SABORIBA ―さぼりば―

微妙な漫画家 立原ほたる の愚痴と弱音と言い訳ブログ
・タイトルをクリックするとTOPに戻ります。
・ブログ内で使用している画像・動画の無断転載は禁止です。

マハゼ

5EDCAFA3-7566-4276-A37F-82FFCB028769
釣友とタイミングが合った日曜日、船は混みそうなので某河川でハゼ釣り。
7月に魚影濃厚だったポイント。
駐車場があり足場が良くトイレもありコンビニも近いという素晴らしいポイント。
到着した時は干潮時。
ヘタクソな私はアタリも少なく釣れない。
釣友はポツポツ釣れている。
満ちるに従いアタリ活発になるもののイマイチハリがかりしない。
それまで私は前回の余り物のハリを使ってたのだけど、釣友のアドバイスに従いハリを変えたらサクサク釣れ出しました。
勧められた“ハリがかりしやすい形状と素材の品”の性能を実感 ((。_。 ))
※追記 極掛サヨリ(ささめ針)です。

唐揚げサイズを二人で50ほど釣り納竿。
美味しゅうございました。



DD9E335D-F1A2-4149-A5F2-743A84E863FC
キャスティングで買ったお魚観察ケース。
ハゼ、可愛い❤️
蓋が付いているので飛び出し防止になります。

AA038B0C-DDE4-4BC3-8474-099A40BC291D
釣友が釣ったアカエイ。
毒棘注意!
私が写り込んでる(^^;;

B80764A5-52AE-45C5-AA09-E851B628B9E4
フグも釣れました。可愛い(o^^o)

99FFB285-32BD-41FC-BF48-579A66BF9FCE
おばちゃん(↑)やお子さんでも楽しめるハゼ釣り。今がシーズンですね(o^^o)
当日もファミリーが多く楽しんでいました(o^^o)
 

プロマリン LET200 わくわく観察ケース L
価格:853円(税込、送料別) (2018/10/3時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
楽天で購入

シャウト! AA608 極掛サヨリ糸付 4−0.8(※当日は6号を使用しました)
価格:172円(税込、送料別) (2018/10/3時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
楽天で購入
このエントリーをはてなブックマークに追加

キャスティング市原16号店のマハゼ。
28B0A398-D04E-4D49-A78B-6721F58FC47E

もう5年は生きていると思います。
生きるための環境が良ければ長生きするんですね。
パートナーと出会って子孫を残しての短命と、至れり尽くせりの環境で悠々自適、
ドッチが幸せなんだろう⁇
このエントリーをはてなブックマークに追加

鮪の卵って1mmくらいなんだそうです。
マハゼの卵が見た感じ0.5mmくらい
3mにもなる魚の卵と、頑張っても25cmの魚の卵の大きさが、
そんなに変わらないとは。

うちのマハゼは体長4cmほど。
でも1年飼っているので成魚なんですね。

マハゼは産卵すると死んでしまうと聞きますが、
うちのマハゼは生きてます。
1匹見当たらなかったのですが、
サザエの殻に隠れてました。
滅多に出てきません。
もしかして卵を守っていたりして?

サザエの殻は、6月のシロギス沖釣り大会で釣りあげたものです。
中にタコが入ってました。

水槽の稚魚はもういなくなってしまった。
そして一昨日からバチ抜けが始まってます。
1匹ですけど。

大きなハゼが居たころに餌として入れたアオイソメかジャリメが生き延びたもので、
今ものすごい勢いで泳ぎまわってます。

そういえば、
私の水槽管理はかなりずさんなので、
以前、敷き砂の下に泥状のものが結構あったのですが、
今は綺麗です。
イソメかジャリメが綺麗にしてくれたような気がします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現時点で5匹いるかいないかという状況(´・_・`)
このエントリーをはてなブックマークに追加

※この記事には大きな誤りがあります!産卵したのはマハゼではなくアベハゼでした!
記事は修正しておりません。ご了承ください。


昨年の今頃、1センチくらいの小さなマハゼを近所の川から連れ帰りました。
あれから1年。
あまり大きくならず、まだ4〜5センチくらいです。

そんなマハゼが、卵を産みました。
今日気付きました。
卵を守るマハゼ

分かりますか?
カキ殻の内側に小さな粒粒がたくさん付いているのです。
粒粒一つ一つの中にはもっと小さな黒い点がありました。
マハゼもいます。卵を守っているようです。
それはオスの役目だそうです。
尾びれをハタハタさせて新鮮な水を卵に送り込んでいました。

そして・・・孵化!
孵化したばかりのマハゼと牡蠣殻の内側の卵

稚魚が分かりますか?
体長は1ミリほど。

現在30cm×45cmの水槽内には無数の稚魚がピコピコと泳ぎ回っています。
マハゼ孵化


そして・・・
仲間のハゼがパクリパクリと・・・TT
親ハゼも食べてるかもTT

他に水槽は無く・・・全部食べられちゃうかも・・・。
それに稚魚の餌ナイし。

しかし・・・こんなズサンな汽水アクアリウムでよくぞ・・・(・・;

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

内房某所調査釣行の後半戦、ハゼ釣りをしましたが、
川じゃなくて海だったんだけど、
捌いてて違和感があった。

同じマハゼなのに、身がとても柔らかい。

海で釣れる他のハゼも柔らかく、
それは種類の違いだからかと思ってたけど、
マハゼも海で釣れると良く似た感じで柔らかい。

川のハゼはシロギスと似た感じなのに・・・。

なんでだろう?

海にしばらく棲むと身の質が変わるのかなぁ?
それともマハゼではないのかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加

面倒だなー。
海水の素を買いに行くのも面倒だなー。
作るのも面倒だなー。
と、思っていてふと気がついた。

海水持ってくればいいじゃん!

こんなにしょっちゅう海に行ってるのに、
なんで今まで何で気付かなかったのはどうして?

うちの汽水アクアリウムは、
海水の1/4の濃度なので、
2Lのペットボトル1本持ち帰れば8Lの汽水が作れます。

約36Lの水槽なので、一回の水替えには割とちょうど良い量なんじゃないかな。どうかな。

そんなわけでこの釣行の時に海水を持ちかえりました。

生海水を井戸水で薄めた汽水は、海水の素で作った汽水よりも魚にとって良いのではないかな?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハゼ

小さっ(^-^;)
48匹です。

昨日のおっちゃんが
「延べ竿の仕掛けをあげるから、朝6時においで。」
というので、延べ竿もって行ってきました。

動くウキと、シモリ玉というのを使う仕掛けです。

延べ竿の仕掛け

手作りです。
手作りするのが好きなんだって。

仕掛けを入れるたびにアタリがあってウキが沈む。
乗らない時は小さいハゼだから気にするなとのこと。
釣れたのも小さいけど(^-^;)

おっちゃんはもっと早朝から釣っていて、
私に仕掛けの付け方と釣り方を教えて、数匹釣ったのを見て帰りました。
いつも早朝と夕方だけ釣るんだそうです。


今日は人口のエサが釣れるかどうかのテストも兼ねてみました。

イソメに似せた臭い人口エサを千切って付けてみる。

釣れない。

ちょい投げ仕掛けにして二本針の片方を人口エサ、片方をアオイソメにしてみると、
生エサのほうしか掛からない。

上針でも下針でも同じく。

だめだこりゃ。

釣具店の人も、釣れない事も無いけど、生エサ10匹に対して2匹くらいって言ってたし。


今日も入れ食いでした。
延べ竿が釣れなくなってちょい投げに変更したらまた釣れだしました。

でもほんと小さい。
9月まで待とうと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

6db3953c.jpg一番大きいのは17センチでした。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

13〜15センチ位が多く釣れてます。



背開きにして背骨を取り、天ぷらにしました。
真っ白の身はふんわりと柔らかく、とても美味しいですよ。

ちなみに→2ヶ月前に釣れたハゼ
このエントリーをはてなブックマークに追加

最初に飼ったハゼたちが(おそらくウナギの毒が原因で)バタバタと死んでしまったため、
水を換え、新しく釣ってきたハゼを入れました。

で、翌日、ふと、水槽を見ると、

なぜか・・・


アメリカザリガニ と 磯ガニ が!



犯人は息子しかいません。
なぜ入れる・・・(T_T)

アメリカザリガニは一匹。
水槽を覗き込む私に大きなハサミを揚げて威嚇してます。
磯ガニも甲羅が4センチくらいのが3匹。


息子は「大丈夫だろ〜。」って言ってるけど・・・。


その日は仕事で、夜、家を空けてしまい、
帰宅して水槽を見ると、ハゼたちは無残な姿に…。

内臓が無い…ぞぅ…(T_T)




息子とよく話し合い、ザリガニと磯ガニは追い出しました。
カニは水槽のお掃除屋さんになってくれますが、
甲羅(?)が1センチまでの小さなカニだけと約束。


そして、新たな仲間を捕りに行きました。
釣りじゃないんです。掬いに行ったんです。

大潮の干潮時に現れる干潟の窪みの水たまりに取り残されたハゼの稚魚たちを。

体長1センチ〜2センチのハゼを15匹くらい捕まえてきました。
最初はどこかに隠れていて見えなかったんだけど、
最近はよく姿を現わすようになりました。




これでも大分大きくなったんです。
成長、早いです。
自分と体調が同じくらいの赤虫を咥えてモグモグ食べる姿はとてもかわいいです。





画像にはないけど、小さなエビも一匹います。
甲羅が5ミリくらいのカニも2匹いるんだけど、姿が見えません。
たぶんどこかに潜んでいると思います。

今度こそ、長く育てたいと思います。

ハゼは1年魚だそうですが、
今、稚魚なんだから、来年の夏まで生きてくれるかもしれないです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ