2006年10月08日

閉園したテーマパークの、衰弱した500匹以上の犬たち

最近ブログもまともに書けていない状態で、情報の収集も滞っている内に、また、滅入るようなニュースがでていた。
数日前から、テレビでも報道されていたようだが、政治のほうをチェックするのが精いっぱいで。

飼養放棄されて、死亡したり、瀕死の状態の、500匹以上の犬の話。

これは、犬とのふれあい施設として開園された、山陽工営株式会社(土地の所有者)、ドッグプロダクション(犬を所有、提供。動物取扱業の届出を行い、犬を飼養管理)とが共同経営する「ひろしまドッグぱーく」で起きた問題。

「ひろしまドッグぱーく」は、2003年4月に開園し、二年後の昨年(2005年)6月に経営難のため閉園した。
閉園後、地主の山陽工営(株)はドッグプロダクションに対し立ち退きを求めたが、ドッグプロダクションは犬約400頭とともにそのまま滞在し、犬を飼養し続けている。

市民、報道機関から飼養が不十分だという情報が、広島市社会局保健部動物管理センターに寄せられ、同センターが、調査し、指導をした。
しかし、センターの立入調査は動物愛護法に基づくもので、犯罪捜査ではないので、業者側から拒否された場所には立ち入ることが出来ず、実際に弱った犬を確認することができなかった。
それでも、昨年9月以降、センターは、ドッグプロダクションに対し、23回(現地での指導は5回)指導した。

今年7月20日、ドッグプロダクションから、センターへ犬の大量引き取りの電話相談(保健所で処分したい)があった。センターは、同業者への協力依頼や、様々な手段を使って広く援助を求め、犬の譲渡先を早急に探すことを指導した。
その結果、ドッグプロダクションは平成18年8月21日から1週間、スタッフ個人名で100匹の里親を募集する広告を地元新聞社に載せることになる。
それが多数の市民の目にとまり、大阪の動物愛護団体、アークエンジェルズが犬の救出活動に乗り出し、支援者を募集することになった。

平成18年9月26日、アークエンジェルズから業者告発の要請を受け、広島市と広島西警察署が、アークエンジェルズも同行し、立ち入り、犬の飼養頭数、健康状態などを調査する。
飼養状態が確認され、ドッグプロダクションは、適正な飼養管理の徹底と、飼養改善計画書の提出を指示された。

ドッグプロダクションは犬の所有権を放棄し、土地所有者の山陽工営(株)や、アークエンジェルズが協力して飼養管理する方向で調整を進め、広島県獣医師会と医療協力することになる。

最近、死亡した多数の犬が敷地内に埋められているのが発見された。


ドッグぱーく:広島市、管理業者に環境の改善指導書 犬の世話不十分と /広島【毎日新聞】2006年10月03日
佐伯区湯来町白砂の「ひろしまドッグぱーく」(昨年6月閉園)で、500匹以上の犬の管理をしている「ドッグ・プロダクション」(武田竜夫代表)が、十分な世話をせずに犬を衰弱させているとして、広島市動物管理センターは2日までに、同社に対して改善指導書を出した。

 同市などによると、同施設は犬と触れ合えるテーマパークとして03年に開園。経営難のため約2年で閉園した。同社は閉園後も、繁殖などの事業を続けるため、施設内で約500匹の犬を管理したが、犬舎の広さやえさの量が不十分で、多数の犬がやせ細るなどして衰弱。同市は昨年6月以降、繰り返し立ち入り検査をして管理環境の改善を求めたが同社が従わなかったため、先月30日、改善指導書を出した。6日までに改善計画書の提出も求めており、内容が不十分な場合は改善勧告を出す予定。

 犬は先月26日、大阪の動物愛護団体などが同社と交渉、保護しているという。

閉園「ひろしまドッグぱーく」 おりに480匹、やせ細る【読売新聞】2006年10月5日
動物愛護団体協力 支援の輪
・・・市に対し、同プロダクション側は「お金が入ってから、ちゃんとやります」などと説明。8月には犬の飼い主を探す新聞広告を出したという。

 大阪市都島区の動物愛護団体「アーク・エンジェルズ」が広告を見て犬の救護に乗り出し、インターネットで知ったボランティアも駆けつけるようになった。

 4日の市議会厚生委員会でも取り上げられ、城仙哲宣・同センター所長は「業者が拒んだため、詳しい調査ができなかった。早い段階で、具体的な対応策を考えればよかった」と説明した。・・・

◎パーク閉園、犬480匹やせ衰え=土中から死骸−ボランティア集まり支援・広島【時事通信社】2006年10月07日
・・・多くがやせ細り、敷地内では埋められた死骸(しがい)が見つかった。大阪市の愛護団体「アーク・エンジェルズ」は、動物愛護管理法違反に当たる可能性もあるとみて、犬を管理していた業者を刑事告発する検討を始めた。

 現地には連日、犬の世話のため多くのボランティアが駆け付けている。同団体は新たな飼い主を求め、今月21、22日、同パークで譲渡会を開く。

土中から犬40匹の死骸発見【中国新聞】2006年10月8日
・・・敷地内に約40匹の犬の死骸(しがい)が埋められていたのが7日、分かった。・・・大阪市の動物愛護団体「アーク・エンジェルズ」によると、多くが新聞紙やバスタオルにくるまれた状態で、大半が衰弱死とみられる。


ARK-ANGELSのほうがダウンしているようなので、ボランティアに協力したいという人のために、広島支部長のブログにリンクを付けておく。
今夕の「真相報道バンキシャ(日本テレビ系列)」ではみつからなかったセントバーナードの死骸もみつかっている。

ニュース映像はYouTubeに、広島ドックパーク(地元放送局?)、と、広島ドックパーク(10月3日「TBS イブニ ング・ファイブ」)

horsefly at 23:57│Comments(1)TrackBack(1)動物ニュース | 一般ニュース

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 緊急告知:広島ドッグパーク事件告発準備  [ AIA〜ANIMAL Intelligence Agency〜動物情報局 ]   2006年10月09日 08:45
「ARK−ANGELS」の林代表が、広島ドッグパークを刑事告発する準備をなさっていることは、ニュース等で伝えられていますが、 告発を後方支援するため「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」(管理人:kanakoさん)ではこの件に対して、広島県と広島西警察署へ提...

この記事へのコメント

1. Posted by suzumama   2006年10月10日 13:12
山陽工営協力とあるが作業の中一言も口も聴かず不機嫌な顔をしてボランティアしていてとても不愉快。しかも救済に出向いている人たちの常駐先の提供をしながら出て行くように進めている。あきれた話。地元の住民の意識の低さが腹立たしい。12日
町内会に事情を説明に元社長大○氏が出向く模様。定かではないが親戚下請け会社社員がほとんどの町内会で何を話すのだろうか。又 怒りを感じる人がいるのだろうか。すぐそばで起きた事件。多くの人から多くの支援を受けながら地元で起きたことを地球の果てのような感覚でするのはなぜだろうか。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字