SABORIBA ―さぼりば―

微妙な漫画家 立原ほたる の愚痴と弱音と言い訳ブログ
・タイトルをクリックするとTOPに戻ります。
・ブログ内で使用している画像・動画の無断転載は禁止です。

シーバス

勝山港:萬栄丸さんで根魚五目が再開したと聞きつけ、前回のモヤモヤ感を払拭すべく最寄りのキャスティングスタッフ2名と出撃。
6E937D20-DE0F-499E-8DEF-284F226904BD
 
良型主体のカサゴ8匹、60センチほどのヒラメとシーバス、50センチくらいのワニゴチ、
トットコメバル?ヤットコメバル?そんな名前のメバル1匹、
(※トゴットメバルとのこと)

ナントカタマガシラ1匹(リリース)。
(※イトタマガシラ とのこと)
と、6目釣れアタリも多くとても楽しめ満足しました(o^^o)

D173E41C-1F24-4253-ACCC-DB3C403A8C4E
 

一回、ドギューン‼︎って引き込まれてエダス切られてバレちゃったのがちょっと悔しいかな(>o<)
なんだったんだろうアレ(>o<)
95CE6B77-0FDA-4D24-A70B-B4B2EDE6CCD0
上の画像がイトタマガシラ。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

陸っぱりルアーでシーバスが釣りたい!

そう思いたったのが3年前。

何度か息子に連れて行って貰うもアタリもなく。
そのうちウザがられて連れて行って貰えなくなり…

夜の釣りが主なこともあり、
一人では行けず、


どうしたものかと考えた末、
とあるシーバスサークルに入会してみました。

そして先日、オフ会があり、
その時にルアーで念願のHIT!



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

冬休みということもあり、1/3夜、息子の部屋には夜になっても友達がいて。
いつもモンハンとか遊戯王カードとかで遊ぶ仲間。
この夜は息子を含めて4人。

21時過ぎかな、急にシーバスを釣りに行くと言い出し外出。
釣りをするのは息子とイケメンJ君
あとの二人は釣りをしないのでお付き合い(巻き添え?)。

で、23時頃
67be4abb.jpg

釣ったのはJ君。73センチ。
タモが届かず上げるのにかなり苦心したらしい。

上のような画像があるってことは、
我が家に持ち帰ったってことで^^;

当のJ君は一旦家に帰ったそうで、彼がうちに戻って来たら自分たちで捌くとの事。
息子が血抜き処理だけして自室へ。

その間にキッチンの被害を最小限に抑えるべく、ウロコが飛ぶ範囲を新聞紙でカバー。
作業しやすいスペースを作る。

「口を出さないで」
と言われたものの、彼らの解体作業が終わるまで寝られそうになく、
居間で仕事をしながら作業開始を待つ。

J君が戻ってもなかなか始まらずイライラ。
既に1:00。
「シーバス早くなんとかして~」
と言おうと部屋に行ったらちょうど立ち上がったところだった。


キッチンでワイワイ。

居間とキッチンは窓で繋がっているので、
コッソリ覗くと吐き出したハゼで盛り上がってる。
遊びながらもなんとか3枚に下ろしたらしく、
「中骨を味噌汁にしようぜ!」
と。
「ダシ?入れなくて良くね?魚からダシ出るんじゃね?」
「味、薄くね?」
「塩入れればよくね?」

うはwww
どんなんが出来るんだろ?

試食が回って来た。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、千葉での仕事の打ち合わせの予定が急遽集英社になったので、
せっかく投げ釣り師匠んちの近くを通るんだし、
ってことで、ついでという形で失礼と思いつつ、
定年して釣り三昧のT師匠にルアーシーバスの指導をしてもらうことに。

大潮だし。

ちょうど満潮の17:00に最寄り駅で待ち合わせ、
徒歩で某川へ。

キャスティングのチェックを受け、
案の定ダメ出しをされ指導を受ける。
潮が動き出すまで練習。
タックルはT師匠の。
高価なので緊張する。

やっぱどうしても駄目な人みたいです私・・・。



潮が動き出し実践。
他にルアーマンは皆無。
ここではもう時期じゃないみたい。
シーバスいないみたい。
なのに、しつこい私に場所移動を提案する師匠。

徒歩で・・・結構歩いた。

で、そこでも小一時間指導を受けたんだけど、、、
やはりアタリも無く。

やっとあきらめました。

いろんな投げ方やリトリーブ?の仕方を教わり、
でも身にならぬまま納竿したのは20:00頃かな〜?

んで、T師匠と小料理屋へ。
フグ刺しとかふぐ鰭酒とか森伊蔵とか堪能。
ご馳走になってしまった。

ほぼ釣れないと(師匠には)分かってる所で無理やり指導をさせた上に御馳になるって、
どうなの私、人として!!

んで・・・

んで・・・

ホント、私の人間性を疑われそうで書き辛いのですが…
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

N師匠:シロギス
d1c80d65.jpg

N師匠:マルボロとヒラメ
b4f6c3f7.jpg

N師匠:ハゼとシャコ
f64d1f86.jpg

A師匠:シロギスとハゼ
30f0af0e.jpg


T師匠:シロギス
7edf8b9c.jpg


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今のところ、雨の確率は30%。

降ったらまた私の神的パワーのせいです(´・ω・`)ゴメンヌ

雨天中止にならず尚且つ師匠の理解を得られれば、
某釣法でサーフシーバスにトライしたい。
潮が合わないみたいだけど


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

8210a042.jpg10月15日(金)発売 『YOU』No.21

今回も息子コータのお話です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この日の翌日もシーバスに行った息子が、50センチちょいのを持ち帰り、
「自分で捌く」と。

包丁を持ったのは3回目。
前の2回は2回とも指を切ったため、
その後包丁を握らなくなってしまっていたのに。

私の指導のもと、何とか三枚に下ろし、
一部を父のリクエストの“洗い”に。
なかなか上手に薄〜くそぎ切りに出来ました。
臭みも無く美味しく頂けましたよ。

残りは息子の希望で天ぷら。
これは私が揚げました。
臭み抜きの時の塩振りが大量だったため、
ちょっとしょっぱかった^^;

骨の方、片側に厚く身が残ってしまったので、
ムニエルに。

調理は私ですが、
息子が釣って初めて捌いたシーバス、
感慨深く頂きました^^
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

息子が。

私が打ち合わせハシゴで帰宅が夜遅くなった日に友達と爆ってた。
上げたのは6匹でアタリは20回以上だったんだって〜。
私も行ってれば釣れたかな?続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

bbf968c7.jpg
息子が。

珍しく同行を許されたので私も行ったけど、
2時間くらいやってカスリもしなかった(´・ω・`)

シーバス、いつになったら釣れるんだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

c1263907.jpg
8c3b4b14.jpg
よくコメントをくださる、『ゼベットじいさんの工房』管理人のGじいさん様が、
息子にとくださいました。
なんという完成度でしょう(☆_☆)
使うのがもったいない。
ロストが恐い。

でも飾るためにくださったわけではないので、使わせてみます。
いや私が使うかも。

何だか天気とか自分の体調とか日常生活のなんやかやとか潮とか、色々とタイミングが合わなくて、
最近まったく釣りに行けてません。
バチヌケって、もう終わっちゃったのかなぁ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

夜10時過ぎ、息子が釣ってきました。46cmです。
e198e85a.jpg


以前、64cmを釣って来た時に解体にとても苦労したので、出掛ける前に50cm以下をリクエストしたら、本当に釣って来た。

持ち帰りを頼んだのは、64cmの時、入院中だった父が話を聞いて食べたがっていたのです。

このサイズだと、解体ではなく、捌くって表現でもいいかなってカンジです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨夜、入院中の父を見舞って帰宅すると、
ガレージからはみ出すように我が家のではない2台の自転車。

息子の友達が遊びに来ていました。
玄関には大きな靴が並んでいます。

夕食を終え、昨日のブログを書いていると、
居間に置きっ放しの息子の携帯電話がけたたましく鳴り響き・・・

自室にいる息子の元へ持っていくと、
電話の相手との会話の中に、近くの運河の名前が出てきました。

釣りの誘いかもな・・・でも、今来てるS君とM君は釣りしないから断るかもな・・・
と、思いつつ階下に降りると、息子が大急ぎで降りて来て、
素早く靴下を履きながら(ふだん家では靴下を履かない)、
「釣り行ってくる!」と。
(学校の支度もこの勢いでしてくれたら
 遅刻しないのに… ― ―;)

友達には自分のバスロッドと父のバスロッドと2軍のルアーを貸すという。
(父のバスロッドは元は息子ので、
 竿先が折れたのを修理し私が使っていたけど、
 息子が力任せに亀錘をつけたままキャストし、
 また折れたのを父が強引に修理したもの^^;フクザツ…)

3人が出かける際、冗談で
「釣れたらおばちゃんが捌いてあげるから食べるんだよ。」
と言ったら、人懐っこいS君が
「うん!俺、食べたい!!」なんて言って出発。

ここ一月ほど、息子は釣れてなかったので、
もうシーバスは海に行っちゃって釣れないんだろうな。
と、思っていたら・・・。

約1時間後、S君からTEL
「K(息子)が釣った!64センチ!」


工エエェェ(´д`)ェェエエ工

私 「食べるにはデカすぎ!臭いよ。45センチまでにして〜>_<;」
S君「俺、コイツ食いたい!」
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

数日前、いつも釣っていたところが釣れなくなってきたので、
もう少し河口方面に行ってみました。

こちらの方がやや良い気がします。

ふと気付くと夕暮れ。




ハゼ釣り客と入れ違いに、シーバスを釣る人たちが河口に向かって行きました。




このエントリーをはてなブックマークに追加

6aab446b.jpg
魚体を痛めないように口元だけを持つようにして
慎重に針を外しリリースしました(^-^;)
大きくなって、いつかきっとまた私に釣られて下さい。
そのときは塩焼きにして美味し(略)








てか、シーバス(セイゴ)でいいのかな?コレ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このときに買った初心者向けのシーバスフィッシングの本が
↓コレ

ハッキリした写真やイラストを使い、とても分かりやすく構成されています。




このエントリーをはてなブックマークに追加

息子が釣りを始めたばかりの頃、キャストに失敗して、
右手親指の爪の右側の皮膚との境に釣り針を差してしまった。
返しまでグッサリ(返しとは釣り針の先が数字の1の突端みたいになってる部分)。
で、病院に釣れてい行き看護士さんに言われたのがタイトルのセリフ。

麻酔して器具をグリグリされて針を抜いて貰いました。

数日後、今度は息子の友達が後頭部にルアーの針をグサリ。
ルアーをぶら下げたまま病院に行ったら、やはり
「お魚を釣らないで自分を釣っちゃったのね」
と言われたとか。

違う病院なのですが(^-^;)
きっとマニュアルなのでしょうw

いえ、私も友達のお母さんも同じ事を言ったので、言いたくなっちゃうんですねw

何にしろ大事に至らなくて良かったです。
目に刺さった人の話を聞いた事がありますし、
他人を傷つけてしまっても大変です。

キャストの際は周囲に十分気をつけなくてはいけないですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

村田川河口のシーバス ポッチャリは長生きこんなん釣ってきました。
シーバスっていうそうです。
出世魚の鱸(スズキ)で、39センチと小さいので、多分フッコ。

塩焼きにして美味しく頂きました。

東京湾に面した工業地帯の小汚い川の河口で釣ったのですが、
身も綺麗でおいしかったから大丈夫だよね(^-^;)

なんだか影響されちゃって、私も釣りがやりたくなってしまいました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ