三日も居られない坊主」とあざ笑ったことから、一般的にもこう呼ばれるようになりました。」

う〜ん、、なんだか重い。
江戸の時代背景から来るシビアでシニカルな言葉だったんですね。




hornmio at 23:56|PermalinkComments(3)
Profile
阿部美緒(アベミオ)
ヴァイオリン弾きです。
自己のバンド「air plants」そして「nature blunt」での活動、アーティストのサポートやストリングスアレンジ、作曲等、色々やっています。
air plants
air plants 1st album
'air plants'

NOW ON SALE!




1. Flamingo
2. 太陽のサンバ
3. 太陽の孤独
4. to wind
5. 帯広
6. Forest
7. Scatterbrain
8. Yellow Bird

air plants are

Violin:阿部美緒
Cello: 橋本 歩
Guitar:嘉多山 信

Engineer:赤川新一
Guest musician:坂田学(dr)

全国CDショップ、ライブ会場又は通信販売でご購入出来ます。
NGCA-1031








nature blunt
nature blunt 2nd album
'forbidden area'



Click here to find out more.
Links
◆air plantsのCDレーベル
 nowgomix Records

◆nature bluntのCDレーベル
 aiding