風を見る鳥

" L'oiseau regardant le vent " 野鳥の写真、動画館です。

Ce site présente des photos et des images d'oiseau sauvage,
surtout du colonie du héron.
少し前の時期のものを載せています。
サギコロニーの記事は、右の “カテゴリー” 欄の “サギコロニー” から
まとめてご覧になれます。
以前の記事にも、時々動画を追加しています。

      この冬は、群でいるカワラヒワにあまり会えませんでした。
      resize15540
      モズが梢で・・・・・・。
      resize15541
     
      resize15429
      春めいてきた日差しに、ムクドリもついウトウト。
      resize15554
      2月下旬、咲き始めた花の蕾をついばむヒヨドリ。
      ヒヨドリは足が短いので、こんなふうに地面に降りていることは少ないですね。
      resize15544
      2月に早くも姿を見せたコチドリ。
      resize15548
      カワガラスはずい分少なくなりました。
      resize15555
      河岸に散歩の人が少ない日、カワセミはくつろいでいます。
      resize15538
      やっと会えたベニマシコ。かなり遠いけれど会えただけでも良しとしよう。
      resize15542
      と思っていたら、別の日別の場所で、すぐ近くまで来てくれました。
      resize15430








      冬の川のメンバーは、水鳥だけではありません。
      河岸の草むらや川沿いの小さな公園で、多彩な鳥に出会えます。
      resize15427
      渋い色合いだけれど存在感があるシメ。
      resize15409

      resize15411
      通年いる鳥も、枯野ではその姿を見つけるのが容易です。
      resize15426

      resize15424

      resize15414
      冬季に数度は会いたいアトリの群。
      resize15419

      resize15420

      resize15421

      resize15423














      この冬もホオジロガモたちがやって来ました。
      そしてやはり、この冬もホオジロガモたちは♀タイプばかりでした。
      resize15395
      でもその中に、
      resize15377
      やはり♂若と思われる子が混じっていました。
      resize15378
      ♀のように嘴の先が黄色くありません。
      resize15375

      resize15396

      resize15397
      昼間は交互に潜ってばかり。
      ただでさえ日中もどんより薄暗い日が多い地方の上、小さくて地味なので
      波間にすぐ隠れてしまって、なかなか数が把握できません。
      夕方、薄暗くなってからようやく水面に落ち着きます。
      日によって増減があります。多い時は8羽いました。
      resize15401
      上の画像、♂若が2羽いるようです。下は、左端が♂若。
      resize15403
      ♂は次第に胸の白い部分が目立つようになっていきました。
      resize15405

      resize15406
      1月末、顔を隠していますが、実はこの子、頬に白斑が微かに
      できかかっているのです。
      resize15407
      今度の冬は、是非きれいに白黒になって戻って来てほしいものです。









      冬の川の仲間といえば、キンクロハジロが欠かせません。
      resize15327
      河口近くでは大きな群になって水に浮かんでいますが、
      中流域では小さなグループです。
      resize15329

      resize15333

      resize15326
      キンクロハジロとよく一緒にいるのがホシハジロ。
      resize15337

      resize15330
      冬の前半は、こんなふうに眠っていることが多かったです。
      resize15334
      愛らしい♀。
      resize15331
      中流域にいた少数の♂の中で、しょっ中頭を掻いていた1羽。
      resize15320
      高倍率ズームで見てみると、首のところから透明な細かい糸が何本も出ていました。
      テグス糸でできた釣の網が首に引っ掛かって取れなくなった様です。
      それによって首が絞まって今すぐ生命が危ないといった状態ではないように
      見えましたが、こんなものが首に巻きついていれば相当のストレスになります。
      ホシハジロはうるさがって、何とか取れないか頭を回したり首を掻き続けていました。
      resize15323
      こんな不快そうな状態が、可哀相に何日も続いていました。
      外してあげたいと思っても、たとえ岸辺近くに来ても捕獲できそうもありません。
      毎日気を揉んでただ見ているしかありませんでした。
      resize15321
      年末から1月下旬までこんな状態でしたが、その後首に網を掛けたままの
      ホシハジロの姿は見られなくなりました。
      網が無事にはずれたのならいいのですが・・・・・。










      冬の川が賑やかなのは、水鳥たちのとりどりの羽色に加え、
      其々の鳴き声が混じって響き渡るからです。
      コガモやオオバンの声に並んで、この子たちの「ぴゅう」という
      可愛らしい声が聞こえないと、冬の気分になれません。
      resize15187

      resize15186
      こちらは別に声で存在を主張しませんが、居ないとやはり淋しい。
      resize15199

      resize15200
      滅多に声を聞かないし、滅多に姿も見せないけれど、
      やはり冬の川の重要なメンバー、ミコアイサ。
      resize15190

      resize15191

      resize15192

      resize15195
      小さいのにとかく注目を集めやすいので、夕方辺りが薄暗くなってからの方が
      リラックスできるようです。
      resize15194








      川にキンクロハジロやホシハジロが現れると、冬本番です。
      resize15198
      真ん中で丸くなっているのは、カンムリカイツブリ・・・・ではありません。
      ホシハジロ。カンムリよりずっと小さいです。
      冬羽のカンムリカイツブリはこちら。コガモと一緒に。
      resize15213
      冬がかってくると、下流域に増えてきますが、時にはかなり上流にも。
      resize15203
      カンムリカイツブリにも色んなタイプがいます。
      resize15206

      resize15207

      resize15204
      集まっているところを時々見かけるようになったカワウ。 
      resize15188

      resize15205
      冬の間は、河口近くの中州の木を塒にしています。
      resize15209

    









      11月のある日、何食わぬ顔で川面をつつくオオバン。
      昨日も一昨日も先週もそうしていたかのようだけれど、
      冬の川に戻って来たばかり。
      resize15149
      
      resize15150

      resize15151
      昨冬までオオバンがこの川で一番多く集まっていた区間の数は、
      河川工事の影響でずいぶん少なくなりました。
      川面と段差が相当あるコンクリートの護岸が増えると、
      時々岸辺に上陸して草を食べるかれらには居心地が悪くなります。
      この冬はその分、川の方々に小群が分散していました。
      resize15153
      この冬は、近年マガモの溜まり場になっている区間のマガモも少な目でした。
      この区間は工事をしていないのですが、上流や下流の環境の変化が
      影響を与えているのか、川全体のマガモがずい分減ったという印象です。
      resize15154
      12月上旬、求愛モードのカップル。
      resize15156

      resize15158

      resize15159
      マガモ♀は愛らしく、♂の緑色の頭は本当に綺麗です。
      マガモの写真を熱心に撮っている鳥カメラマンを見かけたことはありませんが、
      メタリック・グリーンの頭部にマットな黄色い嘴、紫がかった胸と羽の茶色、
      この配色をため息が出るような美しさで写すのは至難の技なのかもしれません。
      resize15152
      カモ類には交雑種が多いといわれ、
      マガモが混じっていると思われるカルガモにも時々出会います。
      resize15162
      TVの紀行番組や、海外に出かけた人が撮ってきた映像などを見ると、
      マガモの姿がよく写っていて、日本にいるのと同じ顔姿のマガモが
      世界各地に住んでいることに改めて気付かされます。
      では、日本ではとてもありふれたカルガモは?
      その分布を図鑑で調べると、カルガモの生息域はアジアの限られた地域のみ
      なのでした。

      カルガモは通年川にいますが、冬季、仲間が増えるとやはり嬉しそうです。
      いつも呑気そうな顔をしているこの水鳥は、とても性格がいい様に
      私には思えるのです。(もっとも、性格が悪い鳥というのを知りませんが。)
      その種で近くに1羽きりの水鳥がいたとしたら、大抵カルガモが寄り添って
      仲間に入れています。
      (自分より大きくて孤高を好んでいるらしい水鳥に対しては別ですが。)
      他の水鳥が1羽きりでなくとも心遣いをしている様子も見られます。
      resize15161
      上の写真は、岸辺に寄るコガモの♀を守るようにしているカルガモ。

      あまり注目されていないカルガモのことをもっと知りたいと思うこの頃です。
      日常身近にいる鳥の中でもカラスやスズメを研究する人が多いせいか、
      カラス、スズメ関係の本は多く出ていて入手しやすいのですが、
      同じようにカルガモの生態を書いた本は見つからないのです。
      ♂♀の区別や個体識別が出来るようにならないものかと考えているのですが。
      
      

      
      
           
      











      2014年までは、11月半ば頃にコロニーからサギがいなくなりました。
      2015年は、9月上旬にサギはコロニーの近くに塒を移動し
      年末まで少数のダイサギがそこを利用していました。
      さて、2016年度はどうだったでしょう。

      9月下旬にやはり塒を移動しました。
      チュウサギやアマサギが次々渡って行き、コサギとダイサギが主になると
      夕方暗くなるまで塒近くの水辺で過ごし、辺りが闇に包まれる頃
      ようやく塒の木に上がる、というのはそれまでと同じですが
      塒の木立のすぐ側ではなく、コロニーの水辺の方によく集まっていました。
      川の水量と浅瀬の状態、それに釣り人が川のどこに入るかが関係しているようでした。
      一たん塒にとまったコサギが一斉に飛び立ったり、皆いなくなったことが何度かあり、
      探しに行くと、コロニー中州の木立にとまっていたりしました。

      サギが木に上がる頃は、辺りがすっかり暗いので初めは気が付かなかったのですが、
      塒のちょうど向かい、対岸から夕方遅くに川に入る釣り人が1人いて、
      川の中を歩いてどんどん塒の木立に近づいていた、ということが後で分かりました。
      釣具店勤務の人が、釣具を試す為、毎晩川に入っていたらしいのです。
      そういう時は、冬の大ダイサギ数羽だけが、あまり気にせずに塒の木立の中ほど、
      木のの高い場所に残ったままでした。

      塒にしていたこの木立も、あまり落ち着ける場所ではなかったのか、
      日没後のコロニーの水辺から、どこか別の場所にあるらしい別の塒を目指して
      飛んで行く小群も増えてきました。
      塒の木立にとまる数も増減があって、ひとしきり渡って数が減った翌日に
      また増えたりしたのは、渡りの途中の群が合流したものと考えれれます。

      ゴイサギはかなり前から木の下方、水辺近くに潜り込んでいるので、
      日没後、餌取りに出かける為に飛び立つ時の声と、夜空にチラリと見える
      飛翔の数で、どのくらい残っているか判断するしかありません。
      シラサギたちが塒を移動した後も、コロニーに残るものが多く、
      暗くなってからコロニーで飛び立ちの声がよく聞こえました。

      メモより抜粋 (サギの数は特記しない限りコサギとダイサギの合計である。)

      10月23日 日没後、塒に62-64羽とまる。釣り人入りサギ飛び立って残るは6羽。
             コロニー中州に移動したサギ少な目。残りはどこへ? 

      10月24日 コロニー水辺、コサギ中心に40羽+ 夏のチュウダイサギ混じる。
             マガモ、ホシハジロ初認。カワアイサ。
             ダイサギ6羽戻り渡りへ。水辺にいたダイサギ3羽+1羽(チュウサギ?)も
             渡りに加わる。塒にとまるサギ30羽以上。

      10月26日 塒には11羽しかとまらず。

      10月27日 コロニー水辺に次々戻り。南西方向に飛び去るダイサギ小群2あり。
             下流より、上流より戻り、水辺81羽±になる。暗くなってもそのまま。
             塒の木立にはダイサギ1羽のみ。
      
             ・・・・・・・・・・・・・・・・

      11月9日  塒に20羽とまる。

      11月11日 塒に12羽+アオサギ2羽。

      11月13日 塒にダイサギ4羽。

      11月15日 塒に10羽。

      11月17日 塒に9羽。 

             ・・・・・・・・・・・・・・・

      11月23日 塒にコサギ2羽。

             resize15166


      11月24日 塒にアオサギ1羽のみ。ゴイサギの声も聞こえず。
             夜、コロニーのかなり上流の堰上にコサギ2羽じっととまる。 

             resize15167
      この日以降、塒の木立にとまるシラサギはいなくなりました。
      

      











      他のカワアイサがまだ姿を見せない10月、いち早く川に戻って来たコウライ夫妻。
      (奥さんはカワアイサ♀です。)
      resize15027

      resize15028
      長旅の後、馴染みの場所に落ち着いて、初めはとてもくつろいだ様子だった。
      resize15030

      resize15033
      数ヶ月ぶりの再会。私のことも川の環境の一部と覚えているのだろうか。
      挨拶に声をかける度、「ん?」とこちらを見て、すぐに安心したような表情で
      普段の活動を続けるコウライ君。
      resize15039

      resize15040
      カワアイサたちも渡って来て、次第に賑やかになる川で。
      レディースに囲まれ、まんざらでもなさそう。
      resize15037
      彼の周りには、例年通りカメラマンが増えてきた。
      マナーが悪い人間はいなくても、大勢に取り囲まれるのは
      やはり居心地悪そうだった。
      私はコウライ君に出会うと、彼の様子を見て撮れそうな時だけ、
      高倍率コンデジ1500mm程で数枚だけ素早く撮って、
      なるべく早く側を離れることを心がけた。
      他の鳥でもそうだが、その鳥に出会えた嬉しさだけで十分ではないか。
      写真はあくまでも二次的な、メモ代わりのものにしておきたい。
      (時々、小さなビデオカメラが鳥とのコミュニケーション・ツールに
      なることもあるが。)

      彼がのんびりできるのは、天気が悪い日や薄暗い時間帯。
      resize15047

      resize15049
      晴天の週末。
      「朝からカメラに追いかけられてここに逃げてきました。ちょっと一休み。」
      resize15050

      resize15051








      

      紅葉する河岸の公園。
      resize14776
      冬のメンバーが少しづつ揃い始めました。
      resize14780

      resize14790

      resize14936
 
      resize14957
      換羽中のカワアイサ♂。
      resize14791
 
      resize14965
      ある日、川の浅瀬にイカルチドリが何羽も。
      resize14960
      川原の石とほとんど同じ色をしていて目立たない鳥ですが、
      よく見るとそこかしこに沢山いました。
      こんなに多数のイカルチドリを一度に見るのは初めてです。
      resize14785
      どうやら冬越しのために集まっているらしいです。
      resize14784
      ツグミも仲間入り。
      resize14787
      





      晩秋の森には、鳥たちが冬越しするためのご馳走が沢山あります。
      resize14762
      冬、鳥たちは先ず黒い実から食べ始めるらしいのです。
      resize14761
      赤い実はその後。
      resize14766
      小川で水浴びするマミチャジナイ。
      resize14768
      別の水場で、同じ木にマミチャジナイとヒヨドリが交互にとまって
      交代で鳴いていました。
      resize14772
      マミチャジナイはシロハラと群になっていて、ヒヨも群で行動。
      この2つの群が水場の縄張りをめぐって張り合っていたようです。
      resize14771

      resize14767
      森の縁を流れる川には、冬羽のカンムリカイツブリも見られました。
      resize14773











      10月下旬、コロニーのサギが次々渡り、塒に戻るサギが次第に少なくなる頃、
      水辺のコサギは小群でいることが増えます。
      resize14876
      仲間が減っていくのが淋しいのか、ダイサギやアオサギも一緒にいたりします。
      resize14875

      resize14896
      この頃のコサギはよく、活発に動き回ります。
      皆で一斉に同じ方向に歩いてみたり、
      resize14892
      ぴょんと飛び上がってみたり、
      resize14894

      resize14891
      
      resize14890
      塒近くの水辺には、冬の大ダイサギが増えてきました。
      サギたちは夕方コロニーの方の水辺に集うようになりました。
      resize14858
      夏のチュウダイサギも一緒に浅瀬を行き来し、その動作は
      まるで戯れているかのように愛らしく軽やかです。
      resize14864

      resize14874

      resize14869

      resize14872
      日が落ちてかなり暗くなってから、塒の方に飛んでいたのですが、
      そのうち南方向に飛ぶ小群もでてきました。
      渡りの場合もありますが、ほとんどがどこか近い場所を目指す飛び方で、
      塒の木立に戻るサギが更に少なくなっていきました。
      (暗くなって南に飛ぶ群が渡りでないことは、翌日また相当数のサギが
      水辺に集まっていることから分かります。)

      何処かに別の塒があるようでした。
      コロニーの南にある緑地や川の支流を探してみましたが、
      その“別の塒”は、ついに見つけられませんでした。


      





   

このページのトップヘ