昨日の釣行めんつはこのときのT氏とN氏、そして初対面のA氏でした。
シロギスの投げ釣りです。
早朝4時半に現地合流。まだ真っ暗。
雑談しているうちに白々と明け始めて釣り開始。
最初のポイントではA氏ばっかり釣れて、他はさっぱり。
私はイシモチ一匹。
8b0816fc.jpg

キスらしきアタリはあったんだけど、うまく乗せられなかった。
N氏は私の指導のために、根がかりのない場所に来ていたから釣れなかったのかもしれない。
A氏が釣っていたポイントは根がかりがあり、海の中の状況を熟知した人じゃないと仕掛けを失うだけっぽい。
ベテランT氏も何やら不調。

ポイント移動。

0d02ed07.jpg



・・・なんかすっごいテトラ。

あのう・・・私が目いっぱい投げてもテトラを超えるのがやっとのような気が…。
取り込むにはテトラ帯の先端までいかないと…。

積み上げられた大きなテトラの下を覗き込む。

隙間から見える海面まで2m以上ありそうなんですけど。。。

隙間に落ちたら、良くて骨折。悪けりゃ…。
N氏はひょいひょいとテトラを渡り歩く。

「来れる?」
「無理ですぅぅ(泣)」
「だよねーwww」

想定内ですかそうですか^^;

そんなわけで、N氏のロッドを使い(私の投げづり竿では短くて飛ばない。)、
N氏がキャストし、N氏が糸ふけを取り、
私がさびき、N氏が取り込むことに。

昨日の釣行は実はまるで女王様の釣りだったのです^^;

餌は自分で付けましたが、魚を針からはずすのもやってもらってしまった^^;


ときどきA氏も投げてくれました^^

お二人とも、150Mとか飛ばすんですよねー。
キャストのとき、すっごくカッコいいです。
コツとか教えてくれるんですけど、理屈はわかるけど…出来ない…

ゴルフとかだってそうじゃん?
逆上がりだって縄跳びだって跳び箱だって……。
言われた通りにできるんなら小学校の体育で通知表『1』を取るようなことはありませんでしたよ(×_×)。

そんなわけで、私は一生懸命さびきました。
150メートルさびくのって長いんですね。
自分で投げるとすぐ巻き戻せるのに。
だって20メートルくらいだから。

ロッドも長く、リールも大きく、これまで自分で使ってた物と比べるとかなり重く、
さびくだけでも慣れるまで大変でした。


最初のうちはメゴチ祭りで、皆さんメゴチいらないというので、ほとんど私が貰ってしまいました。
なので昨日の画像のお魚のうち、私が釣ったメゴチ(黒っぽくて平べったい魚)は何匹でもありません^^;
でもキスとイシモチは自分で釣ったんですよ!

いや、正確にはキスは自分で釣ったとはいえないかもしれませんが…^^;

でも私のさびき方や餌の付け方が良かったから釣れたのかもしれない!
ってことでやっぱ私が釣ったってことにします。
↓21センチのキス
7ad9102d.jpg

サイズは測らなかったけど、結構大きかったメゴチ。
539caed1.jpg



T氏は途中肘を痛め、悪化させないように納竿してのんびりしてました。
それにN氏も10日も前から右胸部を痛めているそうで・・・
なのに私の分も投げてたから、普段の倍も投げたわけで。

もしかしたら悪化してるかも知れません^^;

いつか、立原ほたるの被害者の会が結成された暁には、
N氏が代表になる気がします^^;

なにやら昨日の釣行は強風に泣いた前回のリベンジで、私に釣れる楽しみを知ってもらいたい、
みたいなテーマだったそうで。
海底の凸凹と、魚のアタリの違いとかも感じてもらいたいとかで。


釣り関係で仲良くなった方々は、
なんだかものすごくいい人ばっかです。

ド素人と関わるってことは、『釣り日和&休日』という貴重な一日を、
自分のやりたい釣りより素人指導を優先してくれるってことだもんね。


※画像からポイントの場所が分かっても、そこを特定できることは書かないでください。この記事をどこかの掲示板等に引用した場合も同様です。画像直リンは禁止させていただきます。