海外出張の旅費規程

海外出張の場合、会社によっては「海外出張旅費規程」が定められている場合があります。

この規定は会社の命令で海外に出張する際にかかる旅費や手続き等にかかる費用について定められたものです。

規定の内容によっては、差額が個人的なものだと判断され、自己負担等が求められることもあるので注意が必要です。
俗に言う自腹です。会社の命令で海外に出張して、知らなかったがために自腹を切らされるってばからしいですよね。


海外出張旅費として定められるのは基本的に以下の6つがあります。

 1.赴任支度料 
 2.日当
 3.宿泊費
 4.交通費
 5.荷物輸送諸費用
 6.渡航雑費

となり、「4.交通費」については、これらはもっとも運賃の安い経路を選ばねばならず下準備も必要でしょうし、航空機でも使用できる等級は決まってくるようです。
また、同じエコノミーでも、旅行会社によっても料金金が違ってきますし、同じ目的地でも航空会社によって異なってきますので注意が必要です。


「5.荷物輸送諸費用」については、出張が長期におよんだり季節等の温度条件によって携帯する荷物の輸送料金を請求できるというものなどをいいます。

「6.渡航雑費」については、パスポートを取得する際の印紙代金や各種証明書取得の際にかかる手数料に対しても料金が請求できるようになっています。

会社によっては、渡航の前にお金を支払ってくれるところもあるようですが、多くは帰国後一定期間内に旅費規程に沿って精算の後、定額の支給かもしくは実費の支給かに分かれお金が支払われるようです。

いずれも旅費をつかう際にレシートや切符の半券などをなくさないように整理しておくとよいでしょう。また領収書をもらえない場合でも、自分で作成したものにサインをもらったりする必要があります。



hossyj3 at 15:47|Permalink海外出張に関するいろいろ