SABORIBA ―さぼりば―

微妙な漫画家 立原ほたる の愚痴と弱音と言い訳ブログ
・タイトルをクリックするとTOPに戻ります。
・ブログ内で使用している画像・動画の無断転載は禁止です。

ペット

65b46346.jpg近所の猫。女の子。
ちょっとおデブで5kgあるそうです。
性格はクール。
でも、けっこうなついていて、呼ぶと近付いてきてゴロリンとしてくれます。

カメラが嫌いで、
今日もせっかく遊んでくれていたのに、携帯を向けたもので、ソッポ向いて逃げられちゃいました。
いつもごめんよ。
でもカメラ目線のたまの写メが欲しいんだよ〜(>_<)
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、知人から聞いた話。
飼っていた柴犬が病気をし、手術を受け、
回復はしたものの、その後も通院が必要になっていたとか。

犬を庭で遊ばせながら、愚痴ったそうなんです。

「お前は手術だ通院だって、
 お金がたくさんかかるねえ。
 私がいくら働いても足りないよ。」

そんなことを犬に言い、庭の手入れをしていたところ、
ふと気付くと犬がいない。

どこを探してもいない。

500枚のビラを作り、あちこちに迷子犬広告を出し、
保健所などの公共機関にも届け、
一生懸命探したけれど見つからない。

それから4年。

犬はまだ帰ってきていません。

知人は、自分が犬に言った言葉を悔いています。
あんなことを言ったから、
犬は「ここにいてはいけない」と思い、
出て行ってしまったのだと。

本当にそうだとしたら、切ないですね。

今ごろ、どうしているんでしょう?
病気は、どうなったんだろう?


知人は今でも、
似た柴犬を見ると、お尻の穴を確認するそうです。
なんでも、
飼っていた犬は他の犬より肛門が大きいそうで・・・。



このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の夏はセミが少なかったような・・・。
例年だとアブラゼミがうるさいくらいに鳴き、庭木に抜け殻が鈴なりなのに。


そういえば、以前、犬を飼っていたとき、
寿命なのか、落ちて虫の息のセミを見つけると、夢中になって食べてました。

犬がですよ。私じゃないです。

他の虫やアマガエルとかは食べないから、
きっと、セミは美味しいんだと思う。




【虫の味新装版】
1680円(税込/送料別)
レビュー抜粋↓^^;
害虫研究者の著者が蜂はもちろんゴキブリや沢の虫などを食べちゃいます。ついでに友人や飲み屋の女将にまで言葉巧みにあの虫やこの虫を食べさせてます。いやー笑えます。一見グロそうですが、本書を読めば周囲が食と生命に溢れている事に気付くでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

画像粗いんだけど分かるかな?
荷台からフサフサのシッポが・・・。
8b760f9e.JPG

お尻が落ちそうなんだけど・・・(^o^;
9afad6cb.JPG


画像では暗くて粗くてよくわからないと思うけど、
大きなシェパードでした。

落ちそうだし、
簡単に飛び出しちゃえそうだし、
ちょっと危ないですね。

もしかしたら荷台につないであるのかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ