2006年08月15日

小泉純一郎首相の靖国神社参拝は、何故、批判されるのか?

小泉首相(内閣総理大臣)の靖国神社参拝について、反対するマスコミが多い。

靖国神社は、戦争賛美するものだから、ダメなのだと言う。
そういう理由ならば、何故、小泉首相だけがダメなのか?
なぜ、国民全体に言わないのか?
信仰の自由があるから言えないとでも。
国民全体に筋論を言うことは別に問題はない。首相個人に対して言うほうが、よほど、人権侵害。
首相が靖国神社という一つの宗教団体だけを参拝することには、憲法上の問題はあるが。
(これについては、過去の記事「総理の靖国参拝批判、違憲判断と戦犯合祀の問題を混同するな。」を参照。)

A級戦犯が合祀されているからというのも同じ。
そもそも戦犯とは何なのか?
戦争を起こすことも止めることも、できたのはただ一人天皇だけ。
天皇が命じない限り、戦争は始まらなかった。天皇が命じなかったから、戦争は終わらなかった。
後に、天皇の周りの人間が天皇は賛成ではなかったと言っている。天皇は、国内の混乱を恐れて賛成した、と言ったと。本人の日記にすらない内容。眉唾物ではあるが。
これが作り話でなかったとしても、天皇が一番の責任者なのは変わらない。天皇が人を殺させ、国民を戦死させた。
多くの人が天皇陛下万歳と叫び死んでいった。天皇のためと人を殺した。
死後は靖国で会おうと、誓い合った。
彼らは、天皇教の犠牲者。しかし、死後、靖国で祀られることを信じていた。だったら、それくらいは報いてやるべき。

天皇教は今も健在だ。以前は、国家による教育で植え込まれたものだが、今は、もっぱらマスコミによって広められている。
生まれたばかりのガキに、最上級の敬語を使う。あのガキが何かしたのか?
今回は、天皇がA級戦犯が合祀されているから靖国参拝をしないと言ったと、周りのものがメモしたと言うものが出てきた。
天皇にとって、戦犯とは敗戦をもたらしたもの。敗けたことの責任を問うているだけ。
これはわたしの推測。マスコミも推測。識者も推測。
仮にこれが事実だとしても、何の関係があるのだろうか?
未だに、天皇の馬鹿話に付き合って、右往左往するのか?
天皇の話を無視して行動してくれるのは、嬉しい。
これこそが、日本が今までのような戦争をする可能性がないことを表している。
このことが、とても大事。選挙で選ばれる議員の代表である首相だから、国民が替えることが出来る。
身分制度の象徴である天皇ではこうはいかない。

中国と韓国が反対しているのは、内政干渉に近い。
心の中まで支配しようとする行為。
これは、日本のマスコミがことさらA級戦犯のことを報道し、わざわざ中国、韓国に伝え、より過激な反応を求めようとしてきたことの積み重ねの影響が大きい。
初めから、中国、韓国の反発は必須と騒ぎ立て、反発しなければならない空気を作り出す。
わざわざ、他国を逆なでするような質問の仕方をして、それを報道する。
向こうから言ってこない内は、何もしなければ良いものを。

途中まで書いた時点で、小泉首相の靖国参拝が行われた。
反応等も見ながら、この話を続ける。

horsefly at 07:54│Comments(0)TrackBack(1)政治 | 一般ニュース

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 小泉純一郎  [ モモカの日記 ]   2007年02月01日 13:04
小泉純一郎小泉純一郎生年月日1942年1月8日出身地神奈川県横須賀市最終学歴慶應義塾大学経済学部前職書生(浪人)役職内閣総理大臣世襲の有無三世祖父・小泉又次郎父・小泉純也選挙区衆議院小選挙区一覧#神奈川県|神奈川11区当選回数11回所属党派自由民主...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字