SABORIBA ―さぼりば―

微妙な漫画家 立原ほたる の愚痴と弱音と言い訳ブログ
・タイトルをクリックするとTOPに戻ります。
・ブログ内で使用している画像・動画の無断転載は禁止です。

日本酒

お年賀で頂いた
『菊盛・純米大吟醸』
チョコレートサワー(謎)みたい。
お米が何故この味になるんだろ?

不思議。

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイト先で、
その日は暇だったので、常連のお客様とお話。
私が釣りにハマっていることを以前お話したことがあるので、
「最近は行ってるの?」と。

この記事の日を最後に、釣りは行ってないので、
「カワハギ釣りに行きたいんです。肝あえっていうのが食べてみたい。」
という話になり、
常連さまが、マスターに、
「じゃ、来週カワハギ仕入れておいてよ。」と。

そんなわけで、
翌週、ごちそうになってしまいました^^
その日もたまたま暇だったので、
カウンターに座りこんでじっくり頂いちゃいました
(アルバイトに甘い職場かもw)。

この時期のカワハギは肝が大きく、
半分は軽く炙って塩を振り、レモンを絞って食します
(゚д゚ )ウマー

日本酒もいただきました。
合いますなー(゚д゚ )ウマー

残りの半分は醤油、半分はポン酢であえ、
新鮮プリプリの刺身にからめて頂きます。
(゚д゚ )ウマー

醤油もポン酢も(゚д゚ )ウマー



ごちそうさまでした♪



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

バイト先の出入りの酒屋さんから買ってしまった。
八海山しぼりたて原酒 雪のなかの酒2009『越後で候』

八海山しぼりたて原酒
雪のなかの酒2009
『越後で候』

20°の生酒で要冷蔵。

税込みで3469円。
贅沢しちゃった^^;


お正月用に・・・とか言いつつ試飲。
八海山『越後で候』2009


無色透明。
香りは可憐でフルーティー。
うっとりとする良い香り♪

一口、ちびり。

うまっΣ(゚д゚ )

なにこれうまっΣ(゚д゚ )


なんというか、『旨』という字がピッタリ。
『美味』ではなく『旨』。

厚みを感じる。
『旨い』が何層も重なってるの。


名が通ってるだけありますね。
期間限定商品です。ネットでも買えます。
↓の画像からショップへ行けます。



現時点で残り20本と在庫薄。
酒屋さんも自分で買って飲んじゃったみたいで、
日本酒好きが毎年心待ちにしているようです。




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


バイト先のお店では日本酒をガラスの徳利に入れて出します。
これが綺麗で美味しそうなのだ。

一合の徳利は首から下に細かいひび割れのような模様ですりガラスのようにしてあります。
二合の徳利は完全に透明。
私的には二合のが好き♪

冷たいお酒を注ぐと、ガラスの器が結露し、より一層、旨さを演出するのです。

これまた透明の涼しげなグラスに注がれ、お客様が至福の表情で口元に運ぶとき、
ぶっちゃけ、喉が鳴ります。


日本酒って、いいねぇ。
芸術だのなんだのと、語る人の気持ちが分かる気がします。




半酒器揃(すすき)【カガミクリスタル】
このエントリーをはてなブックマークに追加

勉強になるからと、
マスターが時々お酒を飲ませてくれます。

先日は『六歌仙』という山形のお酒をいただきました。




とても香りが良く、華やかな甘さがあります。
微かに刺激が広がり、後味に複雑な旨さが残ります。
女性向けかもしれません。
華麗な印象の美味しいお酒です。

なんて、お酒の味を語るほど、
経験も知識も語彙も無いのですが、
素人として感じたことを書いてみました^^;









このエントリーをはてなブックマークに追加

マスターから「勉強になるから」と、
お酒のカタログを渡されました。

吟醸の歴史とか書かれてる。
精米してお酒にするようになったのって幕末らしい。
明治時代後期あたりに、清酒の品評会・鑑賞会が始まり、
「吟味して醸した酒」ってことで「吟醸」と。
意外と歴史が浅い。
今でも研究は進んでいて、美味しくなっていってるらしいです。


カタログをパラパラとめくっていると、
いろんなメーカーで「雫」の文字を目にします。
メーカーが違うのに、同じようなデザインの文字が使われているので
不思議い思い、よく読むと、
『雫酒』というのがあるそうで。
「鑑評会出品酒なみ」という基準のお酒だそうです。
基準に値するお酒に与えられる称号みたいなものなのでしょうか?
雫酒のなかでも、
斗瓶取り(とびんとり:タンクに貯蔵せず斗瓶で熟成)、
槽掛け(ふながけ:槽という箱に入れ圧力を掛けずに雫だけを瓶詰)、
袋取り(ふくろとり:発酵を終えたもろみを酒袋に入れて雫だけを…略)
とか、いろいろあるようです。

▼『梅錦』


ロゴは上の『雫』以外にもあるようで。
▼『酒呑童子』



ひらがなとか。
▼『黒龍』



んー・・・
読むだけじゃなく呑んで勉強したいなぁ・・・^^;
このエントリーをはてなブックマークに追加

マスターに一杯だけご馳走になったお酒。

福井の限定酒!
黒龍 龍 大吟醸 1.8L

価格 8,400円 (税込) 送料別

すっごく美味しかった。
また飲みたいけどお店で飲んだら高いし・・・。
でも自分用に買うにも高いなぁ・・・。
悩む・・・。
数量限定らしいから早く決断しないとなくなっちゃうかも^^;
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ