2007年01月15日

明日は

明日はテストの為に今日は早めに日記を書きたいと思います。
まずは昨日の京成杯の回顧といきたいと思います。
昨日は僕の本命馬サンツッリペンが逃げ切りました。勝ちタイムの2分1秒6の時計はペースを考えると好時計。ひょっとしたらこの馬は思っている以上に強いかもしれませんただ父馬がテンビーに母父がオジジアンだと大舞台では底力に欠けるというイメージがあります。そもそもオープン2着の馬が500万よりこんなに人気がないとは思いませんでした。2着のメイショウレガーロは大跳びなので中山は向かないイメージがあるけど力できたという感じです。ただG1では少し厳しいと言わざるを得ません。
注目していたシンボリクリスエスの半弟ピサノデイラニはまさかのシンガリ負け。この馬そもそもダートでのパフォーマンスが凄いし父がフサイチペガサスと考えるとやはりダート向きなんでしょう。
京都のメインレースは日経新春杯は1600万条件のトウカイワイルドが1着。レースは先行勢は少し早かったけど中団以降は完全なスローペース。それを察知したのか勝ったトウカイワイルドは内があまりよくないにも関らず内を突いて根性で勝ったような競馬。まさしく安藤さんの好騎乗に尽きると思います。
2着のトウカイエリートもそつのない騎乗でロスなく回ってきた感じです。
一方1番人気だったアドマイヤフジは直線全く伸びず6着この馬は少しずつエンジンをかけるタイプだからスローの瞬発力勝負は全く向かないし休み明けだった有馬記念の反動があったのかもしれません。この馬は阪神が2戦2勝で強い内容だっただけに阪神で狙いたい馬です。
僕の本命のメイショウオウテは直線入口ではいい感じだったけど思ったより弾けない内容。父がサンデー母父がクリスエスという血統はサンライズペガサスと似ている血統なので今回は距離が長かったのかもしれません。
しかしディープが引退してからはどれが1番強いのかわかりませんね。今年の天皇賞は何が勝つんだろう…
明日は牡馬のクラシック路線について語ろうかと思います

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)