大切な家族が癌、ましてや末期癌と診断されたとき、普通の人でしたら、いろいろな心配事、
不安な事で頭がいっぱいになってしまうことでしょう。
「まさかうちの人に限って」
「末期癌だなんて、本人にはどう話そう」
「今後、どんな治療が生活が一番いいのか」
などと、悩みはつきません。
 
末期状態の癌と診断された場合、残念ながら、
診断された時点で厳しい状況だということを家族として理解することが重要です。
大切なご家族が「末期癌だとは絶対に受け入れない」
「奇跡が起こることを信じて治療を続ける」などと考えることで、
患者さんとの残りの時間を無駄にしないことが大切でしょう。
 
末期癌という診断を受けたとしても、まずは少し気持ちを落ち着けて、
患者さんが納得のいく療養生活を送れるように、また、残りの人生を楽しんで過ごせるように、
家族としてじっくり対策を練ってみるのはいかがでしょうか。
 
そこで選択肢の一つとなるのが、ホスピスです。
ターミナルケアとは、末期癌(がん・ガン)などに罹患した患者に対する看護のことです。
ターミナルとは「終末」という意味を表します。
ターミナルケアを専門に行う施設がホスピスです。
 
ターミナルケアでは、主に延命を目的とするものではなく、
身体的苦痛や精神的苦痛を軽減することによって、
人生の質「QOL」(※注1)を向上することに注力され、
医療的処置(緩和医療)に加え、精神的側面を重視した総合的な措置を中心に行います。
 
ホスピスとは、主に末期癌(がん・ガン)患者に対して
緩和治療や終末期医療(ターミナルケア)を行う施設のことを言います。
 
自らの意思と選択にもとづいて最後の時までを少しでも快適に生き、
その結果として、安らかな尊厳に満ちた死を迎えたいと、
自ら望む末期のがん患者さんをサポートするのがホスピスであり、
終末期医療(ターミナルケア)の理念です。
 
患者さんには、抗がん剤などの強い治療は行わず、
主に麻薬を使用する「痛みのコントール」と、精神的・社会的な援助を行いながら、
死が訪れるまで、生きていることに意味を見出せるケアが施されます。
 
ホスピスの優れている点は、まず医者やナース、スタッフの数が圧倒的に多く、
患者さんひとりひとりに対するケアが手厚く行き届いていることです。
それだけに、きめこまやかな看護と痛みをとる点では一番だと言えます。 
ホスピスと一般病棟との大きな違いは、検査や治療など症状の改善を中心に考えるのではなく、
身体の痛みや身体のだるさ、辛さ、
といった患者さんが不快に感じることを最大限に減らすことを優先においているところです。 
 
治療や検査がまったくないというわけではありませんが、
病院側からの一方的な押し付けなどはなく、
十分な説明と患者さんの納得があった上で受けることができます。