UYANのフィールドノート

野鳥に焦点を合わせ、四季のうつろいを楽しむ鳥見人の記録

オグロシギの少群が飛んできました。
ogurosigi1809_00001_1217
シチメンソウを背景に飛ぶハマシギ
hamasigi1809_00002_1218

hamasigi1809_00003_1219
シギの群れの中でも、エリマキ顔はよく目立ちます。
手前の小さい方は雌。大きさが随分違います。

erimaki1809_00004_1220
カラフトアオアシシギを探しまくって、ようやく・・・。
karafuto1809_00001_1221
翌下面が白いです。
karafuto1809_00002_1222
シギ三種。
中央、ヨーロッパトウネン。左奥はヒバリシギ。右、ハマシギ。

yoronen1809_00003_1223
ヒバリシギ。
長い中趾が見えます。

hibarisigi1809_00004_1224
キリアイがハマシギの大群の中に混じっていました。
kiriai1809_00005_1225



ダイシャクシギとホウロクシギが行動を共にしていました。
左がダイシャク、右がホウロク。

daihou_00001_1213

daihou_00002_1214
まるでつがいのような雰囲気の二羽。
daihou_00003_1215
鳥の姿が少なくさびしい海辺ですが、しばし楽しませてくれました。
daihou_00004_1216

相変わらず暑い日が続いています。
丘の上の鳥待ちも、日蔭を選んでじっと我慢の時期です。
この日は、カラス、トビに続いてこんなのが・・・。
ハヤブサ幼鳥のようです。

hayabusa180831_00002_1210
ネムノキの花期はとうに過ぎていますが
わずかに残った花の傍に来たサンショウクイ。

sansyoukui00001_1206

先端の花は残念ながら枯れていました。
sansyoukui_00003_1211
アラカシでしょうか。
ドングリがたくさんなっています。

sansyoukui_00004_1212





サンショウクイの特徴的な鳴き声が聞こえてきて
幼鳥がたくさん混じった群れが飛来しました。

sansyoukui180820_00002_1207
木々についた昆虫類を探して食べているようです。
sansyoukui180820_00003_1208
セキレイ科の鳥のようなスマートな体型なので
「やませきれい」という古い名前もうなづけます。
sansyoukui180820_00004_1209

近くの丘へ上がって、久しぶりの猛禽を待ちです。
hatikuma180819_00002_1203
この日、唯一の撮影チャンスは、ハチクマ雄成鳥でした。
hatikuma180819_00003_1204
もう一度出るかと期待したのですが、それは叶わず。昼前に撤収。
帰ってから、大谷選手の代打スリーランを見れたので良かった!\(^o^)/

hatikuma180819_00004_1205

↑このページのトップヘ