動機のない人

※久しぶりに、長い記事を書こうと思う。根気のある方は最後までどうぞ



新しい仕事を始めて
沢山の人と一緒に仕事をしていると、様々な動機で働いてる人達の背景が見えてくる。
生きていく為には最低限の収入が必要だから、自己の利益(給料)への執着があるのは当然のこと。でも…

仕事=金
金持ち=幸福、
幸福=全ての欲求が満たされる事

そう思っている人が圧倒的に多い事に、もうね、驚くばかり。。。
開いた口が塞がらない




ではそれら“収入”という条件を除いて考えた時、それこそが
今日のテーマになる。

『なんでこの仕事を始めたの?』

と言われたら、みんな何て答えるのかな………もちろん、稼ぐ為という回答以外で。

・趣味の延長上
・業界に対する興味
・誰かの役に立ちたいから
・賞賛(上司や部下、お客様etc)
・職場の条件(雰囲気、駅近くetc )

大まかに、そんなところかしら?




私はね、いつもこう答える。
『厳選した結果、この仕事にたどり着きました』
これは表向きの言い方。曖昧かつ悪いイメージもないからね

『だって、消去法で考えたら、これしか無かったんだもん』
なんて…と、とても言えない

都内には何百・何千種類という職業が存在している中、
高校時代にコンビニでのバイトを少しと、約12年にわたるAV 女優としての仕事しか知らなかったから、新しい仕事を始めるだなんて
どうしたらいいかも分からないし
出来る自信も無くて……

更に病気に苦しみながら
新たな仕事を探し
そして決めるまでは
とても長い時間がかかった。




そんな中で絞り出した仕事は
私の中では『消去法』なの。

美容やエステ関係、飲食、デザイナーやイラスト関係、技術職、保育
それらも候補に上がったものの
どれも想像するだけで辛かった。。。
きっと病気の影響もあるけれど、
今の私には“生産する事”や“物事への興味”と“欲求”といった大事な部分が消失しているからね

正直、動機自体は存在しないけど
面接の時には正直にお伝えしたの。
『~以上の理由から、今の私には、この仕事しか出来ないんです』

…と言ったら、

『いい意味で、変わってますねw 』

笑顔で採用して下さったの。





動機や目的がなくても
仕事はできるらしい
嬉しいとか、悲しいとか
欲しい、欲しくないとか
全ての感情と欲望を一旦無視して考える。

そうすると
余分なものが削ぎ落とされて
とてもシンプルになり、
大切なことも
なんとなく
見えてくる気がする

映画【SCOOP!】

9aaa7a37.jpg

cf4c1f60.jpg

10/1から公開されている映画スクープ!
公開初日に私の友人が二人で観賞してきたみたいで、LINEをくれました。冒頭の開始5秒から、笑いをこらえるのが必死だったみたいですw

そして、作品を見終わった後、とても感動して(泣いて鼻をかんでたらしいw)すぐには立ち上がれなかったと言っていました。




本作品の圧倒的な世界観は、“衝撃的”だと思う。役者さんの実力とその人間力、監督をはじめ、優秀なスタッフ皆さんが強く強く映画を美しく造り上げていると思う。
エネルギーの塊だ。



もしも、いつか私が役者を辞めるときがきても、これからもずっと
映画だけは好きでいたい
単なる趣味ではなく…
映画が無くてはきっと
生きていけないような気がする

約2時間の世界に完全に引き込まれている間は、夢中でセックスをしている時と同じくらい
快感なんだもの

表参道でランチ

39fba68a.jpg

0e22b1d1.jpg

fbeb764c.jpg

10eb5562.jpg

4e000b14.jpg

60431f68.jpg

すごく久しぶりの投稿になり、
すみません…(/。\)

Twitterで載せきれなかった写真たちを、こちらにまとめておきますね♪
幸せな時間を
おすそわけ~

。.:*:・'°☆。.:*:・'°☆。.:*:・'°☆




livedoor プロフィール
最新コメント