2014年09月19日

Paxman Gig book

1242-1
先日、渋谷のネロ楽器さんでThe Paxman Horn Quartet Gig bookを購入しました。四重奏曲集といえば長らく「緑本」が有名でしたが、このパックスマンの四重奏曲集はそれに匹敵する素晴らしい曲集です。第一集と第二集とあって、それぞれ14,000円前後するので少々高いですが、お値段に見合った内容です。

緑本は狩の曲やドイツ民謡が中心でしたが、Paxman Gig bookでは狩の曲に始まり、ミサ曲、ユニークなところでは国歌(日本、英国、米国、中国など)、組曲なども収録されています。さすがパックスマン、威風堂々など英国関係の曲も多いほか、リムスキー・コルサコフ「夜想曲」、E.フンパーディンク「ヘンゼルとグレーテル」より「祈り」など、普通なら単品で売られている曲も収録されていて、お得です。

先日は4人で集まって、購入したてのGig bookを最初から摘まみながら吹いてみましたが、なかなか良い編曲、バリエーション豊かで飽きませんでした。たっぷり1日以上楽しめます。楽譜も読みやすいし、4thは低音も良い練習になります。ぜひ皆さんも購入してチャレンジしてみて下さいね。

2014年03月27日

2013年度も終わり

2014年も桜が咲く季節になってきました。私はぼちぼち色々やってます。ホルンを少々、フリューゲルホーンを毎週、尺八も毎週。昨年は結婚もしましたし、色々と人生で大きな転換点になった2013年度でしたね。

そういえば、トランペット用のヤマハ「サイレントブラス」を買いました。これ音程が良くて、音色も初期型のような残念な電子音ではなくちゃんとトランペットの音に聴こえる出来で、なかなか凄いです。ちなみにイヤホンは高級モデルを挿しても音色は変わりませんでした。付属のものが一番なようです。

そんな感じで、どんな2014年になるのやら、楽しみ半分、不安半分です。

2013年11月13日

英国式金管バンドと和楽器のコンサート

1915712142_168管理人がフリューゲルホーン奏者として所属する英国式金管バンドのコンサートです!

今回のテーマは「日出づる国のブラスバンド」。 日本を題材にして作曲された楽曲を特集して演奏いたします。 また、ゲストとして尺八奏者である田辺道恵氏を迎え、「ブラスバンド×尺八」のコラボレーションをお届けいたします。

■Brass Band Fellows■
Fellows in Concert Vol.2
 ~日出づる国のブラスバンド〜
2013/11/24 (Sun.) 13:30開演(13:00開場)
曳舟文化センター(東京都墨田区)
指揮:鈴木孝裕(ブラスバンド指導者協会理事)
ゲスト:田辺 道恵(尺八奏者)
入場料:500円
---
♪Sword, Jewel and Mirror (Philip Harper)
♪Fujiko (Andy Scott/ arr. Jim Fieldhouse)
 ★尺八ソロ: 田辺 道恵(ゲスト)
♪竹の群像(山本邦山)ブラスバンド版アレンジ
 ★尺八ソロ: 田辺 道恵(ゲスト)
♪Sound the Bells! (John Williams/arr. Luc Vertommen)
♪Hinode (Peter Graham)
♪Space Invaders (Andy Scott)
♪The Haunted Halls (Paul Lovatt-Cooper)
♪Scaramouche (Philip Sparke)
 ★バリトンソロ : 高橋 絵里香
♪Orient Express (Philip Sparke)
♪Hey Jude (John Lennon & Paul McCartney)
♪Shenandoah(American Trad.)

吹奏楽でもおなじみなオリエント急行をはじめ、ブラスバンドならではの曲を盛りだくさん。今回も滅多に演奏されない難曲にチャレンジします。

「和」のステージは、人間国宝の山本邦山先生作曲の尺八アンサンブル「竹の群像」も金管バンド版にアレンジして演奏します。

2013年10月10日

水曜日のネコ

137869
ヤッホーブルーイングの「水曜日のネコ」。ベルギー式のホワイトエール。エールというのは、日本人が普段飲んでいるラガータイプのビール(下面発酵)と違って上面発酵で作られる、軽く華やか、沸き立つ香りを持つビール。

「水曜日のネコ」は、麦芽100%だけど、香りや味にオレンジオイールやコリアンダーシードを使っているので、日本では「ビール」にはならず「発泡酒」になってます。ビールに色々な材料を使って味に工夫を凝らすのは珍しいことではありません。例えば有名なバスペールエールも香料が入っています。
我が国の酒税法では、使用原料と麦芽の使用割合により、ビールと発泡酒を区分しております。

(イ) ビール
ビールは、
 A 麦芽、ホップ及び水を原料として発酵させたもの(麦芽の使用割合100%)
 B 麦芽、ホップ、水及び麦、米等の特定の副原料を使用して発酵させたもので、麦芽の使用割合が約67%以上のもの
をいいます。

(ロ) 発泡酒
発泡酒は、麦芽又は麦を原料の一部とした発泡性のある雑酒で、具体的には、
 A 麦芽の使用割合が約67%未満のもの
 B ビールの製造に認められない原料を使用したもの
 C 麦芽を使用せず麦を原料の一部としたもの
が該当します。なお、発泡酒については麦芽の使用割合により税率が3分類に区分されています。
東京国税局「ビール・発泡酒に関するもの」

発泡酒といえば麦芽使用比率を抑えて価格を抑えた「ビールのようなもの」というイメージがありますが、ドイツと並びビールの本場であるベルギーの製法で味と香りを追求したビールも発泡酒になることがあるんだと知っておくといいかもしれませんね。

ベルジャンホワイトエール 「水曜日のネコ」

2013年07月01日

最近の音楽活動

10139522013年も半分が過ぎてしまいました…!すっかりブログはご無沙汰していますが、最近はオーケストラでホルンを吹き、英国式金管バンドでフリューゲルホーン・コルネットを吹いています。

2013年は…。
----
1月に地元の吹奏楽団にホルン奏者としてエキストラ出演。
3月初にオーケストラに急きょトランペット奏者としてエキストラ出演してベートーヴェンの交響曲6番を吹きました。
3月末には所属するホルンアンサンブル団体の定期演奏会に出演。
5月には英国式バンドとして最初の演奏会を開催できました。
6月末は、神保町のスポーツイベント・東京すずらんEKIDENの開会式で、救世軍Japan Staff Bandの賛助のためコルネット奏者としてファンファーレ演奏に参加してきました。
----
こうしてみると、色々やってますね…(笑)この後はぐっと減って、11月にバンドとオーケストラが1回ずつ定期演奏会があって終わり…のはず。ホルン吹きとしての活動はかなり縮小していて、ほとんどオーケストラだけになってしまいましたね。しかしフリューゲルホーン・コルネットの練習は、ホルン演奏に凄くプラスになっていることもあり、相乗効果があってとても良い感じです。それらのどれかを吹いている限り、ホルンを吹く時間が少なくてもホルンが吹けなくなることは無いと思います。

2013年01月11日

2013年

103明けましておめでとうございます!2013年もよろしくお願いします。

昨年は実に色々ありました。ホルン関係では、昨年秋にはアレキサンダーの中古に買い替えたのは大きかったですね。今までずっと東独系の楽器を使ってきましたが、103にもやっと慣れてきました。103はマウスピースにあまり悩まないので良いですね(笑)ホルン奏者としての活動はかなり減らしていて、今後も拡大の予定は無いんですが、最後に103にしてみてもいいかなと、思い切って乗り換えました。結果として、前より楽に吹けるようになっているので良かったかなというところです。ノーラッカーの楽器ですが、音を少し変えるためにベルだけ新品に買い替えました。

去年からは、ホルンのオーケストラ活動は一団体だけ。他には英国式金管バンドで新たにフリューゲルホーン奏者として活動し始めましたし、ホルンアンサンブル団体にも入っています。普段練習しているのはトランペット。自主的にはドイツ式金管アンサンブルを主催してトランペットも吹いています。まだ常設じゃないんですけど。活動は絞る所は絞って、新しく始めることは新しく…。お金と身体は有限ですからね〜。

という訳で、近々演奏会のご案内も出します! 2013年もよろしくお願いします。

2012年10月11日

アトリエハーロー木村氏の判決

2010年8月に発覚した、ホルン製作・修理工房アトリエハーロー木村氏の楽器詐欺・横領事件について、ようやく一つの節目を迎えることとなりました。2012年はじめから池袋署による捜査が本格化し、2012年6月の逮捕に至り、9月に裁判が始まりました。

2012年9月24日、東京地裁にてアトリエハーロー木村氏の初公判がありました。木村氏は言い逃れをするばかりで、弁護士、検事、判事いずれからもたしなめられるシーンがありました。求刑は懲役2年6ヶ月。検察によると、平成19年頃より消費者金融への返済が滞るようになってから顧客の預かり楽器の質入を繰り返し、利息の支払いや消費者金融への利息支払いで自転車操業が続いていたとのことでした。

2012年10月10日、東京地裁にてアトリエハーロー木村晴夫の判決公判がありました。結果は有罪(詐欺罪)で、
 ・懲役2年6ヶ月(執行猶予3年)
となりました。執行猶予中は通常通り自宅で生活をしていますが、何らかの犯罪を犯すと、その刑+今回の2年半の刑期で即実刑になる可能性が非常に高くなります。

各地の被害者の方々に対する賠償や返金などは見通しが立たず、まだ何も解決してはいませんが、ひとつの区切りと言ってもいいと思います。まずはご報告まで。
livedoor プロフィール
訪問者数

Archives