星の経営塾

商品の使い勝手の紹介です。

デジタル素材販売ID里山フォッター7年で掲載数2000枚に近づきました。
先月までの掲載数1980枚今月の応募数50枚で5割は合格すると思うので、
まづ間違い無く2000枚は超えるでしょう。



三陽メデアフラワーミュージアムの写真が30枚に近い中、
海岸の写真を7枚入道雲の写真3枚などで50枚応募の応募です。
結果は2000枚を何枚超えるでしょうか?
残念ながら売り上げ枚数は55枚です。

5月のNGホームページ
里山フォッター4月のNG写真ホームページ
デジタル素材販売OK紹介のホームページ
里山フォッター陳列サイト
今年のツバメ情報

久しぶりに検見川浜へ散歩に行きました。
コアジサシの飛来情報の確認もしたいので、検見川浜です。
コアジサシが来ているとアマチュアカメラマンが来ているのですが、
今日は2人の千葉市の担当の方が来ていました。



6月24日のふれあい観察会の下見でしょうか?昨年は18日でしたが、
潮の関係で少し遅くなったそうです。
今抱卵している卵は孵ってしまうでしょう。その後別のコアジサシが
来て抱卵してくれると観察会の時コアジサシ抱卵が見られます。


5月19日確認コアジサシ
千葉市の鳥コアジサシ繁殖応援
9年ふれあい観察会
14年稲毛海岸検見川浜コアジサシ
コアジサシ

今月も成績が良く有りません。気落ちして整理するのに時間が掛かりました。
何時も5日応募開始で2〜3日で応募して、1週間がたつと概ね成績発表です。
15日には成績が分かっていたのに、整理に1週間も掛かってしまいました。



この写真は花見川河口で4月24日撮った写真です。寒い間は
頭も白いユリカモメが、北へ帰る間際には、こんなに黒くなっています。
いわゆるユリカモメの夏毛です。合格した24枚には三洋メデアフラワー
ミュージアムでの写真が15枚も入っています。

5月のNGホームページ
Woodlanndフォッター5月のNG写真ホームページ
デジタル素材販売OK紹介のホームページ
WoodlandPhotoer陳列サイト
花見川河口4月24日

千葉市の鳥コアジサシ・市内での繁殖応援のため検見川浜に
虎ロープで囲った場所があります。毎年市の職員さんが囲っています。



今年も囲いが出来ています。4月末から8月初めまで設置されています。
昨年6月初めと8月に雛が旅立っているのを確認されています。
この営巣囲いを見学するふれあい観察会が6月中旬に有ります。


千葉市の鳥コアジサシ繁殖応援
16年抱卵確認
9年ふれあい観察会
14年稲毛海岸検見川浜コアジサシ
コアジサシ

千葉市の稲浜ショップに今年もツバメが来ています。
昨年までは店舗入り口看板が照明付きで幅が有ったのですが、
今年看板が付け変わり照明無しになり巣作りには向か無くなりました。



そこで2箇所にツバメ向きの巣作り用の棚を付けています。
それでいまの所3箇所のスピーカーに巣作りの準備をしています。
今年もツバメの巣作りを追いかけます。出来たら稲毛海公園での
巣作り材料の場面も写真に収めたいものです。


今年初めてのツバメの情報
昨年5月12日ツバメの子誕生確認
イワツバメ
ツバメ
巣作り材料採取

もう冬の渡り鳥は国に帰ったかと思っていました。
昨日久しぶりに花見川河口まで1万歩の散歩に出かけました。



去年は4月6日に花見川河口に行っています。
一昨年は4月16日に散歩に行っています。今年は4月24日に
花見川河口に行きました。もうヒドリガモ、オナガガモ、コガモ
などのカモ類は既に国に帰っています。


花見川河口4月24日ユリカモメ
16年4月6日花見川河口
15年4月19日花見川河口
ユリカモメ
ヒドリガモ

3月は同じカメラで応募しているID里山フォッターが
PICTA初めての全数合格を非常に喜んでいました。
同じカメラでのID違いのWoodlandフォッターも全数合格を目指し
応募日には厳選して150枚ストック写真の中から
30枚しか応募しませんでした。応募日から雨が続いたいた事も有り
その後5日がたって20枚を応募し50枚応募が完了しました。



その結果は散々でした。NGの理由はいつもの通り不鮮明です。
NGの枚数は、29枚でした。OK写真が21枚だったということです。
もう帰ってしまったユリカモメの写真は8枚有り全てNGと言う結果です。

4月のNGホームページ
Woodlanndフォッター4月のNG写真ホームページ
デジタル素材販売OKのホームページ
コウボウムギ
稲毛海岸から稲毛海浜公園春

里山フォッターだけで無くデジタル素材販売他の4ID含めて
初めてのオールOK他のIDでもこんなことが起きると良いですが。



千葉市泉自然公園でカタクリを見に行った時撮ったタチツボスミレです。
泉自然公園で撮ったカタクリの他ジロウボウエンゴサクと言う珍しい花も
応募出来ました。全数合格がとても嬉しかったので応募作品OKのページを
作りました。今までNGになった作品のページを作っていましたが、今後は
OKのページも作ります。これで売り上げアップが期待できると思います。

デジタル素材販売OKのホームページ
デジタル素材販売OK里山3月のホームページ
NGパレット2月のホームページ
泉自然公園カタクリ観察17年
泉自然公園カタクリ観察16年

千葉市の高洲スポーツセンターがいよいよ明日オープンです。
スポセンの中に興味がありませんが、その外側の花畑を任されたので、
まづは土作りです。一人土作りのプロがいるので、大助かりです。
こんなに本格的に土作りがされるとは思いませんでした。



フエンスとサクラの間にコンクリートの踏み石を置いています。
これを置くと植えるスペースが少なくなると思いましたが、
サクラの木の間が結構広く充分草花を植えるスペースが有ります。
今日このサクラも開花を確認しました。
このコンクリートの踏み石旧高洲プールの裏の踏む石を移動した
物です。

スポセン裏花畑土作り2
こじま花の会ホームページ
スポセン裏サクラ開花
スポセン裏花畑土作り1
赤いそばで花文字

何時もだとオランダミミナグサ、ハコベ、カラスノエンドウと
色々写真が撮れるのですが、今年はホトケノザとヒメオドリコソウの
写真しか応募出来ませんでした。応募初日のストック写真は3枚しか
有りませんでした。



この写真名はホトケノザの写真です。春の七草ののホトケノザは
コオニタビラコでこのホトケノザでは無い。これは食べられ無い。
応募開始から2日間で撮った写真で今月も成績は期待できません。


WoodlandPhotoer陳列写真
NGパレットTOP
ホトケノザ
オランダミミナグサ
ヒメオドリコソウ

このページのトップヘ