SABORIBA ―さぼりば―

微妙な漫画家 立原ほたる の愚痴と弱音と言い訳ブログ
・タイトルをクリックするとTOPに戻ります。
・ブログ内で使用している画像・動画の無断転載は禁止です。

内房

cecc80cf.jpg
ここんとこ、実釣が漫画になるまでの期間が短いので、
詳細は控えます(´・ω・`)書きたいけど。

手漕ぎボートです。
コンパクトロッドにボートシロギスの仕掛け。
餌はジャリメ。
28be090d.jpg
ベタ凪でしたが11時頃から風が出てきて12時で早上がりになり残念。
でも私にしては沢山釣れて楽しかったです。

画像以外に小さなホウボウやヒイラギも釣れました(リリース)。
画像のチビダイは針を飲んでいたためキープ
ごめんなさい

同行者は良型カワハギも釣りました。
シロギスは私より数も多く良型でした。
くやしいのぅ。

以上、
外道も楽しいボートシロギスでした。

シーズンはこれからなので、また行きたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回から“師匠”と肩書きを付けるのヤメます。
釣りを教えて下さるかたが増えて文章が師匠だらけになりそうなので
心の中では常に師匠と思っておりますm(_ _)m

そして、このブログやツイッターで交流をオープンにしている方は名前も出させて頂きます。

てなコトを踏まえて本文突入。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

N師匠:シロギス
d1c80d65.jpg

N師匠:マルボロとヒラメ
b4f6c3f7.jpg

N師匠:ハゼとシャコ
f64d1f86.jpg

A師匠:シロギスとハゼ
30f0af0e.jpg


T師匠:シロギス
7edf8b9c.jpg


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラストシロギスです。

毎度のごとく、午前1時にピックUPしてもらい、館山自動車道にて房総半島を南下。

当初行く予定だった場所が、マスメディアで紹介されてしまい場荒れしたとかで、
別の海岸へ。

A師匠は車で就寝。
N師匠は暗いうちから一応竿を出す。
私も自分で投げてみた。
すぐ近くで「ボチャン」って音。
まあいいや。
N師匠から貰ったケミホタルを付ける。

寒い。
ついこの間まで暑かったのに。

トレーナーにフリースでも寒かったので、
その上から雨合羽の上着を羽織る。
前日の天気予報では雨は降らないってことだったけど、
前回の事を教訓に上下持って行ったのだ。

秋も深まり、
夜明けまでまだだいぶある。

と、

ちょっと離れたところで何やらやっていた
T師匠からお声がかかり行ってみると、
なにやら陣地が作られテーブルをセットしてある。
fc2221a2.jpg

アツアツおでんがふるまわれ、
身も心も温まる。

ケミホタルを眺めながら談笑しているうちに空が白んでくる。

A師匠も車を降りてやってくる。
さて・・・と。
はじめますか!

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

内房某所調査釣行の時のβ港は結構込み合ってました。
でもみなさんあんまり上手じゃなかったなー。
ファミリーフィッシングのお父さんとか、
「よーし、パパ遠投しちゃうぞー」って全力で投げても飛ばなくて
方向も定まらず、何度かお祭りしました^^;

ピンギスが釣れるたびに記念写真を撮る若者グループもいたなあ。

ちょっと前の私みたいです。
ん?なんだか上から目線?
私のくせに生意気ですね^^;

みんな楽しそう。
楽しいのが一番だよね。
釣り楽しいよ釣り。

そんな中、
ロッドを鳴らして遠投してるのはN師匠だけ。
投げるとみんな振り返ります。

心なしか『どや顔』の師匠。
はいはい、かっこいいかっこいい。

でもほんとに連れの立場の私も、ちょっと気分が良かったです^^

それに、師匠くらい投げられないと釣れない感じだった。
飛ばせるのはやっぱ有利だよなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

二日連続です^^;
人気の堤防に行きたいとの息子のリクエストです。
キツイから23日にして欲しいと言ったんだけど、
その日は約束があるんだってさ。

運転手に父を引っ張り出す。
父も最近釣りに目覚めたようで、いつの間にかリールを新調していた。
5000番て・・・何釣るの?って言う。

息子の友達J君も行く。
J君は結構釣りをやっていて、息子のシーバスの先輩です。

休日なので早く入って場所を取ろうってわけで午前1時出発。
J君をピックアップし、館山自動車道をひた走る。

現地着。
もう車がいっぱい。
堤防の中ほどを陣取る。
息子とJ君はシーバス。

見えてる所にいっぱいいるけど釣れなかったそうだ。
でも小魚を捕食するところが見られて面白かったらしい。
ルアーは追いかけては来るけど食わなかったって。

私は明るくなってからやろうと思ってたんだけど、
気が変わって適当に投げてみた。
正面から着水音。
よしよし私、まっすぐ投げられるようになったなぁ。
前日にN師匠に教わった鈴をつけて放置するやつにしといた。
ケミホタル持ってないし。

リンリン♪
お!なんか釣れた?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

0b5c2b20.jpg
6a8fa6ff.jpg
手短に参ります。

シロギス画像、私が釣ったのは右端一列のみ。
あとはN師匠にもらいました。
ハゼ画像はN師匠と私のがごちゃ混ぜです。

今回の面子はN師匠とK氏。
K氏はN師匠の学生時代の友達です。

数日前、A師匠から、某α港と某β港のハゼ事情を調査してこいというミッションが発動されまして。

A師匠感覚では、私の自宅からすぐそばらしいのですが、
私の感覚では結構遠く、一人で行く範囲を大幅に超えており…、

その港の事情に詳しい某氏にメールで聞いたところ、近年の釣り事情はかんばしくないと。だがハゼ事情は分からないと。

そこへN師匠からメール。
「友達が釣り行きたいってんで、日曜日に房総方面に行くんだけど、ほたるさん行く?」
場所はどこでも良いとのこと。
飛んで火にいるなんとやら。
A師匠のミッションの旨を伝え、α港、β港の調査巻き添え員に。

まずα港。
まだ暗いうちにのべ竿の脈で探る。
以前ならハゼがすぐに釣れたそうなのですが、ピクリともせず。

見切り判定が出てβ港へ移動。
明るくなってからシロギスが釣れる。
でも、いつも投げてるところより型が小さい。

私はほとんどN師匠に投げてもらったのに、ピンギスばかり。

たぶん、わざとだと思う。

K氏は釣り歴は私と変わらない様子。マイペースで淡々とした釣り。でも楽しそうだ。

潮止まりなのかアタリがなくなり、
「ハゼやろうか?」と、N師匠が実績のある某所に連れて行ってくれた。
画像のハゼはそこで釣れたものです。
小さいハゼは、ハリを飲んで生きられなさそうなの以外はリリース。
20匹くらいはリリースしたのではなかろうか? 

んで、数も釣れたしってことで 納竿。
ばんやではない某お風呂に寄って、某釣具店をブラブラして帰宅。

取り急ぎ、そんな感じです。
明日も釣りに行くことになってしまったので、
簡素な長文にまとめてみました。
それも携帯から(^-^;)

コメントお返事、しばしおまち下さいm(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加

この日、当初の予定では、某沖堤に行くはずだったのですが、
天候がいまいちってことで、投げ釣りに変更。

メンツはN師匠とA師匠。
前回同様、自宅前まで来てもらっちゃいました^^


雨の中、館山自動車道をひた走る。


「中止にしよかと思ったんだけど誰かさんが乗り気だからさー」
「俺たち晴れ男なのになー。誰が降らしてるんだー?」

工エエェェ('д`)ェェエエ工
私のせい?


なんだろう?
師匠達、前はもっと優しかったはずなのに、
会うたびにS化していってる様な・・・。

ふと、二人のキャッチフレーズが浮かぶ。

『 毒舌紳士 』

うん、ぴったり。
M-1にエントリーする際はぜひこれをコンビ名にしてほしい。

そうこうしているうちに
いつも買い出しするコンビニに到着。

・・・土砂降り・・・

「こりゃ今日は房総観光かな〜。」
なんて言いながら車の中で朝ご飯。
まだ真っ暗だけど。

と、
白々と明け始めるころ、雨が止む。

が、
風が吹く。

が、
某海岸に入るととたんに風が止む。
止んだのか、そこが風の影響を受け辛いのかは分からない。

そこで釣ったのが
83293033.jpg

23センチで、この日の大物賞でした^^

・・・


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2ae6cf0e.jpg詳細は後日m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加

明日、千葉県鋸南町で開かれるシロギスのボート釣り大会に担当氏と共に参加するのですが、
天気が心配(´・ω・`)風も強そう

雨天決行、荒天中止、とのことだけど。

今朝、すごく風が強かったからなぁ。
明日はどうかな?

ちなみに保田漁港から出港です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

5/29に釣りに行ったわけですが。
6/3と6/6と6/8も釣りに行きます。

6/6は中学の同窓会を機に弟子入りしたC師匠と、仲間に引きずり込んだMくんとですが。
6/3と6/8は仕事です。一応。

当初は6/3だけの予定だったんだけど、カメラマンさんのスケジュールが合わず6/8になりました。

んで、だったらなんで6/3も行くのかというと、
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のメンツは都内在住のN師匠とA師匠。
とても急なお誘いで(釣りって天気で決まったりするから大概急なんだけど)当日夜の飲み会と重なったんだけど、どうしても行きたくって同行させてもらうことに。

師匠たちは都内から高速道路で行くため、
これまでは現地集合だったのですが、
今回は高速をいったん降りて自宅で拾って行って貰いました。
本当に心優しい方々です。イケメンだし。


・・・ブログ見てるようなのでゴマスリました。


何箇所か下見をしながら最初の現場着。
明るくなるのを待つ。

竿出しそうそう一投目で、師匠を差し置き私からシロギスGET。
ピンギス(小さいキス)ですが嬉しいです。
ここは私でも投げられる場所で、
私でも投げられる距離でも釣れます。

でも、一回師匠が遠くまで投げてくれたときは2匹一緒に釣れました。
76fc2185.jpg

同じ一投でも距離があればそれだけ長くさびくわけで、
キスがいるところを通る確率が高くなるんだろうなぁ。


アタったときの「キタ!」感と、
釣りあげるまでのワクワク感はほんと楽しい。

乗ったかな・・・

お、乗ってそうだな

うんうん乗ってる乗ってる♪

わーい!・・・・・

ちょ・・・メゴチ^^;

みたいなのも楽しい。


そんな感じで楽しんでいると、イワシの群れが足元を通り、
テトラの間などに溜まってしまうという現象が連続で3回ありました。
5c3164ff.jpg

この画像では分かりづらいと思いますが、
ホントすっごい数のイワシだったんです。
「すごい!網があれば!つか降りたら捕れそう!」
私にとって初めての経験なのでかなりコーフンしてしまった^^;

まもなく第二群。
N師匠がひょいっと、飛び降り、イワシを捕っては投げ捕っては投げ。
私が、拾っては水汲みバケツに入れ拾っては水汲みバケツに入れ。

a7f1dc17.jpg


何イワシなんだろう?

んでまたもイワシの群れが。第三群です。
N師匠がまたも捕っては投げ捕っ(略)
通りすがりのお兄さんも飛び降り
「これも持って行ってください!」
と、捕っては投げt(ry)

N師匠が10匹持ち帰り、
私が60匹持ち帰ることに。

A師匠は持ち帰らなかった。
ってか、シロギスも全部貰ってしまった。
なんでだろう?
私のこと好きなのかしら?

ではなく、A師匠は大家族で、シロギス釣果7匹では、
お土産になる数じゃないから要らないだけでした^^;

なんだろう? ほたる、40過ぎてから
妄想が激しくなった\(^O^)/


ってか、釣るのが楽しいんだもんね。

その後ぱったりと釣れなくなり移動するも、
目当てのポイントはどこもかなり人が入っていて、
最後に行ったところで女王様釣り
ここでは私は釣れませんでした^^;

小雨も降ってきたので納竿して食事してお土産物屋でブラブラして、
下道で帰路に。

「俺たちアクアラインで帰るから」
と、木更津で降ろされそうになるのを泣いてすがり、
自宅まで送って貰って帰宅したのが午後4時くらいだったかな。

それから60匹のイワシの処理。
母に手伝ってもらいながら手開き。
20匹くらいは背骨も取って梅酢に漬け、
残りは頭と内臓だけ取って冷蔵庫に。
んで、着替えもせずに飲み会へ。
私、きっと魚臭かったと思う・・・^^;

冷蔵庫のイワシは
今夜、梅干しと一緒に煮てみます。
シロギスとメゴチは毎度おなじみの天ぷら。

梅酢漬けは美味しかったそうです。
私は飲み会に行ってしまい食べていない。



このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は釣りの計画があったのだけど、雨で中止。

(´・ω・`)ザンネン

次の釣行候補は6月6日。
6月20日は大会。

天気が良いといいなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

メゴチには顔の横のあたりにトゲがあります。
毒は無いけど、カギ状になってて、刺さると結構痛い。
んでもって、すごいヌルヌル。
鱗が無いから、ヌルヌルで身を守ってるんだそうです。
そういえばヒイラギも鱗が無かったっけ。
だからヌルヌルなんだね。

食べるとおいしいお魚なのに、このトゲとヌルヌルで処理が面倒なので、
釣れたらリリースしちゃうみたいです。

でも、どんなお魚であろうと、
釣れただけで嬉しい私は、
釣れたら食べたい私は、
持ち帰ることに。

で、N氏に教えてもらった処理方法。
トゲを切り取ってから、砂でこすってヌルヌルを落とす。

bf15d8d8.jpg


ふつうは荒塩などを使うのですが、
氏、曰く
「塩、もったいないじゃん。」

ナルホド^^

この時は砂付きのまま家に持ち帰りましたが、
その場で海水等で洗ってもいいと思う。

“こんなやり方もあるよ”ってな感じで参考までに。
家庭のシンクで砂を洗い流すのはちょっと大変なので、
荒塩が一番だそうです。


一番大きいキスとメゴチはお刺身で頂きました。
9f43dfe0.jpg
上がメゴチ、下がキスです。
下手くそなのは目をつぶってください^^;

甘みがあってとても美味しかったです。
キスはプリプリ、メゴチはもっちりした食感でした。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の釣行めんつはこのときのT氏とN氏、そして初対面のA氏でした。
シロギスの投げ釣りです。
早朝4時半に現地合流。まだ真っ暗。
雑談しているうちに白々と明け始めて釣り開始。
最初のポイントではA氏ばっかり釣れて、他はさっぱり。
私はイシモチ一匹。
8b0816fc.jpg

キスらしきアタリはあったんだけど、うまく乗せられなかった。
N氏は私の指導のために、根がかりのない場所に来ていたから釣れなかったのかもしれない。
A氏が釣っていたポイントは根がかりがあり、海の中の状況を熟知した人じゃないと仕掛けを失うだけっぽい。
ベテランT氏も何やら不調。

ポイント移動。

0d02ed07.jpg



・・・なんかすっごいテトラ。

あのう・・・私が目いっぱい投げてもテトラを超えるのがやっとのような気が…。
取り込むにはテトラ帯の先端までいかないと…。

積み上げられた大きなテトラの下を覗き込む。

隙間から見える海面まで2m以上ありそうなんですけど。。。

隙間に落ちたら、良くて骨折。悪けりゃ…。
N氏はひょいひょいとテトラを渡り歩く。

「来れる?」
「無理ですぅぅ(泣)」
「だよねーwww」

想定内ですかそうですか^^;

そんなわけで、N氏のロッドを使い(私の投げづり竿では短くて飛ばない。)、
N氏がキャストし、N氏が糸ふけを取り、
私がさびき、N氏が取り込むことに。

昨日の釣行は実はまるで女王様の釣りだったのです^^;

餌は自分で付けましたが、魚を針からはずすのもやってもらってしまった^^;

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

夜10時過ぎ、息子が釣ってきました。46cmです。
e198e85a.jpg


以前、64cmを釣って来た時に解体にとても苦労したので、出掛ける前に50cm以下をリクエストしたら、本当に釣って来た。

持ち帰りを頼んだのは、64cmの時、入院中だった父が話を聞いて食べたがっていたのです。

このサイズだと、解体ではなく、捌くって表現でもいいかなってカンジです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、とても暖かい日、某所にカレイを釣りに行ってみました。

現地着が午後2時ごろ。
釣り場には10人ほどが竿を出しています。
釣れている様子はありません。

カレイは仕掛けを引きながら釣ったりするようですが、
ここは手前の方の底がゴツゴツと石が多いので、投げっぱなしの方がいいみたいです。
んで、暇なので周囲の方と雑談したりしながら過ごしていました。

そして午後4時半。




マコガレイかな?
20センチくらいです。

・・・

・・・

・・・ふっ・・・
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨夜、入院中の父を見舞って帰宅すると、
ガレージからはみ出すように我が家のではない2台の自転車。

息子の友達が遊びに来ていました。
玄関には大きな靴が並んでいます。

夕食を終え、昨日のブログを書いていると、
居間に置きっ放しの息子の携帯電話がけたたましく鳴り響き・・・

自室にいる息子の元へ持っていくと、
電話の相手との会話の中に、近くの運河の名前が出てきました。

釣りの誘いかもな・・・でも、今来てるS君とM君は釣りしないから断るかもな・・・
と、思いつつ階下に降りると、息子が大急ぎで降りて来て、
素早く靴下を履きながら(ふだん家では靴下を履かない)、
「釣り行ってくる!」と。
(学校の支度もこの勢いでしてくれたら
 遅刻しないのに… ― ―;)

友達には自分のバスロッドと父のバスロッドと2軍のルアーを貸すという。
(父のバスロッドは元は息子ので、
 竿先が折れたのを修理し私が使っていたけど、
 息子が力任せに亀錘をつけたままキャストし、
 また折れたのを父が強引に修理したもの^^;フクザツ…)

3人が出かける際、冗談で
「釣れたらおばちゃんが捌いてあげるから食べるんだよ。」
と言ったら、人懐っこいS君が
「うん!俺、食べたい!!」なんて言って出発。

ここ一月ほど、息子は釣れてなかったので、
もうシーバスは海に行っちゃって釣れないんだろうな。
と、思っていたら・・・。

約1時間後、S君からTEL
「K(息子)が釣った!64センチ!」


工エエェェ(´д`)ェェエエ工

私 「食べるにはデカすぎ!臭いよ。45センチまでにして〜>_<;」
S君「俺、コイツ食いたい!」
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりに釣りに行って来ました。

本日の釣果は



です。


このキスは20センチ強です







・・・


・・・



す・・・すみません、
私、嘘をついておりました。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ