風を見る鳥

" L'oiseau regardant le vent " 野鳥の写真、動画館です。

Ce site présente des photos et des images d'oiseau sauvage,
surtout du colonie du héron.
少し前の時期のものを載せています。
サギコロニーの記事は、右の “カテゴリー” 欄の “サギコロニー” から
まとめてご覧になれます。
以前の記事にも、時々動画を追加しています。

      若葉の淡い緑がまぶしい木陰で、何かくわえて羽を震わすヤマガラ。
      resize16318
      ヒナが親鳥に餌をねだる時のポーズに似ていますが、この子は立派な成鳥。
      目指す相手に餌をプレゼントしたくてしようがない、求愛給餌なのでした。
      resize16320
      一生懸命、相手を追いかけていましたが、結果は如何に・・・?
      
      ドバトの美しい愛の光景。まるで映画の一シーンのようです。
      resize16328
      鳥たちの求愛が方々で見られると同時に、早くも巣立ったヒナがいます。
      セグロセキレイは、ヒナ2羽を連れて野外授業中。
      「こっちは危ないよ。ここは素早く走ってね。そこに食べ物が・・・。」
      resize16322
      まだまだ幼い子供たちです。
      resize16321
      春になって、ようやく会えたタシギ。
      resize16323
      こんな時期まで残っているとは、正直驚きました。
      resize16324
      初夏のような日差しの中で、ちょっと一休み。
      前日、傷病でカゴの鳥になっている気の毒なミサゴを見たばかり。
      ミサゴにはやはり広い空が似合います。     
      resize16331
      花咲く叢に隠れていたのは、カワラヒワ。
      あどけない顔をしているので、初め幼鳥かと思いましたが、
      おそらくヒナのため餌を探している親鳥なのでしょう。
      resize16326











      



      4月13日に、いつもの場所より下流の木立に集まったサギたち。
      この場所は、過去にゴイサギが最初の集合場所にしたこともあるので、
      本当にここで本格的な営巣を始めるのか、その日はまだ確信が
      持てなかったのですが、翌日もみんなこの木立にいました。
      resize16221
      水辺にはダイサギ(チュウダイサギ)もいます。
      婚姻色で目先が水色になっています。
      resize16237
      作りかけの巣に乗るゴイサギと、巣作りを始めたゴイサギ(左下)。
      resize16222

      resize16234
      カップルになりそうなコサギ。
      resize16233
      夕方、シラサギがどんどん増えてきました。
      resize16235
      ダイサギが次々飛来して、木立の近くの大きい木にとまりました。
      resize16228
      ぽつんと離れて生えている、芽吹きが遅い木です。
      resize16229
      見晴らしの良い所にとりあえずとまってみた、といった感じです。
      resize16224
      つられてコサギやゴイサギもこの木にとまり始めました。
      このような光景が見られたのは、この日だけでした。
      








      

      田植えのため水が張られた田では、この機会を逃すまいと
      いろんな鳥が熱心に採餌しています。
      少し離れた所に、なにやら見覚えがある姿がありました。
      resize16161
      セイタカシギです!
      この近辺での目撃情報は皆無なので、まさかここで会うとは
      想像だにしませんでした。
      resize16159
      長い足で優美に動きます。
      珍しい来客を驚かさないよう、そっと遠くから見ていましたが、
      カメラを構えた私に不意に気付いた様です。
      じっとこちらを見つめてから、何と、近くまで飛んで来ました。      
      resize16145
      まるで、注目されるのに慣れたスタア俳優のように、
      「ほら、アタシをしっかり見てね。この角度でも撮って。」 といった
      様子です。
      resize16146
      本当に優雅で可愛らしい鳥です。  
      resize16147

      resize16148

      resize16150
      独特な雰囲気を湛えた特別な鳥、といった感じがあります。
      思わず見とれていたら、離れた場所にいたケリの何の癪に障ったのか、
      ケリが飛んで来て、空中からセイタカシギを一撃。
      セイタカシギは驚いて、また元いた遠い所に戻ってしまいました。
      resize16152
       私:「何が気に入らなかったの?近くに巣があるの?」
       ケリ:「・・・・・・・。」
      
      セイタカシギはまた、何事もなかったように優雅な様子で採餌を始めました。
      resize16162
      セイタカシギがこの界隈に来たのは、この日1日だけでした。







      田植え準備に入った水田に、今年もケリの姿があります。
      resize16124

      resize16129

      resize16132      
      優しげな顔をした綺麗な鳥ですが、なかなか気が強いようです。
      この時期、田の畦などに作った巣やヒナに近づくトビを、
      けたたましく鳴きながら空中戦で追い払う光景がよく見られます。
      resize16133
      水が張られた水田で、ツグミやムクドリ、セグロセキレイたちが
      大忙しで行き来しています。カルガモも川からこちらの方に移動。
      せわしなく歩き回っていたのはイソシギでした。
      resize16136

      resize16137

      resize16142

      resize16157
      その後、思わぬ珍客が現れました。(2に続く)


      


 







     

      コロニーがある川の本流の、中流域から河口までの間では、
      把握できただけで、冬の間2羽のコサギと3羽のゴイサギが残っていました。
      そのコサギの姿が見えなくなる時期があります。
      毎年のことですが、その間コサギは一体何処に行っているのでしょうか?
      resize16093
      春めいてきた頃、2羽のコサギは再び川に戻って来ました。
      北帰行する前の大ダイサギと一緒に過ごしています。
      resize16094
      夜にならないと見られなかったゴイサギが、
      4月6日、まだ明るい時間帯に川辺に現れました。
      resize16095
      同日夕方のサギコロニー。
      昨年、営巣の中心になった木立に、コサギが2羽とまっています。
      3月中から、数羽のシラサギがコロニーの様子を時々見に来ては
      夕方飛び去っていましたが、この2羽はこの木立を塒にする様子でした。
      おそらく冬季川に残っていた例の2羽でしょう。
      resize16096
      4月8日、一昨年と3年前に営巣の中心になった木立にサギが集まっていました。
      ゴイサギ8羽に、コサギ6羽、チュウサギ2羽の計16羽です。
      resize16102

      resize16100
      チュウサギはこの日初認です。
      resize16104
      去年は例年より一週間早く、丁度この頃に本格的な集合を始めたので、
      いよいよ今年のコロニーの始まりか、と思いましたが・・・・
      翌日サギはいなくなり、次に長時間木立にとまるサギを見たのは12日です。
      resize16106
      コロニーの中州にコサギが5羽。
      resize16108
      一時、大量に枯れた中州の木が、大分復活してきたので、
      以前のように、今年はこの中州が営巣の中心になる気がしていました。

      翌13日、コロニー区間より橋ひとつ下流の、支流との合流点にある
      三角地帯の木立にゴイサギが沢山とまっていました。
      resize16112
      ここの木立は、以前から、コロニー区間で本格的な営巣を始める前、
      渡って来たばかりのゴイサギが集合する場所になったりしてきたので、
      今年もそうかと思いましたが、既に巣を作り始めているらしいカップルもいます!
      resize16113
      日没前になると、コサギやチュウサギも飛来しました。
      resize16115
      どうやら今年は、ここに営巣するつもりのようです。
      resize16116










      冬の間、すっかりお馴染みになった1羽の大ダイサギ。
      春になってもまだまだ居てくれそうな感じでしたが、
      ある日ふいっといなくなりました。
      resize16034
      数日後、かれがいた場所に別の大ダイサギがやって来て、
      しばらく滞在して、またふっといなくなりました。北へ帰ったのです。
      手前は婚姻色になったアオサギ。
      resize16033
      かれらが去って淋しい思いをしている私に、寄り添ってくれたのは
      小さなジョウビタキ。 
      毎日決まった場所でこの子を呼ぶと、ほどなくどこからか飛んで来て
      近くにとまってこちらを見つめるのでした。
      resize15973
      私の何が気に入ったのか分かりませんが、
      散歩やジョキングなど別の人間が通って、しばらく物陰に隠れても、
      またすぐ側まで出て来ます。
      resize15971

      resize15958

      resize15961
      しばらく一緒に過ごした後、私が「もう行くよ」と挨拶すると、
      ジョウビちゃんは自分のテリトリーの外れまで、私に附いて来て、
      お見送りをしてくれるのでした。
      resize15962
      こういう話を人にしても、なかなか信じてもらえませんが、
      確かに種を超えて友達になる、ということは、起こりえます。
      resize15979
      でも、この子も冬鳥。桜がすっかり散る頃にはいなくなりました。
      その後、別のジョウビタキ♂2羽が、同じ場所にしばらく滞在し、
      かれらがいなくなった後に、今度は愛らしい♀が1羽。
      resize15989

      resize15991
 
      resize15993
      夏鳥が渡って来る頃までいました。

 






      

      冬の水鳥は、言うまでもなく寒冷地から秋、越冬のためにやって来て、
      春には繁殖地である元の寒冷地(シベリアやカムチャッカなど)に戻る
      わけですが、遅くに来てわりと早めにいなくなる鳥もいるかと思うと、
      早くに現れ、春になってもまだのんびりしている水鳥もいます。
      そういうかれらは、半年以上を越冬地で過ごすことになり、
      繁殖地での滞在期間がその分短くなるわけですから、
      これでいいのかと、つい要らぬ心配をしてしまいます。
      resize16052
      移動中の水鳥に、春先の一時期、会えることもあります。
      resize16037

      resize16039
      冬の川の華、カワアイサ。
      秋に渡って来たばかりの頃は♀が多く、そのうち♂も増えてきて、
      冬の終わりには、また♀ばかりが目立つようになります。
      その頃残っている♂は、大抵♀とペアで行動しています。
      resize15943

      resize15934
      桜花が開いて散っても、まだ川でくつろいでいました。
      こんなにのんびりしているのは、あるいは繁殖地がわりと近い所(北海道など)
      にあるのかもしれません。
      resize15936

      resize15937

      resize15939

      resize15942

      resize15946

      resize15950
      実は、まだいます(5月下旬)・・・・

                          いっそ夏も一緒に過ごそうか・・?




      





      

      2年ぶりに会ったシマアジ。短い滞在でしたが、今回はつがいでした。
      resize15952
      小さくて、オシドリほどカラフルではありませんが、目立ちます。
      resize15954      
      例年より数が多かったヨシガモは、かなり遅くまでいました。
      resize15891
 
      resize15889
      春、遅くまで居残っているといえばキンクロハジロとホシハジロ。
      resize15929

      resize15920

      resize15940
      春めいてきた頃から、ようやくお馴染みのラッコポーズが頻繁に
      見られるようになったキンクロハジロ。
      resize15921

      resize15922

      resize15925

      resize15927
      キンクロハジロは5月に入ってもまだ姿が見られます。
      早く繁殖地に渡らなくても大丈夫なのでしょうか?
      













      初めに姿を見せるのは♀。きれいな♂成鳥が見られるのはしばらくで、
      そのうち出会うオオジュリンは悉く♀タイプ(♂若も含めて)ばかりになります。
      なぜでしょう?
      私は色んな鳥の♂♀の数のバランスが気になっているのでした。
      resize15700
      
      resize15701

      resize15702

      resize15704
      短い期間ですが、ノビタキも現れました。
      resize15711

      resize15709

      resize15708
      花の季節到来。 
      resize15714

      resize15713
      オオジュリンはひたすら葦の茎をむしり続けています。
      resize15718

      resize15719
      ヒヨもそろそろ恋の季節。
      resize15720



      








      この小さくて地味だけれど、機敏な動きで目を惹きつけるこの鳥が
      まだ芽吹く前の葦原の方々で活動を始めると、川辺に春が来ます。
      resize15721

      resize15726

      resize15727
      ♂は黒い頭が目立ちます。
      resize15729

      resize15731

      resize15732

      resize15692

      resize15693
      萌え出る緑がまぶしい。
      resize15695

      resize15696

      resize15697

      







      春めいてきても、相変わらずのんびりした様子の冬鳥たちを見ていると、
      季節がめぐる速さに、いつの間にか追い越されている事がしばしばあります。
      resize15646
      冬の間会えなかったノスリに、柳が芽吹く直前になってようやく会えました。
      resize15634
      ハチジョウツグミに出会ったのも、春の声を聞いてからです。
      ややこしい場所に隠れていました。
      resize15559

      resize15562
      ミヤマホオジロにたっぷり会えた日があります。
      水浴びする姿をゆっくり見られてラッキー、と思っていたら、その後
      林道の行く手を阻むように舞い降りた1羽。道端で採餌を始めました。
      resize15636
      人のすぐ眼前でひたすら食べ続けています。
      移動してきたばかりなのでしょうか?よほどお腹が空いているようでした。
      resize15638
      この小さな子のお食事を邪魔したくなくて、立ち止まったまま動けなくなった
      人間が4名、息をひそめたまま20分以上、その場でじっとしていたのでした。
      resize15639
      眩しい陽光に、ヨシガモの頭部が鮮やかに輝いています。
      resize15641
      今季はヨシガモの数も例年より多く、かなり遅くまで残っていました。
      resize15642

      resize15643













      この冬は、群でいるカワラヒワにあまり会えませんでした。
      resize15540
      モズが梢で・・・・・・。
      resize15541
     
      resize15429
      春めいてきた日差しに、ムクドリもついウトウト。
      resize15554
      2月下旬、咲き始めた花の蕾をついばむヒヨドリ。
      ヒヨドリは足が短いので、こんなふうに地面に降りていることは少ないですね。
      resize15544
      2月に早くも姿を見せたコチドリ。
      resize15548
      カワガラスはずい分少なくなりました。
      resize15555
      河岸に散歩の人が少ない日、カワセミはくつろいでいます。
      resize15538
      やっと会えたベニマシコ。かなり遠いけれど会えただけでも良しとしよう。
      resize15542
      と思っていたら、別の日別の場所で、すぐ近くまで来てくれました。
      resize15430








このページのトップヘ