1/9に予定していた
『磯・投げ情報』大人気企画“堤防ウォッチング”の見学を兼ねた釣行が師匠の仕事の都合で8日になったわけで。


面子は投げ釣りのN&A師匠。

ターゲットはシロギス。
餌はジャリメ。

00:43に師匠が迎えに。
支度間に合わずちょっと待って貰う。
館山自動車道を南下し終点からもしばし南下し、某港着。

お目当ての、磯・投げ情報12月号『M様の釣りBより』を読もうとしたけど、
目のピントが合わなくて読めないという謎の現象が起こる。
メガネなら外せば読めるんだけど、いかんせんコンタクトレンズ。
なので「家で読む!」と、マイバッグに収納。
あげると言われてないけど貰うことにした。

師匠達は仮眠。
デリケートな私は家じゃないと眠れないので必死で時間を潰す。

夏場ならちょっと雑談しているうちに朝マズメになるけど、
真冬の朝マズメは遅い。

だったら、師匠ってば、ご自宅で寝て、4時過ぎくらいに江戸川区を出てもいいんじゃね?
その方が楽じゃね?

などと、おとなしい私には言えず…。

7時近くにやっと明るくなり開始。
私が最初に小さなハゼを釣る。
e9b53cb4.jpg

今年の初釣果。
リリース。

冷え込んだのは朝方までで、風が無いため9時くらいから大分暖かくなる。
暖かいっても冬だから暖かいわけで、
夏にこの温度だったら地球レベルでパニクるくらいの寒さだと思うの。


移動。

移動。

困ったときの某港。
私が自力で上がれない某港。
消波ブロック帯があり自力では投げられない某港。
取り込みも出来ない某港。

そこで前回の記事の釣果。
N師匠6、A師匠5、私5。
流れ的に言うまでもなく私は全て両師匠に投げてもらった。

港内にアイナメ(だったかな?)らしきものが居て、
それが釣りたかった。
どうやったら釣れるのかな。
でも港内釣り禁止。
いろんなお魚を釣りたいなあ。

ここに15時くらいまでいたんじゃないかな?
N「もうそんな時間?早え〜」

多分釣り始めが遅かったからそう感じるんだと思うの。

気弱な私は、敢えて言わないけど。

で、
最近人気の土産物屋→ばんやでお風呂とごはん→ザ・フィッシュ→木更津のキャスティング→市原の上州屋→うち。

これで今期のシロギスは終了。
当分彼らと会うこともないわけで寂s(略)

帰宅してN師匠の正月旅行土産を肴にA師匠のお年賀の酒で至福の時間を堪能しつつM様(略)を読んでM様に苦情をツイート。

シロギスとメゴチを捌いて爆睡。