SABORIBA ―さぼりば―

微妙な漫画家 立原ほたる の愚痴と弱音と言い訳ブログ
・タイトルをクリックするとTOPに戻ります。
・ブログ内で使用している画像・動画の無断転載は禁止です。

アクアリウム

鮪の卵って1mmくらいなんだそうです。
マハゼの卵が見た感じ0.5mmくらい
3mにもなる魚の卵と、頑張っても25cmの魚の卵の大きさが、
そんなに変わらないとは。

うちのマハゼは体長4cmほど。
でも1年飼っているので成魚なんですね。

マハゼは産卵すると死んでしまうと聞きますが、
うちのマハゼは生きてます。
1匹見当たらなかったのですが、
サザエの殻に隠れてました。
滅多に出てきません。
もしかして卵を守っていたりして?

サザエの殻は、6月のシロギス沖釣り大会で釣りあげたものです。
中にタコが入ってました。

水槽の稚魚はもういなくなってしまった。
そして一昨日からバチ抜けが始まってます。
1匹ですけど。

大きなハゼが居たころに餌として入れたアオイソメかジャリメが生き延びたもので、
今ものすごい勢いで泳ぎまわってます。

そういえば、
私の水槽管理はかなりずさんなので、
以前、敷き砂の下に泥状のものが結構あったのですが、
今は綺麗です。
イソメかジャリメが綺麗にしてくれたような気がします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現時点で5匹いるかいないかという状況(´・_・`)
このエントリーをはてなブックマークに追加

※この記事には大きな誤りがあります!産卵したのはマハゼではなくアベハゼでした!
記事は修正しておりません。ご了承ください。


昨年の今頃、1センチくらいの小さなマハゼを近所の川から連れ帰りました。
あれから1年。
あまり大きくならず、まだ4〜5センチくらいです。

そんなマハゼが、卵を産みました。
今日気付きました。
卵を守るマハゼ

分かりますか?
カキ殻の内側に小さな粒粒がたくさん付いているのです。
粒粒一つ一つの中にはもっと小さな黒い点がありました。
マハゼもいます。卵を守っているようです。
それはオスの役目だそうです。
尾びれをハタハタさせて新鮮な水を卵に送り込んでいました。

そして・・・孵化!
孵化したばかりのマハゼと牡蠣殻の内側の卵

稚魚が分かりますか?
体長は1ミリほど。

現在30cm×45cmの水槽内には無数の稚魚がピコピコと泳ぎ回っています。
マハゼ孵化


そして・・・
仲間のハゼがパクリパクリと・・・TT
親ハゼも食べてるかもTT

他に水槽は無く・・・全部食べられちゃうかも・・・。
それに稚魚の餌ナイし。

しかし・・・こんなズサンな汽水アクアリウムでよくぞ・・・(・・;

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝、水槽を覗いたら、一番大きいチチブが底に横たわっていました。

頭とヒレだけ黒くて体は真っ白。

数分前に父が見た時は生きていたそうなので、死んだばかりのようでした。

飼い始めた頃は他のチチブを威嚇しまくってたのに、晩年はめっきり大人しくなってました。
食いしん坊だったのに、ここ数日は食欲もなく、右の目が白くなっていて、そろそろなのかな?
って覚悟はしてました。

飼い始めたのは9月。
既に6〜7センチくらいにはなっていたから、
1年と言われる寿命はまっとうしたんじゃないかな。


体長は11センチを超えていました。

庭に埋め、合掌。



ありがと。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

温かくなり、チチブもイダテンギンポもとても活発になった。
エサを良く食べる。
冬の間は、キューブの冷凍アカムシを一日おきに一個って感じだったけど、
今は1日2個。
もしかしたら足りないかもってくらい、あっという間に食べちゃう。

アカムシとは、ユスリカの幼虫です。
色は赤く、体長15~20ミリくらいで細〜いミミズみたいな形をしています。

先日、
一番大きいチチブのお尻の穴から妙に太くて黒いフンが出ていて、
それがお尻からポロリと外れたとたん、別のチチブがパクリ。

直後、

「?うわ!ウンコだった!!!」
とばかりに吐き出しまして、
すると、吐き出された勢いでそのフンがバラバラとほぐれまして、
“黒いアカムシ”状態で水中に広がり、
それらをまたエサと間違えてチチブ達が食いつくのです。

んで、すぐに
「?うおっ!!ウンコ!?」と、ペッと吐き出す。

フンをした本人まで食いつき、
「?うぎゃ!これウンコ!?!?!?」
と・・・。

やっぱエサが足りないのかな。

底のカキ殻をどけると、何か小さな生き物がシュシュッっと逃げます。
たぶん、前にいたスジエビっぽいのが産んだ子供たちだと思う。
チチブのフンは彼らが何とかしてくれるんじゃないかなと思ってる。
数ミリのカニもいるし。

スジエビじたいはいつの間にかいなくなってしまった。
多分誰かに食べられてしまったのだと思う。


2009年11月のチチブたち(画像)
このエントリーをはてなブックマークに追加




いつもハゼ釣りに行っている川とは違う川に行って釣りました。
かなり海に近い河口域ですが、一応汽水らしいので、
水槽に入れることにしました。

通りすがりのおっちゃん曰くギンポの仲間だそうで、
ネットで調べてみたところ、
イダテンギンポに似ているような。

足が速そうな名前ですね。

歯が強いそうで噛まれると痛いとか。
どうりで針を外すのに苦労しました。

さて、水槽に入れたところ、
気の強いチチブたちが、何故か意地悪をしないんです。
相手の方が強いってわかるのかな?

一方、新入りギンポはマイペースです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

最初に飼ったハゼたちが(おそらくウナギの毒が原因で)バタバタと死んでしまったため、
水を換え、新しく釣ってきたハゼを入れました。

で、翌日、ふと、水槽を見ると、

なぜか・・・


アメリカザリガニ と 磯ガニ が!



犯人は息子しかいません。
なぜ入れる・・・(T_T)

アメリカザリガニは一匹。
水槽を覗き込む私に大きなハサミを揚げて威嚇してます。
磯ガニも甲羅が4センチくらいのが3匹。


息子は「大丈夫だろ〜。」って言ってるけど・・・。


その日は仕事で、夜、家を空けてしまい、
帰宅して水槽を見ると、ハゼたちは無残な姿に…。

内臓が無い…ぞぅ…(T_T)




息子とよく話し合い、ザリガニと磯ガニは追い出しました。
カニは水槽のお掃除屋さんになってくれますが、
甲羅(?)が1センチまでの小さなカニだけと約束。


そして、新たな仲間を捕りに行きました。
釣りじゃないんです。掬いに行ったんです。

大潮の干潮時に現れる干潟の窪みの水たまりに取り残されたハゼの稚魚たちを。

体長1センチ〜2センチのハゼを15匹くらい捕まえてきました。
最初はどこかに隠れていて見えなかったんだけど、
最近はよく姿を現わすようになりました。




これでも大分大きくなったんです。
成長、早いです。
自分と体調が同じくらいの赤虫を咥えてモグモグ食べる姿はとてもかわいいです。





画像にはないけど、小さなエビも一匹います。
甲羅が5ミリくらいのカニも2匹いるんだけど、姿が見えません。
たぶんどこかに潜んでいると思います。

今度こそ、長く育てたいと思います。

ハゼは1年魚だそうですが、
今、稚魚なんだから、来年の夏まで生きてくれるかもしれないです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

水槽のハゼ達がバタバタと死んだ原因はウナギかもしれない。

息子がネットで調べたところ、ウナギのヌルヌル粘液には毒があるそうなのです。

ウナギを水槽に入れたのが7月28日。
ハゼ達の餌の喰いが悪くなったのが、その10日後あたりか。
水に徐々に毒が溶け込み、限界が来て、バタバタと死んでしまったのかもしれない。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

何がいけなかったんだろう(ρ_;)

もともと凄く大人しくて、長老みたいな貫禄がありました。

寿命だと思いたいけど、こう立て続けだと・・・。
やっぱ私の飼い方が悪かったのかなぁ・・・。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ一週間ほど、マハゼ共々、餌の喰いが悪く、元気が無くなっていた。
ギルは、水槽内を我が物顔で泳ぎ回っていたのに、フェイク水草の間でじっとしていることが多くなり、
チチブは、元々は真っ黒だったのに、かなり色が薄くなり、
攻撃的だったのにめっきり大人しくなっていた。

8月5日に8Lほど水換えした際、すこし海水成分を濃くしたからだろうかと、
薄くしようとした矢先でした。

真水にかなり近い状態で元気だったんだから、そのままにしとけば良かった。



チチブとギルは庭に埋葬しました。

一週間ほど前に釣って、水槽の仲間になったボラ(12センチくらい)は元気です。
最初はギルにいじめられていたので、もしかしたら今はホッとしているかもしれない。



でも、跳ねる習性のため、水槽の蓋に激突し、口と頭が傷ついてます。


ウナギは未だに何も食べていません。
採取した個体だと、長いとひと月以上食べない場合もあるらしく・・・。
そんなんで大丈夫なのかな?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

最初は3〜5?位の綺麗な砂利を入れていたのだけど、
シジミやらなんやら、お掃除要員として貝を入れるため、
潜る場所があ必要だろうと、100円ショップでヤドカリ用の細かいサンゴ砂を購入。

洗って水槽に入れるのですが、
既に水が入っている中に入れると、散らばってしまいそうです。

そこで考えたのが・・・

砂をボウルで洗う。

リードクッキングペーパーを敷いた小さめのザルにあける。

ペーパーで砂を包み込むようにする。

ザルごと水槽に入れ、そぉ〜っと包みを底に置く。

そぉ〜っとペーパーを外す。

これで、水槽内に撒き散らすことなく砂を足せます。
一度に大量にやろうとすると、リードクッキングペーパーが破けるので注意です。
100円ショップで買える一袋の量(400gくらい)が丁度良いです。
一気に大量に砂を足したい場合は、布きんや手ぬぐいを利用するといいかもしれません。
試していないのであくまで「かもしれない」ですが^^;


んで、
こうして気を使ってそぉ〜っと入れた砂を、
元気なハゼたちが、思いのままに撒き散らすのでした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




吸盤というよりも、ヒレです。
ヒレがまぁるくなって吸盤のような役割をしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

7月12日から、ハゼを飼ってます。
最初はマハゼだけだったんだけど、
今はマハゼ6匹+α、チチブ一匹、ウロハゼ一匹、ウナギ一匹、
石巻貝2匹、豆ガニ2匹、シジミ5匹、カキ数匹、フジツボ数十個、
なんか知らない二枚貝2匹。
そしてなぜがブルーギルが一匹います。

マハゼ ウロハゼ チチブ

半分に割った植木鉢の中にいるのはウロハゼの『親びん』です。
マハゼと比べて頭が大きくずんぐりとして貫禄があるのです。
植木鉢の上にいるのはチチブです。
最初は真っ黒だったんだけど、最近、上半身の色が薄くなってきました。
縄張り意識が強いのか、マハゼが近づくと追い払います。
でも、親びんには一目置いているようです。
食欲も旺盛で、冷凍赤虫を投入すると、一目散に水面まで食べに来ます。

親びんはとてもおとなしく、赤虫は偶然口に入った時しか食べないようです。
最近やっと、イソメを口元に持っていくと、食べるようになりました。

汽水アクアリウム


上の画像はまだ親びんがやってこない頃のマハゼたちです。
大きさ比較の参考にしてみてください。

親びんが来たのは7月20日。
そのころはマハゼも小柄で、親びんだけが妙に大きかったのですが、
この数日でマハゼがだいぶ大きくなり、体長だけなら親びんといい勝負なのが2匹います。
でも、親びんの頭の大きさはダントツです。

マハゼ+αというのは、
水槽内に1センチほどの個体が確認できたりできなかったりするからです。
水槽の掃除屋として、カキやフジツボをヘッドハンティングに行った際、
引き潮で川底が現れているところの水たまりに取り残されていたのを、連れて来てしまいました。
昨日はいましたが、今日はいませんでした。
誰かに食べられていなければ、その内また確認できると思います。

もう一匹、個体数に含まれるなかにも、2センチくらいのがいます。
この子も最近見かけませんが、たぶんどこかに隠れていると思います^^;


そして、なぜか同居しているブルーギルですが、
適当に作った汽水の濃度を7月15日に測ったら、かなり薄くて、
それなら生きるんじゃないかと、急遽、息子が池で釣ってきた7センチほどの個体です。

汽水にブルーギルってどうなのかなと思いますが、
食欲旺盛だしとても元気なので、ま、いいかな^^;


当初、小さなシーバスも入れたのですが、
シーバスを飼ってみた

数日経ち、尾びれに白い斑点ができてしまい、
どうやらそれは弱った個体に起こるそうなので、
元の川に帰しました。

今頃元気になっているといいんだけど・・・
ごめんね続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

もう昨夜というべきか、
29日の10時頃、水槽を覗いたらウナギが見当たらない。
水槽の電気を点けて、よぉ〜く見てもいない。

息子を呼ぶ。
彼は視力と聴力だけは良いのだ。

やはり居ない。
潜るほど砂はなく、逃げた事が確定。

捜索。

水槽の置いてある棚の後ろにて発見。
何気に生きている感じ。

息子が掴んで水槽に戻すと勢いよく泳いで定位置に。
息子曰く「ベタッとしてた。」

本来ならヌルッとするべきなので、大分乾燥してしまったらしい。

あれから3時間程経ったけど、元気っぽい。
ウナギって、けっこう丈夫なのかな?


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

10日くらい前からハゼを飼っています。
マハゼらしきモノが6匹、5日程前にチチブらしきモノ1匹とウロハゼらしきモノ1匹、加わりました。

ウロハゼはマハゼやチチブと比べて大きいため、『親びん』と呼んでいます。

釣られた時のダメージが大きかったのか、なかなか餌を食べなかった親びんなのですが、
今日、アオイソメを一匹、ツルツルと食べました。
心配していたけど、なんとなく一安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ