SABORIBA ―さぼりば―

微妙な漫画家 立原ほたる の愚痴と弱音と言い訳ブログ
・タイトルをクリックするとTOPに戻ります。
・ブログ内で使用している画像・動画の無断転載は禁止です。

房総

70D63820-1B7E-40FE-8C18-43BF7AB60379
早々にヒラメ(o^^o)

その後失速(>o<)
あとはカサゴ4匹で終了。
 アタリはぼちぼちあったけど掛けられない。
掛かって手で巻いて電動に切り替えるときのバレ二回。
原因:たぶんとろい。

根掛かりでリーダーからロストしたけど、
船場で結んだFGノットがその後のキッツイ根掛かりに耐えたのは何故か。
原因:水気(たぶん)
このエントリーをはてなブックマークに追加

南房総の沖ノ島
5F9DB55F-FA2E-4AA5-A259-E2A0A39587FA

小さな砂浜があり、島の中にはトイレもあります。
砂浜の奥の方で竿を出したのですが、岩場で海藻が多いので釣りはちょっと難しい💦
3A69B8A3-FD7D-402B-AA03-6A2430534F70


CB88B405-A9AF-4D5B-B5BD-1AC36E0A67CA
ササノハベラ(たぶん)

B13761B9-7B0E-4429-B8B4-2EE6E3D230CD
アナハゼ(たぶん)
226A237D-3210-466C-A4B6-0BABE78D3A27
ギンポ

風が出てきたので近くの港に移動。

48878C86-7B82-4733-9801-65BFBDE376B9
ニシキハゼ?

5F117127-2C47-4826-808B-4794C5742D4E
なんとかハゼとなんちゃらハゼが仲間に加わった。
(アカハゼとサビハゼ?)
※左のハゼはシモフリシマハゼとのことです(^^;;
6FD9D250-B23C-4403-B32A-3494763E3D9D
小さなサバやイワシの群れが足元にたくさんいました。

0F8FCAB2-A53E-4A10-918E-5BDFD0DB610E
連れて行ってくれた友人はこの港のフチ釣り(?)でカワハギ3枚GET。
※ヘチ釣りでした(^^;;
大きいのは28cm!
カワハギ用の仕掛けではないのでヤリトリが上手じゃないと釣り上げられないです。
私では絶対ムリ(>o<)

今回は観察用に使えるかなと100均で見つけたアクリル(塩ビ?)ケースを持って行きました。楽しいですね(o^^o)


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

明日は、鋸南町白キス沖釣り大会です。
昨年のリベンジです。

昨年はシケで大変でした。
今年は…?
予報がコロコロ変わるのでまだどうなるかわかりません。

私が天候について書いたり言ったりすると、
逆の天気になるから書かない^^;

私が始めて船で釣りをしたのがこの大会でした。
その後、この一年で
カワハギ×2回
イシモチ×1回
コマセダイ×2回
ヤリイカ×1回
と船釣りの経験を積みましたからね。
昨年の私とはチョイト違いますよ。
道具もチョイトばかりグレードアップしてます。

担当編集者メルヘンさんもかなり燃えています。
楽しみです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回から“師匠”と肩書きを付けるのヤメます。
釣りを教えて下さるかたが増えて文章が師匠だらけになりそうなので
心の中では常に師匠と思っておりますm(_ _)m

そして、このブログやツイッターで交流をオープンにしている方は名前も出させて頂きます。

てなコトを踏まえて本文突入。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1/9に予定していた
『磯・投げ情報』大人気企画“堤防ウォッチング”の見学を兼ねた釣行が師匠の仕事の都合で8日になったわけで。


面子は投げ釣りのN&A師匠。

ターゲットはシロギス。
餌はジャリメ。

00:43に師匠が迎えに。
支度間に合わずちょっと待って貰う。
館山自動車道を南下し終点からもしばし南下し、某港着。

お目当ての、磯・投げ情報12月号『M様の釣りBより』を読もうとしたけど、
目のピントが合わなくて読めないという謎の現象が起こる。
メガネなら外せば読めるんだけど、いかんせんコンタクトレンズ。
なので「家で読む!」と、マイバッグに収納。
あげると言われてないけど貰うことにした。

師匠達は仮眠。
デリケートな私は家じゃないと眠れないので必死で時間を潰す。

夏場ならちょっと雑談しているうちに朝マズメになるけど、
真冬の朝マズメは遅い。

だったら、師匠ってば、ご自宅で寝て、4時過ぎくらいに江戸川区を出てもいいんじゃね?
その方が楽じゃね?

などと、おとなしい私には言えず…。

7時近くにやっと明るくなり開始。
私が最初に小さなハゼを釣る。
e9b53cb4.jpg

今年の初釣果。
リリース。

冷え込んだのは朝方までで、風が無いため9時くらいから大分暖かくなる。
暖かいっても冬だから暖かいわけで、
夏にこの温度だったら地球レベルでパニクるくらいの寒さだと思うの。


移動。

移動。

困ったときの某港。
私が自力で上がれない某港。
消波ブロック帯があり自力では投げられない某港。
取り込みも出来ない某港。

そこで前回の記事の釣果。
N師匠6、A師匠5、私5。
流れ的に言うまでもなく私は全て両師匠に投げてもらった。

港内にアイナメ(だったかな?)らしきものが居て、
それが釣りたかった。
どうやったら釣れるのかな。
でも港内釣り禁止。
いろんなお魚を釣りたいなあ。

ここに15時くらいまでいたんじゃないかな?
N「もうそんな時間?早え〜」

多分釣り始めが遅かったからそう感じるんだと思うの。

気弱な私は、敢えて言わないけど。

で、
最近人気の土産物屋→ばんやでお風呂とごはん→ザ・フィッシュ→木更津のキャスティング→市原の上州屋→うち。

これで今期のシロギスは終了。
当分彼らと会うこともないわけで寂s(略)

帰宅してN師匠の正月旅行土産を肴にA師匠のお年賀の酒で至福の時間を堪能しつつM様(略)を読んでM様に苦情をツイート。

シロギスとメゴチを捌いて爆睡。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010.12.15の午前2時。
綺麗でした。
流れ星がたくさん見られました。
良かった良かった^^


・・・

・・・

・・・


良くないっ!



ロマンチストとは真逆の性格の私が流星群を見るために館山まで行くわけがありません。

釣りですよ釣り。
サーフシーバスもやるよってんで参加したんですよ。
なのになんなのこの強風
うちを出た時は風なんか無かったのにっ!
これが南房総の風神伝説ってやつ?

風が止むことを祈りながら車で時間をつぶす。

サンルーフから眺める星空。

スーーー・・・

と、流れ星ひとつ。


私「かz・・・」


誰なの流れ星に3回願い事を言えば叶うなんて言ったのはっ!!

一瞬じゃん!
いつも一瞬じゃん流れ星って!!
「風を止めて風を止めて風を止めて」

って、無理っ!3回も言えない!


そんなわけで満天の星空の下、
どんよりとした空気の車内で夜明けを待っているのは、
毎度おなじみN師匠とT師匠と私。

風の鳴る音が聞こえる。
車が揺れる。




冬の夜明けは遅い。
やっと3時。
明るくなり始めるまでまだだいぶある。

仮眠は取ったけどなんだか眠くなってきちゃった。
でも寝たらダメよほたる。
師匠だって男。
襲われちゃう・・・・・・って、

とっくに寝てるし両師匠。

なので携帯でツイッターとかゲームとかやって時間をつぶす。

良かった携帯依存症で。
おかげで退屈しないもの。

んで、白々と空が明るみ始めやいわゆる朝マズメ(たぶん)に移動開始。
北上しつつ竿を出せそうな場所を探す。

どこ行っても強風。

ようやっと、
かなり北上し以前一度だけ行ったことがある某港(でも富津以南)でやっと竿を出せた。

風は落ち着いていたものの波が高く、防波堤は厳しいので港内で。
1mほどの段差を降りねばならず軽く苦戦。
(上る時は引きずりあげて貰った。)

しかし魚影薄くなんだか釣れる気がしない。

置き竿で放置。

ちょっと気温が下がったのか冷え込む。
お腹も空いてきた。

と、そこに、

アツアツのカップヌードルが!

いつの間にかT師匠がお湯を沸かして作ってくれたのでした。

こういう場所でのカップヌードルの美味しいことったら♪
周囲の釣り人たちもきっと羨ましがってたと思うの♪

モチベーションが上がったところで
私の竿にアタリが!!

あったらしい。
私は見てなかったけどN師匠が見てた。

N「変なアタリだったなー。なんだー?上げてみな」

で、リールを巻く。
何か重い。何か乗ってる。

力糸が見え、オモリの先に何か付いている。
んん???なんだ???
魚じゃないな???

おお!こ・・・これは・・・!!!


○コだ〜!




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

96e16e97.jpg

d3ef1750.jpg

内房某所ハシゴ。
メンツは、
T師匠、N師匠、A師匠。
久々の4人釣行。
詳細は後日( ̄∀ ̄)ノ
このエントリーをはてなブックマークに追加

10/12釣行詳細。

簡潔に行きます(のつもりが結構長くなった^^;)
久々のT師匠からの
「南房某所でシロギス爆ってるよー。ほたるさんでも投げられる距離だよー。でも土日は超混みだよー。」
という情報により、13日出撃予定になっていたのですが、
車を出すN師匠の仕事の都合で12日に。
だがその日はT師匠が用事があるということで、二人釣行。

で、なぜが「穴子釣ろう」「穴子釣りたい♪」という流れになり、
T師匠情報とは違う場所へ。
私は初めての場所。

向かう途中、雨が降ったりやんだり

なんで?
天気予報では雨なんて言ってなかったのに。
雨対策してないんだけど・・・。

現地着。
雨はやんだようなので早速第一投。
私のも投げてもらう。
ケミホタルっていう、光る目印を竿先に付けておく。

間もなく師匠の竿がブルブルッ!

師匠が竿をあげる。途中、私にもやらせてくれた。
けっこう引く。リール巻くのが重〜い。

で、釣れたのが昨日の記事の穴子

おおー!私も釣りたい♪

そして私の竿先のケミホタルがブルルン!

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

a6493158.jpg

9月15日(水)発売
『YOU』No.19

前回のブログで書いた通り、
ゴンズイに刺された時のエピソードです。
刺された後の痛み方などを描いてます。


アンケートも宜しくです?
このエントリーをはてなブックマークに追加

とりあえず昨日の釣果。
71374573.jpg

はいはい、貰いました貰いました。

貰いましたが何か?

だってぜんっぜん釣れなかったんだもんっ。

ピンギスとも言えないような小さいのなら何匹か釣ったけども、
師匠から12cm以下はリリースっていう御達しが出ちゃって、
ま、たしかにもっと大きくなってから釣られて欲しいし。

師匠も釣れなかった。
釣れると型が良いんだけども。
まー釣れない。
画像左上から3匹がN師匠から。
その下がA師匠。
右側の小さいシロギスの片方は私が釣ったギリギリ12センチに達した唯一のもので、
残りはいつの間にか私の水汲みばっかんに入ってたピンギスとメゴチとエソ。


前回も釣れなかったから、きっともういないんだと思う。シロギス。

えーと、
ざっと昨日の釣行の流れ。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

5/29に釣りに行ったわけですが。
6/3と6/6と6/8も釣りに行きます。

6/6は中学の同窓会を機に弟子入りしたC師匠と、仲間に引きずり込んだMくんとですが。
6/3と6/8は仕事です。一応。

当初は6/3だけの予定だったんだけど、カメラマンさんのスケジュールが合わず6/8になりました。

んで、だったらなんで6/3も行くのかというと、
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のメンツは都内在住のN師匠とA師匠。
とても急なお誘いで(釣りって天気で決まったりするから大概急なんだけど)当日夜の飲み会と重なったんだけど、どうしても行きたくって同行させてもらうことに。

師匠たちは都内から高速道路で行くため、
これまでは現地集合だったのですが、
今回は高速をいったん降りて自宅で拾って行って貰いました。
本当に心優しい方々です。イケメンだし。


・・・ブログ見てるようなのでゴマスリました。


何箇所か下見をしながら最初の現場着。
明るくなるのを待つ。

竿出しそうそう一投目で、師匠を差し置き私からシロギスGET。
ピンギス(小さいキス)ですが嬉しいです。
ここは私でも投げられる場所で、
私でも投げられる距離でも釣れます。

でも、一回師匠が遠くまで投げてくれたときは2匹一緒に釣れました。
76fc2185.jpg

同じ一投でも距離があればそれだけ長くさびくわけで、
キスがいるところを通る確率が高くなるんだろうなぁ。


アタったときの「キタ!」感と、
釣りあげるまでのワクワク感はほんと楽しい。

乗ったかな・・・

お、乗ってそうだな

うんうん乗ってる乗ってる♪

わーい!・・・・・

ちょ・・・メゴチ^^;

みたいなのも楽しい。


そんな感じで楽しんでいると、イワシの群れが足元を通り、
テトラの間などに溜まってしまうという現象が連続で3回ありました。
5c3164ff.jpg

この画像では分かりづらいと思いますが、
ホントすっごい数のイワシだったんです。
「すごい!網があれば!つか降りたら捕れそう!」
私にとって初めての経験なのでかなりコーフンしてしまった^^;

まもなく第二群。
N師匠がひょいっと、飛び降り、イワシを捕っては投げ捕っては投げ。
私が、拾っては水汲みバケツに入れ拾っては水汲みバケツに入れ。

a7f1dc17.jpg


何イワシなんだろう?

んでまたもイワシの群れが。第三群です。
N師匠がまたも捕っては投げ捕っ(略)
通りすがりのお兄さんも飛び降り
「これも持って行ってください!」
と、捕っては投げt(ry)

N師匠が10匹持ち帰り、
私が60匹持ち帰ることに。

A師匠は持ち帰らなかった。
ってか、シロギスも全部貰ってしまった。
なんでだろう?
私のこと好きなのかしら?

ではなく、A師匠は大家族で、シロギス釣果7匹では、
お土産になる数じゃないから要らないだけでした^^;

なんだろう? ほたる、40過ぎてから
妄想が激しくなった\(^O^)/


ってか、釣るのが楽しいんだもんね。

その後ぱったりと釣れなくなり移動するも、
目当てのポイントはどこもかなり人が入っていて、
最後に行ったところで女王様釣り
ここでは私は釣れませんでした^^;

小雨も降ってきたので納竿して食事してお土産物屋でブラブラして、
下道で帰路に。

「俺たちアクアラインで帰るから」
と、木更津で降ろされそうになるのを泣いてすがり、
自宅まで送って貰って帰宅したのが午後4時くらいだったかな。

それから60匹のイワシの処理。
母に手伝ってもらいながら手開き。
20匹くらいは背骨も取って梅酢に漬け、
残りは頭と内臓だけ取って冷蔵庫に。
んで、着替えもせずに飲み会へ。
私、きっと魚臭かったと思う・・・^^;

冷蔵庫のイワシは
今夜、梅干しと一緒に煮てみます。
シロギスとメゴチは毎度おなじみの天ぷら。

梅酢漬けは美味しかったそうです。
私は飲み会に行ってしまい食べていない。



このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は釣りの計画があったのだけど、雨で中止。

(´・ω・`)ザンネン

次の釣行候補は6月6日。
6月20日は大会。

天気が良いといいなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この間の日曜日の釣り、担当氏が釣ったのは、

フグ
メゴチ
キス
ヒラメ
ヒイラギ

と、5種のお魚です。

これがいわゆる五目釣りというやつでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

日曜日に投げ釣りに行ってきました。また。
投げ釣り・・・って言っても飛ばないんで、全力投球のちょい投げって感じでしょうか。

今回のメンツはYOUの担当編集さんです。
船釣りとかやってる方なので、頼もしいです。
釣り道具はご実家に置いてあるとかで、私の持ち物で済ませることに。

担当氏は、前夜、私の地元入りし駅前のビジネスホテルに宿泊。
早朝3時出発。エサのジャリメを購入するため24h営業の釣具店に寄ると、
、次々とお客さんが来てジャリメを買っていく。
館山自動車道も先週より車が多いです。
ほとんどが釣り客だろうな。

目的地に到着すると、もう、夜が明けはじめている。
先週よりだいぶ日の出が早くなったみたい。

私の投げ竿はジェット天秤付けてあったので、さっさと仕掛けとエサをつけて、第一投。

ピクピクッ!

キスGET♪

こいつは幸先がいい^^
爆釣の予感♪


準備が出来た担当氏も第一投。

ボチャン。


ちょ・・・目の前^^;

ま、たまにはあるよね。
チカラ入っちゃったりしてね。

第二投。


またも目の前にボチャン。



・・・え・・・?
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

この日の釣りのテトラポッド。
投げるのはテトラ手前の平らで足場の良いところからなんだけど、
取り込む時は
BlogPaint

こんなところからです。

ここをピョンピョンと渡って行くんですよね〜。


私は足場の良いところでも、端っこは怖くて歩けません。
防波堤の上は、できるだけ真ん中を通ります。
釣り道具などを避けるためにどうしても端を歩かねばならないときは、
その避けたいものを迂回するように、
下半身だけを弧を描くように端を通らせ、上半身は真ん中…

分かりづらいな…

ちょっとしたパヒュームのような動きになります。

もっと分かりづらいな^^;


こんなんで釣りやってていいんでしょうかね^^;
そのうち慣れるのかな・・・?





このエントリーをはてなブックマークに追加

メゴチには顔の横のあたりにトゲがあります。
毒は無いけど、カギ状になってて、刺さると結構痛い。
んでもって、すごいヌルヌル。
鱗が無いから、ヌルヌルで身を守ってるんだそうです。
そういえばヒイラギも鱗が無かったっけ。
だからヌルヌルなんだね。

食べるとおいしいお魚なのに、このトゲとヌルヌルで処理が面倒なので、
釣れたらリリースしちゃうみたいです。

でも、どんなお魚であろうと、
釣れただけで嬉しい私は、
釣れたら食べたい私は、
持ち帰ることに。

で、N氏に教えてもらった処理方法。
トゲを切り取ってから、砂でこすってヌルヌルを落とす。

bf15d8d8.jpg


ふつうは荒塩などを使うのですが、
氏、曰く
「塩、もったいないじゃん。」

ナルホド^^

この時は砂付きのまま家に持ち帰りましたが、
その場で海水等で洗ってもいいと思う。

“こんなやり方もあるよ”ってな感じで参考までに。
家庭のシンクで砂を洗い流すのはちょっと大変なので、
荒塩が一番だそうです。


一番大きいキスとメゴチはお刺身で頂きました。
9f43dfe0.jpg
上がメゴチ、下がキスです。
下手くそなのは目をつぶってください^^;

甘みがあってとても美味しかったです。
キスはプリプリ、メゴチはもっちりした食感でした。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

f0ca403e.jpg
a7098c46.jpg
昨年末の同窓会を縁に、同級生数名と交流が生まれ、
その中一人、釣り歴の長いC氏に頼みこんで昨日の日曜日、房総に連れて行って貰いました。
釣り未経験のM氏も巻き込み、早朝出発。

まずはキャストの練習を兼ねて、某砂浜へ。
キスが釣れる場所だそうですが、私は何も釣れなかった(´・ω・`)
でも初釣りのM氏がキスGET。
ん〜悔しい。
C氏は今日は私たちの指導が忙しくここでは竿を出さず。

気温は高いが水温が低く、魚の活性が悪いようで周囲も釣れている様子は無く移動。

とある港で、指導を受けつつ投げ釣り。
ヒイラギ2匹とイトヒキハゼ一匹を釣りました。
M氏もここではヒイラギ数匹とアカハゼ一匹。

ヒイラギって初めて見る魚で、最大でも15センチくらいの小さな魚です。

C氏は凄く面倒見が良い方でなんやかやと私達の世話を焼いてくれ、自分の釣りは全然出来ず、運転も一人でしてくれました。
ちょっとした被害者です(^-^;)
私達にもっと数を釣らせたかったらしいのですが、充分楽しかったです。

M氏もこのためにロッドを新調。仕事が忙しく、前夜は殆ど寝てないそうな。
彼もちょっとした被害者です(^-^;)

そんな二人に申し訳ないと思いつつ、次回の釣行を目論む私なのでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

以前カレイ釣りに行ったときに、初心者丸出しの私に色々と親切にしてくださったお二方(T氏とN氏とします)に誘われ内房某所まで行ってきました。
都内から前夜深夜に出発でT氏の奥様もご一緒との事。
とても急なお誘いでしたが、釣りってそういうものなのでしょうね。
「明日は天気いいぞ!行こう!」みたいな。

私は当日早朝に現地合流すべく未明に出発。
無事合流出来たところ
「強風で釣りにならないから場所を移動しよう。」
と。んで、先導されて別の港へ。

何度か投げてるうちにどんどん風が強くなり、
何も釣れぬまま納竿。

その後はいろいろなポイントを巡り、解説をしていただき、
保田漁港の『ばんや』でゆっくり食事。

それから浜金谷のフェリー乗り場の近くにある『ザ・フィッシュ』をぶらぶらして解散。

私以外の3人は枇杷ソフトクリームをニコニコとペロペロしてて、なんだか可愛かったです。
私は身体を冷やすのが恐くて食べられなかった^^;
中身はおばあちゃんなんです。

風が無ければ私に色々と教えてくれるつもりだったそうで、
ありがたく思いました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

片貝漁港では、餌で釣ってる人ばかりでした。

息子はシーバスが釣りたいからルアー投げてたんだけど、
シーバス狙いの人はあまりいないようでした。

だいぶ暗くなり、釣り客も減り、
私たちも現場を引き上げ、荷物を持って歩いていたら、
挨拶を交わした釣り人に、
「これからがいいんだよ。」と、言われました。

夕まずめ(日没前後から、暗くなるまで)がいいとか、
満潮から干潮になって潮が動いているときがいいとか、聞いたことがあります。

だからだと思うのですが・・・疲れちゃったし、
何にも釣れないし、お腹すいたし、トイレ行きたいし、
心が折れてしまってました。

で、内房から来た話をしたら、
「内房ならシーバスじゃん!」
みたいなことを言われました。

え・・・?

そうなん・・・?



息子も私も、外房の港湾の方が釣れるんだと思ってました。

シーバスは断然内房なんだそうです。
東京湾は日本で一番シーバスがいるそうなんです。

灯台もと暗し。


というか、私、釣りに関して無知すぎるよなぁ。
だもん、釣れないよねぇ^^;






このエントリーをはてなブックマークに追加

JR東日本千葉のイベントで【SL春さきどり号】という蒸気機関車が
2月13日(金)14日(土)15日(日)に千葉みなと―木更津間で運行されます。

それに先立ち、試運転ということで、ここ数日毎日のようにSLが走っています。
うちは線路のすぐそばにあるので、W63CAを片手に見に行きました。

遠くから「ポッポー ポッポー・・・」と、汽笛が聞こえ、
モクモクと上る煙が見えてくると
春さきどり号2


春さきどり号3

春さきどり号4


こちらは別の日に撮った反対方向からのショット。
春さきどり号1



お天気は良かったのですが、画像、暗いですね。
W63CAでも暗く写っちゃうのかな。
それともブラウザのせいかな。
最近、妙に画面が暗い気がするんだけど、調整の仕方がわからない^^;
このエントリーをはてなブックマークに追加

特にラーメンの食べ歩きをしているわけではないのですが、
またもラーメンネタ。

千葉には“竹岡ラーメン”とか“竹岡式”とか言われるラーメンがあるそうで、
その元祖となる梅乃家(千葉県富津市竹岡)に行ってきました。
うちから車で一時間。ちょっと迷子になりつつ到着。




orz

お体の具合が悪いのでは仕方がないですよね。
良くなったころにまた行ってみます(^-^)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ